今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

03月≪ 04月≫05月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

マナー

マナーの悪さに年齢や性別は関係ない。電車やエレベーターから降りる人がいれば、道をあけるのがマナーだと思う。

今日、自分がエレベーターから降りる時、女子高生がガンをくれてきた。ワシがエレベーターから降りる時、横一列に並んでいたが、ワシが強行突破したからだろう。

普通の生徒っぽかったが、マナーの悪さに年齢や性別は関係ない。そう感じた。集団で強がるな!譲り合いが大切だ。


スポンサーサイト

胃の具合

20090425235742
20090425235738
今日はベローチェで伊坂孝太郎を読む。雨が激しくて、受診の予定がなければ外に出なかっただろう。

さて、胃の具合だが、相変わらず薬で落ち着いている。胃には全く問題ないと太鼓判を押された。しかし、胃はおかしい。昔ならばなんの病名もつけられない病だったが、今はストレス性機能症と言うらしい。


解りやすいのは、登校拒否やら、出社拒否の症状。休みは症状がないのに、その環境に行こうとすると痛みが出たり、不快になったりする症状。

自分は人間関係と夜勤で出る。薬が切れ、やや痛みと緊張感が復活しているので、まだ投薬治療は続くと思われ。

piccolo

コルテオ

20090425130833


半年前に予約してあったコルテオ。4月24日に見てきた。

もともとショービジネス的な物が好きだ。水族館のイルカショーから、ディズニーランドのショー、マッスルミュージカルに、このアレグリアシリーズ。夢と感動を与えてくれるショーが大好きだ。

毎回クオリティーの高いショーを見せてくれるアレグリアシリーズ。今回のコルテオは、舞台を真ん中に、360度にパフォーマンスが行われる。一体どんなパフォーマンスが待っているのか?

ストーリーは、主人公のマルロが、自分の葬式の夢を見る。実際に死んだ訳ではないので、見ることも動く事も出来る。彼は自分の葬式に参加しながら、我々を未知の世界へ案内してくれる。その一部、一部のパフォーマンスに酔いしれる。

やがてマルロは、現実の世界へ帰って行く。自転車で宙を飛びながら。舞台はフィナーレを迎える。


高校時代、体操部だった。自分がシナリオを書き、演舞を行った事もあった。きっと、こう言ったショービジネスを思い描いていたのだろう。しかし、照明、音響、演出になんの工夫も出来ずに終わる。そんな思いが、前職であるブライダルの演出業務に就かせた理由かもしれない。

今は一歩踏み出して、老人福祉を仕事にしているが、夢はここにあったことを思い出す。体が動いた時は、やはり演技をする人を夢見て、プロデュースすれば総合演出に興味が湧き、こう言った物に触れる度に若かりし頃の夢を思い出す。

それから20年以上経ち、音響も照明も、何もかもが進歩しているように思えた。凄い。一晩経っても興奮覚めやらぬ自分がいる。

コルテオのステージ、BGMは全て生歌に生演奏だ。しかしオケを流しているかのような、完璧な演奏。バンドだけでも世界を回れるような完成度。スパニッシュにケルティックなサウンド。ドラマーが奏でるリズムに、スネアーの音が心地いい。

DVDでも見れるかもしれないが、是非会場に足を運んで欲しい。そして自分が味わった感動をあなたにも感じて頂きたい。ショーは生でなければ。あの臨場感、パフォーマーの息づかい、緊張感は、生でなければ味わえない。コルテオの回し者ではないが、約二時間、同じ時間の経過を感じるなら、こんなに素敵な時間の経過はない。この時間に払う一万円ちょっとのお金は、決して高くないと思う。

改めて、ステージ関係者、パフォーマーの皆さんに拍手を送りたい。いつもあなた方に、スタンディングオベーションの拍手を送り続けている。


piccolo

桜明祭



明大前で、桜明祭なる物を見学。
こんな形、凄く素敵だと思った。

いいね、青春だね。
真剣に一つの事に取り組む姿に共感。


今日の〆

20090419225511
家に帰ってから、先ほど買ったタリを茹でる。バジルソースで絡めて、ドイツワインと、オリーブの塩漬けで締めくくり。

食って、飲んで、休日を過ごす。
きっと胃の具合は、大丈夫と思われ。

休日を高円寺で過ごす(後半は中野で)

20090419225630
20090419225628
タコスを食った後は買い物に明け暮れたものの、やっぱり食いに走るワシ。中野に戻って『うろこ』と言ういつも気になっていた店で焼き物を堪能。

休日を高円寺で過ごす

20090419191004
20090419191002
軽く飯と言う事で、タコス屋に入る。ワカモーレとタコスでメキシコビールを堪能。

のんでばっかり…

休日を高円寺で過ごす

20090419190038
20090419190035
今日は高円寺でのんびり過ごす。イタリアンの食材を買い、コロナをラッパ飲みする。早速高円寺にやられてしまうのだ。

LUMIX FT-1を片手に散歩

最近気持ちも晴れて来て、胃の調子もかなり良くなって来た。天気も良いと言う事で、一日何をしようか迷いながら取り敢えず外に出てみる。

考えてみると外に出る事が少なくなった。理由は間違えなくMacとの出会いであろう。部屋にこもってパソコンの前に座っているなんて事は20代の時には考えられなかった事だ。しかし、Macを買ってからは、今で言うブログ作成をし、画像処理をし、今では動画作成と言う趣味に没頭する毎日。考えてみると、mixiや無料ブログで日記を書く前からホームページ作成ソフトでサイトを立ち上げていた。Macに出会って、そう言う理由から引きこもり生活が始まる。

とは言え時間になるとジムのスタジオレッスンに行ったり、時間で動けていたのが三十路前。今は完全に腰が重く、根っこが生えて一日中Macの前にいると言う事が少なくない。何をする訳でもなくMacを眺めている。今日と言う陽気は、そんな引きこもりをバッと脱ぎ捨てさせてくれるような感じだった。何はともあれ外に繰り出す自分がいる。

さて、
何をしようか迷いながら駅に向かうと、既に葉桜になった今年の『LIFE』の桜を撮影。

lifeの桜

去年はここの桜の成長をスライドにしたんだ。



今年は体調を崩したこともあり、そんなモチベーションもなかった。

取り敢えず新宿へ向かい、オープンカフェみたいな場所で読書したいと思い、伊坂幸太郎片手に『イタリア酒場300』と言う店に向かう。

イタリア酒場縦

ここは良いワインがグラスで300円から飲める。樽生も、キリンのハートランドとブラウマイスターが飲めた。今日行ったらハートランドが一番搾りに切り替わっていたのが残念。

ランチはムール貝のワイン風味のパスタを選択。

パスタ

白ワインを頼んだ後、濃いめの赤ワインを注文。伊坂幸太郎を読みながら、ワインと料理を楽しむ自分がいる。

このまま映画にでも行こうと思ったが、陽気がいいので映画を見るのは勿体ないと散歩を決意。ぶらぶら歩いて、中野にたどり着く。なぜか制作意欲が涌き、動画何ぞを作成しようと、以前からテロップの練習の使用と思っていた事もありマニュアル本を購入。
本

現在チマチマテロップなんぞを作っている。

京都珍道中

その割に上手く行かずに、所要時間10分のテロップに何時間もかかっている始末。どんな物が出来上がっても、今日のテンションだったら落ちる事は無いかも。今だって凄く簡単な作業に沢山時間がかかっていても、焦りが無い事から体調は良いと判断出来そうだ。

葉庭


散歩のついでに寄った葉庭の中野店で、高円寺に居たお姉さんが異動して来ているのを知り、ついつい通ってしまいそうな予感。Tシャツラリーなんぞを展開しているようで、この夏泥棒日記のTシャツと、備中倉敷工房『倉』のデニムで過ごす事が多そう。

何はともあれ、良い一日だったのである。

piccolo


*画像は全てLUMIX FT-1の画像である。ブログに載せるには大きかったので、640×480に小さくレタッチした物を載せた。サムネイルをクリックすると640×480のサイズにリンクされる。(はずである)

ハリセンボン

20090317165058.jpg


話題の人だ。
たまたま電車内の広告で、面白い宣伝だなぁと思い撮った写メだったが、まさかこんな事になろうとは...

結核に対する正しい知識を持っていないだけに、パニックは避けられないんだろうなぁ。
人間知らない事には臆病だ。決して人事ではないのかもしれない。箕輪はるかさんが早くお元気になる事をお祈りします。

間に合った桜

20090412120932
体調が思わしくなく、あまり綺麗に感じなかった2009年の桜だが、やっとこさ美しいと感じる事が出来た。

俺の体、五年ぶりにヤバいかも。しかしこうして美しい物を美しく感じる事に安堵する。

piccolo

LUMIX FT-1で撮影してみた

LUMIX FT-1で撮ったムービーを編集してみる。
ごちらを参照し
、MTSと言う拡張子を一度
HandBrakeicon.jpg
HandBrakeと言うfreewareソフトでMP4に変換し、iMovie上で編集すると言う方法を知った。

ワシは、MP4に変換したファイルを再度DVファイルに返還してFinal Cutで編集してみようと思う。

しかしファイルの変換に時間のかかる事かかる事。
およそ三分のMTSムービーが、三倍の10分弱の時間を要する。
そこでMP4にした物を更にQuick Time 変換をかけDVファイルへ。
これでファイナルカットへ読み込む事が出来た。
このやり方で良いのかどうかは手探りで、良いじゃん読み込めたんだからと言う所で作業を開始した。

しかし編集をスタートさせるまでに五時間?
かかりすぎだろう。
これが本気で撮って来た沖縄のムービーとかだったら、何日かけて取り込まなくちゃならないんだろう。

やっぱり動画作成は大変な作業だと実感する。
さあ、編集を始めようね。

piccolo

備中倉敷工房 『倉』24289 和柄切替ストレートパンツ

20090406112752

20090406112756



20090406112759


自分でも呆れるが、凝り性だ。欲しかった二本をついに手にした。制覇した満足感と、出費がかさむ不安感が交互に自分を揺さぶってくる。

これで『倉』デニムの欲求は落ち着くと思われる。24289のダメージ感と、ふんだんに使われている和柄、ハードウォッシュに並んで持っておきたい一本だった。

お台場で見つけて、生の『倉』を試着してしまったのがいけなかった。30インチがドンピシャで、タイトに履きたくて28インチを選択。サイズがある店を捜した。

ブルーファームさんを見つけ、合わなければサイズ変更が可能と、心強いアフターサービスを申し出てくれ、購入を決意。履いてみるとハードウォッシュほどピッタリではないが、体に絡みつくようなフィット感があり、28インチの選択に満足気だ。交換せずにイケそうだ。

ワシにしては珍しく、しばらく封印してみる。何時おろすかは、今のところ未定だ。まるでコレクターのように、毎日眺めてムフムフしようと思う。

piccolo

夜桜

20090404215439

20090404215436

20090404215433


今年の桜は、遅咲きのようだ。綺麗に咲き始めた桜を、今年は心なしか堪能する事に億劫だ。

今日も外出する事を躊躇したが、こうして思い切って外に飛び出してみると、テレビや雑誌、インターネットからは感じる事の出来ない生の風景が広がっている。

胃の調子もしかり、心の調子もしかり、今年の春はどこか憂鬱な自分がいるが、こうして季節の移り変わりに生命の尊さ、強さを感じずにはいられないのである。

piccolo

今月の散髪

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

縄文の湯に物申す

肩ひじつけて「いらっしゃいませ」って、いったいどんな接客指導しているのか?

若い女性店員が、関口宏ばりに肩ひじついて、こう言い放った。「いらっしゃいませ。」それは、いらっしゃいの態度ではない。人を上から威嚇する態度である。

それじゃ、駄目だ。

風呂上がりにも食堂の女性店員が、おしぼりをまとめて投げ置く仕草が見受けられ、益々失望してしまう。サービスの仕事をしていた相方は、特に厳しい。気持ちのいいサービスをしているお店は、何度も行きたがるが、美味しかったり気持ちよかったり、ハードが良くてもサービスが悪い店には二度と行きたがらない。

縄文の湯は、去年2008年の八月に、従兄弟の主催したバーベキューの帰りに立ち寄って以来ファンの温泉だった。しかし、昨日の店員の態度を見ると、とても残念に思う。サービスの質が下がったのが明らかだったからである。

客に、肩ひじついて仕事をしている事を見られて「ヤバい」と思うならまだしも、肩ひじついたまま「いらっしゃいませ」ってね。失礼な格好で仕事をしている事を自覚していない。それを指導する教育者もいない。せっかくの温泉施設が台無しだ。

食堂の店員もしかりである。新人の男性店員がぎこちない雰囲気で、おしぼりとお冷や、お箸を運んでくるのを見かねて、いかにも仕事はもっとてきぱきと的な空気を放っていた。そこで我々に行ったサービスが先ほど述べたおしぼりを我々の前に置いて行くのではなく、まとめてテーブルの上に投げて行くのを見て、OJTもなっていない。と悪循環を実感した。

悪循環が軌道に乗る前に、根本の根をとりさらってもらう事を期待したい。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク