今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

07月≪ 08月≫09月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

四文屋 鷺ノ宮店



海に繰り出したい陽気です。piccoloです。

仕事帰りに四文屋さんに寄りました。せめて生ビールを飲んで夏を感じたいがためです。

鷺ノ宮店には、外国人の店員さんが多くいるみたいです。今日のシフトは、焼きのベテランに、やや仕事が出来る外国人と、新人の外国人で回していました。ホールは新人の外国人が担当していたようです。まず、日本語が解らないんですね。お客さんから「今日は冷製何があるの?」って質問を理解出来ない。その度に確認してる姿に痛々しさを覚えます。確認されるベテランスタッフも、同じ質問を何度も繰り返すことにかなりイライラしてる訳です。「何度も言ってるでしょ。これとこれしかないから。」で、お客さんの所に行って説明するも、イマイチ分かってない様子。怒られれば萎縮して視野が狭くなり、再びお客さんからの要望を聞き逃す。で、怒られるの繰り返し。

もう内心彼のファン。まさに自分を見ているような感覚。自分に送る応援歌みたいな感じ。自分が注文する時は、ゆっくり大きな声で注文してみました。それでも、全部塩と注文したのに、タレで来たりします。そんなのは良いんです。彼は間違っていなかった。解らないことは怒られてもベテランスタッフに質問している。ナンコツの冷製がないのと、焼きのナンコツがあるのが、別問題だという事が彼には解らない。串のナンコツはある、ハツやタンの冷製もある。そんなの一つ一つ覚えれば良い。なんだか彼から目が離せなくなりました。何をしても上手く行かなくて、怒られて、萎縮して、視野が狭くなって、また怒られる。まるで自分の投影。仕事が出来ない自分をみている様でした。

美味しく焼きトンを頂きましたが、今日は人間模様にグッと来てしまいました。四文屋鷺ノ宮店で、なりふり構わず頑張る労働者を私は見たのです。3ヶ月後、半年後、彼がこのお店で頑張っている事を期待します。もしも実現したら、彼に一杯おごりたい。

お会計を済まして、つい「頑張って」と声をかけてしまったんです。そしたら強い目で、ワシなんかが出来ない眼光で、「頑張ります!」って言うんです。余計なお世話だったと思いつつ、これから先、どこかの四文屋に彼の姿があった時は、黙って祝福しよう。そして、彼だけに一杯おごりたい。

ワシも頑張らなきゃ。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク