今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

07月≪ 08月≫09月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

シン・ゴジラ



なるほどそういう話ですか。piccoloです。

東日本大震災の時も、政府で同じ様なことが行われていたんだと想像出来ます。危機が訪れた時の舵の重さを痛感します。想定外、想定外と、呪文の様に繰り返される言葉に憤りを感じます。この映画、ゴジラを観に行くと言うよりも、今の政治を観てる感じがしました。自衛隊が日本国内で武器を使用するか否か、国民の避難が先か危険生物の駆除が先か。愚かな議論が繰り広げられます。やっと武器使用の許可がおりてゴジラを攻撃しますが、全く通じない。そこで出てくるのが日米安保条約。アメリカの軍事力に頼る訳ですがこれも全く歯が立たない。日本はゴジラを抑える事を世界中から強いられるのです。そこでアメリカは一定期限内にゴジラを倒せない場合、核兵器を使用すると言う条件を叩きつけてきます。

まさに現代の政治を見るかの様でした。なかなか面白いですね、こう言う改憲草案への反対もあるのかと思いました。核廃棄物の不法投棄が原因で、古代生物の身体にとんでもない遺伝子変化が起きた結果、個体の身体の中で進化して行くことが可能になったゴジラ。未知の生物を倒す案が練られる為に集まったジーニアス達は曲者揃い。しかしそれを一つにまとめ上げるのが長谷川博己さん演じる矢口。古臭くて小回りの利かない政治組織を冒頭に見せつけられるので、彼の手腕が輝いて見えます。核攻撃のタイムリミットが迫る中、新しい政治が走り出します。新たな組織形態と、本物のジーニアス達の仕事ぶりに、手に汗握り熱くなるワシがいます。

海獣映画だと思っていましが、違う角度から楽しめました。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク