今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

四丁目のアンナがMV公開!



同級生の姪御さんです。piccoloです。

四丁目のアンナと言うバンドが、どうやらMVを作ったらしいっす。

【台湾の留学生】



Liveで観た時に、キーボードがスリリングで良いなぁと思ったんですがこんな歌詞だったんすね。良いじゃないか。でもまあ、そのうち凜佳ちゃんの作る曲も聴いてみたいもんす。

piccolo
スポンサーサイト

インフェルノ



ロスト・シンボルは何処へ?piccoloです。

ダヴィンチコードシリーズです。公開最終日にやっと観られました。壮大な謎解きサスペンス健在です。

映画感想を書かなくなりました。昔はブログのネタを探っては映画の感想を記録していましたが、最近は頭の中に感想も浮かばず、言葉狩りのターゲットになる事も恐れて著作に関する感想を言えなくなったのが理由です。それでも書こうと思ったのはなぜなのか、自分でも分からないでいます。

【ダヴィンチコード】【天使と悪魔】ロバートラングドン教授が謎を解きながら事件を解決して行くシリーズですが、【インフェルノ】でも同様の謎解きとミステリーが展開されます。歴史が絡んだ難解な事件。今回はウイルステロに挑みます。

もろにテーマは大好物です。ウイルス物、細菌テロ物。狂ったカリスマがカルトに走り、人類をウイルスで滅ぼそうとします。それが本気で救済と思っている事にリアルオウム真理教を見たようでした。仕掛けられたウイルス兵器がばら撒かれるまでにラングドン教授は謎を解けるのか?そこに絡む秘密結社と大ドンデン返し。2時間ラングドン教授に釘付けになりました。

見終わって感じたのは、一作目と二作目と同じ展開なのに何故か物足りなさを感じた事です。その理由は謎ですが、取り敢えずこの映画を楽しむ知識が自分にない事に劣等感を覚えます。映画を観るにも知識と教養が必要だと。そう言った知識があれば更に楽しめる映画だと思います。

製作に入ったと噂されていたロスト・シンボル映画化は何処へ?やはりフリーメイソンには手は出せないのと言う陰謀論を思うのでありました。

piccolo

Nikon DK-19



視野も距離も広い方がいい。piccoloです。



冒頭の動画Tom Tom channelさんでD500の紹介を見ていた時に、ファインダーがデカイのが気になりました。10分15秒辺りです。これワシもやりたい。と言う事で調べました。DK-19と言う接眼目当てと言う物らしく、完全に見た目をカッコ良くする目的で買いました。
http://www.yodobashi.com/ニコン-NIKON-DK-19-接眼目当て/pd/100000001000479654/
¥597でした。

以前の丸目も好きでしたが、



DK-19カッコイイっす。



右から見ました。



左から見ました。



上から見ました。



と、自分の欲求を満たすワシがいるのでした。仮眠から目覚めたら、もう少し奥が深そうなので探ってみたいと思います。

piccolo

カリタ コーヒーミル KH-3



商品はこちら

休みの日は豆から挽きます。piccoloです。

ついに念願のコーヒーミルを購入しました。コーヒーにこだわりがあるか?答えはNoです。結局のところ何でもいいんです。朝、何となく黒くて苦い飲み物があれば。ではなぜ豆から挽くのに憧れるのか?この面倒くさがりのワシが、たかがコーヒーに時間をかけるなんてちゃんちゃら可笑しな話ですが、1日のルーティーンがそこにはあるんですね。こだわりはないが、1日のメリハリをつけるのにコーヒーが必要なんです。豆を挽くと言う行為が裕福で、その行いが1日を豊かにしてくれると想像していたのです。

家で飲むコーヒーは、スタバのカフェベロナを選んでいます。なんだかんだ、この濃くてチョコの様な風味に取り憑かれて早10年程でしょうか。いつもはペーパーフィルター用に挽いて貰っていましたが、コーヒーミルを買って、今回初めて豆のまま購入しました。

いざ開封してみます。



箱を開けると…



無造作に何かが飛び出ています。これが挽く時のハンドルです。



説明書の類は一切なし。インスピレーションで組み立てて行きます。と言ってもハンドルを取り付けただけですが。





こうして見ると、なかなか可愛いです。何気に置いてある感じがなんとも落ち着きます。

カリタの文字が生意気です。



早速挽いてみました。



一杯分なんてあっという間に挽けました。なかなか簡単です。ヨドバシの書き込みを見ると、挽き加減が調節できる様ですがインスピレーションでは辿り着けませんでした。

説明されている記事がいくつかありました。
http://riversidehawk.com/kh-3-5128

公式サイト

http://www.kodawariyasan.com/kalita/kh3.htm

取り敢えずこの挽きたての豆でコーヒーを淹れました



美味いか?と言われると正直いつもと変わらない味でした。やはり淹れ方にも拘らないとダメか?所詮は千円で購入したコーヒーメーカーですからね。





ただ、香りはとても良かったです。

一杯の美味い珈琲を飲む事に、拘るワシがここにある。やっぱ拘ってるんじゃーん!

piccolo

泥棒日記 × 池之端銀革店 本革バックルベルト(黒唐草)



ホスピタリティーは皆無です。piccoloです。

人生初のベルト購入です。本革です。ベルトに2千円以上かけた事がありませんでしたが、最近の唐草マイブームに乗ってついつい買ってしまったのが正直なところです。





今まで使っていたベルトはユーズドでボロボロで、緩い印象がありました。しかしこの子はガッチガチに固いです。これが本革なんだな。



こんな感じです。普段は見えないのに重要なベルト。そこに金かけるって?



そんな価値観を満たす事で日々精進しております。

泥棒日記公式サイト

piccolo

復活 AT-X 107 DX Fisheye



親不知を抜歯しまして鎮痛薬を内服中。piccoloです。

先日魚眼レンズの調子が悪く、修理見積もりを出してもらいにケンコートキナーのサービスセンターを訪れました。見積もりの結果、2万円ちょっとであるとの事でお願いする事にしました。手痛い出費です。



やはり技術料が高いです。



症状は『空が白く写る』なんだかカッコ悪いです。



絞りの作動不具合だそうです。この様に白っちゃけて写る写真が、元の様に写るのでしょうか。






部品交換と点検を行って頂き、手元にレンズが戻って来ました。



D500とトキナーAT-X 107 DX Fisheye





取り敢えず部屋の中を撮ってみます。



まずまず写りますね。外ではどうでしょう?

建物に合わせてみます。



うーむ…
やはり白っぽい感じがする。


空に合わせてみます。



うん。まずまずの色。補正すれば綺麗な空が展開出来そう。

で、補正してみました。



なかなかの色かと。

他にも撮ってみます。



空が白くなることはなさそうです。

この日地元のお祭りだった様です。





ふむふむ撮れてますね。他にも撮ってみます。

鷺宮小学校





鷺ノ宮駅







空にピントを合わせた時と、空以外の被写体にピントを合わせた時では、やはり空の色に違いが出ます。

駅に合わせました



空に合わせました



建物に合わせました



空に合わせました



なるほど写真のコントラストがまるで違います。この魚眼レンズのように、超広角レンズでは以下の注意が必要だとアドバイスを貰いました。



測光モードの切り替えはイマイチ分かりません。やり出すと訳わからなくなってカメラを放り出す危険を感じていて今まで立ち入る事の無かった領域です。その領域に踏み込まなくてはならないという事でしょう。

こうしてAT-X107 DX Fisheyeレンズは復活しました。この不思議な描写に拘ってDXフォーマットのD500を選択したと言っても過言ではありません。FXサイズのD750か、DXフォーマットのD500か、その選択をさせたのがこのAT-X107 DX Fisheyeです。行く行くはフルサイズへの憧れを具現化させる日が来るかもしれません。その時は15~17mmでフルサイズ機でも使用可能なので、修理しても手放さなかった事を誇りに思う時が来るかもしれません。手痛い出費でしたが、こうして手元にこのレンズがある事に、なんとも言えない満たされた気持ちになるワシがいます。

piccolo

箱根旅行2016



2年ぶりの義母との旅行です。piccoloです。

計画は過去にもあったのですが、我が子が熱発したり台風が来たりで延期がちなこのメンツの旅行。昨今ワシか母か嫁の誰かしらが体調を崩すと言う因縁が付きまといますが、今回は誰も体調を崩さずに出発地点に集合出来ました。

箱根旅行ですが、恒例となった真鶴でのお昼ゴハンを堪能します。



海を眺めらがら、うに清さんのお料理に舌鼓を打ちます。



いつもならドーンと鯛の活け造りがあるコースを注文しますが、奥さんが妊婦であることから刺身は控えめの竹のコースを選択。それと別注で魚のフライとご飯セットを注文。この魚のフライがフワフワで美味い!我が子も「魚くーだしゃい!」を連発していました。



ご馳走様でした( ◠‿◠ )

そこから箱根の宿に向かいます。なかなか良いペース配分。宿に着く頃にはチェックイン可能な時間。誰もが幸先が良いと思っていたのでした。



泊まったのはこちら
あうら橘さん



4つも5つもある特典の中から飲み物半額のサービスを受けました。この癒しの空間でドリンクを頂きます。





良い時間を過ごしています。散歩へ出掛けます。



いよいよお風呂タイム。



なかなか良き風呂でございました。



しかし、晩ごはんを前に奥さんの体調が急変したのでした。真っ青になって倒れ込む嫁。温泉に入った事で、血圧に変動があったのだと推測します。足を挙上し横になってもらいます。救いなのはその中でも我が子が元気な事。子供が体調が悪いと、その心配は負の連鎖に繋がります。奥さんだから良い訳ではないですが、おそらくは時間が経てば回復すると思われ、食事の時間を遅くしてもらい、その事態に対応するワシらがありました。

しかし嫁の体調ば回復せず、ワシと母、息子で食事会場に向かうのでした。食事を開始して30分くらい経過したところでなんとか奥さんも来る事が出来ました。

皆んなで食事を楽しみます。



残念な事に髪の毛が入っていたので指摘させて頂きました。肉を焼き直してくれたのですが、肝心の髪の毛が取れていませんでした。



肉に髪の毛があったと勘違いしたのでしょうね。サービスはとても親切で言う事無しでしたが、ここだけが残念な所でした。

夜は早々に就寝したのでした。



晴れるかと思いきや、次の日はドンヨリ曇り空。昼には太陽が出る事を期待するのです。







朝食を堪能し、昨日のリベンジと奥さんは短い時間ですが温泉へ出掛けます。15分程度の温泉浴を楽しみチェックアウトを済ませるのでした。



家族揃っての珍しい記念写真を撮ってもらいました。そこからパン屋に寄って強羅公園へ向かうはずでした。しかし奥さんの体調がまたもや悪化し、そのまま帰宅する事となりました。ワシも慣れない車の運転でヘトヘトで、何より次の日の早番が既に憂鬱になって来ていたので、渡りに船だったかもしれません。子供を連れての旅行は、初老を迎えたワシらには少々キツイのかもしれないと、改めて思うのです。

しかし、いつかリベンジさせて頂きます。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク