今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

喧嘩両成敗




小学校ではそう習いました。piccoloです。

職場で事件がありました。現場を見ていないので、なんとも評価し難いのですが、スタッフの1人が他ホームに飛ばされる事になったのです。たった数日の間にこんな人事、恐ろしやサービスリーダーは、普段からクレームの多かったこのスタッフにカウンターパンチを狙いすましていたと想像します。

原因はスタッフ同士の揉め事。他ホームに飛ばされた自己顕示欲が強いA君と、真面目な新卒社員のBさんが、以前から医療知識で議論していたと聞きました。想像は出来ます。理屈っぽいA君の説教に耐えかねたBさんが、A君を論破する姿を。そこでA君が生意気と言わんばかりに壁を蹴ったとか物に当たったとか。現場を見ていないのでホントに想像なのですが、何か威嚇の様な行為に出てBさんを泣かせたと言うのです。

その事件から3日も経たないうちにA君はエリアの偉い人との面談を強いられ、他ホームに異動を命じられた様です。きっと泳がせていたんでしょうね。待っていれば彼が必ず自爆してくれると。正にここだと言うタイミングで、エリア長にチクリを入れた我がリーダーの腕が光った訳です。

自分もこの先、かなり面倒な奴だと感じていたのでホッとしていると言うのが正直なところです。しかし、手放しで喜べない所もあるのです。それはBさんの事。A君の事が怖くて夜勤を一緒にできないと号泣してリーダーに訴えたと聞きました。

ズルい!

そう、ワシの感覚では彼女の行為は卑怯な行為なのです。もちろんA君の事はなるべく関わりたくない面倒な奴と捉えていましたが、喧嘩を売ったのは彼女です。殺そうと思ったら殺される覚悟をしなくてはいけない。そこが彼女の綺麗さと言うか、純粋な所なのでしょうが、殺そうと思ったら殺されかけて困ってます。って、どんだけぬるい世界で生きてきたんだよ。確かに暴力はいけないでしょう。しかしそれが見え隠れするから相手との距離を図り、アウトボックスするのが大人かと思うのです。彼女はボックスする事を躊躇い足を止めて打ち合う事に決めた。見事打ち合ったのですが、相手のプライドを打ち砕いた。そこで逆恨みに合い、場外乱闘になった。その途端に怖いから助けてって…

皆が彼女に同情する中、ワシはどうしても解せないのでいるのです。それは、普段からの彼女の態度。度胸が良いとは思っていました。先輩だろうが、年上だろうが、正しいことを貫こうとする。ワシは、全ては利用者の為の事と我慢しました。彼女の正論の押し付けに、嫌気がさしてたのは、実はA君だけではなかったのです。今回の事件、他人事ではなかった。

高い教育を受け、高い学力を持つBさん。ワシらの様な落ちこぼれと一緒にされたくないブランド意識みたいな物を普段から感じていました。一歩間違えればワシがA君の様な措置をとられていたかもしれない。Bさんの突き上げに壁を蹴る自分を想像出来るから。

喧嘩両成敗!ワシは学校でそう習って来たのだが、やはりこれも時代の流れなのか。公平に扱われる時代に育った人の事件だなぁと、自分に火の粉が降りかからなかった事に安堵し、次の邪念に覚悟を決める自分が居るのでした。

piccolo
スポンサーサイト

松本さんがインタビューを受けていた




動画編集で壁にぶち当たると泣きたい気持ちになります。piccoloです。

そんな時、Final Cut Expressを使用していた時は、AdobeやFinal Cut Pro を酷使している同級生に質問していました。的確に質問の返答が返ってくるからです。AppleがFinal Cut Pro Xを発売してからは、暗唱に乗り上げた時は自力で解決しなくてはなりませんでした。友達はFinal Cut Pro 7使いだったからです。

AppleがFinal Cut Pro Xを発売したのが2年くらい前からでしょうか。今までとは全く違うインターフェイス、iMovieのような直感で操作できるソフトではありましたが、Final Cut Expressとはあまりにも操作方法が違うことに戸惑いがあったのは間違いありません。そんな時に出会ったブログがこの松本さんが書いていた物で、まさに欲しい情報が目白押しだったのです。

それから数年、松本さんは映像の世界で独立され、こんなインタビューを受けていらっしゃいます。なんか、友達が芸能界デビューしたような感覚。この人は有名になる前から知ってるんだぞ。的な感覚に襲われます。

自分も少しは映像が好きなのだから、趣味の世界を脱せられたら良いのにと思いますが、なかなか難しそうです。

piccolo

バックトゥザフューチャー



映画って、本当に良いもんですね。piccoloです。

懐かしい映画を見ました。バックトゥザフューチャーです。え、今更?って感じですが、引き出しから出てきた三部作の完全DVDセットが見てくれと訴えかけてきたのです。久しぶりにDVDをプレイヤーに叩き込みます。

1985年、自分が中2か中3の時の作品なのだが、当時はとてもセンセーショナルな内容でした。タイムトラベルと言う、時間軸を超える複雑な展開を、時代の描写で上手く見せていました。主人公がトラブルから30年前にタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘するのですが、その描写が古き良きアメリカで、ストーリーが進むに連れ、その世界に引き込まれていく。

動画にもある主人公のマーティー•マクフライが演奏するジョニーBグッド。それを聞いたこの時代のミュージシャンがチャックベリーにこの曲スゲーぞと、電話をかける。それが名曲が生まれたきっかけだ。と言う洒落たシーン。こんな、思わずクッとニヤけてしまうシーンが目白押しで、台詞一つ一つが実に面白い。ストレートで分かりやすいギャグが、当時の自分にも理解出来た。何度見ても面白い。改めて良い映画だ。

総合評価
★★★★★


piccolo

なんの熱?



寒気がするぞ。piccoloです。

夜中に突然熱発しました。悪寒と体が自分の物でないような感覚。間も無く手足がカッカッと熱くなり、布団の中で発熱したと自覚しました。

今日から旅行なのに…
夜中に悔しさみたいな物が込み上げ、すぐにロキソニンを内服しました。1時間もしないうちに出るわ出るわの大汗。薬が効いたと安堵し、入眠しました。

朝になっても、まるでサウナにいるようにジワジワ汗が吹き出ています。検温してみると36.4℃に下がっています。安心したのは言うまでもありません。

これで車の運転が出来る。ホッと胸を撫で下ろしましたが、発熱の原因がなんであるかが気になります。何かしらの菌が身体に入った。なのんウイルスだろうか。

それでも旅立てる体調が戻った事に安堵するのでした。さて、富士山に会いに行こう。子供が生まれて初めての旅行。三度目の正直、いざ!

piccolo

Wi-Fiルーターを見直す ~イーモバイルGL01P~




通信規制を気にかける。piccoloです。

2012年にイーモバイルのWi-Fiルーターを契約し、家のインターネット環境を全てこのルーターに依存させたのですが、今まではなかった通信規制を、今年2014年5月から始めたと言う情報を入手しました。

http://www.netage.ne.jp/em/product/gl01p/

購入当時の日記

それに気付いたのはここ最近で、ストレスを感じずに普段慣れ親しんでいたインターネット環境に暗雲が立ち込めたのは、YouTubeが見られなくなった事でした。最初は不具合程度に感じていたのですが、あまりにもYouTubeに繋がらないのでアプリを再インストールしたり、スマホを再起動したり、色々試みるようになったのですが繋がりません。ある日、別のWi-FiからYouTubeを見たところ問題なく見られた事で、通信規制を疑い始めたのでした。

購入した当初は、通信規制は行いませんと言う売りでした。特にインターネットをしていてストレスを感じたことはなかったので、その規制に気づかずにいました。未だに規制されているのかわかりません。そこで調べてみました。



自分の目を疑いました。総送信データが15GB。総受信データが約29GB。月に10GBなんて無理でしょう。改めて自分がベビーユーザーだと言うことに気付いたのです。YouTubeにHD動画をアップロードするのに10時間以上かかった理由はここにありました。Mac三台、スマホ二台、タブレット一台、そりゃあ規制もかかりましょう。旧型になったこのGL01Pと言うルーターですが、新機種に比べると制限はありませんでした。そこまで速さに拘りはないし、何より無制限にネット出来ると言うのは魅力でした。それが突然規制対象になるとは。全くアナウンスがなく、やたらと機種変更の通知が来ていたことの裏には商売のズルさがあったようです。大手携帯電話会社の傘下になってからその老獪さを感じるようになり、頑なに機種変更しなかった自分は正しかったと振り返ります。

2年の縛りがなくなった時に、通信制限のないWiMAXに乗り換えるのが賢い選択かもしれません。

http://wimaxキャンペーン比較なび.net/seigen.html


piccolo




http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10129035680

http://s.kakaku.com/review/K0000345302/

http://webskillup.com/ety/20131029171554/


職場にちびっ子




サメさん…
piccoloです。

職場にちびっ子が現れました。近くの保育園の子供たちです。園児の元気を分けていただこうと言う職場のアクティビティです。

悲しいかなこんな日にシフトされてしまったワシ。実はアクティビティが嫌いです。そもそも人間嫌いなのに、老人介護の職に就いてる事が間違いですが、その理由は割愛します。シフトされた以上その業務をこなさなくてはなりません。排泄や飲水の介助を前倒しで終わらせ、その時を迎える準備をします。

時間は午前の10時。午前で1番忙しい時間です。先方の都合があるのだと思いますが、この時間にアクされたら普通業務が押しますよ。良い加減にしてくれよ。等と、心の中でブツブツ呟きながら呼ばれた場所に集合します。そこには、居るは居るは6歳の園児が10数人も。聞けば運営がいないので業務スタッフ(介護職員)がフロアに案内して勝手にアクを展開しろと言う無茶振り。全くガーンな状況の中、園児たちに自己紹介します。「これから5階まで案内させて頂きます、piccoloです。宜しくお願いします」そう言うと、piccoloさんコールが始まります。その中の1人がpiccoloさんは、一文字変えるとサメさんだねーと言い出した。すると鳴り始めるサメコール。仕方ないので、手を上下に開き、

シャーク

と、ボーズを決めてみました…







シーン…





スベった。












もう一回やってみた。


シャーク


早く行こう!そう言われエレベーターに乗り込む。6歳児手強い。5年前だったら確実に子供嫌いオーラ出てたな。色々考えながらここ数年で子供との交流を嫌いじゃなくなって来た経緯を思う。体でぶつかって行けば、きっと答えは返ってくる。そう信じて我がフロアに案内する。その中の子がいきなり手をつないで来てビビった。しかしその気持ちを悟られぬよう平然を装った。エレベーターは、なぜかシャークコールがなり始めていた。時間差でシャークポーズが子供たちの心に来出したらしい。

フロアに到着すると、普段とは全く違うpiccoloの姿に同僚が驚いていたことは言うまでもない。人嫌いなワシが、子供の目線でもの言う姿に災いが訪れると、後のランチタイムで語られた程だ。ボール遊びや利用者との交流を済ませ、園児たちのダンスショーが始まる。滞りなくアクティビティは終了し、サメ叔父さんの大役も終わりを告げた。

なぜか恋した気分だった。その日1日、ワシの手を握って来たリオ君(仮名)の温もりが忘れられないで居る。仕事を終え、ジムで泳いでいる時でさえ子供の手の温もりを思い出してしまう。我が子もあんなに可愛く成長するだろうか?家に帰ると、いつもと変わらぬ我が子の姿があった。最近多動で、ジッとしていない我が子を抱きしめ絞め落としたのは言うまでもない。子供が出来たから愛おしいと思うのか、愛おしいから子供を作ったのかは解らないが、自分に彼らの温もりがパワーの源になってることは間違いない。我が子の寝顔を見ながら、その成長を願うワシが居るのである。

piccolo

UNBINDへ ~近代ナイトvol.2のDVD作成~

アップロードは禁止です。
piccoloです。



10月末には完成しておりました。しかしブログでの公表は待って欲しいと言われ、DVD完成を告げる日記を書かないでいました。その理由はサプライズでありまして、企画者の近代ガールズをさて置いて対バンであるUNBINDを驚かせたいと言う企みがあったようです。



ついに昨晩バンド分のDVDセットが完成したようで、夜中に画像が送られてきました。近代versionとUNBINDversionの二つを作り、好きな方をチョイスせよとの粋な計らい。UNBINDの為のDiscなのだから、彼らが表紙の方が良いに決まっている。しかし問題は、プリントされたBlu-rayのロゴ。今回、DVDとは別にBlu-rayも用意され、新たな試みを見せたのですが、容量が大きい為に先ずはDVDを焼き上げたと説明を受けました。DVDの容量は約8GB。Blu-rayは21GB。凄い世界だと、90年代を振り返ります。

最近の作業の流れとして、編集からディスク、ジャケット作成まではワシが行い、量産は友人のT氏にお任せすると言う段取りを組んでいます。ジャケットと盤面の印刷が地味に手間であるのですが、こいつを作るか作らないかでは、完成度が違います。せっかくDVDを作るなら、パッケージングして渡してあげたいと言うヲサン達の小汚い欲望なのです。

さて、出来上がった物を鑑賞してみると、近代ナイトvol.1の時に比べたら随分とシンプルな内容です。演奏のみのLIVE映像。vol.1の時はオフショットだけでもかなりの時間を費やし、演奏ごとにバンド紹介を入れ、チャプターメニューも作成しましたが、今回はDVDには本編とオフショットを、Blu-rayには各バンドのパフォーマンスのみと言うシンプルな構成。オフショットはDVDだけの特典映像となっています。

編集に間に合わなかったのだが、UNBINDの最後の曲は、ドラムの玲太が亡き祖父への思いを書いた物だ。演奏に歌詞を載せたかったのだが、本編では実現しなかった。別プロジェクトとして映像ファイルをT氏にお渡しするので、彼が別にDVDを作成するか、YouTube等にアップロードするかは不明だが、何かしらアクションを起こすと思われ、その時は是非そちらも確認して頂きたい。

近代ガールズ企画のLIVEだったのだが、UNBINDを意識したDVDプロジェクトだったように思う。新たなT氏の思いがそこにはある。自分が学生時代に、オヤジの会が自分達の演奏をビデオにしてくれた。その嬉しさをこの子達にも味合わせて上げたいと。やがて彼らが年をとり、我々と同じ初老と言われる年になった時に、この映像を見返して欲しい。きっとそこには時間と言うスパイスがかけられ、熟成して美味しくなった姿があるはずだから。その思いをワシとT氏が共有し、皆の手元にDVDが届いたと理解して欲しい。見知らぬオッサンが突然カメラを回しだし、ある日DVDが届くと言う奇怪な出来事の裏にはそんな思いがあったのだ。

Blu-rayにする?DVDにする?



どうする?何する?希望者は今すぐT氏に連絡あれ。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク