今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

12月≪ 01月≫02月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

もう一つのDVDプロジェクト





シークレットプロジェクト始動!
piccoloです。

友人から資料を沢山預かりました。
Macに取り込み、プロジェクト始動です。
さて、どんな内容にするのか、じっくり検討しようと思います。

この真っ新な状態から積み上げて行く事が大好きです。

piccolo
スポンサーサイト

近代ガールズのDVD作成

カテゴリーは、
音楽ですか?
Final Cut Pro Xですか?
piccoloです。

久しぶりのDVD作成です。

インターネットで、中学時代の友人と再会しました。
それが切っ掛けで、色々な繋がりを見せています。
今日の日記、
カテゴリーは
動画作成なのか、
音楽なのか、
悩んだ挙げ句、
音楽に設定しました。
伝えたい事は、音楽に感動したと言う事に他ならないからです。
(2013年3月18日に、近代ガールズと言うカテゴリーを追加)



彼らの名は、近代 (モダン) ガールズ。
東京都出身のミクスチャーロックバンドだ。
ボーカルの凜佳が、
再会した友人の姪御である事から、
今回のDVD作成に至った。

誰からも頼まれていないのに、
このプロジェクトを立ち上げた理由は、
このバンドに心を動かされてしまったからに他ならない。
彼ら全員がなんと、高校三年生である。
末恐ろしいとはよく言ったもんで、
こんなクソかっこいいガキが居てたまるかと、
今年42歳になるワシは、
自分が18歳だった頃を振り返る。
彼らのファンになるまでに、
時間はかからなかったのだ。

その理由は、自分の陰の投影であると分析する。
自分と真逆のイケてる青春。
そこに一種、憧れみたいな物を
みたのではないだろうか?
その輝きの裏で、実は本業は学生で、
普段は退屈そうに、机に向かっていたりする事のギャップに萌えるのだと。

再会した友人K氏に誘われるままに、渋谷のとある会場に足を運んだ。
手渡された黄色いチケットを持ち、足を運んだ会場は、
SHIBUYA-AX
彼は、録音、録画は問題ないと言っていたが、
当日会場に行ってみると、
どう考えてもカメラを出せる雰囲気ではない。
近代ガールズの出番まで、どうにかカメラを出す方法を模索する。

そこは、JAPAN FINALと言う、最終決戦の場だった。
日本全国から、事務所に所属しないアマチュアバンドが競い合う大会。
その第六回の審査がおこなわれていたのだ。
彼らの晴れ姿を見て欲しいと、K氏から誘いを受けたのだった。

近代ガールズの出番がやってきた時、
デジイチや、ビデオカメラを構える事は出来ないと諦めたが、
iPhoneで盗撮的に抑えられないかと考えた。
注意されたら止めれば良いかと安易に考えたが、
意外に最後まで撮る事が出来た。取り敢えずの素材を抑える事に成功。

最初は撮った物をYouTubeに上げた。
しかし著作権に引っかかって削除されるだろうと直感し、
すぐに自分の手で削除した。
ならばDVDにしちまうか。そう安易に考えた。

葛藤はあった。
誰かも解らんオッサンが、ファンになったからと言って
いきなりDVD作ってハイどうぞなんてキモイだろうと。
しかし、その葛藤の中で、DVD作成プロジェクトに
歯止めをかけなかった理由は、近代ガールズのVo、
リカの叔父の愛だった。
彼が姪っこを思う姿を、それ以前から知らされていた。
「東京ファイナル勝ち残っちゃったよ。」
「全国行ったらメンバー全員にメシ奢らなきゃならないんだよ。」
そんな発言をずっと聞かされ、
無償の愛を感じたのだ。子供の背中を見守る親父の様な姿に、
若い頃にはなかった感動を見た。
それが、最後までDVD作成を止めなかった
大きな理由だと思っている。

プロジェクト始動!
自分がiPhoneで撮った映像をタイムラインに並べる。

名称未設定 (2)

「どうやって編集して行こう?」
とりあえず彼らの映像を何度も見る。

名称未設定 (1)

目が痛い。照明演出が、いい感じでiPhoneのファインダーを刺激する。
ちょっと騒がし過ぎか。そこで、モノトーンっぽい感じしようかと、
キャストフィルターを乗せる。YouTubeにアップされている彼らの
演奏に、どれもモノクロはなかったと、フィルターを決定。
でも面白みに欠ける。手がかりはYouTubeにアップされた彼らの動画たちだ。
中に歌詞がある物を見つけた。
その歌詞を乗せてみる。
なんとなく、歌番組のLIVE映像っぽくなった。
後方からのつまらないアングル。
そこから著作物の乱用は始まった。
ベースソロがアップで撮られている物を抜粋し、
タイムラインに乗せる。
なんとなくベースソロっぽい映像になった。
その姿は、当日のジャパンファイナルとは違う日の映像だ。
「こんな感じで良いか。」
そう思った矢先、彼ら近代ガールズを支援する宮地楽器から、
当日の映像がアップされた。
やはりカメラアングルが面白い。
また著作物の乱用だ。
タイムラインに、宮地楽器の映像と、ワシがiPhoneで撮った映像を並べる。
二つの音を聞き比べ、二本の動画をシンクロさせる。
あとは、場面に合わせ、二本の動画を切り換えてみた。

名称未設定

なんとなく複数のカメラで撮っているかのような、仮想LIVE映像が仕上がった。
この場を借りて、著作物を乱用した事をお詫びしたい。

久しぶりのDVD作成プロジェクトだった。
そして、Final Cut Pro Xを入れて
初めてのDVD作成。
ワクワクは止まらなかった。
勿論、初めての事もあり不安を
感じる事もあったが、
作業は順調に進んだ。
出来上がった物を、
K氏に渡してきた。

IMG_1324.jpg


何か楽しい事がしたい。
いつもそう思っている。
ワシがしたい事、
楽しいと思う事、
まさにこれの事なのだ。

K氏と別れた夕方、
今度は映像、録音の仕事を
しているM氏と会った。
この経緯を話すと、
良い話を貰った。
そうとう熱く語ったのか、
iPhoneなんかで撮らないで、
それ用に撮ったら?
と、言われたのだ。
「言ったね!もう消せないよ。」
そう返すと、
「だって、そうなる様に誘導してたじゃん。」だと。
M氏は、撮影を買って出てくれたのである。

とあるSNSが繋げた集まりが、
若干の広がりを見せ始めたのである。
今の気持ちを言葉にするなら、
インターネットも捨てたもんじゃない。である。

この先、彼ら近代ガールズがどのような道を選ぶとも、
彼らの可能性に期待している!

piccolo




モンパチバッシング

痛いニュース(ノ∀`) : モンゴル800、初出演のMステで「原子力反対!オスプレイ反対!」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/lite/archives/1748178.html


モンパチやっちまったなぁ。
piccoloです。

モンパチが、Mステに出演しました。
そこで、原発反対、オスプレイ反対のシャツを着て、
何やらネットでさわがしくなっているようです。
ファンの自分には、とても辛い記事の数々。
それでもマイペースに頑張って欲しいものです。

メディアが恐ろしいと、つくづく思うのです。

ワシは左翼的な発言よりも、昨今のキヨサクの喉が心配。
今年は全国を駆巡るらしいが、喉の不調で講演中止にならない事を祈る。

iMacの修理

image.jpg


始まりは一本の線でした。
piccoloです。

やがて、その線は無数に広がり、
ついには起動しなくなったのです。
そこで、持つべきものは友です。
いつも、お世話になっている、
M氏に修理を依頼。オークションで
売ってもらい、その元手で中古を購入
すれば。と言う話で進んでいました。

ずっと悩んでいたのですが、
やはり、修理して使い続ける事を
決意しました。

今は、M氏に持って行ってもらい、
もぬけの殻です。彼経由でアップルに
修理依頼をしました。

20081214123906.jpg

一週間ほどで修理から返って来るようです。
愛しのiMac。早く帰っておいで。

オカン骨折

なんか予感がしたんだ。
piccoloです。

夜勤明けにApple Storeに寄りました。バスで帰る途中、実家の近くを通ります。その時、途中下車しようと、そう感じたのです。

息子が来たと言う事で、母は買い物に行くと言います。俺買って来るよ。そう言うと、お前に買い物出来ないと、相変わらず上から目線で押さえ付けて来ます。いつもこれで喧嘩になるのですが、受け流す事が出来ました。

チャリで出掛けたと思ったら、3秒で帰ってきました。「駄目だ。雪で自転車乗れないわ。」と。直ぐに転けたと直感し、怪我がないか問いました。運動神経抜群と自称する母は、全く大丈夫だと、手をプラプラさせました。その手が、ブランブランである事で骨折に気付きました。

ワシ
手を見せて。
痛くない?

オカン
ぜんぜん痛くない。

動作
手をプラプラします。

ワシ
明らかに右手左手の大きさが、違うでしょ?

オカン
いや、これは昔から。
腱鞘炎のせいだ。

ワシ
一度受診した方が良いよ。

オカン
今日は、土曜日だからやってない。
いい!行かない。

ワシ
ほら、今の時間ならここの病院がやってるよ。

オカン
あら、近くね。じゃ、行こうかしら?

インターネットもすてたもんじゃない。と思う。母を容易に説得できるのだから。

しばらくして、病院から帰ってきた母の左手首は、見事に三角巾で吊るされているのでありました。手首の骨折が、骨折だけではなく、骨がズレてしまっている重症でした。そりゃ、あれだけ骨折した手首をブラブラ動かせば骨もずれよう。「おかしいわね。痛くないのよ。」そう豪語する母に、今はアドレナリンが出てるから痛くないけど、夜になったら痛みでのたうち回るんじゃない?と、脅してきた。幸い、痛み止めも処方されていたので良かった。

しばらく実家に通い詰める事になりそうだ。夜に電話をいれると、痛くて死にそうだと。

あれだけ強かった母が、まるで子供が駄々をこねるような姿に、寂しさを覚える。やはり、母も人間なのだ。そう思った。

これで、本当の意味で親離れ、子離れ、出来る事を望んでいる。


piccolo

ジーニアスBAR




Final Cut Pro X が落ちます。
piccoloです。

初めてジーニアスバーに行きました。色々聞きたい事があって、
アポなしでApple Store 渋谷に行ったら、あまり良い顔されなかったので、
改めてアポをとって行ったのです。

聞きたかったのは、FCPXが落ちるのを修正する方法。
アポなしで行った時に、プリファランスフォルダーから、
ファイナルカットプロXのリストをデスクトップに置けば、
だいたい直ると教えてもらい、実行。直らない。しかも、
不可視ファイルとかで、ターミナルを起動させて、
何やら文字を打たないと現れてこない。
意外に時間がかかった割に、上手く行かなかった。

で、アポをとって再来訪して来ました。症状を全て説明し、
ログを見てもらったりもしましたが、駄目。
結局アプリケーションの再インストールをする事になりました。

で、駄目ならOSの入れ替えが必要だそうで。

は~
前途多難。


piccolo

夕日に富士




冬の空って、なんであんなに綺麗なのかな。写真じゃ出せない色。あんな色の心なら、きっと捻くれた思考を持たないのかもしれない。

ほんの一瞬、この空が憂鬱を紛らわせてくれたのでした。


piccolo

ワインにジュース?

piccoloさん、痩せました?
piccoloです。

年配女性から言われました。
いいえ。毎晩のアルコールが着実に体脂肪を増やしています。そう切り返しました。

すると年配女性が、私はワインを一週間かけて空けるの。と話し出しました。コツはワインにジュースを入れる事。そうしたら、一週間保つでしょ。ウフフ。と。

ワシの他に2人、彼女の話に、?マークがつきました。ワインにジュース?サングリアにするのではなく、ジュースを入れる?話の元は飲み過ぎると、脂肪が増えると言う話だったはず。夜中にジュース飲んじゃ駄目だろ。

ワシが痩せた話は何処へやら、自分が夜勤明けのストレスを解消したかっただけかもしれない。その女性は、言いたい事だけ話しして、何処かへ消えてしまった。関西出身のその方は、よく関東と関西の違いを熱弁するが、今回のワインにジュースの話、あまり地域は関係ないと思われ。

おばちゃんのマイペースさに、キリキリ舞いさせられた一日でございました。


piccolo

夕焼け




山あり、谷あり、クロードチアリ。
piccoloです。

友人のツボを貫いた、冒頭の1フレーズがたまりません。元ネタは、壁に耳あり、クロードチアリらしいのですが、昭和ネタがツボらしい友人は、まるで宗教に入信するかのように、ダジャレにハマって行くのでした。

そんな今日は、夕日が綺麗でした。雪の白から見える赤い夕日。写真じゃ伝わらない、神秘的な色でした。明日は良い事があるような、そんな気持ちにさせてくれるのです。


piccolo

初雪





初雪です。
piccoloです。

東京に雪が降りました。成人式のこの日、しとしと降っていた雨は、午前中に霙に変わり、あっという間に牡丹雪。その勢いは、止まる事を知らず。

昼過ぎになってやっと、その一大事に気づかされるのです。またもや都会をパニックに陥れた自然の猛威。3.11から、すでに何度も経験しています。その度に交通機関が麻痺します。

今回、吹雪の時間は仕事中で、そこに直面する事はありませんでしたが、帰りの雪道には苦労しました。

この備えのない事態を、まるで自分自身のように感じるワシは、夢と現実の狭間で、女々しく揺れているのです。もう若くないと、見えない圧力に逃げ場を探しています。そろそろ戦わなくちゃいけないんだなぁ。

雪を見て、なぜか憂鬱に将来を思うのでした。

piccolo

JAPAN FINAL Music Revolution




友人の姪っ子のステージを見て来ました。piccoloです。

41歳になって思う事。それは、なんの結果も残さずにダラダラと生きてきた。と言う事。彼らのステージを見た時に、同じ年代に自分が何をしていたかを思ってみた。高校時代、バブルに浮かれた輩を尻目に、妙に覚めていた。なんの希望もなく、ただ生きていた。母を援助し、頑張って行こう。そんな18歳だった。やや鬱っぽいところがあったな。

時代は変わり、友人の姪っ子のステージを見て、パワーを貰う。自分を表現する場所があるのは素敵な事だと感じた。その場所に触れ、1人のオヤジが元気になる。そのキッカケが、ネットにある。インターネットも捨てたもんじゃない。

とにかく凄いガキ達だ。弁もたつし、自信に満ち溢れている。彼らの将来を考えると、末恐ろしいとも感じる。いい意味で若さを持続して欲しい。今、怖い物などないと想像する。思い切り出っ張って、大きくなって、大きくなり過ぎて叩かれて、また出っ張って、いい意味で丸くなって行く、そんな成長過程を見守りたいのである。完全にファンだ。

こうした依存先がある事を幸せに思う。困難も待っていようが、頑張って欲しい。

JAPAN FINAL、オーディエンス賞、マイサウンド賞の受賞、おめでとうございます!

頑張れ近代ガールズ!



piccolo

絶対音感




絶対音感と言う物があるそうです。
piccoloです。

新年会をしました。相方と共にお邪魔しましたが、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。皆様ありがとうございましたm(__)m

飲んでいる時に話題になった絶対音感。何やら、日常の音が楽譜として聞こえるそうですが、楽譜にならない音が溢れていて気持ち悪いそうです。その絶対音感を持っていたと言い張る部長のニックネームを持つT君、その波長を幼少時に捨てられたことが、幸いしたと思うのです。凡人が1番なのですよ。と、思うワシなのです。

まっ楽しいひと時でした。他に沢山の話題もありましたが、ワシと相方を寛大に受け入れてくれた事に、心から感謝したい。

piccolo

ハプニングランチ





同級生にばったりです。
piccoloです。

フリー勤務でした。
特に普段の流れをする仕事ではなく、たまりに溜まった書類を整理したり、利用者と散歩したり、普段出来ない仕事をするシフトです。

特にやる事もなく、入院中の利用者のお見舞いに行く事になり、何のけなしにその業務を行ったのです。

見舞いが終わり、職場に帰ろうとバス停を探していると、「piccolo
君!!」と声がするではありませんか!振り返ると奴がいました。中学時代の同級生で、LINE上ではやりとりしていたQ君です。

噂では、茶色いセーターを着て仕事をしていると聞いていましたが、本人に確認すると捨てたらしく、意外にワイルドな一面がある事に気づかされました。LINEで、そのセーターをバカにされた事があるのかな?と、勝手な想像をしてみましたが、真相は闇の中です。もう少し深く突っ込んでみようとも思いましたが、嫌われそうなので踏みとどまりました。

しばらく談笑は続き、このハプニングを楽しむのでした。こんな事があるんですなあ。次回は是非とも飲みたいものです。予想外の出会いで、脳から覚醒物質が飛び出した、楽しい日でありました。


piccolo

泥棒日記の服袋



何やら大きな箱が届きました。
piccoloです。

年末に頼んでおいた服袋でありんす。
箱を開けてみます。

IMG_1049.jpg

ど〜んと衣類の類いが入っているではありませんか。

IMG_1050.jpg

全部出してみます。

IMG_1051_20130104204740.jpg

なんと手ぬぐいと風呂桶もついていました。

2013年の泥棒日記服袋、こんな感じでございました。

IMG_1054.jpg

わかりづら!
って、事で並べてみます。
一番気に入ったデザインはこのTシャツ。
表にも裏にも粋なデザインが施してあります。



IMG_1057.jpg



IMG_1058.jpg

かっくいい!!

もう一枚Tシャツです。

IMG_1059.jpg

上のTシャツはバックプリントなし。
バランスよく入ってますなぁ。

で、ロンT

IMG_1060.jpg

カーディガンっぽい上着

IMG_1061.jpg

前ボタンのパーカー

IMG_1062.jpg

デザインは凄く気に入りました。
ただ、生地が薄いのでこの季節にはちょっとキツい。
夏が来るのを待つ事にします。
ワシと一緒に冬眠中って事で一つ穏便に...

そして風呂桶までついておりました。

IMG_1063.jpg

と言う訳で2013年は始まっているのでありました。
葉庭様、泥棒日記様、今年もお世話になります。

piccolo

Hello2013




賀正!
piccoloです。

元旦から仕事ですが、
今年も邁進して行きたいと思います。

本厄が明けました。実際、暦上何月で厄が明けるのか分かりませんが、去年のこの日、何事も起きませぬようにと、願いを込めたのでありました。

今のところ体感では何も起こってはおりませぬが、厄年をキッカケに何かが起こり始める可能性は十分あり得るわけで、まだ気を抜けないワシが居るのです。

何はともあれ、新年が明けました。めでたい人も、そうでない人も、何卒今年も宜しくお願いします
m(__)m

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク