今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

08月≪ 09月≫10月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013年の宮古島を振り返る〜2013.7.7〜

DSC_0025_20130721195322.jpg



なま年もお世話んかいなりましちゃん。
(今年もお世話になりました。)
piccoloです。

去年に引き続き宮古島に行きました。
予算が足りず、昨年の旅行が二泊三日で後悔した事のリベンジです。
この海を独り占めにするんだと言う欲求そのままに、宮古島に自分を預けました。
今年も受け入れてくれるかな?

ま〜朝が早かった。
三時起きで、始発に乗ります。
始発が4時半くらいだったかな?いつもはリムジンバスを利用するのですが、
リムジンの始発が5時15分。ギリギリで間に合わない可能性を懸念し、
JRと京急を利用したのです。(またこれが疲れる。)
日曜日の朝と言うこともあり、飲んだくれな光景が沢山ありました。

IMG_3354.jpg


6時5分に羽田を発ち、那覇を経由して宮古空港に降り立ちました。

IMG_3376.jpg

羽田空港ではほとんど時間がなく、すぐに搭乗が始まった感じですが、
那覇でゆっくりと珈琲を飲みます。


IMG_3374.jpg

いつもの事ですが、日々の疲れが残る旅行初日。
なかなかテンションが上がらないのが実情です。
でも、那覇で頑張っている自分がいます。

IMG_3375.jpg

飛行機が好きなワシは、離陸と着陸を何度も味わえる那覇経由でのフライトは嫌いではありません。
那覇を経ち、宮古島に向かった飛行機の中からオスプレイを複雑な気持ちで眺めました。
那覇の海もまた。

なんと言う天気か!
ピーカンとは良く言ったもんで、てぃだかんかん日和。
着陸時の海の色を見て、ドキドキは止まりません。

IMG_3378.jpg

やっぱり空が違うなぁ。高いと言うか、広いと言うか、東京では見られない濁りのない青空が広がっています。
空港を降り、最初に向かったのは腹ごしらえのための地でした。

古謝そば屋さんに向かいました。

DSC_0001_20130714105041.jpg

DSC_0004_20130714105042.jpg

みんな考える事は一緒で、この地に向かった人は数知れず。
凄く混んでいました。
すでにゆっくりとした島時間に包まれていたワシは、
混んでいる事など気にならないのでした。

そばセットを頂きました。

IMG_3384.jpg

宮古そばは、沖縄そばよりも丸みがあるのかな?
製麺所の麺らしい、コシがあってモチモチした麺でした。
出汁はあっさりで、感想としてはもう少し塩辛くてもいいかな?
って思いましたが、食べてるうちにそのうま味の奥深さを感じる事が出来ました。

IMG_3385.jpg

ご馳走様でした

IMG_3386.jpg

腹も満たされ、次の地を目指します。
去年行かなかった宮古島海中公園です。

IMG_3390.jpg

ここまで来ると空港周辺の観光客もばらけて来て、人が少なくなります。
この暑さ、この薫り、沖縄の夏を独り占めです。

P7070850.jpg

P7070848.jpg

トンネルをくぐると、そこは珊瑚礁でした。

DSC_0015_20130714110254.jpg

IMG_3394.jpg

風が強いので、波が荒く海中の透明度は10メートルと説明を受けました。
確かに透明度はないですね。一番海が綺麗なのは春先なんだとか。
四月くらいが海が一番綺麗だそうです。

そこから池間島に向かいました。

P7070867.jpg

IMG_3397.jpg

宮古の青が凝縮!

P7070868.jpg

早朝からの動きに、少し疲れを感じたワシらは一度ホテルで休む。
少し仮眠の後、再び宮古島の自然を感じる為に来間島を目指す。

P7070876.jpg

目的はサンセット。
夕日が綺麗なポイントを探し、そこからアプローチしようと言う物でした。

P7070874.jpg

少しずつ、少しずつ、
それでも間違いなく沈む太陽を、ただ黙って見守っていました。



夕日をバックに記念撮影。

IMG_3419.jpg

IMG_3416.jpg

P7070880.jpg

P7070879.jpg

P7070877.jpg


時間は八時を過ぎてると言うのにまだまだ明るいのです。
これが沖縄の夏。
一日が終わる事ないと言う錯覚を持ってしまう。
ワシの夏、沖縄の夏。

DSC_0042_20130721193551.jpg


ホテルへ帰り夕食。
今日はチープにコンビニ弁当です。

IMG_3432.jpg

この日は七夕でした。
梅雨時期の内地では、七夕に天の川を見られる事はあまりありません。
この時期の沖縄旅行の楽しみの一つ、七夕の天の川を見るべく近くの港へ。
そこから星空を眺め、現実を忘れるのでした。

DSC_0058.jpg

DSC_0056_20130721193548.jpg

こうして一日目は暮れるのです。




piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク