今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

12月≪ 01月≫02月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ぶっ生き返す



かっけーっす。
piccoloです。

2009年に見たモンパチ主催のWWWフェスで、生で見ていたんだ。
でもその時には、正直興味がなかった。
こんな格好良かったなんて驚き。

なんで見ようかと思ったかは、誰かがアップしていた
『ぶっ生き返す』
という曲のフェスの映像。
今は削除されているが、どんなもんじゃろ?と、ユーチューブを探ったのがきっかけだった。

PVを見たのだが、そのセンスに脱帽だった。
そしてナヲさんのボーカルがとっても切なくて一発でやられてしまったのだ。

でもCDを聞くまでにはいたらなかった。
今回CDを聞いてみようと思ったのは、
今度はハイスタ主催のAIRJAM2011の映像を見たからだった。
『シミ』で、やはりナヲさんのボーカルが良くて、いつもひっかかっていた。
オールウェイズ三丁目の夕日を見て、バンプの『花の名』を聞いたのついでの初ホルモンだった。

聞いたアルバムが『ぶっ生き返す』
一発でノックアウトだ。
本当に良いアルバムに出会ったと思った。聞いてすぐに思った。
聞く曲全てが斬新でかっこよかった。
特にこの『ぶっ生き返す』は、ナンナンセンスとでも言おうか、
死者を冒涜するかのような表現の裏に、それを敬うハイセンスな感覚が光る。
全編にわたって曲の説明があるのも、ラウドロック初心者のワシには入りやすい。

何はともあれこの『ぶっ生き返す』は、
すごいアルバムなのである。

piccolo
スポンサーサイト

閉店

moblog_2257b3d9.jpg


また一つ…
piccoloです。

家の近くのコンビニが閉店しました。お世話になった訳じゃないけれど、
やっぱり思い出の一つもあり、無くなる事に寂しさを覚えるのです。


piccolo

過去の地震雲

20081126190042.jpg

過去記事を振り返ります。
piccoloです。

めっきりと拍手が少なくなった我がブログ....
以前はちょこちょこ拍手を頂いておりました。
たま~に拍手がつく記事、それは地震雲と言う記事。

http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-953.html

昨今の直下型の大地震が三年以内に起きる確立が70%を超えていると言う情報からか、
地震に対する記事に敏感なのかと想像する。

2008年にも地震雲の記事を書いていました。
こっちの方がそれっぽい空だったように思いますが、
震災後の記事は、都市伝説も絡んでいるからか、拍手を貰う事が多い気がする。

先日、ハードディスクに撮り溜めてあった震災番組を見ました。
『わすれない』と題されたその番組は、津波、揺れ、最後のメッセージ、のコンテンツから、
震災後を検証します。なかでも津波の検証は興味深かった。たった30秒の判断ミスが、津波に飲まれることになるのが映像からも痛いほど解るのです。高台に避難していたのに、上着を取りに戻ったばかりに津波に飲まれる。色々な角度のカメラが、当日を記録していました。その検証から解る事。

それは、先ず逃げる事。

死体の中に多かったのは、厚着をしていたり、沢山の所持金があったり、おそらく備えてから逃げ出した為に津波に襲われている実例が何件もあったそうです。「津波が来た。早く逃げろ。」そう声かけをして市役所に避難した人のカメラが、偶然にもその声かけをした男性が流される場面を撮影していた。声をかけた時に逃げていれば、助かっていたのに。この検証から、先ず逃げるんだと言う事を、これから先伝えて行きたいと言うご家族の思いが伝わります。この時に、津波がこれほど早く到達し人々を飲み込んで行く物だと解っていれば、こんなに多くの命を奪う事がなかったと。故に自分の家族が流される場面を放送してまでも、後世にその事を伝えて行きたいとコメントがあった。

今回の震災で思った事。
備えてあっても駄目なんだ。
震災の様な自然災害では、人間は無力。
生き残るかどうかは運。神様が決める事だと、無宗教の自分が運命みたいな物を感じずにはいられないのです。
もしも揺れがおさまった時に生きていたのならば、とにかく避難所とされている場所に逃げる事。津波や火事等の情報に耳を傾ける事、先ずは命あっての物種。こう言った検証番組がもっと多く放送される事を願います。

改めて、震災で亡くなった大勢の方のご冥福をお祈りします。

piccolo

ソフトウェア・アップデート

アップデートが来ています。
piccoloです。

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/01/31/028/index.html



AirMacユーティリティーのアップデートが来ていました。
早速インストールしましたが、
友人の言うあまり入れない方が良いと言う言葉を不安に感じながら入れます。
アップデートが来ると、なんだか嬉しくてついインストールしてしまいます。

piccolo

表皮剥離

moblog_97c35364.jpg



どうしてなんだろう、
なぜなんだろう?

いつの間にか足に剥離が出来た。パックリと裂けてしまいました。ステロイドのお世話になってます。


あー痛え痛え!

picoolo

FMいるかに出演

函館での思い出です。
piccoloです。

FMいるかに出演しました。
FMいるかのブログ記事

函館旅行しました。
最終日、街頭でインタビューを受けたのです。
最初は、何やら怪しい感じがして断ろうと思いましたが、
旅行での気持ちのユルさでしょうか?
インタビューを受けてしまいました。

よく街頭インタビューの模様を目にしますが、
こういう風に行われるんだと改めて感心しました。

まず番組の趣旨の質問があるんですね、
それを本番で同じ質問をくり返す。
そんな感じでした。



貴重な経験をさせていただきました。

piccolo

五稜郭タワー

moblog_19a8d1ca.jpg



最高気温がマイナス6℃。
picooloです。

昼間に上った五稜郭タワー。
その五角形からなる360度大パノラマにやられて、夜も来てしまいました。

『五稜郭の夢』(ほしのゆめ)
なるイベントを開催中で、五稜郭の外堀を約二千個のイルミネーションが綺麗に彩られているではありませんか。

日記の画像は、携帯で撮りました。意外に手ぶれせずに撮れました。一眼レフではインターバル撮影を行いました。もう少し早い時間から開始したかったけど、D5000がシリコンパワーのSDカードを認識しなくなり、ヤマダ電機を見つけてSDカードを買いに行くハプニングがありまして、ギリギリの時間になってしまったのです。

歩きましたよ。ヤマダ電機から五稜郭タワーまで。完全に、地元の人から変態扱いです。頭おかしいねと。まっ、結果オーライで、6時から7時まで、たっぷり1時間インターバル撮影しました。結局五稜郭公園は動きがないので、冒頭の写真をインターバル撮影しました。車が行き交っているので、動画にした時に解りやすいと思い、この方角を選択。窓ごしでありますが、ムービーにするのが楽しみです。

突如のSDカードのハプニング。記録メディアはある程度名が知られたメーカーでないと駄目だと、改めてデジタル機器の怖さを思い知ったのでした。

買ったのは、サンディスクの8ギガバイト。2280円でした。ヤマダ電機のポイントカードを進呈してくれた相方に心から感謝したい。

picoolo

三色丼

moblog_d3f9c65d.jpg


北海道と言えば…
カニ、いくら、ウニ、
でしょう。

カニ三昧

moblog_5a2a5e35.jpg


たらふく食ったなあ

カニ…

百万$の夜景

moblog_ab3572ef.jpg


ん~
綺麗だ。しかし、それを堪能するには寒すぎる。

函館…
最高気温がマイナス6℃。
死んじゃう…


北海道

moblog_1b80c6df.jpg


カニです。アワビです。
picooloです。

函館に旅立ちます。
ワシらの旅依存症は、今年も健在なのです。あえての冬に南国を兄が敬遠したので、わざわざの冬の北国に決まりました。何もせず、ボーっとしたいだけの旅をチョイス。風呂と海の幸が絶対条件でした。

2012年の旅物語の始まりはじまりぃ~

picoolo

MacBook Pro が家に来ました

資源ゴミの殆どは、ホッピーの瓶です。
piccoloです。

家にMacBook Proが届きました。

2012.1.12MacBook Pro購入 - 02

これがApple製品の醍醐味です。
箱を開ける時のドキドキは、いつもたまらいのです。

2012.1.12MacBook Pro購入 - 03

おおおおおお
美しい!
思わず頬擦りしたくなります。
iMac以来三年ぶりの感動でございます。

2012.1.12MacBook Pro購入 - 04

Macを取り出すと、意外と箱の中身はシンプル。

2012.1.12MacBook Pro購入 - 06


いやいやHelloだなんて、たかがパソコンなのに...
惚れてまうやろー


2012.1.12MacBook Pro購入 - 05


1ページをめくると.....

2012.1.12MacBook Pro購入 - 07

なんて素敵なメッセージでしょう?
「このMacBook Pro は、あなたのために生まれました」
ワシのため?こんなワシでいいの?
こんなワシの為に生まれて来てくれて....

ありがとう!!

2012.1.12MacBook Pro購入 - 08

なんかMacの取説を初めて見た様な気がします。
いつも読まずにいじるから。お世話になっているブログで、解らないけど中途半端な知識で何とかなってしまうMacとそのアプリケーションたち。結局は、マニュアル類を見ながら操作した方が近道と言う、急がば回れ的な記事を目にしてその通りだと感じました。でも結局本能のおもむくままにいじってしまいました。

ここまで来るのには、本当に悩んだのでございます。
Airなのか、Proなのか、
新しいMacBookを待った方がいいのか。
欲望を抑えられなかったと言うのが本当の所だと思いますが、自分にはオールインワン的な方が向いていると判断したのが最終決断でした。Airの薄さは魅力ですが、ドライブが搭載されていなければポータブルドライブを購入せねばなりません。SDDも魅力ですが、容量が少な過ぎです。最低500ギガは欲しかった。ストレージも外付け必須であり、そこがMacBook Proを選択した理由です。おそらく最後の厚いMacBook Pro 。次世代からはProもAirのように薄くなる予想がある事も貴重でした。あえての厚いMacBook Proなのです。

ターゲットをしぼってからは話は早かった。
ヤマダ電機に通い、どれくらい安くなるのかを探りました。現金値引をしていたので、新しいMacBookが出る事も考えましたが、邪念は捨ててひたすらMacBook Proの値段を探ります。現金値引で149800円。ポイントが15%。これで自分の覚悟も決まりました。すぐにソフマップに行き、ヤマダ電機の価格を伝えると、「対抗します」との答え。しかもポイントでメモリーも増設してもらえる事になりました。

店頭では8GBマックスとうたっていましたが、店員さんに聞くと16GBまで動作確認出来ていますと強気発言。しかも値段もそう変わらず1万円強。ならば16GBでしょうと言う事でのせて頂きましたメモリー16GB。

今、メモリー増設って簡単に出来るんですね。
店頭で増設してくれたのにはビックリしましたが、写メが出来る良いチャンスでした。

プラスドライバーで外せます。
中身はマシーンですね~

120112-192135.jpg

装備されていた2GBのメモリー二本を抜きます。

120112-192236_20120115003902.jpg

8GB二本を装着。

120112-192210.jpg


これだ我がマシーンはメモリー実装16GBです。

作業用 on MacBook Pro - 1

起動してみます。



トータルでいくらになったのかと言うと、

現金値引で154,800円が149,800円に。ポイントが15%。
で、ソフマップ独自のワランティー保険サービスに加入して50000円割引で、98,000円に。
これで五年間何度でも保証可能。自分で行った修理の失敗、水没にも対応してくれる太っ腹な保険。Appleケアよりも良いんじゃないかってずっと思っていたサービスだったけど、やっと自分の物に出来た。

さて、母体のiMacからデータ移行します。

2012.1.12MacBook Pro購入 - 10

タイムマシーンで移行するか、ファイヤーワイヤーで移行するか、迷いましたが、ファイアーワイヤーで移行する事にしました。これも何も読まずに感覚で進めてしまいました。このまま放置して朝目覚めると、母体と同じ環境で使えるようになっていましたとさ。

しかしながら母体のiMacは、ノイズが酷い。

2012.1.12MacBook Pro購入 - 11

今度はこのノイズをなんとかするべく立ち上がりたいと思います。っていつになる事やら。
データ移行も済んで、MacBook Proで初めての記事が今回です。
記事を書いてみて悲しい事に気付きました。初期不良です。

DSC_0009_20120114222814.jpg


『U』のキーボードがとれています。
早速お店に持って行こうと思います。
悲しいと嬉しいの全くワクワクなMacBook Pro生活は今始まったのです。

piccolo

MacBook Pro 15インチを選択

2012.1.12MacBook Pro購入 - 04

Airか....
Proか....
piccoloです。

そうです。選択はProにしました。
MacBook Pro 15インチです。

なぜこいつに決めたかは、クアッドコアIntel Core i7プロセッサの処理能力です。当初15インチの選択は視野にありませんでした。ProかAirで悩む理由。それは、13インチだから。Airに15インチがあったら、きっと13インチのProを買っていたと思います。手軽にネットが出来て、しかも映像処理も行ってくれるノートブックが欲しかったのです。しかし実際に触ってみると、i5だろうが、i7だろうが、デュアルコアである以上、Core 2 Duoと速度はあまり変わらないと言う事を知りました。

ならば買い替えても意味ないじゃん。と言う事で、また悩んだ次第です。そもそもFinal Cut Pro Xが、Core 2 Duoだと固まってしまうことから新しいMac購入を検討し出した理由です。もう一つは、母体のiMac Core 2 Duoがヤバくなって来たから。グラフィックボードが疑わしく、起動する度にノイズが入るのです。いつ画面が真っ暗になるとも限らない様子です。そこで、手軽に操作出来て、パワーのあるマシーンを探しました。最初はAirの11インチの一番安い物で良いやと思っていました。しかし、店員さんと話をする度にFinal Cut Pro Xならば、MacBook Proでないと.... と言われ、またもや路頭に迷った訳です。何が違うのか?それはベンチマークテストをすると一目瞭然でした。

ヤマダ電機で、13インチの二種類と15インチのクアッドコアの早さを計ってもらいました。最初に13インチの二種類を用意ドンでベンチマークをスタートさせ、5秒遅れぐらいで15インチのベンチマークをスタートしました。圧倒的に15インチの方が早い。これが切っ掛けで、15インチをが完全に視野に入りました。それまでは夢でしかなかったMacBook Pro15インチでしたが、どうせ買うならば納得できる物をと思ったのありました。

って、長い日記になってしまったけど、15インチを選ぶまでに一ヶ月以上悩んだ事が言いたいのです。予算を大幅に越えましたが、結局は新品を99,800円で購入出来たんです。それまで値切って値切って、待って待って、ソフマップとヤマダ電機を天秤にかけていました。ヤマダ電機が価格を下げれば、ソフマップもその値段に合わせてくれます。ヤマダで値切る事が、自分の中で必要だった。と言う訳で、見事MacBook Pro15インチをゲットいたしました。

お値段99,800円でございますぅ。


piccolo

新書 沖縄読本

moblog_6f1ed087.jpg


下川裕治+仲村清司 著なのです。
picooloです。

何はともあれ久々の活字です。しばらく本を読んでなかった。テーマは重いけど、活字を読む事に喜びを感じています。

最初は、沖縄にこんな問題があるなんて夢にも思わなかった。老人介護と言う非日常に追われ、逃げ場を失っていた。都内温泉施設や、関東圏内への小旅行。気持ちをリセットするために、あらゆる事をした。

海が大好きだった。時は2003年、休みが来る度に湘南へ通った。新宿からロマンスカーに乗って、夏を、海を、感じるために。今は湘南に行く事が少なくなった。綺麗な海を知ってしまったから。それがこの年2003年だった。

まるで外国。でも日本なそこ、沖縄は、今まで体験した事がない空気感で溢れていた。生まれて初めて南国を実感した。時期は秋。それでもなお、照りつける太陽がある喜びを今でも覚えている。

日本にこん場所があったんだ…

それが自分と沖縄との出会いだった。まさかこの時、沖縄の歴史に、こんな事があったなんて、そして現在、こんな問題を抱えているなんて、夢にも思わなかった。綺麗な海と空、人の温かさ、そればかりが沖縄ではないのである。そんな本音を、この本は教えてくれる。

『チムグルサ』
この言葉に、サイパンの
『ファゴ』と言う言葉を思い出した。人の悲しみを、自分の事に思うと言う意味合いだ。そんな小ネタも含め、「へ~」な内容に目が離せない。

久々の読書は、沖縄の問題にメスを入れた逃げ場のない真実だった。


picoolo

さよなら

moblog_0b70a3a9.jpg


月が綺麗だね
 
夜に魔法をかける
 
街の明かりから
 
逃げた二人を照らす
 
 
東京じゃ隠れるほどの暗闇はないか?
 
picoolo

AirMac Express

設定は簡単!
って言ってる奴出てこい!!
piccoloです。

2012作業用 - 1

AirMac Expressを購入しました。
無線に全く興味がなかったのですが、MacBook AirやMacBook Proを欲しいなぁと思ったら、自然とAirMacに気持ちが向いたのです。Airはイーサネットの端子が無い事から、無線必須だと最近知った。USBとLANを変換するものもあるらしいが、速度が遅くなるそうで、やはり無線の選択をせざるを得ないだろうと視野に入れておりました。

珈琲を飲みながら、五分で簡単設定....
誰ですか?こんなうたい文句を掲げた人は?
夕方六時から夜半過ぎまでかかりましたよ。

先ずはAirMacを箱から出します。

2012作業用 - 2

インターネットターミナルですが、なんかドキドキするくらいな商品。
箱を開けると、

2012作業用 - 3

Appleらしい美しさ。
手に持つとなんて小さいんでしょう?
昔のiPodは、こんなACで充電していたのを思い出します。

2012作業用 - 4

インターフェイスもシンプル。
これは自分にも簡単に出来る。(と思い込んでいた)

2012作業用 - 5

まずはLANケーブルを直接AirMacに繋ぎます。
母体のIMacからイーサネットケーブルを抜き、AirMacに繋いだ訳です。
すぐに反応があると思っていました。しかし...
応答なし。
環境設定でAirMacをONにしていますが、どの周波数を使っていいか全く解りません。

2012作業用 - 11

ケーブルを外しているからネットを調べる訳にも行きません。すでに30分。簡単じゃないじゃん。フツフツを怒りが....

ケーブルをiMacに繋ぎ直し、ネットで情報を探ります。

2012作業用 - 7

なんと箱の中に説明書が入っているとの事で、それを見ます。なんだ.... インストールCDがあるんじゃん。AirMacユーティリティーなる物をインストールします。

2012作業用 - 10

それを起動させると、我がAirMacを認識し、その画面で設定する。
って、認識しないし。

環境設定のAirMacは入にするのか切にするのか、そこからまず書いていない。書いてあるのはユーティリティーで設定すると言う事だけ。でも違います。環境設定でAirMacのスイッチをONにしてからです。そして、ユーティリティーがAirMacを認識しない件は、LANのハブを経由して母体のMacとAirMacを有線で繋がないと認識しません。ルーターから直接AirMacに繋ぐとAirMacが何処にあるかがMacには解らないのです。有線で繋いで上げると嘘みたいに認識しました。試しにMacからLANケーブルを抜くと認識しません。有線で繋いで、設定です。説明書にも、インターネットの情報も、有線で繋げるとは何処にも書いていません。同じ症状の人がいらっしゃったら、AirMacとMacを有線で繋げてから認識させると設定出来ます。

ここまでで何時間を要した?
珈琲を飲んでました。確かに。飲みながら作業しましたが、五分じゃ終わりません。AirMacユーティリティーがAirMacを認識しなかった時にどう言う対処をしたら良いかを書いておいて欲しいです。そうすれば、こんなに時間はかかりませんでした。

そこから設定にもかなり手こずって、気付けば午前12時半。夕方6時から始めて、設定に6時間以上。自分の脳がデジタルでない事が死ぬほど解る瞬間です。元々こう言う男っぽい工具を使用する作業が駄目なんだよね。まあ時間はかかれど、今は無線でネットが出来てるから成功と言えるでしょう。後は、iPodやiPhonがWi-Fiに接続出来ればまた一つ可能性が増えるでしょう。そしてプリンターの無線プリントも行く行く試してみます。全てはノートブックのためなのだから....

うちのAirMac、開通でーす

2012作業用 - 6


piccolo

2011年を振り返る

今年も制作しました。
ネットにアップロードを考えたバージョンです。
piccoloです。



上がフィルターなし
下がティール&オレンジフィルターつき



曲何にしようか考えるのが面倒なこともあり、やはりモンパチで攻めました。二曲ともモンパチです。2011年の5月に発売された、etc.works2の中から『What a Wonderful World』と『Enjoy Yourself(It's Later Than You Think)』を選択。どちらもカバー曲をモンパチらしく、沖縄らしくアレンジした物で、What a Wonderful Worldは、同名のフェスも開催された。

What aを『わったー』と発音し、ワッターワンダフルワールド。私たちの素晴らしい世界と銘打って大いに盛り上がりを見せた沖縄で開催されたフェスだ。2009年にも開催されたフェスだが、2011年は見送った。それが少し心残りではあるが、ハイスタンダードに影響を受けて音楽を始めた彼らが、今回難波章浩氏に「任せたぜ!」と言われ、涙する一幕も見えた。

『Enjoy Yourself(It's Later Than You Think)』は、モンパチのライブでは入場のSEとして使われている。それが今回正式にアルバムに集録された。2008以前は、森の熊さんのパンクバージョンで入場して来たのだが、2009年の『eight-hundreds』ツアーから、SEでこのEnjoy Yourself(It's Later Than You Think)が使用されるようになったと記憶している。

そんなモンパチにのせて、iPhotoで作成したスライドショーを展開。作成した物を、Apple ProRes 422に変換。Final Cut Pro Xでコメントとフィルターを乗せ、再びApple ProRes 422に変換。アップロードした。

がしかし....
ファイルが重た過ぎてアップロードに何時間もかかる為、mpg4に圧縮。画質の悪くなった物をアップロードした。

昨年はお世話になりました。
買って、食って、行ってな2011年でございました。
今年は、行って、食って、買うになるか、
食って、行って、買うになるか、
何はともあれ2012年はスタートしたのです。
厄年であり、大殺界であり、天中殺な2012年、
何があるか、待ってるのか、楽しみであり、恐怖であり、
この日記が、何かあった時には、やはり厄年だったかと、
言い訳のような物になるかどうか.....

なんて書いてみて、なんとか厄を逃れたい自分が居るのである。


piccolo

散髪


メニューは何になさいますか?
カット&パーマで。
piccoloです。

2ヶ月ぶりに美容院にむかっています。空が綺麗だなあ。


piccolo

Apple Store 渋谷店

moblog_95a0e6c7.jpg


明けました。
piccoloです。

年が?夜勤が?
いえいえ両方です。

2012年に突入しておりますが、大晦日から今日まで仕事でした。夜勤を終え、やっと正月が迎えられそうです。

明けの解放感からか、年をまたいで購入を悩んでいたノートブックを見に、appleストアにやってきました。モバイルと、動画編集出来る物を求めてairかproか迷っていましたが、やはりproに軍配が上がりそうです。13インチのi7狙いかな。それを探りに来ましたが、motion、FCPXをやるなら15インチからと言われ、またまた悩む自分がいるのです。

悩んではいますが、買う気は下降気味です。新しいMacが出るまで待ちます。やはり欲しいと思った時に買わないと買う気が失せますね。

そんな楽しい迷いを胸に、2012年を迎えております。


piccolo

2012年開始

賀正!!

年賀状素材ーマイトーゼから


今年も宜しくお願いします。
piccoloです。

今年は本厄です。
こないだ新井薬師に寄ったら、夫婦揃って厄年でした。本厄です。
何かが起こりそうな2012。
マヤの予言の年でもあります。
きっと転機になうであろう今年、
イライラせずに自重して過ごさないとと思います。
何はともあれ明けました。
今年も宜しくお願いいたします。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク