今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

後期高齢者医療制度のせい?

久々のテキストブログだ。

以前、様態が急変して救急対応になった利用者がいた。その時は自分が対応したのだが、同じ症状で今日また救急対応になった。

奇声を発し、脱力、痙攣、眼振等の症状がみられた。意識レベルも低い。発見したスタッフが対応する。と言っても、ナース報告して居室へ誘導する事ぐらいしか出来ないが…

指定の病院へ搬送されたが、入院にはならずに帰ってきた。前回、様態が急変した時と全く同じ症状で、脳の異常も懸念される中、あっさりと帰ってきた。アルツハイマーの一過性の症状だから病院で処置出来る事は何もないと。これからも同じ事が度々起こるでしょうと。

金にならん奴は出てけ!か。「はにゃ、はにゃ、はにゃ」と、無邪気に発語してる利用者を見守りながら帰宅する自分がいる…

piccolo

スポンサーサイト

地震雲?

20081126190039.jpg





夕方、変な雲が顔を覗かせる。綺麗なのか、不気味なのか、判断出来かねる空。

今晩、東京に何かが起こる!



piccolo


続きを読む »

秋川渓谷の紅葉

20081125205103
20081125205100
相方のお母さんと、秋川渓谷に旅してきた。そもそも、ワシの服がボロボロになると、相方のお母さん、メイママ略して、メイマが元通りに直してくれることで、何かお礼をしたいと誘いをかけた事がきっかけだった。

なんか食って、風呂入って、紅葉でも見れればと、選ばれた地が秋川渓谷だったのだ。箱根や高尾山等の案もあったが、気軽に行ける事もあり、この地を選択した。

結局帰りにワインやら酒やら、沢山のお土産を頂いてしまった。

piccolo

ヘアーカット

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

iBookをメインに

20081119150824
ディスプレイがイかれたiMacは、押し入れからダンボールを取り出して梱包した。マイミクのまっぴさんが修理をかって出てくれたためである。新しいMacは確かに魅力だが、ワーキングプアのワシが到底手に入れる事は難しく、しっかり現実を見つめて行こうと思うのである。可能性があるならば、それに賭けようとまっぴさんの好意を受けたのだった。

しかし、改めて梱包すると、17インチのディスプレイiMacのデカい事デカい事。その圧迫感ったらない。

初めてうちにこいつが来たのは、今から四年前の9月と記憶している。有料老人ホームの運営懇談会で、家族向けにスライドメインのムービーを作成したのがキッカケだった。そのムービーは写真のiBookで制作したのだが、それを見たアクティビティードライバーのkata氏がいたく気に入ってくれて、Macでこんな事が出来るのであるば、俺が持て余しているMacをやるよと、まさに夢のようにプレゼントされたのだった。それからこのiMacで作成したムービーのエンドロールでは、スペシャルサンクスにkata氏の名前をクレジットする事にしている。

こないだの夏祭りのエンディングで、初めてスペシャルサンクスを打たなかった。ブランドの壁を超えた人事異動で、その拠点の精神を忘れかけている。もういいか…と、kata氏の名を打たなかった。今、iMacが使えなくなった事に因縁めいた物を感じる。

iMacを梱包していると、ふとその時の事を思い出した。四年が経ち、パワーも現Macには足下にも及ばない。しかし、新しい物を購入すると言う事が出来ないエピソードがそこにはあるのだ。

そんな想いを胸に、まっぴさんにiMacを託す自分がいるのだった…

piccolo

ディスプレイをテレビに繋いでみた

20081118175835
で、苦肉の策として、以前購入してあったピンジャックに変換出来る画面のアウトアダプターを試してみる。

テレビで見るパソコンの画面はかなり厳しい物で、何か作業するのは厳しいと思われる。ブログを書く事もままならなそうだ。

やはり新しいMacを購入か?それともiBookG4を使い倒すか?

やっぱ後者だな。画面は小さいが、まだまだ使える訳だし。iMacの行き先を考えなくてはだ。

piccolo

iMacのディスプレイが死んだ

20081118174111
画像のiMac、電源が入っていない訳ではない。うっすらと画面は見えているのである。何をしてもウンとも寸とも言わない。そもそも画面が暗いのでやりようがないのだが、ディスプレイ設定をいじり、再起動し、埒が明かないので、マイミクのまっぴさんを頼る。

返事はシンプルで、ディスプレイが死んだと。新しいMacを購入した方が修理するよりもベターだと。

結構困った。

piccolo

紅葉

20081117233354
20081117233351
都内も大分紅葉が色づき始めたなぁ。仕事で館内に缶詰になっていると、自然の移り変わりに気が付かないもんだ。

休日、心の鎖を外して眺めた季節は、冬の訪れを告げる日本の美なのだった。

piccolo

ベトナム料理

20081117203456
20081117203452
夜勤明けだった。連休と連休の間の夜勤で精神的に楽なはずだったが、やっぱり楽な事はなく、苦手なナースとの夜勤、認知症利用者の不穏の連鎖、-9日目の有り得ない便失禁と、それはそれなりに大変な夜勤だった。しかし事故なく、こないだみたいな(まだ書いてないな)喫煙小火騒ぎ等のホーム長からのパワハラもなく、平和な夜勤であったとも言えよう。

明けの楽しみ…

買い物であったり、食事であったり、17時間拘束の仕事明けは、特別な開放感があるので、ひたすらに楽しむ。今日は、ミロードにあるベトナム料理を堪能した。メイン料理を選択する。フォーと生春巻き、デザート、ドリンクが食べ放題と言うお得なランチである。

写メは、フォーと宮古島直送の生野菜。兎に角美味い。フォーのアジアンテイストな繊細さと、宮古島の土と気候が育てた野菜達に、大満足なのである。

piccolo

インフルエンザの予防接種

20081114155119
今年もこのシーズンがやってきた。冬到来を告げるとき、乾燥した空気と共にやってくるバイオハザード、インフルエンザである。施設介護の敵でもあるインフルエンザ、ワクチンを接種する事による予防が重要だ。

ワシは、毎年この予防接種をするのだが、体質的に合わないようで、接種した日に高熱を発し、インフルエンザと同じ症状が出るのである。今年はナースから止めておけと促されていたのだが、4連勤の最終日でもあるし、2連休と熱発しても迷惑をかけるシフトでないことから、ワクチン接種をした。

結果は見事に熱発!インフルエンザワクチンが合わないと評価出来よう。しかし、ワクチン接種しても問題ない年もあり、評価しにくいところではあるが、異常が出る事の方が多いのだから、体には合わないのだろう。

来年からは予防接種は拒否の方向で。一つ穏便に…

piccolo

泥棒日記のダウン

20081114142708
mixiの泥棒日記コミュニティーで手に入れたダウンが重宝している。冬が苦手のワシが、なるべく薄着でいたいワシが、たった一枚で外に繰り出せる一品。

まだそこまで寒くなかろ?
イヤっ寒いって!

piccolo

焼きトンの丸正

20081113230235
いい頻度で、ここの良さを日記に綴って来たが、改めて良さ、美味さを痛感した。

魔の4連勤が終了した。連勤初日、利用者が居室で喫煙して小火騒ぎがあった。その連絡、報告が上手く行かなくて、ガッツリと施設長からのパワハラで、余計に憂鬱だった連勤。今日やっと乗り越えたのだった。

ホッとしたところに、いつも満員で入る事が出来なかった立ち飲みの焼きトン屋『丸正』がなぜか空いていて、ここぞとばかりに焼きトンを堪能してきた。

やっぱここは良い!オヤジのオアシスである。これだけの仕事を、たった一人で切り盛りする大将。その姿と心意気、焼きトンの美味さにドップリと癒されるのだった。

piccolo

腹立つエピソードを一つ

20081110082330
20081110082325
レターの清書をしろと言う、無言のシップ(仮名)からのメッセージ(写真1ボックスから紙が出てる方参照)

写真で、ボックスからはみ出ているのは、家族レターの下書きですが、どう考えても理不尽に飛び出てるではないですか。レターを提出しなかった事があるか?お前(シップ)に言われんでもな、ワシ清書すんねん!こういうごり押し止めてもらえんかね?お前のせっかちにつき合うのは、懲り懲りなんですけど!

と言う怒りが0.3秒でわき上がり、ボックスを粉々に粉砕してしまったの。軽く蹴り上げたらゴッド君の引き出しと、シップの引き出しが割れてしまって…
二人の引き出しが壊れてるのは意味深なんで、俺のボックスと、ゴッド君のボックスを取り替えたのね。あとシップの隣がイヤだから、ヤングさんのボックスの位置を提供してもらった。(写真2参照)

ワシとシップのスタッフ間は、ボロボロのようで~す。片付けをする自分の姿がボックスに写って、怒りが再燃!最悪な夜勤となりました。なぜ自分の美意識を押し付けてくるのかが全く理解不可能。最近益々、自分が一番キャラが色濃くて困ります。その度にディアナースに愚痴るんですが、ワシが心を開くのは彼女しかいないと、回りの目を気にしてみたり…。

どの拠点にいても、こう言う人間関係になるのね。好きな人と、嫌いな人の差が激しく出る感じ。

静かな夜勤でしたが、イライラが止まらず最悪でした。朝も早番が来ないし、ナースからガッツリ言われ(自分が悪いが)、本来なら平和な環境なのに、こうして最悪な環境になる事を、ディアナースと共に、シップの生き霊のせいにする事しばしば。あの。脳と心に染み込んでとれないシップから貰うイライラは、誰にも止める事が出来ません。凄く仕事が出来るのに、空気が見事に読めない感じが神様の意地悪みたいに思います。あれで人との距離が計れたら凄い人間なのに…

と、ある夜勤の日の出来事があまりにも頭に来たので、仲良しの人にメールした物を少し変えて日記にしてみました。こんな些細な事が意外にストレスだったりします。

piccolo

愚痴

凄く疲れた。何してる訳じゃないのに、凄く疲れた。介護職に転職し、民間の有料老人ホームで働いてきた。今、色々な要素に疲れている。

1)利用者
認知症の訴えを受容すること、理不尽な暴言、暴力、侮辱に、怒りを抑える事に疲れた。

2)モンスターペアレンツ
介護の中では、ペアレンツではなくファミリーと言うのが正しいのかもしれない。金を払っているのだから、利用出来るものはなんでも使え。モラルを越えた非常識な訴えに疲れる。お前が出来ない事を、介護職員にやらせるな。ケアしているのに、診てもらえてないんじゃないかしら?って、不安ならば施設になんか預けるな!

3)職員間
仕事をするタイプは、黙って淡々としている人が多い。仕事をしないタイプは、大きな事を言うビッグマウスなタイプが多い。特に年配女性にこのタイプが多い。全く動かない(食事介助や、お尻拭きたたみ等、座って出来る作業)にガッツリと張り付き、誘導(居室からダイニングへの移動等の身体介護)やトイレ介助をしようとしない。しかし、言う事だけはでかい。まるで自分が一番のように。そんな、哀れな姿を見るのと、その姿が自分に邪念となってのし掛かってくる事に疲れた。

最近マイブームな職員間の出来事は、仕事が終わった頃に「何か仕事あります?誰かトイレ連れて行きましょうか?」って聞いてくる奴。セコい!
重度の介助を必要とする利用者をわざと残して、同じセリフを言う状況を作った事があった。案の定仕事が終わった頃に、同じセリフを言ってきたので、Sさんのトイレがまだです。って答えたら、そのまま何処かに消えたからね。やる気がないなら聞くな!って。介護の世界、見る人が見たら見えてしまう訳。

そういった邪念がとっても、とっても、ストレスなのね。言ってはいけないけど、

「馬鹿!死ね!」

piccolo

外国みてえ

20081105161907


これ、何処の駅?

中華街で食い放題

20081104204656
20081104204654


大珍楼に行ってきた。久々にはち切れてリバースするかと思うくらいに食べた。相変わらずここの小籠包は美味い。

文化祭シーズンだなぁ

20081104171814


ルー大柴講演会を、無料で行うので観に来て欲しいと学生がアナウンスしている。

文化祭シーズンだなぁ

八重山のDVD作成

20081103012029
今年2008年の4月頃、新たにハンディカムを購入した。宮古島に旅行するにあたり、持っていたデジカムのバッテリーがイかれた事が原因だ。最近はハードディスクタイプが主流だと言うことで、安めの物を探し、41,138円でgetした。ビクターのEverioである。

実際に使ってみて、DVD作成をしたのは会社の夏祭りのみ。沖縄3部作は、DVファイルが空しくHDDの中に保存されているだけだった。

今回、mixiのブログに動画を使用した。ファイナルカットEXに直接取り込めるようになったからかもしれない。すぐに取り込みで、1カットごとにDVファイルとして読み込んでくれる。しかし、EverioとMacの相性が悪いのか、音声で不具合が生じるのと、読み込み中必ずエラーが発生する。4ファイルくらい読み込むと、フリーズし、再生が中止される。まず読み込み作業に丸二日かかった。しかし、iMovieで取り込んだ時の音声のレンダリング作業がいらない分効率が良いと感じる。故にブログ用の動画もレンダリングいらずで作業出来た。

取り込んだのだからDVDを作成しようよと言うことで、ボチボチ作ろうと思うのだが、Everio君を始め、ハードディスクタイプのデジカムは、HDDの容量を馬鹿みたいに食う。それをどうやってバックアップするかが、今日記のメインテーマである。HDDタイプのDIGICAMを使用した時、バックアップはどうしてる訳?
4.3ギガに分けてDVDーRに?
他に方法ってあるのかしら?

piccolo

和柄スニーカー

20081102164259

20081102164256


こないだヴィーナスフォートに出掛けた時の買い物。一年くらい前に行った時は通路の真ん中に店があったが、かなり広いスペースに移動してた。コスメコーナーの一角に、そのお店は存在していた。

女性用の和柄商品を扱っているようだったが、恥じらいを捨てスニーカーをフィッティング。足の小さなワシは、こう言う時は良い。レディースの商品も堪能出来るから。

話は変わるが、同じヴィーナスフォート内にumiと言う、やはり和柄を扱うお店があった。でもこの日にはその店を見つける事ができなくて、今日調べたら会社が倒産してしまったとの情報をget。「ちきりや」さんの直営店だっただけにとても残念。お店のお姉さんにウエストポーチの着こなしを教わったり、DMを頂いたり、とても贔屓にしていたお店だっただけに残念で仕方がない。

今の癒やしが和柄なのは、確実なのである。

piccolo

Gothic

20081102005841
久しびりに桜庭一樹を読んだ。「私の男」「ピンク」と、イマイチな作品が続いて、友人の勧めで伊坂幸太郎を読んでいた。それも読み終わり、桜庭ワールドに帰ってきた。

Gothic…
小説を面白いと感じられる作品だった。また桜庭ワールドにつかりそうな予感。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク