今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

05月≪ 06月≫07月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

Google フォト

Google Photos - Google, Inc.

こちらで、Google フォトなるアプリを知り、ワシも導入してみた。

http://iportal.yahoo.co.jp/thu/20150618.html

まずiOS7だったので、iOS8.3にアップグレードを試みる。しかし、16GBのiPhoneでは、容量が足りず、撮り溜めた画像と動画をApertureに保存。iPhoneから消去し、アップグレード。

時間はかかったが、無事完了。Google フォトをダウンロードしてみる。アカウントを作るだけで、カメラロールの写真がバックアップされる。もちろんカメラロール内は空の状態なので、これから撮ったものが保存される。

取り敢えず適当に撮影してみる。Googleフォトを開くと、なんの設定もしてないのにバックアップされていました。



なんて便利なんだ、Googleフォト。ただ、Googleフォト側で写真を削除すると、カメラロール側の写真も削除されてしまう様なので注意が必要。後々FacebookなどのSNSからダイレクトにGoogleフォトへアクセス出来たら便利なんだけど。

今悩んでいるのは、Macに1度保存した画像をiPhoneに戻した時に、Googleフォトへバックアップされない事だ。画像のバックアップにコツコツとFacebookにアルバムを作成してアップロードしていたが、これでこれからのバックアップは安泰だ。過去の画像をGoogleフォトへ保存したいのと、Googleフォトのセキュリティーが、今後気になっている。


piccolo
スポンサーサイト

予告犯

明日の予告を教えてやる!
piccoloです。



久しぶりに映画館へ足を運びました。あまり良い映画やってなかったけど、気分転換をかねて行ってきました。猟奇殺人物かと思って見たかった予告犯を見ました。

見てみると、猟奇殺人ではなく、愉快犯物でした。ネットユーザーに揺さぶりをかけて、ヒーローになって行く。こう言った展開多くなってるなぁ。単独犯と見せかけて、実はネット予告している犯人の他に、もう3人の仲間がいる。なぜこの4人が、この様な事をし出したかが、現代の闇の部分を映し出している。うつ病、失業、ブラック業者、引きこもり、ニート、何かの理由で働けなくなった人間達の復讐劇と言った所か。

しかし終盤、その理由が明らかになった時、「人は案外、役に立つのなら小さな事でも動く」その台詞のままの展開が待っている。ネットを利用し、日本中を騒がせた彼らがとった結末とは?その方法も、今っぽいと感じる。しかし全ては、生田斗真さん演じるゲイツの思惑通りに運んでいくのだった。

実に切ないエンディングだった。監督は、ゴールデンスランバーの中村義洋監督。犯罪の一つ一つを残酷にせず、間抜けな描写にした所に監督の意図を感じた。

彼らシンブンシ達の願いは叶う事になる。自らの命をかけ、成し遂げたかった物。「人は案外、役に立つのなら小さな事でも動くものなんだ」この映画が語りかける物、現代の闇は案外近くにあるのかもしれない。

piccolo

入院から1年

命の期限が過ぎました。piccoloです。



去年の今日、「お母様が入院されました。」と、病院から連絡貰った日だ。病名は、腸閉塞。そこまでしか情報はなく、夜勤に出発したんだ。明けで病院に行くと、母は眠っていて、しばらくして目覚めると、「来てくれたんだ。」そう言って体を起こした。母の口から大腸に癌があることから腸閉塞を起こしていることを聞いた。部位は盲腸。ネットで調べると、盲腸癌の殆どが自覚症状がなく、腸閉塞などの症状が出た時には全身に転移していることが殆どであると書いてあった。あの日の鬱蒼とした気持ちを思い出す。病院と言う空間で、死の病を宣告されるのが、どれだけ辛いのかを想像すると、複雑な気持ちだったのだ。我が子の笑顔が切なかった。

子供が生まれて、1番喜んだのはうちの母かもしれない。皆が我が子の誕生を祝福してくれたが、この子の誕生を待っていたのは、母かもしれない。もしかしたら、子供の誕生で、親子の確執が修復出来るかもしれない。そうも思っていた。しかし…
死の病に犯されていたのだった。

その日から1年経った。徐々に衰弱はしているが、至って元気だ。全ては孫の存在が彼女に生きる勇気を与えている。去年を振り返り、改めて我が子の存在の大きさに頭が下がる。

願うは苦しまずに逝って欲しい事。ワシの願いはそこに尽きるのである。

piccolo

過去日記
http://sase.blog12.fc2.com/blog-category-43.html

完治

長い戦いでした。piccoloです。



保育園に通い出して3度目の熱発でした。クループと言う声帯に炎症を伴う病気で、熱が下がらずに参りました。結局保育園への登園は禁止となり、綱渡りで我が子の看病をしていましたが、奥さんの実家に子供を預ける事になりました。

これが共働きの実情。保育園が決まっても、我が子が病気になれば仕事を休まざるを得ないのです。どうにか、お互いが仕事を休まなくて良い方法を模索します。

ワシの親は抗がん剤治療の副作用で、子供の面倒を丸一日見るのは困難でありまして、どうしても奥さんの実家に協力を願う事になるのですが、これで3度目のワガママ。数日お世話になり、クループの症状も落ち着きました。今回は全く食欲がなくなってしまい、水しか飲まなくて心配でしたが、少しずつ食べられるようになり、今はモンスター度が復活しています。

夜間に苦しそうならば、救急対応しなさいと指示があり、注意深く様子を観察しましたが、救急対応することもなく今に至ります。今回の収穫と言うと変ですが、中耳炎を懸念して耳鼻科に受診しなさいとアドバイスがあり、内科と合わせて受診したのですが、鼻の吸引をすることで、あれだけ詰まっていた鼻くそと鼻水がみるみる綺麗になりました。かなり呼吸が楽になったのか、夜間に聞こえる寝息がとても自然です。耳鼻科の先生も、定期的に通いなさいとの事で、週に3回ほど通院しています。

しかしこの病院、マイペースというか時間前に終わってしまうと言うアバウトさ。嫌いじゃないけど…



結局ワシの連休が終わり、子供の様子が良くならないので、奥さんの実家にお世話になることになりました。

昨日奥さんから連絡があり、ジージーがご飯をご馳走してくれるから実家に来いと指令が下りました。母に声をかけると、珍しく行くとの返事があり、初めてうちのバーも奥さんの実家に来訪させて頂きました。

子供の面倒を見てもらい、更には美味い魚までご馳走になってしまう。なんとお礼をもうして良いやら…







しかも、その後にうちまで送迎までしてくれる義理の父。申し訳ないことでございます。しかも、特別限定の一番搾りまで頂いてしまい、恐縮するしかないのです。





これが美味いのなんの。子供の具合が悪い事が、なぜかこんなハッピーな事にすり替わり、困惑するワシがいるのです。

またすぐ熱出すんだろうなぁ。今は元気に登園中です。息子よ、ちばりよ~

鼻水ぐっちゃぐちゃ



今年に入って3度目の9度越えです。piccoloです。

数日前から、また我が子が熱発しています。しかも40度近い熱が続き、毎日病院に通っています。薬を内服して様子を見ていましたが、先ほど診察結果が喉頭炎、クループと出ました。1日二回の吸入が必要なので、午前と午後の二回受診しなくてはなりません。タイミング良く、今日のシフトが夜勤だったので、午前も午後も受診することが出来ます。ラッキー
明日も受診出来るので、共働きの綱渡りは、今のところギリギリ渡れています。

それにしても風邪に苦しむ我が子の姿、おっさんか!って言うくらいガラ声の咳に、固まった鼻水。親としては切ないです。今の積み重ねが、免疫力を高めてると祈りつつ、我が子の寝顔に安堵するのでした。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク