今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

09月≪ 10月≫11月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

コルテオ

20090425130833


半年前に予約してあったコルテオ。4月24日に見てきた。

もともとショービジネス的な物が好きだ。水族館のイルカショーから、ディズニーランドのショー、マッスルミュージカルに、このアレグリアシリーズ。夢と感動を与えてくれるショーが大好きだ。

毎回クオリティーの高いショーを見せてくれるアレグリアシリーズ。今回のコルテオは、舞台を真ん中に、360度にパフォーマンスが行われる。一体どんなパフォーマンスが待っているのか?

ストーリーは、主人公のマルロが、自分の葬式の夢を見る。実際に死んだ訳ではないので、見ることも動く事も出来る。彼は自分の葬式に参加しながら、我々を未知の世界へ案内してくれる。その一部、一部のパフォーマンスに酔いしれる。

やがてマルロは、現実の世界へ帰って行く。自転車で宙を飛びながら。舞台はフィナーレを迎える。


高校時代、体操部だった。自分がシナリオを書き、演舞を行った事もあった。きっと、こう言ったショービジネスを思い描いていたのだろう。しかし、照明、音響、演出になんの工夫も出来ずに終わる。そんな思いが、前職であるブライダルの演出業務に就かせた理由かもしれない。

今は一歩踏み出して、老人福祉を仕事にしているが、夢はここにあったことを思い出す。体が動いた時は、やはり演技をする人を夢見て、プロデュースすれば総合演出に興味が湧き、こう言った物に触れる度に若かりし頃の夢を思い出す。

それから20年以上経ち、音響も照明も、何もかもが進歩しているように思えた。凄い。一晩経っても興奮覚めやらぬ自分がいる。

コルテオのステージ、BGMは全て生歌に生演奏だ。しかしオケを流しているかのような、完璧な演奏。バンドだけでも世界を回れるような完成度。スパニッシュにケルティックなサウンド。ドラマーが奏でるリズムに、スネアーの音が心地いい。

DVDでも見れるかもしれないが、是非会場に足を運んで欲しい。そして自分が味わった感動をあなたにも感じて頂きたい。ショーは生でなければ。あの臨場感、パフォーマーの息づかい、緊張感は、生でなければ味わえない。コルテオの回し者ではないが、約二時間、同じ時間の経過を感じるなら、こんなに素敵な時間の経過はない。この時間に払う一万円ちょっとのお金は、決して高くないと思う。

改めて、ステージ関係者、パフォーマーの皆さんに拍手を送りたい。いつもあなた方に、スタンディングオベーションの拍手を送り続けている。


piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク