今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

05月≪ 06月≫07月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

オカン骨折

なんか予感がしたんだ。
piccoloです。

夜勤明けにApple Storeに寄りました。バスで帰る途中、実家の近くを通ります。その時、途中下車しようと、そう感じたのです。

息子が来たと言う事で、母は買い物に行くと言います。俺買って来るよ。そう言うと、お前に買い物出来ないと、相変わらず上から目線で押さえ付けて来ます。いつもこれで喧嘩になるのですが、受け流す事が出来ました。

チャリで出掛けたと思ったら、3秒で帰ってきました。「駄目だ。雪で自転車乗れないわ。」と。直ぐに転けたと直感し、怪我がないか問いました。運動神経抜群と自称する母は、全く大丈夫だと、手をプラプラさせました。その手が、ブランブランである事で骨折に気付きました。

ワシ
手を見せて。
痛くない?

オカン
ぜんぜん痛くない。

動作
手をプラプラします。

ワシ
明らかに右手左手の大きさが、違うでしょ?

オカン
いや、これは昔から。
腱鞘炎のせいだ。

ワシ
一度受診した方が良いよ。

オカン
今日は、土曜日だからやってない。
いい!行かない。

ワシ
ほら、今の時間ならここの病院がやってるよ。

オカン
あら、近くね。じゃ、行こうかしら?

インターネットもすてたもんじゃない。と思う。母を容易に説得できるのだから。

しばらくして、病院から帰ってきた母の左手首は、見事に三角巾で吊るされているのでありました。手首の骨折が、骨折だけではなく、骨がズレてしまっている重症でした。そりゃ、あれだけ骨折した手首をブラブラ動かせば骨もずれよう。「おかしいわね。痛くないのよ。」そう豪語する母に、今はアドレナリンが出てるから痛くないけど、夜になったら痛みでのたうち回るんじゃない?と、脅してきた。幸い、痛み止めも処方されていたので良かった。

しばらく実家に通い詰める事になりそうだ。夜に電話をいれると、痛くて死にそうだと。

あれだけ強かった母が、まるで子供が駄々をこねるような姿に、寂しさを覚える。やはり、母も人間なのだ。そう思った。

これで、本当の意味で親離れ、子離れ、出来る事を望んでいる。


piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク