今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

03月≪ 04月≫05月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

天空の蜂



ガンガンネタバレします。





高所恐怖症なpiccoloです。

天空の蜂を見て来ました。好物のテロ物です。テロリストにBig Bと言うヘリを奪われ、原子力発電所に墜落させると脅されるのですが、犯人の思惑が最後まで解りません。そして蜂の習性を語る犯人。「蜂は巣を守るために囮を置く。その囮が外敵にやられている間に、その敵を取り囲む。」と。まず犯人が複数だった事に驚きますが、その主犯がまた更に驚きます。物語の中では明らかに綾野剛さんが犯人ですが、それは囮に過ぎないのです。

ストーリー

~公式サイトより~

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、小学生の高彦を乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操作によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、”日本全土の原発破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親でありビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された高彦の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。その頃、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜索の手が伸びる中、密かに恋人の無事を祈っていた。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男・雑賀(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、衝撃の真相へと辿り着いていくー

ここが見所

ヘリに取り残された湯原の息子高彦の救出シーン。地上800メートルでのアクションはまるで自分がその場に居るスリルを味わえる。ビッグBへ乗り込むには、ギリギリまで近づきワイヤー銃でロープを結ばなくてはならない。訓練にもない、行き当たりばったりの作戦が決行される。共倒れの危険からビッグBに近づけないジレンマ。ロープが届かないもどかしさ。最後のワイヤーがなんとかビッグBのクレーンに引っかかる。それを取る為に壁をよじ登る高彦。自衛隊の「危ない!よせ!」の声も届かないのか、一心不乱にロープに手をかける。その時足を滑らせ壁から落ちてしまう高彦。観客の誰もが「あっ」と手に汗握ったに違いない。しかし、本当のスリルはこの後に起こるのだ。

この救出シーン、自衛隊、原発職員、報道陣、官僚、警察、それぞれの立場から描かれているのは演出だろうか。誰もが子供の救出を願うのだが、立場の違いでその命の重さが変わって来る。この映画の大きなテーマの伏線と言える。

墜落まで残り数時間

東日本大震災の時も、リアルに同じ光景を目の当たりにしたが、上の人間の愚かさが浮き彫りになる。原発所長は、原発を守る事もさることながら、職員の命も守らなくてはならない。天秤にかけられるはずのない命が、簡単に秤に掛けられる。墜落の前に、原発を停止させ安全に冷却させる作戦が組まれるが、ビッグBは赤外線でわずか数分の冷却水の変化を見抜く事が解った。その変化で墜落の可能性がある事を察知した所長はすぐに原発を止める事を中止させる。墜落した時に一番安全な場所は何処か?原発に爆弾を積んだヘリが墜落したら、その場所から半径250キロメートルは死の場所と化す。安全な場所などないのかもしれないが、可能性としてドーム内が一番安全である事が解って来る。墜落と同時に原発を停止させ、職員を安全な場所まで誘導する。それを消防隊が行うが、消防隊長は職員の命を守らなくてはならない。白熱する議論の中、命の大きさが秤にかけられる。

この映画の伝えたい事

東日本大震災、特定秘密保護法案、安全保障法制、嫌な方向に進んでいるとしか思えない昨今、クソみたいに無駄死にしている者がある。原発が安全なんてもはや空相だ。想定外の事態なんて言い訳にもならない。いつか、いつの日か、恐ろしい事態が起きる時が来る。それまで臭い物にフタをし続けて来た、我々に対する警笛ではないだろうか。知らないでは済まされない、そのツケが必ず来るんだと。

感想

物語が良い。アクションやCGなどはイマイチだが、脚本は素晴らしいと思った。そして人の知らない所で犬死に同然の死があると言う演出も興味深い。親になった今、目の前で子供が自殺をする。それを止められなかった、守れなかった気持ちを思うと胸が張り裂けそうになる。映画を見終わったあとも、その事が引っかかっていた。主人公の湯原が、真実から逃げる姿も自分に被る。彼が臨月の妻を置いて出張した本当の理由は、父親になるのが怖かったとカミングアウトするシーンがある。ワシもそうだ。自分の遺伝子を引き継いだ魂が、この世に誕生するのだ。怖くない訳ない。人は言う。「お父さん似ね」と。それを言われる度に、自分の遺伝子を引き継いでいる事に恐怖する。

物語の設定背景は、1995年だ。エンディングでは、16年後が描かれている。2011年3月、あの震災でヘリで被災地を救助活動する一人の若者の姿があった。それが、あの日ビッグBに取り残された湯原高彦だ。時代の移り変わり、そして繋がりに涙が出た。我が子の未来に、何かを繋ぎたい。そう思う。そして、彼らの未来が、明るい物である事を祈っている。

piccolo


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク