今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

09月≪ 10月≫11月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

忘年会 with 近代ガールズ



メリークリスマス
piccoloです。

二回り近く年の離れた子達と忘年会でした。2013年は、近代ガールズで始まり、近代ガールズで終わると言っても過言ではありません。

彼らに出会ったのは今年1月。JAPAN FINALで彼らを見たのが切っ掛けだ。その前の年、2012年に同級生に再開し、ネットで交流を持ったのがそもそもの始まりだが、彼らの様子をビデオに撮ろうと企んでいた。理由は出会った同級生の恥ずかしい歴史を1人1人Movieにし、それをDVDににしようと思っていてからだ。コンテンツを充実させるために、彼らの演奏を撮っておけば何かに使えるだろう。そう思っていたのだった。


その時の日記


で、終わってみたらクソかっこいいガキどもに魅せられていたと言うオチ。で、盗撮したライブ映像を単独でDVDにしたのが近代ガールズとのファーストコンタクトだった。

その時の日記

ここでこの縁は終わるはずだったのだが、DVDを手渡した時の同級生の喜びがとても嬉しくて、彼の誘いのまま近代ガールズの企画ライブをDVD化するプロジェクトに参加することを決意する。引っ込み思案なワシが自ら会場に出向いて撮影をし、知らない人とコンタクトを取る事が自分の中で滑稽極まりない姿だったが、この撮影が彼ら近代ガールズと初めて会って話をした瞬間だった。正直、直接会わずにJAPAN FINALのDVDを渡した時点でミッションコンプリートとしたかったが、同級生であるK氏の思いが強く、逃れられなかったと言うのが本当のところだ。しかし、40歳を過ぎて自分の中に変化もあり、そう言う何か繋がりみたいな『縁』と言うのだろうか、特に世代を超えた繋がりを新鮮と感じるようになっていたのも大きな理由かもしれない。十代、二十代の頃には絶対になかったことだが、ワシも年を取り寂しくなってきたのだと解釈している。

少しずつだ。DVDを作成し、彼らのLIVEに行くようになって、その年の差が怖くなくなってきたのは。春にDVDを作成し、夏にLIVEに通いつめた。秋になると、TwitterなどのSNSで、下らない会話を楽しむようになる。その時間が恋をするかのような感覚を思い出させてくれる。確かに最初に見た彼らの演奏で凄い子供がいたもんだと思ったが、その憧れとは若干違うファン心理を持つようになった。

そしてこの日、同級生K氏のプロデュースで忘年会 with 近代ガールズが決行されることとなった。



夏に活動休止を宣言した。ギターのカナコが来年の春まで学業に専念するためだ。今は加藤翔大君と言うサポートを入れて活動を再開している。上の写真は、カナコと翔ちゃんを含めたオールメンバーだ。ドラムの小春ちゃんが歯に青のりを意図的に貼り付けての撮影に若さを見る。

感心したのはK氏の話題の振り方である。ちょっとした話題でも、情報として彼らに投げられるのだ。だから、彼らも耳を貸す。ワシも話してみたいことがあったが、話題を投げても暴投になってしまう。そこが凄く勉強になった。

もう少し音楽の話をしたかった。どんな音楽が好きか、影響を受けたアーティストは誰か、しかし同じ話題をグダグダする様な奴らではない。ワシの話が必要ないと思えばたちまち話題が変わる。もう少し引き出しを用意したいものだと痛感した。そして、お世話になったAV女優が誰であったのか、世代を超えたディープな話をもう少し交わしたかったと言う事が少し心残りである。

こうして会は終了した。形を変えても、彼らのパフォーマンスを応援して行きたいと思う。


piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク