今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

07月≪ 08月≫09月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

辰吉丈一郎

実は現役時代からファンだった。辰吉を扱うメディアは必ず見た。家にも辰吉の写真集、書籍、シリモンコン戦号外写真集等があったりする。彼の魅力に取り付かれた人の心理を、ワシも持ち合わせていたのだ。

昨日久しぶりにメディアに扱われた。いつもは日テレに出演する事が多かったが、この時はTBS。TBSはボクシングに力入れているのかな?亀田と言い、内藤と言い、そんな気がする。昔ほどの関心はなくなっているにしろ、やはりメディアで扱われれば追うのがファン心理であろう。

You Tube 等で辰吉の現在の試合を見ていた。だから番組の中で試合を見ても、驚きはしなかった。しかし、全盛期に比べるとあまりにも酷い。あの華麗なステップはなく、パンチのスピードもない。辰吉と言えば、回転の速い連打で観客を魅了させた選手。その辰吉が、ジムの練習生にボッコボコにされ、試合本番で無様な姿をさらす。ウィラポン戦を思い出させる意識蒼白での試合運びは、かつてのパフォーマンスや連打、華麗なフットワークは皆無であった。

正直ショックだった。カリスマは、カリスマのままで居て欲しい。しかし人間年をとるんだと言うことを目の当たりにした。年のせいなのか、バンタム級が難しいのかは、素人の自分には判断しかねるが、すっかすかの乾涸びたおっさんが人間サンドバックになってる様にしか思えなかった。

嬉しいなと思ったのは、この番組後の辰吉の評価が良いと言うことだ。ファンの自分が見たくないと思ったこの番組。むしろ辰吉のひた向きさを知らない人にとっては辰吉を知る良いチャンスだったのだろう。奥さんとの絆、子供への愛、家事をこなす姿勢等、家庭に憧れていたと言うかつてのエピソードを改めて『魅力』として描かれていた。これを再認識させてくれた番組構成、ただ前に進む事しか考えていない辰吉の姿勢、これらが今の時代に受け入れられたのだと感じた。

番組は、辰吉の密着を続けると言う。ここまで来たら、死ぬまで引退出来ないんじゃないかと思ってしまう。一ファンの自分は、辰吉の試合が見たい思いでいっぱいだ。しかし、昨日の試合を見る限り、死ぬ前に辞めて欲しいと思うのが正直な気持ちである。

彼がそんな言葉を糞にも思わない事を、ファンならば重々理解しているのに、言葉にしてしまう。ファンである自分も年を取り、野暮になったもんだ。なんだかんだ言いながら、やっぱり辰吉丈一郎と言う人間から、目が離せないのである。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク