今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

07月≪ 08月≫09月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トランスフォーマー

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディショントランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション
(2007/12/19)
シャイア・ラブーフ、タイリース・ギブソン 他

商品詳細を見る


面白かった。映画館で見たかった作品だ。マイケルベイ作品なので、スケールがでかい事は予想していたが、日本人のツボを知っているかの様な自己犠牲をテーマにした物語。70年代を彷彿させる様なロボットのデザイン。まさにこの時代のロボットアニメが実写になったかの様な描写に、あっという間に引き込まれる自分がいた。そしてスケールのでかさと言ったら、この監督にかなわない。ロボットなのに、機敏なのだ。機敏と言う単語が当てはまらない気がするが、機械っぽくなく変身するロボットに脱帽。ターミネーター2で、液体窒素から色々物に化ける描写があるが、今回は機械が機械に変身する。これをトランスフォームと言うらしいが、映像技術はここまで進んだのかと、ため息が出てしまうのだった。

子供の頃に、コンバトラーVやライディーン、マジンガーシリーズにガイキング等、それ相応のロボットアニメの虜になってきた。ゲッターロボやコンバトラーVの合体物の超合金は、それはそれは夢のあるおもちゃだった。あれが五体そろっている奴は、クラスの英雄で、だいたいお金持ちのオボッチャマが多かった。それが触りたくて、仲が良くもないのにそいつの家に遊びに行った記憶が蘇る。

子供の頃のトラウマを思い出すほどに、この映画はロボットで男の子の夢をくすぐってくれる。ロボットアニメにありがちな自己犠牲や、駄目主人公、いいキャラ、三枚目キャラ、格好いい、格好悪い、その絡みが、いちいち日本人好みな感じがして良いのである。

なんか、パート2が作られそうな気がする。
でも我々が一番身近にあるロボットが自動車である事は、とても興味深い発想だと感じた。実は、既に色々なロボットに触れているのである。これは遠い画空事ではないのかもしれない。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク