今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

04月≪ 05月≫06月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トキワールド 夏!! 〜近代ガールズを見に行く〜



三回目の近代ガールズでした。
piccoloです。

初めて見たのがジャパンファイナル。2013年の1月13日でした。
次が3月16日のフロアー企画LIVE。
で、三回目の今日7月15日

TOQUIWAのCD Release LIVE
トキワールド 夏!

73329_408378875938551_1045522362_n.jpg

このLIVEに近代ガールズが招待されたとの事です。
初めてのロングステージと言う事で、行きたかったのですが仕事で行けないはずでした。
しかし、スタッフに欠勤が出てシフトが大幅に変更。で、このLIVEに行ける事になりました。
新曲が完成してると聞き、楽しみにしていました。
がしかし...
ある意味楽しみにしていた物は見事に裏切られたのでした。

近代グルーヴで始まったライブ。
この曲はスタートにもってこいですね。
身体がほぐれた所で二曲目。
ん?
どこかで聴いたメロディー。
これです、これを待っていたんです。
新曲アメリカン ビート ドライブ
略してABD。
このメロディーがかっけー。
で、楽しみにしていた「ワンタイム」のかけ声。

しかし!

またもやその期待は裏切られ...
三曲目『Dive』
初めて聞く曲に心をとらえられる事は少ないけど、
この曲のギター展開にやられました。
凄い好き。
四曲目
『三万回今夜』
正直あまり覚えていませんが、
五曲目の
『Mement Mori』
に自然と流れて行くあたりで、スローナンバーだったような。
六曲目
ダンスチューン『金閣寺』
言わずと知れた近代の代表曲ですね。
改めてベースがかっけーとしびれました。
そして、また新曲の
『Yoga Thailand』
手を合掌し、横にふりふりとマハラジャ的なイメージでしたが違いました。
テンポが変わるスリリングな曲展開に脱帽です。
そして王道
八曲目
『R&M』
からのラストは『塞ぐ』

計9曲。
初めてのロングステージを楽しみにしていた。
オーディエンスの立場で、ロングステージと言うのはとても良い。
なんせ好きなバンドの歌が長く聞ける訳だから。
しかし、見せる側としては、ただ演るだけじゃなく色々な演出を試行錯誤して行かなくてはならないのか?
と想像した。好きな事をやるのも楽じゃないなと思う。
今、ワシの中にある憂鬱と、キラキラ輝いている若き才能。
何の苦労もなく輝く事はないんだと、天才も努力なしでは大成しない事を思う。
何が言いたいのか、自分の中で全く整理がついていないが、
言いたい事は、あれだ、まあ、そのぉ、頑張ってんじゃねえか!クソガキども!って事。
その無垢な姿に、ホント勇気を貰います。
自分にも何かあればなぁ。と、嫉妬心でいっぱい。

で、モダンの出番が終わった後に話す機会がありました。
絶対話せないと思っていました。
まあ口下手、人見知りに加え、マイナス思考と言う人苦手なキャラクターのせいもあり、
そのマイナス面をさらけ出したくないなと思っていたのに、まぁ気持ちが溢れました。
たった、二杯のビールで。
気持ちよくなったワシは、闇キチガイとクソガキテクニックチビの空気を感じ取ります。
闇キチガイの繊細な目の奥、テクニックチビの観察力、
それらを感じながら、楽しくその時間を過ごす事が出来ました。
年で言ったら二回りも離れているのに、自分の話す事に耳を貸してくれる近代ガールズに感謝です。

こちんママには驚きました。
まだ人気の少ない会場に、一際関係者のオーラ漂うお姉様の存在には気付いておりました。
しかしそれが、近代の関係者だとは思っていなかったのです。
ワシは、同級生の到着を待ち、そわそわする気持ちを隠しながらビールを飲んでおりました。
すると、隣で綺麗な顔の男の子が煙草を吸うではありませんか。
煙草があまり得意でないワシは、「ライブハウスってこれがキツいなぁ」なんて、
tweetしようかと思ってた頃合いに同級生が到着します。この同級生こそが、ピクニックパパイヤの叔父なのです。
ちょいとワシと喋ると、色々な方面に挨拶に行くではありませんか。
その中には、関係者漂うお姉様、煙草をふかす綺麗な顔の男の子の姿もあります。
聞けばお姉様はE.T.凡人こちんのお母様でいらっしゃいました。
高校生の保護者像とはかけ離れたビジュアルに、20数年経つ間に何が起きているんだと言うパニックを受けた次第なのです。そのセレブリティなビジュアルはズルい!そして、綺麗な顔立ちの(もう、いいか)男の子も知り合いでございまいした。
なんとボーカル、ピクニックの彼氏さんでございました。tweetしなくて良かったと、心から安堵するワシがいたのでございます。

そんな、こんな、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
この機会を与えてくれた、
TOQUIWA様に心から感謝し、またこんな楽しい音楽の時間を共有出来たら良いなと心から思うのです。
日本の音楽業界、色々あるのかもしれません。
しかしここに、その狭間で悩む音楽人に勇気づけられる人間が居るのです。
そして、こんなオッサンから次の次の世代にバトンが渡されて行ったら楽しいな。
彼らの音楽は、きっと地球を救う。
世代を超えて、人類滅亡を救う。
と、映画『フィッシュストーリー』を思い浮かべ、一人ニヤニヤしている輩がここに居るのでありました。

piccolo


冒頭にあるワインタイムと言うキーワード、
実は近代ナイトのDVDを作成した事を切っ掛けに、リハにお邪魔した事があるのです。
その時に練習していたのがABDのリフ。
それが、どんな形で一度目の裏切りを受けるのかが、DVDの内容でした。
興味があれば、その内容48分と言う長い時間ですがご覧下さい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク