今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

04月≪ 05月≫06月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

観音温泉旅行

DSC_0029_20131128075803d7b.jpg

伊豆です。水です。piccoloです。

先日旅行して来ました。伊豆にある観音温泉へ行きました。2007年に、会社の友人と行った事があり、水と料理の美味さ、温泉の質の良さをもう一度味わいというワシのわがままでこの地への旅行が決定しました。

初日は天気が良くてとても気持ちよかった。海老名で休憩しつつ、鯵フライを買います。

IMG_4419.jpg

そこから大室山に向かい、この頂上で昼飯を食べようと企てるのです。

DSC_0002_20131128082255d08.jpg

リフトで上がることが出来ます。リフトを降りれば、伊豆七島が見渡せます。空気が澄んでいれば富士山も見えるはずでした。記念撮影をします。何気なく大島が見えると話しながら写真を撮っていましたが、この日は10月14日。まさか次の日の夜に、あの土砂災害が起きるとはこの時誰も予測していなかったのです。

DSC_0011_20131128082253626.jpg

頂上でお弁当を食べるはずでしたが、何処にもそんなスペースはなく、こんなところで食べたらな他の登山客から罵倒されそうと言うことで、記念撮影した場所まで戻っての昼食となりました。おにぎりとお漬物、先程インターで購入した鯵のフライ。登山して食べるおおにぎりが美味しい事は、我々先刻承知。今日も美味しい空気の中、ランチを堪能しました。

DSC_0020_2013112808225089b.jpg

帰りに焼団子を食べて下山しました。

IMG_4434.jpg

IMG_4433.jpg



しかし伊豆は遠い。伊東あたりの道の駅に寄り、まだ先が長い事に全員途方に暮れる感じです。海沿いを走りましたが、母がずっと怖いと言います。荒れた海を想像してしまうからだそうです。そうなのです。母は海が苦手で、海を見ると恐ろしい想像をしてしまうのだとか。もしも台風が来たら通行止めになるのかしらね?と、穏やから海を見ながら走るドライブに不安を感じている様子です。そう、母はこの時予感していたのかもしれません。あの災害を。

夕方、もう日が暮れそうという頃に到着しました。

DSC_0068_20131128083743b09.jpg

到着しました。受付を済ませている途中ソファーで一休みです。

GOPR5081.jpg

やはり記憶は確かだった。空間一面に置かれたお水たちは、オブジェにもなっていた。

GOPR5084.jpg


前に泊まった場所よりも1ランク上の部屋です。全室に温泉が引かれていると言う部屋に案内されます。

GOPR5091.jpg

受付から少し離れた場所に連絡通路で繋がった部屋です。その和と洋が混ざり合った斬新な空間で一休みします。部屋に惹かれた温泉。その隣に壁一枚で仕切られたスペースは『洋』でした。贅沢なパウダールーム。なんのパテーションもなくソファーが置かれていました。

GOPR5093.jpg

夕日を見に行く計画もありましたが、時間も押し迫っていることから断念しました。その代わりお風呂でゆっくりしようと決めます。新しく出来た日帰り温泉ガラティアに。そうそう、この温泉。思い出しましたその湯質を。ヌルッとした肌に絡みつく感じのお湯。沖縄のちゅらーゆや、瀬音の湯に似ていますが、観音温泉の方が質は良さそうです。どう良いのかをお伝え出来ない事が申し訳ないのですが….

そして、お食事です。珍しく母が生ビールを注文。ワシは前に来た時に酒が美味かった記憶を頼りに純米酒を注文。料理を楽しみます。

DSC_0040_20131128090201eec.jpg

量は大したことありませんが、一品一品はとても美味しいです。観音温泉の水をすべての料理に使用しているそうです。

DSC_0045_20131128090155baa.jpg

DSC_0044_201311280901563f6.jpg

DSC_0042_201311280901582c1.jpg

DSC_0041_201311280901595e4.jpg

やはり伊豆です。刺し身が美味い!

DSC_0047_20131128092122c48.jpg

ワサビは自分で擦りながら使います。このワサビが美味い。このまま酒の摘みで行けます。

DSC_0046_2013112809212335e.jpg

食堂ははなれにあります。

DSC_0050_20131128092117e7d.jpg

DSC_0049_20131128092119c50.jpg

夕食を満喫した我々は、再度温泉を攻めます。

GOPR5052.jpg

GOPR5054.jpg

とにかく水が美味いので、いちいち飲んでしまいます。施設の至る所に水飲み器が設置されているので、その場でゴックン、ペットボトルに入れてゴクンゴクンと言った感じ。酒ももちろん進みます。

一夜明け、朝食で嬉しい事がありました。

DSC_0060_20131128095245edc.jpg

夕食で頂いた伊勢海老の頭で味噌汁を作ってくれました。
これは美味い!エビがあまり好きではありませんが、この味噌汁は絶品です。濃厚という言葉ぴったりな、栄養満点の椀物でした。朝食といえば干物が定番ですが、一工夫ありました。熱した溶岩の上で冷めないようになっていたのです。

DSC_0059_201311280952437b4.jpg

ゆっくりと美味しくいただく食事は体に良いと感じます。スローフードと聞きますが、なかなか時間が無いのが現実。こうして旅行に来た時くらいゆっくりと食事をしたいですね。

さらにお湯に浸かり、宿にお別れを告げる時がきました。

DSC_0053_20131128095942ac3.jpg

DSC_0066_201311280959398e7.jpg

DSC_0067_20131128095937ed8.jpg

DSC_0069.jpg

また来たい温泉です。ただ、遠い。それが苦ですねぇ。

この日は台風26号が接近していました。午前中は雨強いなぁ程度でしたが、だんだん風も出てきて台風接近を感じます。台風のせいで観光名所はほとんどお休み。残念だったのが行きたかった干物屋さんが閉まっていたこと。そりゃそうですよね、雨じゃ干せないもの。その干物屋さんは山七商店さんです。ここがお休みだったので、小木曽商店さんで干物を購入しました。

母は早く帰りたかったようですが、嫁が許してくれません。またまた母を連れ回し、あっちだこっちだと観光します。しかし、尽く休み。仕方なく帰り際に魚の食えるお店を探そうということで意見がまとまりました。で、途中カフェに寄ってケーキを頂きました。

フォンテーヌさんです。

IMG_4454.jpg

DSC_0085_201311281033512c4.jpg

DSC_0082.jpg

豪雨を避けてコーヒーブレイクしました。

さあ、台風も酷くなってきました。帰りを急ぐワシらがあります。しかし、ハプニングです。母が体調不良で倒れたのです。朝から背中に痛みがあると訴えていましたが、横にならないといられないくらいに痛みが酷くなってきました。本当は山側から帰りたかった母なのに、魚の食える定食屋を探すためにまたもや海沿いを走らされる事に。その荒れた海を見て恐怖した事に違いありません。やっとの思いで見つけた定食屋に駆け込むと、母の体調はマックスで不良に。お店で倒れこんでしまいます。

名前は忘れてしまったのですが、地元で人気の定食屋さんです。ダイバーにも人気があるとは納得の量。これでもかという量、また量。そしてその味は、懐かしい昭和の定食屋さんを思い出すような暖かい家庭の味でした。聞けば刺し身も事前に大将に相談しておけばその予算に応じて作ってくださるとのこと。非常に興味を持ったのですが、母の具合を懸念し、食事をかき込んでこの店をあとにしました。

頂いたのは鯵フライとサザエのお刺身。

IMG_4455.jpg

IMG_4456.jpg


車の中で横になる母。強くなる風と雨。進まない車。社内はストレスの塊か?と思いきや、嫁も母もグーグーと寝ていますzzz。マイペースなワシら、こう言う時はストレスが少なくて良いですね。

なんとか無事帰宅しましたが、その晩に大島に災害が起きました。母の原因不明の痛み、もしやスピリチュアルなものではないかと勘ぐっています。今は嘘のように元気な母、純真な心に海と島の神が警告を与えていたのかもしれません。ちょっと考えさせられる旅となりました。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク