今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

07月≪ 08月≫09月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

20世紀少年 ~第三章~ ぼくらの旗

20世紀少年を見て来た。第三章、僕らの旗だ。
第二章を見終わってすぐに原作を読んでしまったので、誰が『ともだち』か、どうやって進行して行くのか、解ってしまっていた。楽しみは、原作をどのようにリスペクトしているのかだった。なるほど、見事なエンディングだった様に思う。

まずは第一章と二章のおさらいが五分程ある。すでにDVDで見直していたのでちょっと退屈だった。本編になっても、最初は理屈っぽくて面白くない。原作で収拾がつかなくなった感が、この理屈っぽさに現れていた様な気がする。駆け足でつじつま合わせは進み、物語の中盤あたりからグッとのめり込む事が出来る内容だった。

原作の部分がさらっと流れて行くので、原作から物語を繋ぎ合わせようとすると意外にパニクる。相変わらず豪華な出演者なのだが、その一つ一つが勿体ない気もした。その辺はやはり第一章が一番凄かったし面白かった。常に感じていた事は、1995年の地下鉄サリン事件でサリンを撒いた教団にかぶる事だ。映画の核がとても幼い。それは小学生の思考を、そのまま現代で行っているからなのだが、あの事件の数々も幼稚さを感じた物だった。しかし、一つの心理に憑かれた者たちが、一つのカリスマを前にした時、それが幼くてもついて行ってしまう。あんなに幼いテロリスト集団が発生したら、たちまちに大きな組織から潰されてしまうと思わざるを得ない。なぜかそんな弱小集団が世界に蔓延ってしまうのが漫画だなと。そこが見ていて悲しかった。

ともだちの正体は?
原作とは違うもう一つのエンディング。
なるほど。

ザッツエンターテイメント。とっても面白かった。
切ない思いが、最後ほっこり明るい気分に変わる。
バーチャルマシンではなく、タイムマシーンだったなら、
面白い結末だったのかもしれない。
あくまでバーチャル。
今まで行われて来た悪行は、消す事が出来ない。
しかし、一つの心の蟠りが消えたとき、人は一つ大きくなった様に感じる。
そんなエンディングだった。

超大作だったが、あっという間に駆け抜けたような、一気に見た押した様な、
そんな気がする映画だった。

観賞後、夢を見た。
自分が幼少の時に行った数々の悪行。
今あの子達はどうしているのだろうか?

piccolo
スポンサーサイト

ノーホーイズ、ノークライ

20090829153103

20090829153058
妻夫木君主演の韓国合作映画だった。ミニシアター系の独特の物語だった。

見所は、妻夫木君が歌うアジアの純真かな。彼の笑顔と演技が好きな方にはお勧め。

映画があまり好きでない人には見にくいのかな?BGMがないから進行に退屈を感じそう。自分もその1人…

甘い設定と、退屈な進行。物語には何も惹かれる事はなかった。出演者がどんな演技をしているかが、この映画の見所のように感じる。


piccolo

倉 備中倉敷工房のデニム

20090828000955

20090828000953

20090828000949
何気なくネットを見てたんだ。以前、倉のサンダルを購入した店で、ワケ有りセールなる物を開催していた。なんと倉のデニムが五千円引きで売られていた。別に射程圏内の商品ではなかったが、絶対に値引きしない倉だけに、こう言う企画は乗ってしまう傾向がある。

我慢をし、日々を過ごした。ふと、他のショップも覗いてみようと備中倉敷工房のブックマークを辿る。

意外にあるものだ。
blue marble さんに、倉がガンガンに50%OFFになっているのをハケーン。この夏欲しかったデニムショーツもあり、毎日在庫と睨めっこ。ついにクリックしてしまったと言うワケ。

ワシのクリック後、売り切れとなったこのデニム。ガンガンに履きつぶしてやるのだ。

piccolo

飼い主のマナー

20090823184423


家から駅までの道に、必ず糞が落ちている場所がある。裏通りに抜ける裏道みたいな所。道の真ん中に蠅だかりな物体が一滴。

お前にペットを飼う資格はない!

江ノ島

20090821165512

20090821165510

20090821165506


インフルエンザで棒に振った夏を、取り返すべく海へ向かう。

幸い晴れ間も垣間見れ、美味い魚に舌鼓。江ノ島island spaで癒されながら、生ビールで喉を鳴らす。

命の洗濯。
自分に必要不可欠な、水分補給みたいな物なのだ。

piccolo

髪を切った

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

エコ議員つうしんぼ

最近、好きな地『沖縄』で、珊瑚が生き埋めになってると言う事実を知った。
全く政治に興味がなかった。それではいけない事に気がついた。自分が出来る事、小さな事を一つずつ。大きな事は出来ないから。またもやKEN子さんのブログからコピペです。



□■□■ 転送・転載歓迎!□■□■

いよいよ総選挙です。
投票日は、8月30日(日)、不在者投票は8月19日~8月29日。
今回の選挙で、日本の森や川や海の運命は大きく左右されます。

たとえば、高尾山…
国交省は、秋には本格掘削をはじめるつもりのようです。
裁判は続いているけれど、このままでは間に合わない…

日本の公共事業は、裁判の結果が出るまでストップしてくれません。
それどころか、万が一わたしたちが勝っても
事情判決と言って、ここまで工事を進め、税金をつぎ込んだのだから
新たな公共性が生じたと言って、裁判には勝っても工事は止まらないなんてことも
あります。
まぁ、だからこそ国交省は、やみくもに工事を進めるわけです。
そうなると、もう政治的な決着しかありません。

高尾山を救うために動いてくれる候補者は誰?
マイカップやマイはし、エコバッグだけじゃ山は守れない。
マイ政治家になってくれる候補者は誰?
きっと、さまざまなエコの問題に取り組んでいる人が同じ気持ちなんだと思います。

だから、作りました!
「エコ議員つうしんぼ」!!
これまでのアンケートとちょっと違うのは、設問が法案になっていることです。
法案として国会に提出してくれますか?というアンケートを
全候補者に送りました!

高尾山トンネル問題、辺野古のジュゴン、八ッ場ダムなど公共事業による自然破壊から原発、自然エネルギー、住宅問題や特別会計などなど、
みんなが気になっていること、あったらいいなぁーという法案が25問。
あちこちのNGOやNPOをはじめ、エコに取り組む仲間たちの意見を聞きながら
作ったものなので、かなりつっこんだものになっていますよー
もう候補者は、「エコっぽい」ことを言ってごまかせません。

使い方は簡単!
たとえばわたしは、八王子なので東京24区をクリック。
候補者は3名。
その中で、民主党のあくつ幸彦さんが、高得点。
しかも高尾山を守るために動いてくれる♪
てな具合に、すぐわかるガイドが「エコ議員つうしんぼ」です。

選挙になると、みんな「地球に優しい」とか「環境に配慮して」とかって
やたら言ってるけど、本当?と思いますよね。
これまで投票に行かなかった人も、
「だって誰がいいのかわからないから…」というのがほとんど。
でも大丈夫!
エコ議員つうしんぼで、チェックすれば見分けられます。

大事なのは点数だけでなく、候補者たちのコメントです。
いろんなコメントがあって面白いですよ♪

ぜひぜひ、投票に行く前に「エコ議員つうしんぼ」を見てください。
自分の選挙区は、もちろんのこと、
気になる質問をチェックして、法案にしてくれたり、賛成してくれる候補者を
他の選挙区の人にも教えてあげて、一人でも多く当選させましょう。

今度の選挙は、環境に一票!という気持ちで
みんなが投票に行ってくれるといいな。

もちろん、選挙後も追いかけます!
当選のあかつきには、約束どおり動いてもらいます!
約束を守ってくれたかどうかをサイトにアップします。

ただいま、約400名(全候補者の三分の一)の候補者から回答が寄せられていますが、まだまだ回答は集まりそうです。
エコ議員つうしんぼチームが、がんばってアップ中。

エコ議員つうしんぼをチェック → http://giintsushinbo.com/

みんなの力で広めてくださーい!


●ブログやホームページを持っている人は
リンクやバナーをはってください!→ http://giintsushinbo.com/htm/framepage.html

●応援メッセージやご意見もどしどしお寄せください。

●ビラもあります(HPよりダウンロードもできます)。
まわりに配ってくれる人、欲しい枚数と送り先を坂田まで返信してください。

Macで沖縄のスライドショーを作成

約11分30秒。
You Tube からアップロードを拒否された。長過ぎた。
と言う事で二つに分けてのアップロードだが、調度一曲目、二曲目で、
八重山編、宮古島編と、分ける事が出来た。曲は全てMONGOL800の新しいアルバム『eight-hundreds』から使用。著作権侵害で削除される日は近いと思われる。

一曲目は『ターコイズ』で、八重山の風景が何ともゆるく心地よく入って来る。
モンパチ様ごめんなさいって感じです。





二曲目は『常夏』で、沖縄の事をコミカルに展開した曲。どちらも良い意味ゆるくて沖縄っぽい。常夏の「デージー ナナナ ナトンドー」は、「でーじ(大変)なとんどー(なってるよ)」と言う意味で、「沖縄では基地があってよ、でーじなってるさぁ(大変な事になってるよ)」と言う使い方をするらしい。





と、時間をかけて作成した動画だが、こうしてみると大した事ないなぁと感じてしまう。気合い入れて料理したのに、大して美味しくなかったみたいな感じにちょっとテンションダウン

やっぱセンスないって感じ。
今日は疲れたので、改めて動画を見ようと思う。

ん~
微妙な気持ちなのである。

piccolo

ゾンゲリア

ゾンゲリア [DVD]ゾンゲリア [DVD]
(2009/11/27)
ジェームズ・ファレンティーノ

商品詳細を見る



ゾンゲリアを見た。バイオハザード系が好物の自分は、この休みにひたすらそれ系のDVDを見まくっている。『ゾンゲリア』『悪魔の墓場』『ランド・オブ・ザ・デッド』等を鑑賞した。夏だね~って感じで、あの毒々しい映像を立て続けに見たのだった。

その中でも『ゾンゲリア』は初めて見て、なかなか斬新なゾンビ映画だったと感じたのだった。どれもバイオハザードや、超音波で死体が蘇ると言う設定だったが、このゾンゲリアは、誰がゾンビなのか最初解らない。見て行くうちに、結末は読めてしまうんだけど、ゾンビの出来具合いに賛否両論ありそうな感じだが、何の依存心もないので自分は賛成の票を投じる。

まあ最初はエゲツナく人が人を殺して行く。焼死、溺死、打撃死、拷問のオンパレードで殺人は行われて行く。やがてその殺人は、ゾンビによる物だと解ってくる。そしてそのゾンビとして死体を蘇らせているのは?この事件を追うダンは解決出来るのか?

意外な結末で物語は締めくくられるのだった。

モンゴル800横浜BLITZ

20090806003040
20090806003038

20090806003035


新潟、渋谷に続いて、今年三回目のモンパチライブ。その場所、場所で、色々な空気があるんだと改めて感じた。

やっぱり彼らは最高で、アットホームな空気の中、聞き入り、踊り、暴れた二時間だった。チケットを譲って下さった方に感謝したい。

なんと整理番号40番台と言う奇跡的なチケット。入場すると、最前列がガラ空きではないか。これは前を陣取らなくてはと、最前列に列ぶが、どうもしっくりこない。おそらく上を見上げ続けるのが困難だと予想したのと、こんなに近い距離で彼らを見るのが、なんかこっぱずかしく感じ、ワシの特等席であるキヨサク側、後ろの一つ上の最前列を確保した。

その後の開演までの一時間は、一人と言う事もあり、ビールを買いに行くことも出来ずに結構苦痛だった。しかし、人が埋まっていく光景を見ていると、何となく前職を思い出したりして、それはそれで楽しいのだった。

前にはなんの障害物はなく、ステージを全て見渡せる。暗転し、登場するモンパチ。昨日以上に叫び声をあげて、彼らの登場に歓喜する。サッシーのきっかけであの曲からライブはスタートした。

セットリストが若干変わっていた。ここでアンコールだった曲を持ってきたと言うことは…?
アンコールにどの曲を入れ込んでくるのか楽しみにしながら、変更されたセトリを楽しむ。本当にあっと言う間に時は流れる。神様~I'ii be が終わると、あとは怒濤の如く時は流れる。この聞かせる時間が大好きで、今日もたっぷり聞き入ってきました。

過去二曲を立て続けにやって、『Happy end』でいったん終了。この曲大好き!ドラム始まりでテンション煽られるし、後半の崇のソロが、なんと言ってもいいのである。

アンコール…
会場の「ホルモンやって」コールに、崇がホルモン食べたいなら帰りに食って帰ればいいさ。って掛け合いがウケた。崇側はダイバーが沢山いて凄かった。逆にキヨサク側は、モッシュが多くて、最後竜巻みたいになってた。やっぱり後ろにいて良かったと、冷静な自分かいたり…
でも、でも、やっぱり楽しいモンパチライブ。自分に必要不可欠な抗生物質みたいな物で、たっぷり依存しまくっている。

アンコールの二曲目は、messageからの楽曲だった。これもノった。そのまま蛍の光で終演。

あ~明日も行きたくなるね。でも、現実をしっかり生きなきゃ。気持ちを仕事に切り替えつつ、次のモンパチを想う。

予定では、10月読谷の島フェスが一番近い参加。でも我慢出来るかなぁ?

最後に、チケットを譲って下さったおかぼちゃんさんに心から感謝します。ありがとうございました。


piccolo

LUMIX DMC FT-1 沖縄の海を編集

まとめてあったLUMIX DMC FT-1の動画をFinal Cutで編集した。編集と言っても音楽をかぶせただけだが、この作業がまあ重たい事。何をしても直ぐにレンダリング作業が必要になり、意外に大変だった。一番悲しかったのは、せっかくのLUMIX DMC FT-1のHD動画がFinal Cutでは
扱えないってこと。悲しい限りでございます。で、結局編集した物を小分けに四本にし、MP4に小さくしてアップロード。あの奇麗な動画が、こんなにザラザラな映像になってしまう事が悲しい....

全部で40分弱。10分ずつ四本にまとめた。

一本目



二本目



三本目




四本目



piccolo

マックシェイクのヨーグルト味

20090803231519
心から復活願う。

iPodtouchのイヤホン

20090802222653


これで二本目だ。touchに買い換えて、快適に使えているのだが、定期的に訪れるイヤホンの故障。写真の部分がポケットの中で何度も折れ曲がるのだと思われ、数ヶ月で断線してしまうのだ。

今、右側が聴こえたり、聴こえなかったりするので、間もなくこのイヤホンも逝ってしまう予感。純正のイヤホンを使用していたが、前に使っていたSONYの千円イヤホンよりも格別に音が良かっただけに残念だ。

apple純正のイヤホンって、いくらするんだろう?安くて良いイヤホンがあったら教えて下さい。あと、丈夫な奴も。

piccolo

第24回神奈川新聞主催花火大会



二年ぶりのこの大会、今年は臨港パーク内で見た。赤レンガや、ワールドポータースの駐車場での観覧が多かったが、今年は気張った。

しかしこの大会も有名になった気がする。臨港パークに入場規制とは。10年以上見続けた大会は、以前平日行われる数少ない花火大会で、婚礼の仕事をする自分にはもってこいの大会だった。

介護に転職してからは、希望休等を出して見に来た。今はそれほど平日に拘らなくなったものの、海で行われる花火大会、アクセス条件、それ程混まない感が、この大会に足を運ぶ理由だったが、土曜日と言う事もあってか物凄い人出で殺伐としていた。花火が打ち上がる前は、あちこちで暴動が起きていた。

始まってしまえばなんのその。夏の夜空を染める海上祭は、人の心を奪うには十分な魅力があった。誰もが夏の夜空に染まる色とりどりの花火に酔いしれていた。






piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク