今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

01月≪ 02月≫03月
1234567891011121314151617181920212223242526272829

ジョーのあした



ワシの青春でした。piccoloです。

90年代のボクシング界を引っ張って行った辰吉丈一郎。そのドキュメント映画が公開されました。10代の頃、彼に魅せられました。イケてなかったワシ、その部分を埋めるかの様に彼の姿に依存しました。ワシもあんな風に格好良い言動が出来たら。そういつも思っていたのです。

それから20年の月日が流れ、この映画が公開されます。インタビュー形式の展開。いや、全部インタビュー。そんな贅沢な辰吉映画を見てきたのです。

20年前の、とても懐かしい辰吉節。この頃から辰吉の言動は変わりない。ただ、現在の辰吉…完全にお爺ちゃん。辰吉節も健在。でも、お爺ちゃんが喋ってる。45歳なのに45歳に見えない。完全にパンチドランカーな辰吉の姿があった。

なぜこの映画を上映しようとしたのか?


ネタバレします。





















引退したら映画化しようとしていた監督。しかし辰吉は引退しない。しびれを切らし、息子がボクシングデビューするのを機に、映画化に踏み切ったそうです。起承転結なく、初めから終わりまで辰吉のインタビュー。ファンにはたまらない映像だ。しかし、このインタビューを望んでいる人がどれだけ居るのか疑問に思った。辰吉丈一郎がボクサーだったという事すら、知らない人も多くなってきているのではないだろうか?4~5年で引退するであろう。その時に公開しようとインタビューを取り始めた阪本監督の誤算だったのであろうが、上映のタイミングが遅れたのは痛かったと思わざるを得ない。それほど辰吉丈一郎な映画だ。辰吉しか出てこない。彼の家族の姿もあるが、完全に辰吉丈一郎物語だ。辰吉を知らない人は、全く面白くないだろうと言う感想を抱く。その理由の1つに、試合のシーンが少ない事がある。少ないと言うよりも、殆ど試合の映像はないと言った方が良いだろう。唯一、晩年のらしくない試合のシーンしかない。

テロップで、対戦相手が流れる為、いつ撮ったインタビューかは分かる。せめてその試合、その試合の映像を流してくれれば、辰吉の言葉の重さも違って来るように感じたのだが、大人の事情の為か、試合の映像は皆無だ。歴代の試合が見られれば、それだけで見る価値があり、凄いボクサーがいた事を証明できるのに、残念で仕方がない。辰吉丈一郎は現役であると公言し続けているが、今の辰吉に、20年前の辰吉の真似は絶対に出来ない。

やはりこれが辰吉だろ。



生の辰吉丈一郎。思ったより小さい。目の前を通り過ぎる彼の姿に、興奮よりも冷静な思考が働く。かつて依存した人間が、朽ち果てていく事に、自分の位置を図ろうとしたのだ。

以前TBSの番組で特集が組まれた。その密着ドキュメントに、かつての辰吉の姿はなかった。その時に、人は劣化するのだと気付いた。カッコ良い一時代を築いても、それは永遠ではないと悟るのに十分な番組だった。華麗だった辰吉のボクシングは見る影も無く、ただただサンドバッグの様に殴られていた。昔だったらノーガードでかわしていたであろうパンチをこれでもかと浴びていた。

この番組だ。



あの試合後から、話し方がおかしくなった様に感じる。映画でも残酷な程に、その経過が伺える。

映画上映後に、阪本監督と辰吉丈一郎が舞台挨拶で現れた。目の前を通り過ぎる事に興奮と複雑な思いがあったが、やはり嬉しい。ヨレヨレのジャージ姿の辰吉に、せめて洗濯後のパリッとした物を着ればとも思ったが、これが辰吉。ブレない生き様に共感する。

近くにいた関係者に写真を撮って良いか確認するとNGが出た。仕方なくカバンにカメラをしまった。しかし、客席中央では写真やムービーを撮る人が見える。確認せずに撮れば良かったと少し後悔したが、ルールを守れた事に安堵した。自分は哲学の木を伐採させてしまう人間ではない事が証明出来たからだ。

舞台挨拶を興味深く拝聴する。マイクを口に近づけない辰吉。全く声が聞こえない。監督が何度も彼の腕を上げていた。短い時間で挨拶は終了するのかと思っていたが、思ったよりも長く感じた。舞台挨拶が、この様な形で行われるという事を初めて知った。現役に拘る辰吉が最後に〆た言葉は、「必ずチャンピオンベルトを巻きます。」だった。場内から拍手が巻き起こっていたが、ワシは少し冷ややかな目でその場を見守っていた。でも、チャンピオンに返り咲く。この言葉に魅せられるファンは少なくないはずだ。辰吉物語はまだまだ続く。

舞台挨拶を終え、再び目の前の通路を通り過ぎて行く。隣に座っていた男性が急に立ち上がり辰吉に握手を求めた。これに応じた辰吉、次の瞬間彼がよろめいて転倒しそうになった事を見逃さなかった。もしかしたら、ボクシングどころではなく、私生活でも支障が出るほどの症状なのかもしれないと、余計な心配をしてしまう。きっと辰吉も「余計なお世話や」と言うはずである。もう死ぬ以外にボクシングから足を洗う事は出来ないのではないかと言う思いが込み上げる。

辰吉が見たいのだが、見たいのは老いた辰吉ではない。グレグ・リチャードソン戦が絶頂期だと考えると、それまでの試合が辰吉だ。そこから雑草のように何度も立ち上がった男。しかし、もう休んでくれ。もう十分だよ。

ワシは辰吉丈一郎を卒業する事にする。

piccolo
スポンサーサイト

Macがウイルス感染



ダースベイダーの呼吸音でした。piccoloです。

コーホー、コーホーって言うあの呼吸音です。なんとな~くスターウォーズのオープニングをパクリ、スライドショーに繋げようと、誰も期待していない事を試みました。ライトセーバーの音はiPhoneのアプリで行けたのですが、ダースベイダーの呼吸音はダウンロード出来ません。おそらくは、このダースベイダーの呼吸音のmp3ファイルをダウンロード出来るサイトで、フラッシュプレイヤーを最新にして下さいと言われた時に許可してしまったことで感染したと思われます。

そこで現れたSafariのページが、このMacは30%がウイルスに感染しているため、すぐのこのアプリをインストールし、修復を行わなくてはならないという物。一瞬ダウンロードしようとしたのですが、一度調べてからにしようと、Macでのウイルス感染例を見てみます。ターミナルでワードを入力して調べる方法を試しましたが、感染してないようです。でも、明らかにおかしいうちのMac。答えはここにありました。

https://japan.norton.com/mac-virus-4210

無料トライアルで、ノートンアンチウイルスを入れてみました。すぐにこのコンピューターは危険というエラーが現れますが、ノートンでは修復不可能と言われます。困った困った。試しに今日ダウンロードしたものを全てゴミ箱に捨てて空にしました。するとノートンがしっかりスキャンしてくれています。これで解決してくれるといいのですが…

Macでまさかのウイルス感染。久々に心がザワザワしました。この胃にかかるストレスは二度と味わいたくないのに、大好きな趣味からこれを受けることに複雑な思いなのでした。

piccolo

中野グルメ万歳



中野が好き。グルメが好き。piccoloです。

奥さんの実家帰省のスキを突いて、中野グルメを満喫します。

冒頭の写真は、愛する泥棒日記の直営店の葉庭さんです。2008年から泥棒日記を愛用していますが、片隅に追いやられた泥棒商品を見て、時代の移り変わりを感じるワシなのです。自分の小遣いでは気軽に買える値段設定ではありません。でも、いい商品を生み出すにはそれでは回転しないんですね。最近買ってなかった事を思うのでした。

そこから向かったのが、【貝や しるひ】さん。なんと3周年だそうで、初めて入店した日を遠く思いました。その日から変わらないスタッフの顔。ご夫婦と、ご主人のお母様の3人体制。必ず同じ顔が出迎えてくれる良店です。

今日はお勧めの3周年記念特別メニューの、貝おでんと泡セットを頂きました。



牡蠣、蛤、白貝、ムール貝、アサリ。これでもかというぐらいの貝の山の中に、昆布や大根等おでんの食材が入ったおもしろメニュー。それを一口食べれば、貝の旨味がこれでもかと染み出た、おでんと言うには勿体無い、超贅沢な出汁で涙が溢れました。





これにシャンパンか生ビールのセットで千円。嬉しいじゃないか。3周年のお祝いをしたいのにサービス三昧な感じ。申し訳ない。



帰りに奥さんが「バレンタインなのでこれを。」そう言ってチョコレートを頂きました。

貝専門店らしい貝型のチョコレート



本当はお祝いで花束の1つでも持っていかなくてはいけないのに、逆にチョコレートのお土産まで頂いてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。5周年の時には絶対お祝いをしようと思うのでした。そういうお店が自分にある事をとても幸せに感じるのでした。

さて、中野ハシゴグルメ2軒目は、【青鋼】さん。開店してからまだ2年弱のお店ですが、中野にはなくてはならないお店となっています。店長が腸捻転や、腸閉塞など病気がちで心配ですが、今回は腸閉塞で入院だったそうです。ここも快気祝いを持っていけば良かったと、自分の気の利かなさを呪いました。ワシが土産を持っていったところで嬉しくは無いでしょうが、こういう時は何か気持ちを表さないとダメなんでしょうね。夫婦間も然り。

この日訪れた目的は1つ。ホタルイカを食いたかった。に尽きます。



フェイスブックで確認した時に、まだ旬ではない旨を言われましたが、我慢できずに来訪。生姜と共に春の味を楽しむワシがいました。



なぜ青鋼で〆なかったか。普段ならフライか焼き魚にごはんセットで〆ますが、この日はハシゴしようと決めていたので、〆はラーメンにしようと沼袋の【ごたる】さんに向かいます。

しかし…

店は真っ暗。残念。

さて、困った。何を食おうか。庶民で中華。いや、ラーメンなら無鉄砲か。迷った挙句選んだ〆のメニューとは?



羽根餃子でした。【野方餃子】を攻めたのです。汁好きのワシの〆が、餃子ってのが、っぽくありませんが、今日の気分におされての選択でした。

スタッフさんお勧めのダブルチーズポテトサラダ



ポテサラってあまり好きじゃ無いんですけど、安価のツマミとして頼むことが多いっす。このモサッとした感じが好きじゃ無いんですけどツマミになるんです。ポテサラをつまんでホッピーをやっていると、来たのは冒頭の羽根餃子。これが美味い。小籠包系のスープ溢れる餃子です。お酢に黒胡椒をまぶして食べるとより一層美味くなります。

最後に冒険したのが麻辣担々餃子(だっかな?)



肉味噌にラー油。そこにたっぷりパクチーと言う創作餃子でした。やはりシンプルな焼き餃子が1番美味い。

こうしてハシゴ酒な晩は暮れて行きました。奥さんと子供の居ない日に行える月一の行事ですが、満足の裏には、通風発作に怯えるワシがいるのです。

piccolo

望遠レンズへの憧れ ~Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D を使ってみた~



難しい。piccoloです。

Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D を使ってみました。兎に角難しいです。マニュアル撮影がこんなに難しいとは思いませんでした。結婚式場で働いている時に、カメラマンの人達がマニュアル撮影に拘っていた事を思い出します。1990年代当時、オートで撮影する事をプロじゃ無いと言っていたカメラマンたち。何の事かさっぱり分からないでいましたが、自分が一眼レフを持つようになり、その当時のレンズを手にした事で、写真の難しさを改めて痛感しました。ピントをマニュアルで合わせることが、こんなに面倒とは。



取り敢えず撮ってみましたが、ファインダーを覗いても、ピントがどこに合ってるのかさっぱり分かりません。現像してみると、富士山を撮りたいのに、近くの団地にピンが来てる。ホント情けなくなりました。

梅祭りに行ってきました。









ピントが合ってるのか合っていないのか、全くわからないため、勘でシャッターを押しますが、たまたまピントが合う感じです。





これは練習が必要です。あと、目が望遠に慣れていないので、ファインダーの画をしっかりと見られるようにならなくてはいけませんね。

子供を撮ってみましたが、動きが早いのでピントなんて合うはずもありません。スポーツオートモードでやっと撮ることが出来ましたが、絞り優先モードにしたら、前回部屋の中で撮影した設定がそのまま生きていたので、ISO感度が1000になっていましたが、それに気づくことも出来ずに真っ白な写真になってしまいました。



ピントもボケボケです。



うーむ…
これは練習と筋トレあるのみですね。でも、綺麗に撮れた時は、自分が撮ったとは思えない写りなので、やっぱ良いレンズなんだと思います。まだ恐る恐る使っていますので、ガンガン使っていきたいです。持ち出すのが億劫なデカイレンズですが、それを扱っている。持っているんだと言う所有欲が満たされていることが、何より嬉しいワシなのでした。

piccolo

望遠レンズへの憧れ ~Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D を購入~



ヤフオクでGET。piccoloです。

90年代後半のラインナップでは、この【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 】が望遠域の大三元だった様です。自分も大三元が欲しいと言う欲が芽生えて、現行の大三元に手が届かないことから、このレンズを選びました。

大三元レンズとは?

とにかく良いレンズって何だろうと思った時、不必要なのに無駄に欲しくなってしまうんですよね。所有欲って言うのかな。持ってることに満足するんです。最近、所有欲が増してまして、無駄にフルサイズ機が欲しくてD750を候補にしていたんですが、やはり手が出ないって事で、DX機で我慢して同じ様な性能のD7200を狙ってみたり。そんな中、突然のD500の発表。そこからNikon熱が燃え滾っている訳です。それに相応しいレンズはなんだろう?そう考え、予算に見合う物を探し始めました。行き着いたのがこの【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 】だったのです。かつては10万円を超える高価なレンズだったと思いますが、20年以上も前の話。今の中古の相場は2万~4万円ほど。中古レンズはフジヤカメラを利用することが多いのですが、ヤフオクを見ると沢山このレンズの出品があったので、見てみるとかなり安く出されていることで毎日の様に安さと物の良さ、落札者の評価を睨めっこしました。

古いレンズなので誰も入札しません。即決価格と現在価格が一緒で、26,300円の物をチェックしていました。時間切れになっても自動で出品されます。これは買わずに様子を見ようとも思いましたが、かつての大三元を所有すると言う欲望に勝てませんでした。安さと綺麗さで、こちらの物を落札させて貰いました。



そして今日手元に届きました。早速箱を開けてみます。



プチプチを剥がすと…







本当に20数年前のレンズなのか?ってぐらいに綺麗な品に驚きました。

ワシのD5000に取り付けてみます。



デカ!
ナガ!!







なんかバズーカ砲みたいです。コンパクトなD5000がレンズに操られてるかの様。









重たい。デカイ。長い。これはネットで情報を得ていたので、さほど驚きませんでしたが、ワシのD5000ではオートフォーカスが効かないと知ったのはこの直後の事でした。試し撮りをしようとシャッターを半押しにしたところ、うんともすんとも言わない事に気付きました。これは調べていても引っかからなかった事でした。自分の勉強が足りなかったのですが、AIと付くレンズは、レンズ側にオートフォーカス機能はなく、カメラ側で制御するらしいのですが、ワシのD5000を始め、エントリーモデルにはその機能がない為にマニュアル操作のみ行える事が判明しました。トキナーの魚眼ズームレンズがオートフォーカス出来ない時に学んだはずでしたが、もう忘れていました。でも、使用するカメラはD500を考えているので、然程問題視はしませんでした。ただ、落札した物に欠陥がない事を知りたかったのです。

マニュアル操作で試し撮りをしてみました。
なんとなくですが、部屋の中撮ってみます。



【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 】
80mm F2.8



【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 】
80mm F4

あんまり解らないな。

ズーム側


【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 】
200mm f2.8

ぜんぜんピントが合ってない((((;゚Д゚)))))))



【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D 】
200mm f4

これもよく分からんな。

まあ練習して上手くなりたいと思います。

80mm f4 ISO400↓



200mm f4 ISO400↓




マニュアルでピント合わせるって目が疲れるのね。あまりシャッタースピード優先モードで撮った事なかったのですが、早いシャッタースピードで絞りを開放にして試してみたいと思います。

さて、かつての大三元レンズを手にしました。これからガンガン撮って行きたいと思います。

このレンズへの思いはこちら↓
http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-1776.html?sp

piccolo

望遠レンズへの憧れ ~Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D を思う~



Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D(N)
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D

いったいどれなんだ?piccoloです。

分かりやすい記事がありました。
http://netdekasegu.jimdo.com/レンズの見分け方/nikon-80-200-2-8/?mobile=1

新旧の違い
http://yaplog.jp/poko_9/archive/477

レンズ沼にハマりかけております。広角域のレンズは、割と持ち合わせているのですが、望遠レンズはD40のキットレンズだった55-200(VRなし)しかなく、明るくて写りの良いレンズを何のけなしに探していました。D500をキットレンズのセットにするか、ボディーのみにするかを考えた時、キットレンズを付けるなら安価の良いレンズを買った方が得ではないかと考えたからに他なりません。

まず目に飛び込んできたのは、80-200と言う望遠ズームレンズで、F値が2.8と言う事。普通なら10万円を超える代物であろうが、中古なら3万円代と安価。その理由を探るべく検索をかけたのがキッカケでありました。解りづらいのは、冒頭のリンクの通りで、同じ名前の物が4つほど出ています。

まず初代
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8 (S)



ワシのD5000ではオートフォーカスが効かないようだ。(違ったらご指摘あれ。)そして驚きなのは、生産されたのが1988年。それでもなお、現役である事に良品である事を証明している。

二代目
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D





ワシがぶち当たった中古相場が3万円代がこの上の写真の物だ。直進ズームで、三脚座がないのが特徴。1992年に生産されたとあるので、これもまた古いレンズながら良質であるのだろう。

三代目
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D(N)



二代目のレンズに三脚座が付いて回転ズーム式なった物。本当はこの形が良いのだが、二代目に比べて中古相場が倍くらいになるのと、そもそも出回っていなかった。

四代目
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D



これが現行機種の様だ。AF-Sとなってオートフォーカスがグンと早くなったと理解している。(実際は違うかもしれないが、中古相場でも10万円を超えるので、対象外としてあまり調べていない)

毎日毎日、【Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D】と言うキーワードを打ち込んでは、このレンズの評価を見比べている。しかしその殆どは2008年~数年の物。2016年現在、このレンズを語った記事は見当たらない。そんな時代に取り残された子。けれども現役。そこに強く惹かれるのだ。f値が2.8と明るいレンズだが、手ブレ補正機能がない。そしてオートフォーカスが遅いと言うのが、第一線から退いた理由のようだ。ならば、現行の望遠レンズで他に良いものは無いだろうか?

【 AF VR80-400mm F4.5-5.6[ED]D 】



現行モデルの型落ちバージョンで、フジヤカメラで69,120円だった。良いレンズが欲しくても、これは予算に見合わな過ぎる。なぜ80-400か?同じ80mmからなら、400mmまである方が良いのでは?と、素人考えで思ったのだが、実機を見てそのデカさに驚いたのだ。完全にスポーツ記者。こんなの普段付けられないって大きさ。殆ど拡声器ってデカさに、試し撮りをさせてもらうことすら躊躇した。でもいつかは、こんな大きなレンズでLIVEを撮影してみたいな。

【AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR】



28mmから300mmまであれば普段でも使えそうと、これはかなり迷った。ただ、1本良いレンズをと言うコンセプトに外れる事、フジヤカメラで実機がなかった事で、少しずつ熱が冷めていった。

いろいろと見る中で、これを持っていれば胸を張れるんだろうと思ったのが、

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II



どの評価を見てもこのレンズは神級レベルで崇められている。しかし値段も神級で、到底ワシが手を出せるシロモノではなかった。

色々と浮気をして、AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDと、Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8Dに落ち着いた。迷ったが、購入するならAi AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8Dの二代目だな。時代遅れの優等生。あえて古いけれども評価の高いこの子を、D500と共に乗りこなしたいと思うのだ。

Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8Dと言う重たくて使いづらい時代遅れのレンズを、2016年の春に発売されるであろうDX機のフラッグシップ機【D500】の相棒にあえて選ぶと言う意思を、ここ数週間で固めたのである。

最先端の申し子と、時代遅れの優等生。この組み合わせを選択した事が正しいかどうかは解らないが、ちっちゃい脳みそをフル回転させて、自分に見合う物は何かを探った結果がここにある。2016年2月5日、1月27日から悩みぬいて記事を書き、この選択を決意した事を記したいのである。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク