今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

12月≪ 01月≫02月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

胃がん検診

炭酸です。バリウムです。piccoloです。

10年ぶりぐらいでバリウムを飲みました。区の胃がん検診を受けたのです。



この日は区役所で行われました。どんな風にやるんだろう?と不思議に思っていましたが、なるほどバリウム検査のためのトラックがあるんですね。この中に宇宙遊泳みたいな装置があって、グルグルされる訳です。

よくバリウムは気持ち悪い。あのシュワシュワした粉嫌い。そんな事を耳にしますが、ワシはバリウムも炭酸も嫌いではないのです。むしろ炭酸は好きで、好んで食べたいぐらい。バリウムも飲みやすく味付けがされていて、問題なく飲み干せました。ゲップを我慢しながらグルグルと回されて写真を撮られました。

2004年に人間ドックに通い、十二指腸潰瘍、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎と診断されました。口から入れる胃カメラがこんなに苦しいとは思いませんでした。そして意外に病弱だった事にショックを受けました。処方された薬を内服していたのですが、1週間後に入院する羽目になります。

夜勤入りのその日、熱が8度を超えてお腹が痛かった為に近くの病院を受診しました。理由は点滴をして欲しかったからです。点滴すれば元気になるだろうぐらいの安易な考えからでした。すると、どうも芳しくない様子。救急病院に今すぐ受診して欲しいと言われ救急対応となりました。

そこから、あれよあれよと落ちて行くように入院となりました。「入院は勘弁して下さい。」と悲願すると、「入院したくない理由を聞かせて欲しい」と言われました。今日の夜勤の穴を開けるわけに行かないことと、お金が無いことを伝えると、「夜勤は私が電話して休ませてもらえる様に頼んでおくよ。お金は健康保険でなんとかなるから入院しなさい」と言われ、しぶしぶと入院となりました。熱が高い事から、胃に穴が空いている可能性がある為の緊急入院でした。十二指腸潰瘍から胃潰瘍も併発していたようです。2度と胃カメラは飲まないと誓ったワシですが、その誓いから7日後に同じ苦痛を味わうことになります。パイプのような物を咥えさせられ、カメラが入れられます。ゲーゲーしながら涙が止まりません。太ももをタップするしか反抗出来ず、これはSMプレイだと屈辱感を刻みつけられました。ナースステーションの前の個室に寝かされ、熱で朦朧としていました。何度もナースが訪室するのを感じ、自分も仕事で利用者の部屋に行くことをイメージしていました。心の奥でもう介護なんて出来ないな。マイナス思考は止めどなく襲って来ます。健康であることがどれだけ大切か悟った瞬間でした。

約10日間の点滴治療の末、徐々に良くなりました。ピロリ菌に感染したせいで急激に胃を傷つけたと説明されました。日本人の2人に1人が感染していると言うピロリ菌ですが、なぜ急に感染したのでしょう?それまで胃の痛みなど感じたことが無かったのに。もしかしたら元々感染していたのかもしれませんが、思い当たる節がありました。それはあの日、不潔行為を止める為にKさんの介助に介入した時でした。手には排泄物がベットリと付いています。その手で不潔行為を繰り返す為、お風呂場に案内したまでは良かったのですが、そこで混乱して暴力行為に走ったKさんの手を押さえました。女性ですがすごい力。排泄物で滑ったのもありましたが、その手で思い切り殴られたのです。殴られたのは口。手には排泄物がベットリと付いています。何が起きたのでしょう。

真夏の車の中に置いておいたキャラメルが口の中に入って来たかのような感じ。怖くて鼻から息は出来ません。どんな匂い?どんな味?いえいえ怖くて感じることが出来ません。手を押さえ、もう1人のスタッフがシャワーで便汚染した体を流して行きます。その間口の中の異物を吐き出せず、手を押さえる事に集中しました。しかし、そのキャラメルが溶けて行く様な感覚は常に感じられました。ワシに何が起きたのか?ピロリ菌に感染したのであれば、この時ではないかと想像するのです。

それから約10年が経ちますが、潰瘍が再発する事はありませんでした。ピロリ菌を駆除したことと、ストレスをかけないように仕事をサボる様にしているのが大きいかもしれません。しかし、祖父も叔父も胃がんを発症しています。去年の夏には、母が大腸癌を発症したのは記憶に新しいところ。自分も早期発見を目的に、43歳にして初めて区のサービスを受けたのでした。逃げられない癌家系の運命。前向きな気持ちで、こまめに検査を受けて行こうと思っています。

でも、排泄物を食べさせられてしまう事にはご注意を。

piccolo
スポンサーサイト

近代ガールズ@高円寺HIGH





あけおめ近代。piccoloです。

久しぶりに近代ガールズを見たら、キーボードが加入してて驚いた。キーボードが入ると全然違いますねえ。お人形遊びや、Yoga Thailand 等の楽曲はとても良かったです。今年も頑張れ、近代ガールズ。

と、言うことで我が子にこの映像を見せました。



音楽好きな我が子に、少しずつ自分が聴いてる音楽をすり込みます。



モンパチを聴かせてみましたが、気になるのはプラスチックのケースで、舐める、かじる、叩き壊すってな感じ。でも、音楽は大好きな様子です。

何はともあれ、新年が明けて近代ガールズもパワーアップしました。今年も元気をわけて下され。

piccolo

瀬音の湯




新年初旅行です。piccoloです。

家族で日帰り温泉に行って来ました。わりとよく行く瀬音の湯に、初めて我が子と旅行です。しかし瀬音の湯、オムツ使用の幼児は入浴禁止でありまして、うちの子はこの場所まで来て休憩所止まりと言う残酷な旅となりました。今回の旅行は、むしろ親の息抜きが目的でありまして…

めずらしくワシの母も行くと言っていましたが、やはり抗がん剤の副作用で今回はパスとのことで、奥さんのお母さんとの恒例旅行となりました。旅のコースもだいたい決まっていて、ほうとう佐五兵衛さんに寄り、檜原村のお豆腐屋さんのちとせ屋さんでお豆腐とおからドーナツを購入し、瀬尾の湯に行くと言うコースを辿ります。今回は、ワシがほうとうではなく、お蕎麦をリクエストしたので、豆腐屋→お蕎麦→瀬尾の湯と言うコースになりました。お蕎麦屋さんは、深山さんに決定。美味しいお蕎麦を目指します。



民家の中にお店があるようなイメージ。なんか田舎に帰って来たような気にさせてくれます。





なかなかワクワクさせてくれます。



店の中はお宝で満たされておりました。








ふむふむ。蕎麦が来るまでに店内探索が楽しい。お店の真ん中に囲炉裏があって、なんとも田舎風情を醸し出しています。

盛りそばと、蕎麦団子を頂きました。



文句なしに美味い蕎麦。硬い歯ごたえが良い。ツユにつけなくても、蕎麦だけで食べられてしまう美味さ。これこれ、これを食べたかったんです。

子供を抱っこしながら順番に食べます。



いつもよりも順調に温泉に到着。子供を見ながら順番に入浴します。温泉に来て、温泉に入ることの出来ない我が子。休憩所で悪さのし放題です。通りがかりの人に愛想を振りまき、老夫婦からスルメやお煎餅の差し入れをねだる。残念ながらこれらを食せない我が子、老夫婦にまだもうちょっと我慢だねえと言われつつ、愛想だけはわすれません。

こうして心の静養を済ませた我々は、無事帰宅の途に就くのでした。

piccolo

2015年の初詣




初詣です。piccoloです。

怒涛の2014年が明けて、少しずつ何かが整って来た感のある昨今。改めて2014年が動きのある年だったと感じています。今年は良い年になるといいなあ。



家族が増えて初めてのお参り。去年の初詣は、もちろん安産祈願でした。それまで大吉しか当たったことがなかったのに、その時は『凶』を引いてしまい、1年に不安を感じました。その不安は的中し、無事に子供は生まれたものの、それでは終わらない年となりました。生で喜びを感じ、病(死)で悲しみを味わいました。そこから大きく転換し、現在苦しみながら形を整えている状態。この初詣で引いたおみくじは、家族揃って『大吉』。苦しんではいるけれども、良い方向に向かっているんだと安堵しました。たかがおみくじ。されどおみくじ。

今年はこんな事が書いてありました。



何も心配せずに日々精進すれば、自ずと結果はついてきそうです。

それに比べて去年のおみくじと来たら…



何をしても上手くいかなそう。その不安は的中した訳ですが、それでも我が子が無事に生まれ、元気に育っていることが何よりも嬉しく思い、感謝に堪えません。

そして今年は全員大吉。



きっと良い年になるなあ。我が子の安泰と、奥さんの健康、そして母の安らかな旅立ちを祈願しました。



我が子の脇の下にシコリが発生していて、小児癌の可能性があることが最大の不安ですが、その不安を吹き飛ばすことの出来る1日でした。神にすがって何かが変わるとは思いませんが、神前で背筋を伸ばすことは悪いことではないと信じています。天気にも恵まれ、非常に良いお参りでした。

その後、近くのカフェでお茶をしました。




店内に香る珈琲の匂いに誘われてか、お参りの時はガン寝していた我が子がムクッと起き上がり、悪さを始めます。



静かな店内に響き渡る笑い声。おいおい、活気出すならお参りの時にしてくれよと、空気の読めない我が子ですが、それがまた愛おしく感じるのです。



何はともあれすでに飛び込んでしまっている2015年。必ず良い年になると信じています。子供に振り回されながらも、この小さな命が生まれてくれたことで、大きな生きる価値を見出せた事に心から感謝しています。不安はあれど、迷いなく邁進出来ればと思っています。

piccolo

2015年スタート




仕事納めは31日でした。仕事始めは1日からです。piccoloです。

怒涛の2014年が終わりました。子供が生まれ、親が病気になり、同居するために引っ越し。こんなに動きのある年は初めてだっかもしれません。改めて年が明ける事に喜びを感じました。一人暮らしをして、1人で居る空間に自由を感じて来た15年間ですが、我が子の笑顔のある空間に癒される自分が居ます。いや、癒されているのは自分だけではないかもしれません。

9時に仕事から戻ると、御節が待って居ました。今年はgroin groinでお願いした限定イタリアン御節を頂きます。



お重の説明を見ながら、ゆっくりと料理を堪能するのがなんとも楽しいです。そして、奥さんからクリスマスに頂いた水芭蕉の大吟醸を開けました。





飲み口は優しいのに、ズッシリと重たいお酒です。なんて美味いんだろう。酒でイタリアン御節を楽しむのは邪道かとも思いましたが、肉も魚もこの酒が合います。

1段目





イタリアンオードブル見た目は和の御節風。と言った感じ。蓮根、ブロッコリーなどの野菜のピクルスが良い。レバーのパテ文句無し。オリーブほのかに香るオレンジがお酒を進ませる。

2段目



魚料理がわんさか。もう大吟醸が飲んでくれと言うもんで。

3段目



これぞgroin groinのお肉料理たち。この味ですよね、豚肉を美味しく食べさせてくれるお店groin groinの真骨頂。御節風に上品に味付けられてる気がしました。なるほどなイタリアン御節に、フライングゲットなお正月を堪能しました。

年が明け、夜から仕事と言うのにもかかわらずに飲んだくれる。年をとって正月はゆっくりしたいと言う欲求が大きくなっております。施設介護の仕事をしてては、お正月は休めんはな。

こんな感じで大晦日に御節とお酒を頂き、フライング気味に2015年を手に入れた感がありますが、母が嬉しそうだったのが印象的です。孫の笑顔に異常なテンションだった母。来年は御節を食べる事は出来ないかもしれない。この時間を噛み締めて欲しいと、心の中で思う残酷な息子なのです。

誕生の喜び、病の悲しみ、今年も一筋縄では行かなそうですが、心折れずに進んで行ければと思います。お風呂とお酒と美味しい料理に癒されながら、仕事、子育て、看病に、日々精進しようと思います。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク