今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

05月≪ 06月≫07月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

我が子のDVD 2016年版が完成




三作目ですが二枚目です。piccoloです。

昨年の12月半ばから編集を始めた我が子の一年分の成長の記録、2月28日にやっと完成しました。

「長ぇーよ!」

ホントに長い闘いでした。完成させられるのかと不安に駆られる時もしばしばで、ファイルサイズが大きくなるからか、時間が長すぎるのかは不明ですがレンダリングが不能になりFinal Cut Pro Xが頻回に落ちる様になった時は去年の二の舞かと覚悟しました。三年目の2016年版は、三枚目のDVDのはずでしたが、それが二枚目である理由はプロジェクトファイルが壊れてしまった事が原因により、2015年版が未完成であるからです。二枚目を通り越して三枚目が完成した訳です。

2016年版も、編集作業はAppleのFinal Cut Pro Xで行います。しかし2015版の時と同様に頻回に落ちる様になりました。2015年版の編集は9月分まで終わっていましたが、ハードディスクごと壊れる大惨事でした。約1テラバイトのファイルを別のハードディスクに移行し、元のハードディスクを初期化してやっと直りました。しかし、2015年の我が子DVDの編集プロジェクトだけは問題があり、このプロジェクトがある事でソフトが立ち上がらないと言う事態に陥りました。断腸の思いでプロジェクトを削除したのです。そこから2016年の編集にとりかかり、約三ヶ月弱の時を経て2016年版が完成したのでありました。

ファイルサイズが大きくなるからか、編集時間が長くなるからか、どちらに問題があるかは探りませんでしたが、やはり不具合が発生しました。1月から4月までの成長の記録を編集した所で、月ごとにプロジェクトを作成する事を決意します。DVDのオーサリングでは、月ごとに作成したmpg2ファイルを一本のタイムラインに乗せる事で、一年の流れを一本にまとめる計算でした。ブルーレイ作成では、月ごとのファイルを「繰り返し再生機能」をオンにして、連続して再生させる事で一年分の動画を展開させる事にしました。結果、DVDもブルーレイも上手く行ったと思います。どちらも容量との戦いを繰り広げ、DVDは総容量が10ギガを超え、音声を軽くしなければならなく、対してブルーレイは大丈夫だろうと高をくくっていたら、いやらしく27ギガと片面一層の範囲を超えてしまい片面二層で焼かなければならなくなりました。ワシのレコーダーが片面二層で不具合が発生する事から、ぶっつけ本番でブルーレイのDLに焼き込む事を躊躇し、一度BD-R DLではなく、BD-RE DLメディアでテストしてみる事にしました。約4時間の時を費やし無事焼き込みに成功し、BD-R DLで本番を実行。無事完成に至りました。DVD作成では、音声ファイルの軽量化、ブルーレイ作成では、片面二層メディアへの焼き込みがポイントとなりました。

我が家はDVDとブルーレイの二枚組。奥さんの実家にはDVDのみと、2セット作成しました。





編集だけでもスタミナが切れかかっていましたが、なんとかジャケットと盤面も作る事が出来ました。ジャケットは気に入っています。しかし盤面は行き当たりばったりで作りました。手のアップの写真や耳のアップの写真等のイメージ画像で作るか、風景画を用いるか、人物を持って来るか、考えるのが面倒だったので子どもと映っている物を選択してワシと子供、奥さんと子供で、『母ちゃんと父ちゃんに愛されてるね』的なイメージを計りました。



2014年版は親子が見つめ合う様を手間をかけて作ったのですが。



行き当たりばったり感は否めない盤面となってしまいました。

ジャケットは気に入っています。



プリントの色も良かったし、裏表紙に歌詞やコメントも入れる事が出来ました。



1st DVDの2014年版と比べてみると、補正の仕方が変わった事に気付かされます。



2014年版のジャケットは、全てAperture内で補正していましたが、2016年版はスマホのアプリで補正した物を使っています。ワンクリックで格好良くHDR処理をしてくれる事に時代の移り変わりを感じるのです。そしてその流れに乗っているワシが、いつになくワシらしくないとも。







こうして完成した作品を眺めながら、ホッピーをすするワシが居るのです。



せっかく作ったのだからDVDの内容を観なければと思いますが、編集で何度も何度も観た映像を改めて観るのは、もう少し時間が経ってからにしたいのです。なにせ3時間近い、いや2時間強か、その時間ぶっ通しで観るスタミナも時間もありません。今はただ、ジャケットを眺めながらニヤニヤするのです。そんな時間がたまらなく愛おしく感じるワシなのです。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク