今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

03月≪ 04月≫05月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

半沢直樹を見終えて

悪は何処にありますか?
piccoloです。

金八先生の授業を思い出します。さすがはTBS、何が正義で何が悪かを考えさせられます。かつてのドラマ3年B組金八先生の描写に、冒頭の台詞がありました。

『悪は何処にありますか?』

公園ですか?
交番ですか?
あなたですか?
いいえ、私にだって。

悪は各々の心の中にいると、かつての授業で習ったじゃないですか。何シリーズか忘れましたが、ジャニーズの風間さんが出てるシリーズです。そこでも言いました。最終回スペシャルでも言ってました。

悪は何処にありますか?

最終回を見終えて思うことがあります。半沢直樹の面白い理由は、日本的でないディベートの描写があると。日本人が好むのは、善と悪がハッキリしていることではないかと思うのです。時代劇や、ヒーロー戦隊物、悪がいるから成り立つ人物に歓喜して育ってきました。だから、やられたらやり返す倍返しだ。と言う言葉が産まれるのだと思います。だから、悪を追い詰めるシーンに歓喜するのだと。しかし、善と思われる半沢の行動が悪と思われる大和田常務に反旗を翻す事に歓喜する中、本当に半沢だけが正義か?そんな捻くれた思いも持ち、お酒様を崇めながら鑑賞していました。大和田常務にだって善の心があると思うし、半沢直樹にも如何わしい気持ちが産まれることもあると思うのです。

そりゃ気持ちいいですよ。誰もが善になれる訳ですから。誰もが半沢直樹に自分を重ねてマスターベーションしている。まるでイケメンに抱かれる様な、可愛い子を落とす様な、そんな妄想の世界に浸れるわけです。

思い切り脱線しましたが、自分も組織に属する立場として思う事は、理想の描写であることは間違いないと思われますが、正義を貫こうとすると現場で摩擦が起きるのも事実。ヒーローになろうとする人がいると、回りが迷惑するというパンクバンドの歌詞を思い出してしまいます。

気持ち良く鑑賞させて頂きつつ、実生活の憂鬱を比べてしまう自分がいる。最後、大和田常務に軍配が上がり、半沢係長が出向というのは何を意味しているのか?現実的な展開に歓喜してしまいます。

あの中で、自分は何処に属するんだろう?と考えた時に、どのキャストにもなれないことを、遠く恨めしく思います。

頑張って報われる訳じゃないと思うけど、報われる事を信じて日々精進するよね。色々考えさせられる内容でした。

piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク