今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

iPhone6s バッテリー交換プログラム



バッテリー交換までの道のりは長そうです。piccoloです。



https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

ここから自分のiPhoneのシリアルナンバーを入れるとバッテリー交換プログラム対象機種かどうか確認出来ますが、ワシのiPhoneも対象機種にヒットした訳です。バッテリー交換方法は3つ。



ワシは直営店での持ち込み修理を選択しました。1番話が早そうだったからです。予約はかなり埋まっていて、1週間先だった今日、Apple Storeを訪れたのでした。

しかし直営店にもバッテリーの在庫はないらしく、取り寄せで届き次第再度ジーニアスバーを予約して再来訪してほしいとの事。「ええ。また来ますよ。」「でもさ、なんて言うかさ、1週間待ってた訳ですよ。その間になんとかならなかったもんすかね?」



今日来訪して先ず聞かれたのは、「今日はどんなご用ですか?」だった。え?バッテリー交換プログラムって書いてあるじゃん。直営店に来させる前に、「在庫ないから予約してから来た方が良いよ」と言う促しはないものかと、少し憤りを感じた。ジーニアスバーに行ってどんな流れでバッテリー交換を行うのか情報を掴むことが出来なかったので、取り敢えずApple Storeに来訪したが在庫があればその場で交換してくれるらしい。今は対応に追われて品薄なのか、取り寄せないと在庫を確保出来ないそうだ。直営店ならばと言う期待は裏切られた。無い物はない。

と言う事で取り寄せをお願いしてきた。通常ならば7800円かかるところ、交換プログラムなので無料と。



見積書を頂きました。





流れをおさらいすると、
1.在庫が届くとメールが来る。
2.メールが届き次第再度ジーニアスバーを予約。
3.この見積書を持参してジーニアスバーへ行く。
4.ジーニアスバーで、現場修理。
こんな感じっすかね?

在庫があればその場で交換してもらえる様なので、先ずは電話で在庫を確認してからジーニアスバーを予約した方が良さそうですね。その電話が何時間も繋がらないとの情報から持ち込み修理と勝負に出たんですが、一発勝負に負けました。メールを待ち、再度ジーニアスバーを予約してからバッテリーを交換して貰いたいと思います。

piccolo

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク