今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

09月≪ 10月≫11月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

高尾山のトンネル

KEN子さんの記事に転載歓迎とあったので、転載させて頂きます。
piccoloです。

震災後、高尾山のトンネルが掘り終わってしまったそうです。
震災でドタバタしている事を良い事に....

以下転載記事



◆以下転送歓迎◆

虔十の会の坂田昌子です。

今週の日曜日、もうあさってですが、22日に八王子市長選挙が行われます。
わたしたちは、もろずみみのるさんを応援しています。

その理由は、主に以下4点を虔十の会と約束してくれたからです。

①高尾山の水環境の保全を国交省にかけあう約束をしてくれたこと(具体的には、まず陳情書を提出)
②徹底した放射線量の測定と内部被ばく対策を約束してくれたこと
③自然エネルギーへシフトするため、エネルギー特区を作ったり、公共施設は、随時東電との契約をやめ、エネットなどへ移行する約束
④八王子の環境政策について、わたしたちの意見を積極的に取り入れる約束をしてくれたこと。(八王 子環境ルールの策定、生物多様性保全活動促進法の適用など)


昨年は、3・11東日本大震災と福島原発事故に、高尾山トンネル貫通という
大きな出来事が続きました。
原発事故のどさくさにまぎれ、あっというまにトンネルは貫通してしまいました。
半分掘るのに、5年半もかかったのに、
残り半分をたったの5か月で掘ってしまったのです。

山からは、一日200トンの水が流出し、
6号路の琵琶滝下にある岩屋大師の祠の湧水は、涸れる寸前です。。。

トンネルは、貫通したけれど、工事はまだ続いており
一刻も早く、水の調査と対策を行わなければなりません。
開けられてしまったトンネルは、もう二度ともとにはもどらないけれど
これ以上、高尾山がダメー ジを受けないように、
これ以上、命の水を失わないように、わたしたちは手をつくさなくてはなりません。

国交省は、わたしたちNGOがお願いしてもなかなか話を聞いてくれないけれど
八王子市が、お願いすれば耳を傾けざるをえません。

これまでの八王子市行政は、土建行政と言ってもいいほど、
無駄なハコモノばかりを作り、高尾山についてもトンネル工事を推進してきました。

原発も公共事業も根っこは、同じ。
自然の恵みで暮らしていることを忘れ、自然を壊しお金を追い求めて
行きついた日本が、行きついたところが3・11、あの日です。

もちろん経済も大事。
でも、経済って生活のためのものなはず…
高尾山にある栗の木を眺めていつも 思います。

この栗の木を伐れば、材木になってお金になる。
でも、それで終わり。
もし、伐らなければ、毎年栗の実が食べられる。
どっちのほうが、経済的なんだろう???

3・11後、わたしたちは栗の木を伐らず、実を食べ続けることができる社会へ
シフトしていかなくては!と考えています。
こんなことを、いっしょに考えてくれる市長さんがいい!

高尾山にとって、今回の八王子市長選は、最後のチャンスとなるかもしれません。

誰が市長になるかが、わたしたちの命、次世代の子どもたちの命、山の命に
かかわってくる選挙です。

八王子の人はもちろんのこと、知り合いに八王子の方がいたら
ほんとうに大事な選挙だから投票に行くように伝 えてください。

心からお願いします!








何と言う事か....


piccolo
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク