今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

05月≪ 06月≫07月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

永遠の0(思いきりネタバレします)



前情報なく観賞しました。全てが戦争の描写でなく、現代(2004年)とシンクロしながら物語は進行します。

お婆ちゃんの葬式の日に、実は祖父が本当のおじいちゃんではない事を知らされる健太郎(三浦春馬さん)。姉の慶子(吹石一恵さん)はその事実を突き止め、執筆することを決意する。その手伝いを健太郎がこなし、姉弟の取材は始まるのだが、出て来る久蔵(岡田准一さん)の話は、臆病者、卑怯者、弱虫、そんなマイナスな情報ばかり。取材をする相手も色々な方がいらして、その筋の方からも門前払い同様の扱いを受ける始末。もういい加減嫌気がさしていたところに、井崎源次郎(橋爪功さん、濱田岳さん)の話を聞くことになる。そこで、臆病者と言われた本当の意味を知ることになる。妻と娘に生きて戦争から帰る。家族を守る。そこから死ぬのが恐いと表現していたのだ。これは、今の言葉で言うならば、『愛』と言うのかもしれない。しかしその時代にそんな言葉はなかった。間違いなく、宮部久蔵小隊長は、ご家族を愛されていた。そして、死ぬのを恐れる臆病者でなかった。死ぬことが当たり前とされたこの時代に、迷うことなく死にたくないと主張できる隊長は、強い人だったんです。だからそう主張出来たんですと、臆病者と言われた本当の意味を知る。

調べれば調べるほど、そうまでして生きる事にこだわり続けた久蔵が特攻に志願したのか?謎は深まるばかりの健太郎は、かつて卑怯者であったおじいちゃんと表現し門前払いを食ったその筋の景浦(新井浩文さん)を訪ねる。そこでの真実に、久蔵の真の姿に、ただただ脱帽するのだった。そして景浦から貰った特攻隊のリストに、大石(染谷将太、夏八木勲)の名前を見る。事実を知った健太郎と共にお客もその真実に驚愕する演出が施されている。

時代に巻かれていれば批判される事はない。死ぬ事が美徳とされたこの時代に反旗を翻す事がどれだけ勇気がいることか。その事実に涙なくしては見ることが出来なかった。その久蔵を岡田准一さんが見事に演じ切っている。

ラストシーン…
敵の空母の攻撃を交わしながら特攻を遂行させようとする久蔵。敵の無線が劇場に響く。なぜこいつに玉が当たらないんだ?兵器の特性を読まれてるのか?まさか!海上スレスレで飛行する久蔵。やがて久蔵のゼロ戦は大空に真っ直ぐ飛び上がったと思うと、敵の空母に急降下して行く。久蔵の表情がアップになる。その表情の見事なこと!そう。それは特攻が成功したであろうその瞬間の表情だ。全てを見切ったような、当時の命を粗末にする日本を皮肉る様な表情の変わり方に涙が溢れるのと同時に、岡田准一さんの役者としての素晴らしさを見ました。

脱線しますが…

このエンディングには賛成出来ない自分がいます。なぜならば、特攻を皮肉るのに特攻が成功するなんて。凄くカッコいい描写に仕上がっているのです。これを見て、ゼロ戦がカッコいい、特攻がカッコいいって思う人が出ない事を望みます。こんな悲しい事をさせた悲しい歴史を憎む。そんな方向へ向いてくれればと思います。映画が終わり、後ろに居た観賞者が素敵な話をしていました。つい盗み聞きしてしまったのですが、久蔵は爆弾を爆発させないように細工していたそうです。特攻は成功しますが、敵にダメージは与えられなかった。この話にとても共感しました。全てを見切り、自分が出来るギリギリの応戦をした。敵が何かを分かっていた。命に拘る事が久蔵の思い。なぜその久蔵が敵艦に特攻したか?これは久蔵の切腹ではなかったかと捉えています。若い命がゴミのように散って行く事が久蔵には許せなかった。その消えた命の上に生き永らえてる。そのケジメをつけたんだと。特攻が成功するとわかっていても敵の命にもこだわり続けた久蔵に侍をみました。あっぱれの映画でした。

ありがとう


piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク