今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

05月≪ 06月≫07月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

職場のDVD制作



久々のDVDプロジェクト。piccoloです。

撮影、編集、オーサリング、ジャケットまでやりましたよ。せっせと一人で。しかも動画撮りながらスチール撮影も。久々のプロジェクトは、夏祭りでございました。

職場のDVD制作は、10年近く行っていませんでした。個人情報保護法から、個人のカメラで撮影しにくくなったのか理由です。4月に一つ、9月に一つと、DVDを作りました。その理由は自己顕示に他なりませんが、その中に思いもあり、10年近い時の経過を今の時代に存続するスタッフがどう思うか?と言う物をやってみたかったのです。

今回のプロジェクトは、祭り。その記録を目的に、関わったスタッフへプレゼントすると言う、普段思い描いていたイメージを具現化しました。嫌な役を押し付けられたような、祭りの実行委員。事故がないよう、利用者の方々が楽しんでくれるよう、半年前から何度も何度も知恵が絞られ、当日を迎えます。その一瞬の笑顔の為に、実行委員はひたすら働きます。その光景を記録したいと言う願望を叶えるべく、施設長に直訴したのでした。

個人情報の持ち出しは厳禁。会社のカメラで、会社のパソコンに取り込んだデータはいかなる場合でも持ち帰ってはなりません。4月のプロジェクトの時にそう言われました。ならば、取り込む前に自分で撮影すれば良いじゃないかと、祭りを撮らせろ!と大義名分を頂いたのでした。

そして出来上がったのは、施設長と実行委員の分。



施設長へは手渡し。実行委員へは、それぞれのメールボックスへ入れておきます。ある日突然、自分のメールボックスにDVDが入っている。鬱陶しいと感じるのか、不思議に感じるのか、はたまた嬉しいのか、どんなレスポンスがあるのだろうと、しばらく待ちましたが、レスポンスはゼロ。今の時代に、こう言う記録は必要ないのだと痛感しました。

へーpiccoloさんってこんな事が出来るんだね。

ジャケットを見てそんな声が聞こえます。自分が意図した10年の時の経過を、誰も感じてはおらず、あの時歩いていた人は、今はもうない。あの時手を叩いていた人は、今は起き上がる事すら出来ない。あの人がこんな笑顔を見せていた。そこに注目して欲しかったけれど、誰もそこを感じ取る者はなかったようです。

こう言ったイレギュラーな変わりダネは、下手すると出世の武器にしてるのではないかと思われる傾向の我が職場。むしろDVDをゴリ押された事が不安に感じるスタッフも少なくなかったのかもしれない。

しかし、一つの記録を作成出来た事が、自分の中で嬉しく、今宵も酒に酔いしれるワシがいるのです。実行委員の方々、お疲れ様でした。



piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク