今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

新新餃子がオープン

梅林餃子の跡地に新新餃子がオープンしました。piccoloです。



突っ込みどころ満載です。梅林餃子の負の遺産を受け継いでいるかのようでした。梅林餃子が大好きでしたが、決して100点満点ではありません。やはり店舗を増やしたことで、行き届かない所が出てきたことは否めないのです。特に言われていたスープの味のなさは、新新餃子にそのまま受け継がれていました。

梅林餃子ではありませんが、おそらく梅林餃子系列の繋がりで店を始めていると推測します。梅林から花が届いていました。



受け継がれてしまった負の遺産
その1
スープの味。

梅林餃子は、餃子の美味さはもちろんですが、ご主人(以後お父さんと呼ぶ)が作る中華料理に定評がありました。しかし、なぜか定食に付いているスープに味がないのです。ワカメと卵は浮いてるものの、お湯?って思う事が殆どでした。たまに何かしらの形で指摘を受けたと思われる日には味がつくのですが、定番化されることはありませんでした。新新餃子でも、定食に付いているスープに味がありませんでした。



負の遺産
その2
妙な節電。

梅林餃子のお父さんは節約家であったと想像できます。昼に電気が点いていることは皆無で、夏でもエアコンを使用してない日が多かった。

新新餃子は、今日オープンしました。オープン当日のオープン後30分程に来店して、店は真っ暗でした。自然光が差し込むだけで、開店してるのか?という不安を与えます。今日ニューオープンですよ?毎日営業していて、その日が始まるのではなく、今日から新しい店がオープンしたのに電気がついてなくて店が暗いんですよ。ここに日本人との考え方の違いを感じるのです。

負の遺産
その3
日本語が通じない。

これは痛いです。梅林餃子の代々木店が忙しく、中野本店からお父さんが応援に出てた期間がありました。その時に本店を切り盛りしていたのは、中国人の弟子二人なのですが、全く日本語が話せない。しかも言われたことを理解することも出来ない危険な日本語レベル。食べログ等の口コミでケチョンケチョンに書かれていました。

今日、新新餃子に行って思ったのは、ご主人も日本語理解してるのかな?と思える場面があったこと。これから言葉の壁が懸念されます。オープン記念で100円引きしてるのに、お釣りを間違えて結局高く払わせてしまいそうな場面とか早々に見受けられました。ご主人も、お手伝いさんも、2人で言葉が通じないのは痛いですね。

さて、新新餃子の餃子を頂きました。



美味いです。皮はもっちりしていて、肉にもしっかり味がある。これはいい。梅林みたいに、噛むと肉汁が溢れる小龍包系とは真逆ですが、とてもいい味でした。

定食を頂きます。
キクラゲと卵の炒め定食



メニューは殆ど梅林餃子と一緒ですが、味は全く違います。当たり前か。

茄子の味噌炒め定食。





味噌が美味いですね。

昼時の持ち帰りは、定食に限られるようです。ご注意を。



オープンの日に行こうと意気込んで来店しましたが、そんなに肩の力を入れなくても良さそうです。これからお世話になります。

piccolo
スポンサーサイト

観音温泉旅行

DSC_0029_20131128075803d7b.jpg

伊豆です。水です。piccoloです。

先日旅行して来ました。伊豆にある観音温泉へ行きました。2007年に、会社の友人と行った事があり、水と料理の美味さ、温泉の質の良さをもう一度味わいというワシのわがままでこの地への旅行が決定しました。

初日は天気が良くてとても気持ちよかった。海老名で休憩しつつ、鯵フライを買います。

IMG_4419.jpg

そこから大室山に向かい、この頂上で昼飯を食べようと企てるのです。

DSC_0002_20131128082255d08.jpg

リフトで上がることが出来ます。リフトを降りれば、伊豆七島が見渡せます。空気が澄んでいれば富士山も見えるはずでした。記念撮影をします。何気なく大島が見えると話しながら写真を撮っていましたが、この日は10月14日。まさか次の日の夜に、あの土砂災害が起きるとはこの時誰も予測していなかったのです。

DSC_0011_20131128082253626.jpg

頂上でお弁当を食べるはずでしたが、何処にもそんなスペースはなく、こんなところで食べたらな他の登山客から罵倒されそうと言うことで、記念撮影した場所まで戻っての昼食となりました。おにぎりとお漬物、先程インターで購入した鯵のフライ。登山して食べるおおにぎりが美味しい事は、我々先刻承知。今日も美味しい空気の中、ランチを堪能しました。

DSC_0020_2013112808225089b.jpg

帰りに焼団子を食べて下山しました。

IMG_4434.jpg

IMG_4433.jpg



しかし伊豆は遠い。伊東あたりの道の駅に寄り、まだ先が長い事に全員途方に暮れる感じです。海沿いを走りましたが、母がずっと怖いと言います。荒れた海を想像してしまうからだそうです。そうなのです。母は海が苦手で、海を見ると恐ろしい想像をしてしまうのだとか。もしも台風が来たら通行止めになるのかしらね?と、穏やから海を見ながら走るドライブに不安を感じている様子です。そう、母はこの時予感していたのかもしれません。あの災害を。

夕方、もう日が暮れそうという頃に到着しました。

DSC_0068_20131128083743b09.jpg

到着しました。受付を済ませている途中ソファーで一休みです。

GOPR5081.jpg

やはり記憶は確かだった。空間一面に置かれたお水たちは、オブジェにもなっていた。

GOPR5084.jpg


前に泊まった場所よりも1ランク上の部屋です。全室に温泉が引かれていると言う部屋に案内されます。

GOPR5091.jpg

受付から少し離れた場所に連絡通路で繋がった部屋です。その和と洋が混ざり合った斬新な空間で一休みします。部屋に惹かれた温泉。その隣に壁一枚で仕切られたスペースは『洋』でした。贅沢なパウダールーム。なんのパテーションもなくソファーが置かれていました。

GOPR5093.jpg

夕日を見に行く計画もありましたが、時間も押し迫っていることから断念しました。その代わりお風呂でゆっくりしようと決めます。新しく出来た日帰り温泉ガラティアに。そうそう、この温泉。思い出しましたその湯質を。ヌルッとした肌に絡みつく感じのお湯。沖縄のちゅらーゆや、瀬音の湯に似ていますが、観音温泉の方が質は良さそうです。どう良いのかをお伝え出来ない事が申し訳ないのですが….

そして、お食事です。珍しく母が生ビールを注文。ワシは前に来た時に酒が美味かった記憶を頼りに純米酒を注文。料理を楽しみます。

DSC_0040_20131128090201eec.jpg

量は大したことありませんが、一品一品はとても美味しいです。観音温泉の水をすべての料理に使用しているそうです。

DSC_0045_20131128090155baa.jpg

DSC_0044_201311280901563f6.jpg

DSC_0042_201311280901582c1.jpg

DSC_0041_201311280901595e4.jpg

やはり伊豆です。刺し身が美味い!

DSC_0047_20131128092122c48.jpg

ワサビは自分で擦りながら使います。このワサビが美味い。このまま酒の摘みで行けます。

DSC_0046_2013112809212335e.jpg

食堂ははなれにあります。

DSC_0050_20131128092117e7d.jpg

DSC_0049_20131128092119c50.jpg

夕食を満喫した我々は、再度温泉を攻めます。

GOPR5052.jpg

GOPR5054.jpg

とにかく水が美味いので、いちいち飲んでしまいます。施設の至る所に水飲み器が設置されているので、その場でゴックン、ペットボトルに入れてゴクンゴクンと言った感じ。酒ももちろん進みます。

一夜明け、朝食で嬉しい事がありました。

DSC_0060_20131128095245edc.jpg

夕食で頂いた伊勢海老の頭で味噌汁を作ってくれました。
これは美味い!エビがあまり好きではありませんが、この味噌汁は絶品です。濃厚という言葉ぴったりな、栄養満点の椀物でした。朝食といえば干物が定番ですが、一工夫ありました。熱した溶岩の上で冷めないようになっていたのです。

DSC_0059_201311280952437b4.jpg

ゆっくりと美味しくいただく食事は体に良いと感じます。スローフードと聞きますが、なかなか時間が無いのが現実。こうして旅行に来た時くらいゆっくりと食事をしたいですね。

さらにお湯に浸かり、宿にお別れを告げる時がきました。

DSC_0053_20131128095942ac3.jpg

DSC_0066_201311280959398e7.jpg

DSC_0067_20131128095937ed8.jpg

DSC_0069.jpg

また来たい温泉です。ただ、遠い。それが苦ですねぇ。

この日は台風26号が接近していました。午前中は雨強いなぁ程度でしたが、だんだん風も出てきて台風接近を感じます。台風のせいで観光名所はほとんどお休み。残念だったのが行きたかった干物屋さんが閉まっていたこと。そりゃそうですよね、雨じゃ干せないもの。その干物屋さんは山七商店さんです。ここがお休みだったので、小木曽商店さんで干物を購入しました。

母は早く帰りたかったようですが、嫁が許してくれません。またまた母を連れ回し、あっちだこっちだと観光します。しかし、尽く休み。仕方なく帰り際に魚の食えるお店を探そうということで意見がまとまりました。で、途中カフェに寄ってケーキを頂きました。

フォンテーヌさんです。

IMG_4454.jpg

DSC_0085_201311281033512c4.jpg

DSC_0082.jpg

豪雨を避けてコーヒーブレイクしました。

さあ、台風も酷くなってきました。帰りを急ぐワシらがあります。しかし、ハプニングです。母が体調不良で倒れたのです。朝から背中に痛みがあると訴えていましたが、横にならないといられないくらいに痛みが酷くなってきました。本当は山側から帰りたかった母なのに、魚の食える定食屋を探すためにまたもや海沿いを走らされる事に。その荒れた海を見て恐怖した事に違いありません。やっとの思いで見つけた定食屋に駆け込むと、母の体調はマックスで不良に。お店で倒れこんでしまいます。

名前は忘れてしまったのですが、地元で人気の定食屋さんです。ダイバーにも人気があるとは納得の量。これでもかという量、また量。そしてその味は、懐かしい昭和の定食屋さんを思い出すような暖かい家庭の味でした。聞けば刺し身も事前に大将に相談しておけばその予算に応じて作ってくださるとのこと。非常に興味を持ったのですが、母の具合を懸念し、食事をかき込んでこの店をあとにしました。

頂いたのは鯵フライとサザエのお刺身。

IMG_4455.jpg

IMG_4456.jpg


車の中で横になる母。強くなる風と雨。進まない車。社内はストレスの塊か?と思いきや、嫁も母もグーグーと寝ていますzzz。マイペースなワシら、こう言う時はストレスが少なくて良いですね。

なんとか無事帰宅しましたが、その晩に大島に災害が起きました。母の原因不明の痛み、もしやスピリチュアルなものではないかと勘ぐっています。今は嘘のように元気な母、純真な心に海と島の神が警告を与えていたのかもしれません。ちょっと考えさせられる旅となりました。

piccolo

近代ガールズがLIVEだよ



11月26日


パウンチホイールpresents
『昨日・今日・ぼくら』
11/26@下北沢CLUB Que
OP 18:30/ST 19:00
出演:パウンチホイール/ウイリアム/HotCake/近代ガールズ

うきうき!わくわく!どきどき!
したかったら おいでなすって~~!

倍返し

毎日ホントにイライラします。
piccoloです。

Twitterで新人教育の記事を見たりすると、自分は新人教育を不得手だと感じます。しかし社会人をしてる以上、世代を超えた付き合いは必須な訳で、その溝を埋めることに日々四苦八苦するのです。

ワシは業務が回らない事に焦りを感じるのですが、今ある環境はその焦りを感じない新人が多く、普通に知りませんから。とか、習ってませんから。とか、決まりに反しますから。とか言う。ネット上で、そんな新人あり得ないと発言した人が猛反発を食らっていたが、自分には気持ちが解った。最近の仕事を覚える立場の人達は、しれっとしてると言うのか、度胸が座ってるというのか、先輩に楯突くことになろうともそのスタンスを崩すことはない。

この夜勤でも業務が押していた。遅番が帰る20時までに仕事が片付かないことが予想された。こうすれば早く回せると言うズルさを見せようと、指示した事が、彼にはあり得ない事態としてとれたのかもしれない。彼は反抗してきた。正論がまかり通る現場、本当にやりにくい。『正論』そう。それは正しいのだ。しかし、その正しい事を行う影で、その倍動いている人が居るということを忘れないで頂きたい。

最近一人立ちしてしばらくしたスタッフに、倍返しされるような描写を味わう事が多くなった。本当にやりにくい環境になった。大きな下克上を食らう日はそう遠くない気がするのである。

piccolo

オカンまた骨折



地元に帰りました。母と食事をするためです。

家を出る時に電話がなりました。母からでした。ワシらと、子供の事が心配だったそうです。母から電話が来る時は、大抵彼女が弱っている時です。引きこもりの母を外に連れ出すため、地元に帰省しました。

聞けば今年の頭に骨折した左手首をかばいながら仕事をする上で、今度は左手の第三趾を疲労骨折したそうな。薄々気付いていましたが、もう年なんです。強かった母も、もう70を超えました。そろそろリタイアして欲しいと思います。

気持ちが病んでると想像出来た昨今、この時はとても元気そうでした。産まれてくる子が男の子である事を伝えたからかもしれません。子が産まれてくることを、一番楽しみにしているのは、うちの母なのかも。それくらい今の母の背中を支えていると感じるのは、その食欲。いつもと同じ焼肉店に行きましたが、肉にスープに豚骨に、子の話をしながら平らげて行くではありませんか。孫が出来る事が、ここまで人を元気付けるのかと思いました。相性の良くない性格ですが、女で1人、ワシを育ててくれた人です。喜んでくれて嬉しかった。

その帰りに月が綺麗と、大きなお月様を眺める母。今まで美しい物を美しいと感じられなかったのだと想像しながら、別れてきました。


piccolo

以前、母が骨折した日記はこちら
http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-1424.html

味王

久々に奥さんとデートです。
piccoioです。

家の近くの中華屋さんが閉店したことで、だいぶ中華料理から遠ざかっていました。家で食べる料理も鍋が多く、テレビで中華料理を見た瞬間に、今日のデートが決まったのでした。

先に到着したワシは、生ビールと小袋の冷菜を頂きます。





基本、ニンニクとごま油なんでしょうが、中華料理の味は大好きです。これこれ!久々の味にうなり声を上げてしまいました。

何食う?ということで、ワシは青椒肉絲、相方はトマトと卵の炒めを選択。





これに米を食べ、最後は卵スープで締めました。




ご馳走さーん!!



piccoio

気の持ちよう



日が短くなったもんだ。piccoioです。

早番を乗り越え、帰宅の途中にふと思う。憂鬱と戦い、出勤している最中、ヤングボーイからデートの誘いがあった。早番なので結局のところ実現はしなかったのだが、その誘いが嬉しかったのであろう、1日を難なく越えられたのだ。

なんら変わりのないいつも通りの日常。むしろ家族の前で食事介助しなくてはならない苦手な場面もあったにもかかわらず心穏やかに今に至る。結局のところそう言う事なのだ。自体は何一つ変わらない。自体を別のアプローチで捉えただけの話だ。気の持ちようと言う事だ。

日が沈むのを眺めらながら、人の誘いや繋がりを悪くないと感じるのだった。

piccoio

同時に3台充電可能 ANKER Astro3 第2世代 高性能 大容量 モバイルバッテリー 12000mAh を購入した

DSC_0005_20131110084900be5.jpg

iPhone、iPad、iPad、GoPro、Wi-Fiルーター、一気に3台。
piccoloです。

モバイルバッテリーを購入しました。以前GoProで撮影する為に小さめの物を買いましたが、今回大容量で一気に3台のスマホを充電出来ると言う広告に惹かれ、ついポチッとしてしまいました。

716mZoNihkLAA1500_.jpg">716mZoNihkLAA1500_.jpg


この子ですが、優秀なのはiPhone7回分の充電が可能という大容量バッテリーもさることながら、一度に3台のスマホを充電できるのが良い。ここに惚れましたね。

Amazonでの購入はこちら



11,800円が、今なら3,980円と66%OFFです。iOS7にアップデートしてバッテリーの保ちが悪くなったiPhone5。夜勤を超えるスタミナはありません。そこでこの子の購入を決意した訳ですが、手にしてみてその重量感に思わず見とれてしまいます。

DSC_0005_20131110084900be5.jpg

新しい商品を開る時ってドキドキします。

DSC_0006_2013111008481404f.jpg

以外に普通のダンボール箱でした。

DSC_0007_20131110084815a3c.jpg

箱を開けた時のドキドキと、機械が発する独特の匂いがたまりません。手にしてみると、その重量感にウットリします。


DSC_0008_20131110084813d95.jpg

モバイルバッテリーだけど、色が黒いせいかどっしり感を覚えます。持ち運びたくないくらい。

DSC_0013_20131110084730ad1.jpg


DSC_0012_201311100848114b6.jpg

で、3台同時接続可能のポート。
左はMicro USB。電源を供給します。スマートUSBポート出力ポートは最大5V/2.4Aで、Apple製品、Android製品を含む全てのUSB機器にフルスピードで充電を行います。ユニバーサルUSBポート出力ポートは、ほぼ全てのUSB機器に、最大1.5Aで充電が行えます。(取り扱い説明書より抜粋)

DSC_0011_201311100848105ff.jpg

iPhoneと比べると横に太っています。iPhoneがスマートに見えますね。

DSC_0014_201311100847330eb.jpg

箱からだして中を見るとACアダプターらしきものが見当たりません。説明書を読むと電源を供給する物は自分で用意せよとのこと。この時代、スマホやタブレットを購入すればACアダプターの一つや二つ家にあるだろう。さらに無駄に増やさない意図があるかどうかは定かではありませんが、MicroUSBが一本入っているのみです。これをPC母体から供給するか、手持ちのACアダプターから供給して充電します。充電の段階は写真の通り見やすくなっています。

418ODekQErL.jpg

面白いと思ったのは、本体にスイッチ的な物は一切見当たりません。それが、本体をシャッフルするとこのパワーレベルが表示されるのです。同時にスマホに充電を開始します。

DSC_0015_20131110084731457.jpg

サイトの説明によると7~8時間でフル充電とありますが、この90%のまま24時間以上充電されません。不良品だろうか?と言う心配もありますが、しばらく使ってみようと思います。

この日記を書くに当たり、久しぶりにMacを開き、Apertureで補正し、画像サイズを小さくしました。やっぱり一眼レフでとった写真は綺麗ですね。背景のボケも一味違います。

DSC_0001_2013111008472986a.jpg

さて、3台同時に充電してみました。ワシのモバイルバッテリー、これにてスタートです。

DSC_0003 (1)



piccolo

嫌な時代



介護現場12年目です。
piccoloです。

2010年辺りから、それは臭いだしました。ガチガチのマニュアル組織。リスクマネージメントに従った小回りの効かない方向性です。そして今また、嫌な時代に入ったと感じました。それは、離職者が増えて現場の組織図が変わったことで、人間関係が崩れてきたのです。

最近利用者の怪我が増えました。ここ1~2ヶ月で、剥離やアザの事故報告書が莫大な数になったのです。今までは見られなかった物が突然増えた背景を、現場をまとめる立場になった後輩達が検証している様子です。

まず新人が増え、介助に慣れていない事。それが問題なのではないか?と結論づいたようです。あとは、意識の薄さが、事態を重くしていると。ワシの様に、長く働いている者に、気持ちの緩みがあると言う事です。一生懸命なのは良く分かるのですが、方向性が違うと思うのは、ワシの意識の低さが原因なのでしょう……

立場がリーダーとなった入社3年の女性職員がミーティングの時にこう言いました。「ミルキングってわかりますか?」と。ワシと、一番新しい新卒の職員に向けてその質問は投げかけられたのですが、笑っちゃう訳です。同じ枠に収められてる事が。なぜならば、「尿の流出が悪い時は、ここをモミモミして流出を促して下さい」と、教えてきたのは先輩のワシら側な訳ですから。

なぜ、その質問をしてきたかというと、罠を仕掛けたんだそうです。連絡ノートを読んでるか否かの。そこにミルキングとは、これこれこう言う事(尿の流出を促す事)です。と言う申し送りを載せて、後日ミルキングって何の事か分かりますか?と、質問する。答えられない人は、はい!申し送り読んでない~と、魔女狩りみたいな事をやってるらしいのです。それをリーダーミーティングと言う名の会議で、検討事項に上げていると共有されたのですが、そんな時間があったらもっと他にやることはないのかと、言葉にこそ出しませんでしたが、呆れてしまったのです。ワシもその罠を仕掛けられたという事になります。先輩が教えてきた事を逆にわかりますか?って、滑稽極まりない事を平気で口にすることに、開いた口が塞がりません。

もっと深い罠なのかと、自分を疑いました。ミルキングと言っているが、実は全く 別の意味で、我々が使っていたミルキングと言う言葉と、カテーテル内の尿の流出を促す行為がリンクしていないとか、ちゃんと調べて教えているのかと指摘されてるのでは?と自分を疑ったのです。

医療用語って、現場に居ると用語名と行為をリンクさせて覚えていない事があります。例えばムンテラ。我々の現場では、特に医療の力を必要となった利用者の家族に、ドクターから説明する事を言います。旅立ちが近い時などです。良い意味合いでこの言葉を共有していました。しかし本当は、「言いくるめる」「騙す」と言うニュアンスの物らしく、あまり良い言葉ではないそうです。そしてミルキングは、ワシの環境の場合バルーンカテーテルの中で尿が固まらないようにその道筋を指で揉んで流出を促す行為を言っていました。しかし、それがホントにミルキングなのか、ムンテラなのか、というのは現場で働いている中であまり意味がないことなのです。ミルキングして下さいとナースに言われれば、疑いなく尿の流出を促してきました。ムンテラがあると言われれば、家族と話し合いがもたれるのであろう。そう言った漠然とした暗号であったわけです。

罠であると言われて、インターネットを開いてみると、主にドレン内のにたまった血液や体液を指や専用のローラーで流して上げるとあります。我々の環境で行っていることもミルキングと言うと書いてあります。彼らの言う罠とは、単純にミルキングとはなんぞや?でした。顔に出せば嫌がられるし、文句を言えばパワハラと言われる。しかし憤りを隠せませんでした。他にも、食事前に義歯を装着し忘れる事故を防ぐために、「入れ歯はしてますか?」声かけANDチェック運動強化と申し送りノートに共有されていたら、ノートを読んでないと推測される職員に指示して行わせ、ノートに書いてある事を実行しているか見てると言うのです。

ワシは後輩を押さえつけなかったと思います。自由なスタンスで、物事を自分の頭で考えて欲しかったから。ワシ個人が直接何かを教える事はなかったけれど、上司となった彼ら後輩達の邪魔をした覚えはない。嫉妬や妬み等、人の邪念溢れるこの業界で、ワシは新しく入ってきたスタッフを押さえつけた事はないと信じている。それが結局舐められてしまう原因なのかもしれないが、自分がされたくない事を人にしないと言うポリシーは12年貫いてきたつもりだ。しかし、彼らは自分達以上の立場を上と呼んでいるらしい。何か案件があれば、上に相談してみます。と、『上』と言う言葉を使う。後輩だった彼らが育って行く事を嬉しく思っていたが、どうやら彼らは上で、ワシは下らしい。

魔女狩り…

彼らはトラップと呼んでいるそうですが、そんな事をして一体なんになるのでしょう。新しい職員の意識の薄さ、ワシの様に長く働いている事での気持ちの緩み、それらが事故原因である事は事実でしょう。しかしワシが言いたいのは、それらを罰して何になろうと言う事。彼らが今までに間違いを起こさなかったのかといえば、そんな事は無い訳です。こんな事をしていたら、自分の首を絞めることになる。君たちがしている事は、諸刃の剣だと言うことに気付けないのだろうか?ミーティングの後に、「トラップは良くない。もしもそんな事をされてると知ったら、その職員はきっとトラウマが残る」そんな内容のことを彼女に伝えました。その時は耳を貸してくれましたが、所詮ワシの戯言。『上』の話し合いでは所詮piccoloの戯言と片付けられたのか、もっと上が彼らを守っているのか、もっと深い闇があるのか、トラップは続いているようです。

先日、利用者を臥床させ、フットコールを設置し、試しに踏んでみました。自分のピッチにコールが飛んで来ない。何度か繰り返し、他の職員にフットコールのサインが転送されているか確認する。飛んできてないと。見るとフットコールのスイッチがOFFに。そうです。フットコールが鳴るかどうか確認してるかを試しているのです。こんな無駄な事をしても意味がないと声を大に言いたい。やがて不信感となり、互いが疑い合う最悪な環境になろう。そして彼ら『上』がエラーを起こした時、大暴動が勃発すると予想する。

彼らの努力を目の当たりにしている事もあり、頭の下がる思いであったが、『上』の立場になった途端、何かが崩れ始めた。上と下って何か違う気がするのだが。もしかしたら、勝ち負けなのかもしれない。方向性の違いを感じるのは、自分の意識の低さが原因だろうか?

時代の流れを恨めしく見つめるのである。

piccolo

さようなら梅林餃子



梅林餃子が店じまいしてしまいました。
piccoloです。

田町店がオープンした時、代々木店がオープンした時、集中して新店舗の応援に行って本店を長期休業にした経緯はありました。しかし、今回は完全に店じまいのようです。なぜならば、昨日から『新新餃子』の看板が掲げてあるからです。



ついこないだ、梅林餃子の看板に火が灯っていたのに…



シャッターが開いていた時だって。




全ては新新餃子のオープンに向けてだったわけですね。もうお父さんの笑顔に会えないんですね。トホホホ´д` ;

思い返してみれば、本格的に今の家に住み始めた10数年前に突如としてオープンした梅林餃子。とにかく餃子屋さんという斬新さに興味を持ちました。そして餃子の美味さに魅せられ、水餃子、焼き餃子、スープ餃子、今は無き肉まんを毎日のように食べた。一人暮らしと共に梅林があったのです。あの日、ダンサーインザダークを見ながら食べた手羽先の香料漬けを忘れません。悲しいけど、いつか別れは来ると思っていた。ワシがこの地を離れる時でなかっただけなのだ。それはやって来ると予感はしていた。ただ、時代の流れを悲しく受け止めているワシがいるのである。

piccolo

おら父親になるだ~その5~

ゴミ屋敷改善!
piccoloです。






なんじゃ、こりぁーー´д` ;
常日頃、ゴミ屋敷だとは思ってましたが、改めてゴミの多さに驚きなのです。殆どが奥さんの服。その次にワシのパソコン周辺機器の残像物ANDダンボール箱。その次にワシの雑誌AND本の数々。こんなに本読んでいるのに、全く頭に入ってないことが悲しいわ!

そもそも、相方が提案してきた事です。二人ではどうしようもないので、母に仲介してもらおうと。で、強力助っ人の義理の母を呼んだわけですが、こんなに酷いとは思わなかったと。まずは押し入れのゴミの山を仕分けして行きます。



まあまあ(°_°)
ここまで酷いか!
もう嫌になりました。
しかし、常日頃の邪念を払うため、1日母に言われるがままゴミ屋敷の整理に必死になりました。この部屋で寝れるのか?と、心配になりましたが、なんとか寝床は確保出来、やっと次が見えた頃には1日目の日は暮れておりました。

風呂場とベランダと一階は、完全にゴミに埋まってしまったので、三人で銭湯に向かいます。ホコリにまみれた体を流し、じゃんじゃんと言うお好み焼き屋さんに行きます。母は生ビールを飲みながら、自分の子供が産まれる時も、新潟の爺ちゃんと婆ちゃんが手伝いに来たんだと、話をしてくれました。その表情から、達成感みたいなものを感じ、改めて責任を感じました。時代はこうして繰り返されているんですね。

2日目、ワシは風邪と肩の痛みでダウン。全く使えませんでした。嫁と母でどんどん綺麗になって行きます。服や、リサイクル可能な物は父が車で持ち帰ってくれました。

こうして我が家は子を迎える為の準備を始めました。まだまだ捨てなくてはならない物、整理しなくてはならない物、沢山散乱してますが、一先ずはホッと一息なのです。






piccolo

貝や しるひ

心のオアシス『貝やしるひ』さんです。
piccoloです。



突如として現れた、貝料理専門店です。今年2013年の2月にオープンしたお店だそうですが、気がつかなかったなぁ。『貝』と、大きく書かれたインパクト大の看板が、貝好きの心をくすぐります。

貝やと聞いて、居酒屋っぽい感じを想像しましたが、西洋風のフレンチっぽいお店です。



写真は2階の様子ですが、ロココ調な贅沢な空間。何と言ってもトイレの綺麗さに驚きます。





お店に着くと、必ずトイレに行きます。もう儀式と言っても過言ではないかも。まあ、外から来るので手洗いとうがいをするだけなんですけどね。どんなに綺麗に着飾ったお店も、トイレが汚いだけで評価が下がってしまいますが、『しるひ』さんのトイレは、使うのが申し訳ないくらい綺麗です。

ロココ調ですが、貝のお刺身もあります。今日の日替わりは、鮑の刺身です。



小ぶりですが、1人で食べるには充分すぎる量。この子をわさび醬油で頂きながら、サッポロの樽生をゴクリ。ん~美味い!生ビールは500円で、他にもアメリカのビールが950円ほどで提供されています。鮑って3千円くらいするイメージですが、しるひでは、1100円で提供されています。そこからして、このお店の料金設定がお財布に優しいと想像出来ます。

牡蠣は食べられないので、写真だけ撮らせて頂きました。北海道の昆布森産の牡蠣。

写真は焼き牡蠣です。



もう一つは、岩手の牡蠣だった記憶。



一つ500円~600円で、食べ比べセットがお得価格で提供されてるのも嬉しいところです。牡蠣がお好きな方は是非食べ比べて欲しいと思います。

次々に貝料理を頂きます。

アサリのトマト煮込み



ブイヤベースっぽいスープの中にアサリが浮かんでいます。アサリ風ミネストローネといった感じ。

パクチーたっぷりのホタテのグリル



アサリとキャベツ(名前忘れてすいません)



ワインを楽しむには良いつまみです。

そしてムール貝のワイン蒸し





そして食べたくても食べられなかったブイヤベース!これ嬉しかったなぁ。






ちょい贅沢な心のオアシスですが、月に1度は訪れたいお店です。

貝や しるひ
〒165-0026 東京都中野区新井1-2-11 101
http://goo.gl/maps/V3INV
03-5942-9461

以下リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/masumi_january7/62247127.html
http://flyingdoya.com/?p=674
http://news-act.com/archives/25338955.html
http://nakano.keizai.biz/headline/169/
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13152437/
http://r.gnavi.co.jp/gd20300/


piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク