今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

11月≪ 12月≫01月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2連休堪能中

20081229162719
昨日、今日と、連休だ。既に気持ちは正月休みに突入している。あくまで、気持ちの話だが。今年も残すところあと二日だ。最後のお勤めは夜勤だが、何事もなく終わってくれるよう祈る。そして、一つ一つ丁寧にこなしたい。明けは大晦日。介護職に転職し、初めてのゆっくりとした正月。いつもは大晦日に夜勤が多かったが、去年からまのがれている。

連休を堪能しながら、2008年を噛み締める。沖縄に始まり、沖縄で終わった年だった。宮古島、沖縄本島、石垣島。モンパチを五回も見た、モンパチづいた年でもあった。那須に初上陸の名古屋も思い出深い。

来年はモンゴル800がnewアルバムを発表するにあたり、全国ツアーが行われる。彼らを追いかけながら、行った事のない地を旅しようと思っている。

来年がいい年でありますよう…

piccolo
スポンサーサイト

なんとか続くヘアカットネタ

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

宮崎あおいちゃん発見

20081225161848
新宿を徘徊していると、ドドーンとあおいちゃんが。

少年メリケンサックのポスターだが、チュッパチャップスを頬張るあおいちゃんが可愛い。この顰めっ面、おっさんにはたまりませんなぁ。

piccolo

Xmasイブはダークナイト

20081225134037
相方にiPodをプレゼントされ、何かお礼をと新宿を巡る。プレゼントは改めて送るとして、何かXmasを楽しめる料理と酒って事で、ハーブス(あってる?)のケーキを購入。予想通り激混みで、30分程待たされた。その間iPodtouchで八重山ムービーを楽しむ。気づけばアッと言う間に順番がまわってきた。あとはカクヤスでシャンパンを買おうと寄るが、お目当てのアスティースプマンテが売り切れで、店長一押しのガロと言うスペインのスパークリングワインを購入。かなり奮発して高価な物を買ったが、あまり盛り上がらずに夕食は始まり、酒が禁止な相方は一口でギブアップ。そのままフルボトルを飲み続けたワシは、良い感じで酔いがま
わる。

映画でも見ようかと、相方が借りてきたダークナイトを見る。のっけから面白く、ジョーカーのキレ具合にのめり込んだ。しかしワシも相方も朝が早かった事から、傾眠開始で一度見るのを諦める。

リッピングしてMacに保存しておこうとしたが、Mac the lipperが反応しない。リッピングできなかったのは初めてだった。その後、再び鑑賞を開始したが、10秒で落ちた。

仕方なく、途中まで見たダークナイトはレンタル店へ返却されるのである。2008年のXmas、色々考え、飲み食いした割にはダークナイトであった。

piccolo

iPod touchを使ってみた

20081224010431
すげー!
iPodで動画が見られる。まだ怖くていじれないけど、多機能マシーンなのは間違いない。

薄い。小さい。この中にどれだけ複雑な仕掛けがなされているのやら…
エンジニアの皆様、ありがとうございます。そして、お疲れ様でございます。

piccolo

iPod touch

20081223211030
20081223211027
20081223211024
一足早いクリスマスプレゼントを頂いた。ワシがnanoかtouchかで悩んでいるのを見かねてtouchを買ってくれた相方。こんなに高価なクリスマスプレゼントは、生涯の中で初めてである。

相方は、これくらいは高価でないと言う。訳がわからん。誕生日プレゼントや、クリスマスプレゼントに、何万円もかける人を初めてみた。今までにない感覚に戸惑う自分がいる。申し訳ない気持ちと裏腹に、テンションはMAX。だってtouchですよ、あんた。今持ってるのは、2004年の12月にapplestoreで抽選に当たったiPod photo。四年間使った品で、歩きながら聞く事が出来ない。揺らすとフリーズする。FM電波で車内で聴く分には問題ないが、動きながら聴けない不具合があった。それを解消するだけでも価値ありなのに、動画が見られて、しかもtouchだ。

じわじわと開封し、箱を開ける。

ムフフ

MONGOL 800 ga LIVE 3 赤坂BLITZ

20081219220713
終わった。いきなりネタバレ。

リップスライムが来た。
すげー良かった。

盲点

20081218123422
昨日、家のブレーカーが飛んだ。加湿器と電子レンジで飛んだ。今までにない事だ。24インチのディスプレイになったiMac、以外に電気を食う事を発見。作業中は注意が必要である。

iMacでか!

20081214150702
iMacをラックに置いてみました。

箱からiMacを出します

20081214135858
20081214135856
まずはキーボード類を取り出すと、居ました。居ました。iMac。

箱を開けていよいよお目見えです。ファーストアプローチ、これからどうぞ宜しく。

いよいよiMac

20081214135822
24インチのディスプレイのわりに、箱は以外とコンパクト。

外付けハードディスク

20081214133256
120ギガ2個、320ギガ一個、80ギガ一個、1テラ一個、合計五個の外付けハードディスク。

ラック整理は一向に進まず…

パソコンラック整理中

20081214123906
20081214123900
iMacが来た。只今ラック整理中。しかしながらUSBコードだらけで嫌になる。何をどう整理したらいいのかパニック中。

ついにiMac

およそ1ヶ月。悩みぬいた末に、iMacを購入する事を決定。ボーナスと貯金をあれこれ工面しながら、色々な方法を思案中。クレジットでも、ソフマップは金利なしだし、ビックカメラはポイントを20%還元だし、iMac自体の購入は決めたものの、付加価値で悩んでいる。ポイントがついて、できればクレジットで、金利がない物を明日以降探そうと思っている。


冴えねえ

20081211221719
毎日、毎日、冴えない日々が続く。自分はサラリーマンだとつくづく思う。それでも自由にやらせて貰っていると思うが、やっぱり上が黒い物を白と言えば白と、同調せねばならない。そんなパワーハラスメントの中、いかに自由でいられるか。どうせ釈迦の手のひらの中、楽しく悪あがきたい。

しかし、それが虚しいと知らしめられる真実の瞬間に落ちる。今日は、明治時代のキリンラガーで、疲れを癒すのだ。

piccolo

MONGOL800 ga LIVE 3

20081209235950
今日チケットが届いた。行くよ~赤坂、恵比寿。赤坂BLITZ、リキッドルーム。新曲を引っ提げてモンパチがやってくる。今から興奮を抑える事が出来ない。今年はモンパチづいている。6月の名古屋に始まり、お台場、沖縄のピースフル、そしてこのツアー二本立て。大好きだ、モンパチ。またワシに元気をおくれ。

piccolo

スタバでホタルの光

080305-102607.jpg

こないだスタバで読書をしていた時に、摩訶不思議な親子に出くわした。読んでいたのは桜庭一樹のゴシック2。座っていたのは二階の奥の席。ソファー席が三つあって、その真ん中に陣取ったのだが、店は満席で入れ替わり立ち替わり客が変わる。そんな中、自分はマイペースに読書を進ませる。桜庭一樹.... 『私の男』『ピンク』で幻滅したが、過去の作品はやはり面白かった。

店に入ってから一時間半程経過した時、左隣の大学生らしき二人組が帰った。時折「Oh my god!」と、発する彼女たちは何やら音楽の構成を考えているようだった。このフレーズをどれくらい使うか、この曲を使ったらお気に入りのこの曲は浮かないか?等、ヘッドフォンを片手に語っているのを聞き、少し興味がわいた。桜庭一樹を読みながら、どうしても周りの人間観察に意識が向く。

彼女たちがいた席が空くと、徐に鞄を投げつける女の子が一人.... 本から顔を上げて彼女を見ると、普通の顔だがどこか狂気に満ちた空気を放っている。今までいたらしい席には、母親らしき人物の姿があった。おそらくソファー席が空いたために異動をして来たと思われたが、どこか雰囲気がおかしい。母親は落胆し、前の席から異動しようとしない。娘らしき狂気に満ちた女の子は、店員に何やらクレームをつけている。店員は、「かしこまりました」(と聞こえた)と発し、一階へ消えて行った。恐る恐る母親がワシの隣の席にやってくる。見つめあうface to face。しかし会話は無い。空気だけが目まぐるしく交差している。発したのは女の子だった。

娘:「あんたさ、どうしていつもそうなの?あんたの何もかもがむかつくんだけど。」

母:「ママだって一生懸命やってるわ....」

娘:
「はっ?何がどう一生懸命なの?あんたはいつもそう。そうやって逃げてばかり。何がどう一生懸命なの?一生懸命、一生懸命って、同じ言葉並べれば良いってもんじゃないの。私の為に何をしてくれているのか、私の為に何を捧げてくれているのか、私の為に何を犠牲にしてくれているのか?ほらね、なにもしてないじゃない。だからあんたは駄目なの。いつもいつも口ばっかりで、何もしていない。私を大事に思ていない証拠でしょ。思っているならば、もっと幸せを感じさせてくれなければ駄目。形ばかり飾ったって駄目。具体的な形が見えないとだめ。あなたは....」

piccoloの心の声:
「この異常なまくしたて方、渡る世間は鬼ばかりばりの長台詞、絶対おかしい。」

徐に帽子をかぶりだす母。

piccoloの心の声:
「母、キレて帰るか....」

またもや二人の間に会話が無くなる。そしてスタバの店員がマグを持って「申し訳ありませんでした」とやって来る。

娘:「ありがとう」と笑顔。

再び母親に猛攻撃開始。

娘:「何帽子かぶってんの?」「逃げたい訳?」

母:「....」
娘:「悪いけど飲み終わるまで帰れないから.あんたそう言う運命だから」

母:「....」

母親が唐突にアクションをとる。なにやら紙袋をゴソゴソとやり始める。何かを取り出そうとしているように感じた。

piccoloの心の声:
「ヤベ。凶器か?」

一心不乱に紙袋を探す母。桜庭一樹どころではない。今まさに殺人事件が起こるかもしれない場所に居合わせているのだ。とても迷惑な感じが自分を襲う。早くその場を立ち去りたかったが、自分がアクションを起こした瞬間に、ターゲットがワシに向きそうな感じもし、桜庭一樹を読むフリをしながら、全神経はこの親子に向いていた.気がついているのはワシと店員の二名のみだと思われ、トラブルに巻き込まれるのだけは勘弁と、この親子の動向を見守った。

母:「はいこれ」

何やらプレゼントを渡す母。

娘:「超可愛い」「これ、うちの物置にちょうど良くない?色とかも最高だし、このイケてない感があんたらしくて良いし」

感謝の気持ちをぶちまける娘.それは本当に嬉しそうなのだが、出て来る言葉が、どことなく滑稽で、喜んでいるのか嫌味を言っているのか理解出来なかった。しかし、二人の間はハッピーな物になり、今度は和気あいあいな空気に包まれだした。とにかくでかい声で話し合う親子、再び桜庭一樹に目を向けるが一向に集中出来ない。「帽子をかぶるから帰りたいのかと思ったわよ。」「バカね、あなたを置いて帰る訳ないじゃない」殺人事件が未遂で終わったワシの隣では、今度は大声で親子の話が展開されて行った。

今までジャズアレンジのクリスマスソングがかかっていた店内。何やら寂しげなメロディーが流れた。ジャズアレンジではあったが、間違えなく『ホタルの光』だった。その曲が1コーラス流れると、再びクリスマスソングになって行った。

あまりにギャップのある選曲だったが、しばらくは何も感じなかった。しかし、マイナス思考のワシは、長居している事への店からのバッシングかと思い、読書を止めて帰ろうかと思った。しかしよく考えたら、読書しているだけで店に迷惑をかけている訳ではない。店から嫌われているのかと自分を疑ったが、もしかするとワシの隣の親子みたいにクレーマーがいる事を共有する為に業務連絡としてホタルの光を流したのではないか?と思うようになった。ほんの一瞬だった。1コーラスだけホタルの光... これが何を意味するのであるかははっきりしないが、スタバでの読書はこの親子のせいで全く進まなかった。調度、物語の主人公一弥がヴィクトリカを守る為にハーマイニアの一撃を辛うじて避ける場面で、母が娘に、「今、あなたの後ろから黄色い変な物が見えたわよ。」そう問いかける.娘は「何?天使かしら。」そう答える。怒りを抑えながら物語を読み進めていると、娘から黄色いハエが飛び出し、ワシの顔を霞めて行った。ワシは思わず表情を変え、恐怖を顔に出してしまった。すると、今まで距離のあったワシと、この親子の間が少し縮まり、親子の会話にワシが登場するようになった。もう死んでくれ。

「可愛くない?」

おい娘、いい加減死んでくれ。
そう思いながらも全神経は、この親子を捉えている。ランドリーのTシャツと、ピアスアレンジの事をさしているらしかった。もちろんワシの事ではない。可愛い話から、美容整形の話になって行った。おそらくトラガスに空いたピアスを見て、レーザー治療の話にスイッチしていた為だと思われる.親子の会話からワシが消えた。ホッとし、スタバを後にしようとした瞬間、娘の電話に通電。仕事の話だと思われるが、大声で電話する彼女の空気がまた変わった。恐ろしく短い時間で空気を変える子だと思いながらスタバを後にした。意識が他に移ったタイミングで、気付かれずにこの親子から去りたかったのだ。空気が変わった娘を見た母は、再び帽子をかぶり帰宅するアクションを起こしていた。この親子を尻目に、自分にこう言う苦労がない事を幸せに思うのだった。

この親子とスタバのホタルの光...
真実は解らないまま、ワシは妄想にふける。

久々に Text on a Mac

piccolo

利用者からの暴行

20081209000633
20081209000628
夜勤だった。モーニングケアで、以前と同じ利用者から暴行を受けた。暴行を受けるのは仕方がないと思う。相手は病気なのだから。しかし、受けたこちらはまともな訳で、暴行を受けたショックや恐怖、怒り等は忘れるまでに時間を要する。傷を見る度に憂鬱な気持ちになる。

これが逆ならば、モンスターファミリーの怒りが容易に想像できる。お前達は傷ついて当たり前。金を払ってやってるだけありがたいと思え。どうせ他に仕事がないのだろう。せめて、うちの親の介護をしろ。

やはり、金持ちの心理が理解出来ない。お高いブルジョワ野郎達。確かに介護をして報酬を得ているが、お前達から直接貰う訳ではない。うちの親を介護するのに傷ついて当たり前と言えてしまうアホどもに付き合いきれん。

加害者が、被害者になると、もっと面等な事になる。普通、理不尽な暴力を受けたら反撃されるぞ。それを一生懸命我慢して介護する。見返りを要求したことはないが、あまりに見下し過ぎているだろう。自分で介護出来ないくせに、金と口しか出さないモンスターファミリーに、傷を見る度に怒りがこみ上げる。

全ての利用者、その家族がモンスターな訳ではないが、数組のモンスターの相乗効果で、長いものに巻かれてしまう。

この傷は、それと闘う証。もしくは、虐待の前触れ。しかし、これが日常。今日も、何事もなかったように職場を後にする。色々な複雑な気持ちを持ちながら…

piccolo

special thanks!!

20081205230306
遅ればせながら、本日購入!モンパチnewマキシシングル。しっとりかと思いきや、カントリーのsnow white。徐々にしっとりな構成で、ついつい聞き入る。ありがとうモンパチ、ありがとう沖縄。

沖縄から、一足早いクリスマスが届きました。

piccolo

茶房・菜の花

20081205170245
20081205170243
箱根旅行最終アプローチとなった。最後はカフェでまったりと。一階で箱根のお月さまを買い、二階の茶房・菜の花でおしるこを堪能。そば、おはぎ、生ビール、おしること、一日中食っていた。またもや食いしん坊ツアーとなってしまった。帰りのロマンスカーでも飲むんじゃろ?

いやー箱根の湯はなかなかの日帰り温泉だった。ちょうどバスを降りると雨が降り出した。バス停から2~3分のところに温泉があった。ワシらが温泉に着いた途端に、滝のような雨。稲光がしたと思ったら、爆弾が爆発したのかと思うくらいの雷!危なく雨にやられるところだった。間一髪土砂降りを避けられ、ルンルンに露天風呂を堪能。雷にビビりながら、打たせ湯で肩こりをほぐす。

湯上がりの生ビール。これがなんと350円。今どきないぞ、この安さ。しかし、飲んで納得発泡酒。炭酸ばっかが喉に絡みつくあの感じが、なるほど安い訳ねと独り頷く自分がいる。

さあ、帰りの電車を待ちながら、ゆっくりと明日からの仕事に気持ちを向ける。

ドーンと憂鬱に襲われる。いや、まだ明日の事を考えるのは止めよう。

piccolo

あんの茶屋

20081205154635
20081205154633
まあ元気なお父さんが、独りで切り盛りする店だった。情報誌の通りのおはぎの美味さ、でかさ自慢の良い茶屋だ。箱根旧街道は、やはり登山のメッカ。どこも歩いていないことを主人に告げると、いきなり説教。なんだか、一筋縄ではいかない店のようだった。

おはぎも抹茶も、750円とは思えぬ美味さで、静かな店内もgood。主人のお喋りは賛否両論な気がした。

ここで得た情報から、次の地を箱根の湯に決めるのだった。
piccolo

深生そば

20081205154435
元箱根にある蕎麦屋さんで、せいろ蕎麦を頂く。蕎麦を楽しみにしていたわりに、あまり美味しくなくて残念。蕎麦は細く、色は白め。朝、ホテルで食べた蕎麦が美味かっただけに、専門店なのに残念だ。インパクトが薄い印象をぬぐい去れないまま、お茶をするために次の地を目指す。

箱根関所

20081205154416
資料館には寄らずに、旧街道杉並木を通る。

2日目出発

20081205113020
ホテルを後にして、芦ノ湖へ向かう。

ホテルグリーンプラザ箱根

20081205112836
20081205112834
20081205112830
初めてのホテルだが、なかなか良い(*^o^*)
サービスも、食事も、風呂も。今日は、定番の食事に鯛のお造りに、鰺のたたきを追加。一日中飲んだくれた駄目押しで、夕食のラガーが美味すぎる。疲れを癒し、早々に就寝する。

piccolo

大涌谷

20081204173511
落差130メートルの大パノラマの中、大涌谷に到着。黒たまごは食べなかったが、頂上まで行きこの地を堪能。

田むら銀かつ亭

20081204143512
20081204143509
一時間ほど待ってから、田むら銀かつ亭の豆腐のカツ丼を頂く。感想は、カツ丼はカツ丼、豆腐は豆腐で頂きたい。

しょうががアクセントになった、豚の生姜焼きのような味付けで、上品に仕上がっている。

でも、一度食べたらもういいや。豆腐だけ食べたい一品だった。

本館と別館があるが、何を理由に区別されるか解らない。本館は生ビールが飲めるのに、別館はない。客にランクづけされているようで不愉快だった。

強羅到着

20081204132108
紅葉の中、およそ40分間電車に揺られる。そして強羅駅に到着。

現在、田むら銀かつ亭にて豆腐のかつを食べる如く待ち忍んでいる。

piccolo

箱根湯本到着

20081204115036
少し遅れて湯本到着!
強羅を目指し、登山鉄道に乗る。

Go to HAKONE

20081204102430
20081204102427
最近益々体が疲れやすくなっている。タフな奴が羨ましい。しかし37歳、まだまだフットワークは軽い(つもりだが…)

心の静養と言う理由で、今日、明日と、希望休をとっている。前々から予定していた箱根へ。

少し遅い紅葉と、温泉、アワビの踊り焼きを堪能するのだ。

piccolo

HOME  →次ページ

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク