今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

06月≪ 07月≫08月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

治療と引っ越し




取り敢えず安堵。piccoioです。

前回の受診で、母は抗がん剤治療を行わない旨を決めていました。先生は、在宅訪問してくれる医者を探せと宿題を出して納得してくれました。ワシは、母の考えを尊重しようと決めました。そしてこの日、母の考えに変化が現れていました。先生の「どうですか、地元のクリニカルは診てくれそうですか?」の質問に、母は開口一番「私抗がん剤治療します」と言いました。ここ数週間で、母に変化があった様です。

入院する前に通っていた泌尿器科の先生のインフォームドコンセントが良かった様です。色々なリスクを説明され、なぜ死に急ぐ様なことをするのかと言われたらしく、抗がん剤治療に対するイメージの相違を感じ取ったのだと思います。何はともあれ、この日から母が明るくなったことは間違いありません。何か吹っ切れたと言う感じがしました。同じ事を大学病院でも説明されていたとは思いますが、大きな病院のシステムの中の説明と、地域に密着した診療所の説明では、患者の安心感が違うんだろうと想像します。もう一つ想像するのは、抗がん剤治療をする大義が欲しかったのかもしれないと言うこと。綺麗に散りたかったけど、色々な生に対する欲求が出たのではないかと言うことです。その理由に孫の存在があるかもしれません。とにかく孫を溺愛する姿は、喜びで溢れているのです。孫が泣けば全身で心配し、孫が笑えば母も腹から笑うのです。この小さな命が、バーバを大きく支えていることに、繋がることの意味の深さを感じるのです。

8月早々に1度入院をし、点滴をするポートを埋め込みます。5日ほどで退院出来る事も、予想外に嬉しかった様です。あとは、2週間おきに通院して抗がん剤治療を続けて行きます。母は、その治療はいつまで続けるのかと質問しました。そのゴールは、癌がなくなるまでと説明され、当たり前の事なのですが、抗がん剤治療の意味を理解した様でした。我々には、そのゴール地点に立つことは難しいのですが、治療で少し延命出来る。きっと生かされる事が嫌だったのだと思いますが、時間が母に考えを変えさせたのだと思います。生かされるのではなく、生きるのだと。その時間で色々な欲求を満たそうと、改めてこれからを親子で見つめて来ました。

引越しに難色を示していた母ですが、今日の受診で前向きになってくれました。何を捨て、何を用意し、最低限この荷物だけは持って行くと、引っ越しのシュミレーションをしています。家の間取りを質問して来て、変な間取りを選んでないかと偉そうです。50平米あると言うと、そんなに広いのか?と。ワシが説明して来たことは、きっと絶望に押し潰されて、耳に入って来なかったのだと思います。同居はしたいけど、まるで自由のない飼い殺しの生活が始まると捉えていたのかもしれません。きっと母の中でドナドナが鳴っていのでしょう。

死に向かっているのに、安堵している親子がここに居ます。何を納得し、何を選択するか。その整理をつけることが、この病気の考え方なのだと思います。突然入院したと連絡が来た日から、かなり時間が経過しました。最初は病気になった事を頭では解っていたつもりだったけど、納得はしていなかったのでしょう。まるで悪天候の様にジメジメ考えて、出口のないトンネルに迷い込んだかのようでした。しかしその出口が見えた気がしたのです。決して良い出口ではないかもしれませんが、それを納得する事が大きいのです。

梅雨が明け、暑い日が続きます。まるで我々の心の様に、あのジメジメした日に別れを告げます。夏を楽しもう。冬を超えよう。そして春が来る。その中に生を探そう。奥さんに、我が子に、親戚に、友人に、その繋がり全てに感謝します。


piccoio
スポンサーサイト

サイレンを見た





あれ?邦画だったっけ?piccoloです。

久々に映画を見ました。WOWOWでやってたものを録画した奴があったので、ここ最近の暑さを吹き飛ばすつもりで見ました。

ん?サイレンって邦画?以前見たことがある洋画を想像してたのでちょっとビックリしました。よく考えたら、それはサイレントヒルでした。あの無意味に焼き殺されてしまう女性警察官の描写がエグくて、それを鑑賞して涼しくなろうと企んでいたのですが、見事に裏切られました。

サイレンが鳴ったら、外に出てはならない。阿部寛さんの演技が光ります。サイレンが鳴るとゾンビが現れるんだろうなぁ。と言うフリでしょうね。ゾンビだとしたら、なぜゾンビになったのか?好物のゾンビ物であろう事に期待しました。

しかし、ゾンビ物ではなく…







ネタバレすると思います。











確かにゾンビらしき物は出て来ますが、オチが全てを物語ります。ゾンビが生まれる背景などどうでも良くて、それは幻覚であったってオチ。嫌いじゃない展開なんだけど、このオチ使うとなんでも出来ちゃうんだよね。だったらもっと違う着地を見せて欲しかったとも思う。

でもこの映画、リアルにありそうな感じが逆に怖いかも。こんな子居るよ。

piccolo

鷺校同窓会LIVE DVD制作~完成した感想~



2014.8.20再編集

総合プロデューサーがDVDを量産してくれました。本箱に並べると漫画みたいっすね。



とりあえず20セット作ったのかな?要らない人も多いだろうけど、皆の手元に届く事を祈ってます。






また企画があったら撮らせて下さい。


会長m(_ _)m









不時着です。piccoloです。

6月の真ん中から7月の頭まで、邪念でいっぱいでした。大好きだった映像や画像いじりが負担に感じたのは初めてだったかもしれません。1度は立ち止まったけれど、再び走りだし、無事着陸出来た事に安堵しています。総合プロデューサーが誤字脱字、内容をチェック後、再編集した物がここにあります。完成です。ジャケット、盤面、映像内容、データは総合プロデューサーに渡します。大量コピーは総合Pに委ねられました。大変な作業だと思いますが、ロッキスター全員にDVDが行き渡る事を祈っています。

Disc1
~本編~
オープニング
SAGI-BOON
おさかなBOYs

少女一揆
きゃとる
その日ぐらし
~特典映像~

Disc2
~本編~
近代ガールズ
grandeur
acaci
オーガニック
The TRASH
~Photo スライドショー~

と言う内容となりました。なんとか変顔バトルロイヤルも作成出来たので、1分半の戦いを楽しんで欲しいです。





君たちロッキスターの青春に土足で踏み込んでしまって申し訳なかった。この場を借りてお詫びしたいm(_ _)m
ワシの仕事はここまでじゃ。ミッションコンプリート。お疲れでした!




piccolo


引越し




内見してきました。piccoloです。

引越しを決めて一週間しないうちに物件を仮契約するまで話は進みました。引越しをするキッカケは、今住んでるアパートの更新日が近づいている事。そして母が病に倒れた事が大きいでしょう。同居を提案すると、母はすんなり了承してくれました。地元を離れることになっても、それはあなた方が決めればいい。そう言ってくれていました。話はとんとん拍子に進み、物件を絞りこんで内見するまでに至り、その物件がとても気に入ったので仮契約を行いました。暗礁に乗り上げたのは、それからです。

実は母親、地元から離れたくなかったのです。ここがうちの親の面倒くさいところで、本心を言わない。で、話が進むとあーでもない、こーでもない、と難癖をつけるのです。昨日は一日中子供を連れて内見回り。たった2件でしたが、電車とバスで回されてクタクタ。でも良い物件が見つかって喜んでいたのに仮契約して来たことを母親に伝えると「ちっ!バッカ」と悔しそうな声を上げます。自分の話の持って行き方が上手くないせいで、こう言う風に言われてしまうのですが、人が見つけて来た物件に思い切り水をさす母親に憎悪の念を抱きました。「物件を見るだけじゃなく、その回りに何があるか良く検討し、昼だけでなく夜の景色も見ろ」と言います。確かに仰る通りですが、思いやりのない言葉に母親と仲が悪くなった原因を思い出しました。地元から離れたくないならそう言えば良いじゃないか。話を進めてから本心を言うのはフェアじゃない。もう水をさされた事で何もかもが上手く行かないマイナスな思考が芽生えます。疲れと焦りで、冷静な判断が出来ないのです。不動産屋に騙されてるとすら思えてきます。初めて経験する引越しに、かなり手こずらされているワシなのです。


piccolo

母の決意

退院して一週間、受診して来ました。母の決意を想像はしていましたが、先生に改めて抗がん剤治療は行いたくない旨を語っていました。



余命は半年。平均して8ヶ月と言われましたが、今年もつかは分かりません。苦しい治療を一切合切拒否をして、人間らしく死にたいとはいかにも母らしいと感じます。ワシも生かされる母の姿は見たくありません。彼女がそう決めたのであるならば、その意思を尊重したいと思っています。

問題は、今後衰弱した時に在宅治療をしてくれるDr.がいるかどうか。まずこの連携を取るのが絶対条件であります。やはり在宅治療は無理だとなった時に、病院に来ても受け入れられない事が予想出来ます。今のうちにその考えを受け入れ、フォローしてくれる先生を探すのが、担当医からの宿題でした。

正直ここ一ヶ月母と過ごして、改めて真逆のキャラクターを感じました。のんびりマイペースなワシとは逆に、なんでも段取りを組んで、せかせかと物事を運ぶ母。実家に泊まり込んだ数日が、ちょっとストレスでありました。何をするのにも母からあーしろ、こーしろ、と指示があるのです。自分の手が届かないから手を差し伸べるのは苦ではありませんが、自分の日常を否定されるのは苦痛以外の何物でもありません。今後同居を提案して行きますが、上手くやれるか不安であると言う、なんともお粗末な考えのワシ。自分の産みの親、育ての親の命の期限が見えているにも関わらず自分のバランスを考える親不孝なワシ。受診を終え、母の決意を目の当たりし、怒涛の一ヶ月を振り返りながら、これから始まる新たな闘病生活に睨みをきかせるのでした。

piccolo

結婚記念日




那覇の日です。結婚記念日です。piccoloです。

2009年の7月8日に籍を入れ、5年の月日が流れました。まだそれしか時間が経ってないんだと感じます。記念日を忘れない為に那覇の日を選びました。毎年沖縄に旅行をして結婚記念日を祝いましたが、今年は子供が小さいので沖縄には行けず、御用達のレストランで食事をしました。

我が子と共に外食するのは初めてです。外食と言っても乳幼児、共に食事を楽しむ訳ではありませんが、その空間を共有することにワクワクしました。外では大人しい我が子、どうにか泣かずに過ごしてくれました。



頬っぺたがどうもオッサン臭くなってきて可愛くない
いつもは2人だけだったここgroin groinでの食事も、家族が一人増えただけでいつもとは別世界でした。子供が寝ている間に大人の時間を楽しみます。
ムフフ



相方はハートランド、ワシはスパークリングワインで乾杯しました。



前菜5種盛りで白ワインをチョイス。



これもワインに合うなぁ。



夏野菜いっぱいのパスタ。これも白が美味かった。



ちょっとピンボケしてしまった。これはガッツリグリル系を選べば良かったと反省した一品。美味しかったけど、塩胡椒のシンプルなグリルの気分だったと夫婦で反省した。

ここでオーナーの栗山氏からサプライズ。



粋な計らいに感動です!チョコレートで書かれたメッセージが嬉しい

ここに来て色々な状況がかわりつつある中、夫婦として手を合わせなくてはならないのだと痛感するのです。6年目もどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

piccolo

伝説のロッキスター達へ

会長です。編集長です。piccoloです。




↓↓↓(2014.6.22)
DVD制作室の室長が、皆様の投稿をスクリーンショットしてくれました。暖かい投稿の数々に感謝しております。ほぼ完成しているのですが、バトルロイヤルなんて課題を突きつけられた為に作業は難航しております。どうにか本編の編集は終了しています。偉くハードルの高くなった変顔バトルロイヤルの編集が、心に重たくのしかかるのです。

バトルロイヤル…
見た感じ近代ガールズのドラムの優勝は誰が見ても一目瞭然。変顔のレパートリー、写真の数、もう変顔の申し子コチンに、どう立ち向かって行くかと言う構成しか思い浮かばない。しかし全く編集のアイデアはなく、制作室室長は夢だけを語るのでハードルは高くなるばかり。
バトルロイヤルか…
バトルロイヤルか…
二回言う。
↑↑↑(2014.6.22)

上記は、6月22日に途中まで書いた物だが、しばらくは心の整理がつかずに編集に手がつけられなかった事をお詫びしたい。今日、7月5日に初回版を完成させた。無理やり着地した形なので、あと少し手直しが必要だ。しかし迷走時間が長かったので、燃料も底を突き、墜落寸前だった我が機。1度着陸し、燃料補給したかった意向をご理解頂きたい。

バトルロイヤルだが、容量の関係で入れることが出来なかった。沢山の変顔素材を送ってくれたのに申し訳なく思っている。何か別の機会があれば、そこで再チャレンジさせて欲しい。

構成は2枚組になった。Disc1には、SAGI-BOON、おさかなBOYs、麗、少女一揆、きゃとる、チュチュ、その日ぐらしを収録。Disc2には、近代ガールズ、グランジャー、acaci、オーガニック、ザトラッシュを収録し、特典映像でPhoto スライドショーを追加。シンプルな構成だが、当日の様子が伝わりやすいと信じたい。

完成した初回版はこちら




映像編集のレンダリング作業の合間にコツコツと制作したジャケット。近代ガールズのフロアライブの時は、全て自分で行う事を経験してみたかったが、今は子育てもあり、こう言う作業を分担出来ればなんて甘い考えも生じた。アリマちゃんがデザインにたけてると聞いていたので立候補を期待したが、願いは空しく空振りした。ジャケットの無理矢理な着陸感も否めない。どうかご勘弁願いたい。

盤面はこうなった。



よく見ると ~伝説のロッキスター~ なのに、奇跡のロッキスターになってる。まだ手直しは必要だ。これも無理矢理な着陸をご容赦願いたい。

ここまで焦った理由は、とにかく墜落なのだ。何か形にしておかないと、2度とこの作業を再開しないことを想像した。目的地に着かなくても、燃料補給のために一歩手前の空港に降り立ったと言ったところか?本来ならば、誰かにバトンを渡したいところだが、同窓会LIVEのDVD作成プロジェクトは最後まで操縦桿を握らなければならないだろう。皆の手元に届くまでに、まだ時間はかかると思うが、どうか見捨てずに待ってて欲しい。そして、一応この様な形で仕上がってはいることを報告したい。















このまま総合プロデューサーのT氏にお渡ししたいと思っている。彼と共に鑑賞し、誤字脱字を探すのもよし、改めて盤面やジャケットを作りたいと言ってくれてもよし、ディスクやジャケットのコピーをかって出てくれてもよし、取り敢えずの原型バージョンがここにある。

ロッキスター達よ、君たちの映像はこうして具現化された。あと一歩で力尽きたワシを許して欲しい。異論がなければ、このジャケット、この盤面、この内容で作業は進む。同窓会LIVEから2ヶ月の月日が流れてしまった。6月中には完成させたかったのだが、仕事と親の看病と育児に追われていたと言い訳させて欲しい。

取り敢えず完成!

お • ま • た • せ!!

piccolo

無事退院




今日、母が無事退院しました。取り敢えずはホッとしております。これから新たな治療が始まりますが、1度退院してリセットさせてくれた病院の対応に感謝しています。

実家に帰って来て、もうここに来られることはないかもと思った数週間前を思い出します。命の期限をつきつけられたものの、取り敢えずはホッとする自分がいるのです。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク