今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

09月≪ 10月≫11月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ファゴ

2010.12サイパン - 344

サイパンの原住民には、『悲しみ』を表す言葉が無いそうである。
悲しいと言う言葉が無い、前向きな民族だと、いたく共感した覚えがある。
その反面、自分以外の人の悲しみや苦しみを自分の事のように思う言葉があるそうだ。
それが『ファゴ』と言う言葉。自分には悲しみはないけど、人の気持ちには敏感な人種。
なんて素敵な人たちだろうか?
かつて日本人が親切と言われた時代があったが、本当にそうだろうか?
サイパンを旅した時に、厳つい現地の人が、とても優しかったのを覚えている。
背景には、こう言う精神があるのだなぁ。

NIPPON NO PROBLEM!!

敬愛するアーティストが発信した言葉だ。
彼はジャマイカの人にも街にもパワーが溢れていた事を記し、
彼らの精神『NO PROBLEM!!』をリスペクトし、同時に同じ名前のソロ活動を行っていた事が書かれている。
その活動の先々で生まれた『NO PROBLEM!!』の精神を今こそと。

ならばワシは、大好きな沖縄のアーティストの言葉とサイパンの画像を添えて、
『ファゴ』と言う言語に付いて書いてみようと思った次第なのだ。

彼の書いた「自分の事、自分の気持ちばかり意識して、自分本位な思考が癖付かないように」と
警告めいたメッセを見て、ああ自分の事だなぁと感じた。一般的にそう言う思考に陥りやすいのかもしれないけど、最近の我がままな言動を見ると、この言葉は効いた。出合い頭のカウンターパンチを貰ったくらいに。

今回の震災、自分も含め正常な感覚を取り戻すチャンスなのではないだろうか?
眠らない街新宿が、夜の八時で真っ暗だ。何かが狂っていた。その歯車を元に戻そうとしている。
そう感じる。

サイパンの人たち、日本の事をどのように感じているだろう?


マニャガハ島に物資が届くのを原始的な方法で運ぶのを見て、なんか共感してしまった一枚。

2010.12サイパン - 283

大変な作業なのに、みんなあっけらかんとしてたなぁ。

マニャガハの桟橋

2010.12サイパン - 338


船上から

2010.12サイパン - 048


ガラパンの街。
紫外線の強さを感じる一枚。

2010.12サイパン - 029


タポチョ山の星空(夜景)

2010.12サイパン - 778

アメリカンメモリアルパークの写真達

2010.12サイパン - 553


2010.12サイパン - 565


2010.12サイパン - 592


NIPPON NO PROBLEM!!



piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク