今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

04月≪ 05月≫06月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

那須旅行~サンバレーの温泉達~

onsen03.jpg


夜も風呂三昧、朝も風呂三昧と言う事で、早朝から温泉を堪能する。フォレストヴィラ内の温泉である。
onsen04.jpg

onsen01.jpg

onsen00.jpg

上の写真は、フォレストヴィラの露天温泉。


サンバレーは元々アクアヴィーナスが有名で、水着で入れる温泉テーマパークで楽しむ方に意識が向く。でも実は、一番良いと思われるのはオリエンルガーデン内にある檜風呂だ。
onsen-ore.jpg

檜風呂内で記念撮影。
onsen07.jpg

景色、硫黄泉、檜、新緑の薫り、このどれもが素晴らしい風呂で、今まで行った温泉の中でベスト3にあげられると思う。
下の写真が、オリエンタルガーデン内の檜風呂。

onsen11.jpg
onsen10.jpg
onsen-oke.jpg
onsen09.jpg
onsen08.jpg
onsen06.jpg


写真を撮りまくった。
スポンサーサイト

那須旅行 ~本館バイキングそしてcafe shozoへ~

nasu-meshi.jpg


さあ、本館バイキング。サンバレーのバイキングはとても充実している。和に、中華、イタリアン、寿司もその場で握ってくれて、ステーキもその場でジュウジュウと。しかもカニがどっさり食い放題。これだけでも十分な内容。そしてデザートが充実。食っても食っても食いきれないバイキング。胃薬必至!

その後、夜の那須を攻めた。なんと言っても車があると言う事が、活動範囲を広めたのだ。黒磯方面へ、雑貨等を探しに出掛けた。1988 cafe shozoあたりに雑貨屋や、お洒落な店が続いていた。JAPONや、ROOMS等、shozoのシリーズが列んでいる。しかし、ここでアクシデント。こう言う雑貨等を物色していると、催してこないだろうか?その前の日から、二日間便秘していたせいもあると思われるが、一気に降りて来た感がある。便秘知らずのワシが、何らかの理由で便秘するとこう言う事になるのだ。

サンバレーのバイキングを堪能し、既に相当量の排泄があったにもかかわらず、腹の具合はカラータイマーが点滅し続けている。コンビニを探す余裕はない。歩いているだけで飛び出して来そうなぐらい。那須の街で粗相してしまうのか?

nasu-yoru.jpg

ここで恥を顧みず、トイレを借りにお洒落な店に飛び込んだ。店員さんの一瞬の表情の曇りを見逃さなかったが、腹の状態はそれどころではなかった。ギリギリのギリでセーフだった。この感謝の気持ちを、一杯の飲み物にこめたくて、テイクアウト出来る物を聞いたが、それはやっていないとの事。感謝の気持ちを噛みしめて、ここを去った。

すると、またカラータイマーが鳴りだした。今度は1988 cafe shozoで、スコーンを物色している時だった。迷わずに2階へ行き、コーヒーを注文しつつトイレへ。止まらない排泄に、嬉しい様な、悲しい様な、失禁しないだけよしと感謝しつつ改めてsyozoの本店を満喫する。ここの2階、まさに自分が居る空間からsyozoはスタートしたらしい。トイレ事件がなければ、じっくりと写真を撮りたかったが、その落ち着いた雰囲気にお茶だけでなく、酒も堪能したかったと思った。アパートの二階と言うコンセプトそのままに(コンセプトじゃねえか)カフェに改造してある斬新さは、カフェの魅力を十分に発揮していた。美味いコーヒーを頂き、レジでshozoの情報をゲット。さっき寄らせてもらった2階にあるバーは、この1988 cafe shozoで働いていた人がオープンした店らしい。
http://cafe-shozo.blogspot.com/2007/04/k.html
緊急事態でトイレを借りたけど、なんか運命的と勝手に思いながら、夜の黒磯を後にするのだった。

SHOZOのホームページは
http://www.shozo.co.jp/main/index.html

お世話になったバールトタンさんは、
325-51栃木県那須塩原市豊町8-32
0287-63-3940
17:00~0:00
定休日は水曜日だそうです。
nasu-yoru.jpg

那須旅行 ~セブンイレブン~




鹿の湯の帰りに酒を仕入れにセブンイレブンへ。でも、何処か色あせているような?相方の話だと、この辺は皇室のご用邸があるので、派手な色はわざとあせてるんだと。





へ~っと感心しながら、派手なビッツでサンバレーに戻るのだった。




那須旅行 ~鹿の湯~

honkan.jpg


shozo cafeを後にし、サンバレー那須に到着。夕方の風が心地よく、テンションアップ。初めてのレンタカーツアーで、これから何処に行こう?と、次の目的地を探るが、ちょっと宿で一休み。
kanban00.jpg

anneex.jpg


るるぶ那須を読みあさり、日帰り温泉を探した。温泉に来ていてなぜ他に日帰り温泉を探すかと言えば、風呂が好きだから~!!って事で、鹿の湯を選択。車に乗り込み、サンバレーからそう遠くない鹿の湯へ向かう。この辺りは硫黄泉で、とても硫黄臭い。ワシはこの硫黄の匂いが大好き。爽やかな風の中に、硫黄の匂いが混じり合って、とても不思議な空気。そして鹿の湯へ到着。
shikano-yu01.jpg

shikano-yu03.jpg


有名な温泉らしく、沢山のお客がいた。地元のお婆ちゃんが、戦前からあった温泉で、ここいらじゃNo.1の温泉だと話していた。戦争で傷ついた兵士が、このお湯で傷を癒して行ったと言うエピソードもあるそうだ。確かに隠れ秘湯っぽい作りと雰囲気。一つの浴槽が温度で分かれていて、40度位から、かなり高い温度まで6~7個の浴槽があった。
shikano-yu00.jpg


外に出ると、那須の自然が広がる。
shikano-yu02.jpg

この時期は、ツツジが綺麗に咲き乱れいているのだった。
tutuji.jpg


仕事のストレスを忘れる事が出来ない自分は、この時はまだ温泉を気持ち良いと思っていても、心から癒されてはいないようだった。仕事を忘れる事に時間がかかる自分がいる。温泉に入って、ホッとするが、どこか体にのしかかる重い鎧の様な感覚を脱ぎ捨てる事を望んでいた。

遠く現実を思い返し、鹿の湯をあとにした。

shozo-benchi.jpg

那須旅行 ~NASU SHOZO CAFE~

shozo-kanban.jpg


宇都宮を後にして、今度は高速を使用する道のりをナビで検索。目的地のサンバレー那須をゴールにして、その途中にあるNASU SHOZO CAFEを目指した。サンバレーには何度も訪れているのだが、悉くこのshozo cafeにフラレまくっていた。今回、初めて立ち寄る事が出来た。
syozo-soto.jpg

東京とは違い、外でのお茶は涼しい風が迎えてくれる。ビーサンで歩いている事に、現地の人は不思議そうな顔をしているぐらい。この森の中に腰をかけて、お茶を注文する。
shozo-ki.jpg

shozo-meney.jpg

shozoのオリジナルブレンドと、スコーンとケーキのセットを注文。ここのスコーンは絶品で、ジャムにつけて食べるのだが、このジャムがまた美味い。海も良いが、最近山も良いと思う事に年を感じたりする。
shozo-drink00.jpg

shozo-cake.jpg


良い時間の過ぎ方をしていると感じる。今回はレンタカーでの旅。那須を満喫出来るので、次の場所へ気持ちを向けるのだった。
shozo-gaikan.jpg


那須旅行 ~宇都宮みんみんの餃子~

minmin.jpg


楽しみの月1の旅行である。今月は那須へ温泉旅行だ。何度か来た事のあるサンバレー那須へ一泊旅行。約1年ぶりのサンバレーだが、前回は相方もワシも体調不良でバイキングが食えなかった痛い思い出がある。過酷な業務状況から体を壊した二人だったが、今回は万全の体調で出掛けたかった。

いつもと違うのは、地元からレンタカーで行った事だ。今は便利になって、新宿から直行送迎バスが出ている。行き帰りはかなり楽になったが、那須で何も出来ないのがとても空しかった。今回は、レンタカーを借りて地元から攻める計画を立てた。色々な所に立ち寄りたいが為である。まず最初に立ち寄ったのが、宇都宮にある『みんみん』と言う餃子専門店だ。

min-omote.jpg

ナビ任せで出発したのはいいが、初期設定が高速を使わない設定になっていたらしく、日光街道をただひたすら走った。宇都宮までのんびりドライブとなった。わりと良い時間に到着し、いざみんみんタイムへ。
min-menyu.jpg

本当に餃子しかない。三種類の、焼き、あげ、水、の餃子と、ご飯とビールしかメニューにないのだ。
min00.jpg

1品ずつ頼み、それぞれの味を楽しむ。
食べ方なんかも書いてあって、餃子一筋の惹かれる店だった。

min-tabekata.jpg


合計四皿を平らげて、次の目的地へ向かうのだった。

新しい穴を

new-ana.jpg


新しくピアスを空けた。
四つ目の穴。軟骨ギリギリの所のたぶに、パッツーンと空けた。多分今までで一番痛かったと思われ、原因を探るとピアッサーの種類なのかと。職場の関係もあり、透明ピアッサーでないとならなく、この固さや形等が痛みに関係するのではないか?軟骨に空けたときは、全くと言っていい程痛くなかった覚えがある。これからは、シルバー系のピアッサーで空けて、すぐに透明ピアスに取り替えると言う方法がいいと感じた。

1年で四つの穴が左耳に空いた。
35年間守り続けて来た耳に穴を空けない事を、いとも簡単に破り続けている。

明け

denden-yuhi.jpg


マックの前には向かっているのだが、なかなか日記を書く気になれないでいる。
こうして無理矢理にでも書いてみようって思わないと書かない。何か心乱れているのか?

今日は夜勤明けだったが、朝から素晴らしい天気だった。久しぶりに日の出が綺麗だった。
富士も綺麗に見えていて、今日の好天を予想させた。案の定穏やかないい天気となった。
こんな天気の日に仮眠している事が悲しいが、
昼間からビールをカッくらい、高いびきで眠っている。
夜勤業務をこなした後は、たっぷりと休息をとらないと駄目な自分。
タフでない自分は、年をとる事によってさらに徹夜ができなくなっている。

穏やかな日を過ごし、少し日記を書いているのだった。

誕生日プレゼント

ring.jpg


誕生日を迎えた。36歳である。まさかワシがこんな年になるとは夢にも思っていなかった。
28歳で1999年の世紀末で死ぬんだと勝手に思い込んでいたから。
でも空から大王は降って来ず、ワシはぬるく、緩く、今日も生き延びている。
何となく老人介護なんてして、生きてても良いのかなと思ったりもしたりするが、
所詮ワシじゃ。ワシがワシで何が悪いと開き直って生きて行こうぞ。

あまり誕生日に何かしてもらう事が好きでない自分は、親しい人しか誕生日を教えない。
義理的におめでとうと言われても何とも思わない。そう言う記念日に、うとい人間である。

ピアスを貰った。こないだお台場でデニムをプレゼントしてもらったのに、
またプレゼントしてもらった。
しかし、こうしてたった1人の人に祝ってもらう事をとても有り難く思うのだった。

ティップネスでの怒り

夜勤明けだったが、歯医者まで時間があったので泳ぎに行った。目的は、ダラダラと泳ぐ為。15分間ゆっくりと泳ぎ続ける。脂肪燃焼が目的でなく、リフレッシュが目的。そこでアクアゾーンへ向かった。

自分のアクアゾーンの使い方は、アクアゾーンに入る前のシャワーが嫌いな為、男性更衣室内にあるシャワールームで汚れを落として行く事だった。アクアゾーンを使用するのに、シャワーを浴びるルールぐらい解っている。もう8年も通っているのだ。ビギナー扱いするな!

アクアゾーンでのシャワーを怠ったことから、プールガードのスタッフが走って来た。シャワーしろと駄目だししたいオーラを思いきり発散していた。しかし、ワシはシャワーを既に済ませていたので文句が言えなかったようだ。ビギナーにはしっかりと言わなくちゃと言う面倒くさいやる気に満ちていた。ワシのあらを探しているのが良く分かる。何かルール違反をしていたら、即注意してやると言う空気に満ちていて、とても不愉快だった。

温暖室を使用しようとした時だ、10メートル手前からもの凄い勢いで走って来た。すぐに自分がしているピアスを外せと言われる事を直感した。「ピアスは禁止ですので、外してお楽しみ下さい」そう指差されながら言われた。ワシは何も言わずにピアスを外した。何も言わない事が、この人にとって嫌な感じを与えると思ったからだ。

ずっと不愉快な気持ちを持ちながら温暖室で悶々としていた。お前がティップネスで働くずっと前から、ワシはティップネスの会員なのだ。ビギナー扱いするな!シャワーを浴びる、ピアスや時計をしないルールぐらい解っている。最近は、ピアス禁止でない店舗もある。自分もテーピングを巻く等でピアスを外さなくなりつつあった。温泉スパでもピアスOKな場所が増えて来ている。その気の弛みが、今回の敗因だが、このスタッフに言いたいのは、でかい顔するな!って事。ビギナー扱いしやがって。会員の粗捜しをするな!って事。

仕事に忠実だっただけかもしれないが、シャワーの時の表情が病的で、自分をばい菌を見る様な目で見た事は許せない。とても不愉快な気持ちでアクアゾーンをあとにした。


ジョバンニでランチ

DSC_0012.jpg


食う事が、今の最大の癒しと言う事で、今日もジョバンニでランチをして来た。美味いイタリアンが食べたい時にはここ。しかもランチで格安なのだ。今日はAランチを頂く。

オードブルの盛り合わせ
odoburu.jpg

ワインが飲みたくなる所を、この後泳ぎに行く事を決めていた為に我慢。我慢。バルサミコの風味が好きな自分は、このオードブルの盛り合わせが大好き。今日はワカサギのフライがあってお特感いっぱい。写真を撮り忘れたのだが、パスタがあり、パンが出てメイン料理になる。食うのが先行して、いつも写真を撮り忘れてしまう。

pan.jpg

niku.jpg

今日のメインは、牛ハラミのペッパーステーキ。美味い!
何よりも、シェフの機敏な動きにずっと目を奪われていた。俺はあんなに沢山の注文はとれないし、捌けないと気持ちは落ちたが、美味い物を食べる事によって、現実から少し離れる事が出来た。
cake00.jpg

デザートにコーヒーが出て来てランチ終了。これで1900円。平日はもっと格安だ。
何かあると、ジョバンニを思う自分がいる。

夜勤明け

DSCN1288.jpg


憂鬱な明けだった。落下薬したかもしれないと言う思いが、そう思わせていたのだが、
その憂鬱は一日中消えなかった。きっとヒヤリハットだろうと思われる。

送ろう、送ろう、申し送ろうと思っていたのだが、送り忘れたが為の一大事。
送れば問題は小さな物だったはずなのに、第三者が落下薬事故を発見した時に、
インシデントとして扱われる。そして、事故を起こした当事者が責められ、
罰せられて、事故解決となる。何かが間違っている。

話は変わるが、朝方結構忙しい時間に、ナース二人とワシ3人で喋っていたら、
モーニングケアから誘導の仕事が相当ヤバくなった。有り得ない時間まで喋っていた事は、
その時点で解っていたが、巻けば何とかなると思っていた。しかしそんな時に限って、
便失禁の嵐。オムツを開ければ便、便、便。「あ~間に合わない....」

そんな焦りからか、フロアリーダーが出勤して来ると言うプレッシャーからか、
全員の配薬を終わらせなくてはイケない衝動に駆られた。
以前のホームに比べたら屁でもない人数だが、そう言う過信は禁物である。
この薬さえ終われば....
その思いが、落下薬の可能性のある利用者の薬も配薬する判断に至った。
延滞配薬者のボックスに入れれば良いだけの事だった。しかし、
配薬してしまった。

見事に口から一粒転げ落ち、コロコロと言う薬が転がる嫌な音がした。
しかし、その人の口元から目線を放せない。口から出してしまう人だから、
飲み込むまで見届けなければならない。飲み込みを確認し、落ちた薬を探したが、
探しているうちに時間だけがどんどん過ぎて行く。次の仕事が嵐のようにやってくる。
介護職は、一つの事にかかり切りになれない。
状況、状況で、動いて行かなければならない。
探せなかった事を申し送れなかった事が、ワシの中で失望感を生み出している。
落下薬は仕方ない事として、それを繋いで行く業務を怠った事が、
経験者として恥ずかしいことだ。

自己嫌悪いっぱいの気持ちで、明けを過ごしている。

相方の誕生日

love.jpg



四月から、おかんやら、相方やら、自分やら、誕生日ラッシュである。
今日は相方の誕生日だった。がしかし、自分は夜勤で何もしてあげられなかった。
美味い物をゴチする約束である。

この前、ETERNAL倉のジーンズを買ってもらったお礼に、
サンマルクでの食事をプレゼントした。ワシら、サンマルクのパンが大好きなのだ。

物ではなく、気持ちのプレゼント。美味い物を食す事、これ大事。

歯科受診

imege.jpg


2~3日前に治療した歯の詰め物がとれた。餅を食べた事により、ポロッと崩れ落ちたのだが、これを切っ掛けに歯医者を変えてみた。今までずっと通っていた歯医者が遠い事が理由だった。

きっと歯医者は家の近所でなければ通いきれないと思う。ヘアーサロンなんかは、電車やバスで行く事もありかと思うが、歯医者は家の近所、もしくは通勤途中、勤務地にないと、治療が終わるまでに行かなくなってしまうと思うから。歯医者って数ヶ月から半年も治療がかかる。仕事をしながら通うのは、相当の覚悟がないと通いきれないもんだ。少なくとも自分はだが。

家の近所の歯医者を探したのだが、ネットで見るとなんと歯医者の多い事。驚く程歯医者っていっぱいあるんだと感じた。歯医者を意識して街を歩くと、何メートル置きに歯医者の看板を目にする。なんでこんなに歯医者があるのか調べたくなった。

初めて行く歯医者は、自分の家を改造して開業している感じだった。とれた所を治してもらうだけかと思っていたら、嫌な予感は的中し、かなり虫歯が進行していると言う事だった。前に埋めた時に、少し虫歯があると言われていたが、治療するまでではないとの事だった。それが悪くなったのだ。神経まで達しているので、神経を抜かなくては行けないと言われ、小学生時代に経験したあの激痛を思い出した。

しかし、Dr.は痛くないんだと言う。その言葉を信じ、今日の治療にいたったが、本当に痛くなくてビックリした。小学生の頃の神経の治療は、麻酔が出来ないと言われ、麻酔なしで神経を抜かれた。頭のてっぺんから稲妻が走った記憶は忘れる事が出来ない。今は、麻酔をする事は勿論、その麻酔も痛くない。「最初チクッとします」と説明されたが、全く痛くなかった。

実際に神経の治療中も、いつ神経に達するんだと不安だったが、気がついたら終わっていたと言う感じ。確かに、虫歯の痛みがジンジンするような感覚はあったが、激痛は全くなく、神経を抜いた瞬間にその違和感は無くなった。うがいをした時に出血していたので、神経治療をしていた事に気がついたくらいだ。

今日言いたい事は、歯の治療が痛くなくなって来ている事と、常識が変わって来ていると言う事。昔は、神経まで虫歯が深くなると歯を抜いていたそうのだが、今は神経を抜いて、変わりの柱の様な物をつめるのだそうだ。これで一生自分の歯でいられると言う理屈らしい。

そうインフォームドコンセントを受け、なぜか清々しい気持ちで1日を過ごす自分が居るのだった。

免許更新

tocyo00.jpg

免許証の更新に行って来た。早い物で五年が経ったんだなぁ。道路法の改正とかで、ビデオを見せられた。今は、こう言う教材もDVDになったんだと五年の時間経過を思い知らされた。

以前まで新宿警察で行っていたが、今日行ったら都庁の中に移転してた。都庁第二本庁舎2階である。場所は、
新宿区西新宿2-9
03-3343-2558

地下から行くと入れないので、地上に出て住友ビルとセンチュリーハイアットの間の都庁通りから行くのが良い。

ワシは新宿警察の門番の人に道を教わったら、一周するはめになった。時間ギリギリだったので、結構ムカついたが、ギリギリ間に合った。手続きは意外と簡単で、ポンポン進んだ。所要時間は、講習を含めて1時間程だろうか?講習を受けて、すぐに配布された。優良ゴールド免許。写真を見ると、年をとったと感じる。

都庁まで来たので、昔を懐かしむ為に中央公園に寄った。BMXをやっていた友達はまだいるだろうか?そんな思いで寄ったが、友の姿はなかった。世代はとっくに交代しているようである。変わらない風景に、変わった世代を感じ、どことなく清々しい気持ちで中央公園をあとにした。
cyuokoen.jpg


しかし、陽気が素晴らしく良い!昼からビールでもカッ喰らいたい気分だった。そんな5月の空、ビルの群れを写真に収めて来た。
biru00.jpg

biru01.jpg

biru02.jpg

biru03.jpg


空の写真が好き。
でも、こんな東京砂漠の中に住んでいるんだと思うと息が詰まる。でもなぜか、今日は清々しい気持ちでシャッターを押しまくる自分がいる。

夜は、どこか1人飲みをかましに出掛ける予定。まっぴさんにフラれ、相方夜勤につき、1人飲み結構である。(完全にまっぴさんにむけて発信している気が)

こうして、二連休初日は幸先よく暮れて行くのである。

tocyo.jpg

東中野が変わる

tidu.jpg


東中野、ただ今工事中。
大江戸線の上に道路が出来るんだ。地震が来たら大丈夫なのだろうか?
この上で選挙活動していたが、この場所が地震で潰れたら、とても皮肉な光景が広がるなぁ。

○喜市場

maruki.jpg


金がないのに、毎日外食してる。金が貯まる分けないな。
今日は、丸喜市場と言う焼き肉屋に行った。スタイル的には、牛角と変わらないと思うが、
こっちの方が断然に味は美味い。美味いつっても、
本当の焼き肉屋の焼き肉には叶わないだろうが。

○喜に行く回数は結構頻回で、癒しの場所になっている。ジュージューしたくなったら、
取り合えず○喜みたいな感じ。

今日も豚トロを食し、明日の鋭気を養う。
tontoro.jpg

俺んちの近く

chikaku.jpg


看板が目立っていた。
でも、その周りの建物が昭和初期の時代を感じさせる古い建物だった。
あと何年もしないうちに、この光景も変わるんだろうなぁ。

お台場にでかける

niji.jpg

久しぶりにゆりかもめに乗った。インターコンチネンタルホテルのランチバイキングを堪能し、そのままお台場に出たからだ。大門で降り、ビジネス街を抜け、ランチバイキング堪能し、ゆりかもめに乗る。ってコースだ。
daimon.jpg

soto.jpg

takeshiba.jpg

天気も最高で、ゆりかもめに揺られながらのんびりとした5月の一時を感じるのだった。青梅に降り立ち、ヴィーナスフォートへ向かう。GoGoランドリーが目当て。春の新作が可愛くて目移りしたが、ここはグッと我慢の子で購入を渋った。でも、ドライブTや、お台場限定Tはとても魅力的だった。でも、我慢した。ここで、誕生日プレゼントを相方からもらい、お茶をしながらボ~ッとするのだった。
kanran.jpg

kura13.jpg

starbucks.jpg


ゴールデンウィークと言う事もあり、色々なイベントをしていて、ヴィーナスフォートではハワイアン一色に染まっていた。協会広場ではライブ、館内には常にハワイアンが流されていてリゾート気分をあおっていた。
hawai01.jpg

hawai00.jpg

協会広場の近くにキディランドが出来ていた。そこにロビン君コーナーを発見したのでパチり。
robin.jpg

sou souで、和物の良さを感じ、相方はサンダルを購入。足袋の形をした靴の踵を踏んだデザイン。元々靴の踵を踏む派だった相方は、このサンダルに一目簿れ。即買いだった。(画像なし)

結構ポイントが貯まったと言う事で、抽選会に申し込んだ。発表を待つまでの間、たまには海側も攻めて見ようと言う事になり、デックス方面へ。途中ランドリーのディスプレイを飾るスタッフさんを発見。
gogo00.jpg

gogo01.jpg

ん~素敵なディスプレイ。またまた誘惑のオーラを後に、いつの間にか暗くなったお台場を撮影。
kanran-night.jpg

pasco.jpg

久しぶりにデックス方面に来た気がする。昔、10年程前だろうか、お台場と言ったらデックスくらいしかなかった様な気がする。ここからの景色をいつも楽しんでいた。
niji-night00.jpg

nijiyoru00.jpg

nijiyoru01.jpg

レインボーブリッジを眺めながら、ネギ塩たこ焼きを頬張ってビール外飲みをかます。そろそろロトの抽選の時間でない?と再びヴィーナスフォートへ。なんと五千円の商品券が当たる数字の一個手前だった。今年はくじ運が良いと思っていたが、今日はかすった。

お台場からのジャンボ機を眺めながら、二ヶ月後の沖縄旅行を思うのだった。
ana.jpg

インターコンチのバイキング

inter-conthi.jpg


インターコンチネンタルホテルのバイキングを堪能しに出掛けた。夜勤明け休みで、昨日温泉と睡眠で癒された事もあり、比較的体が軽い気がした。気分も爽快、天気も快晴と、美味い物を食うにはグッドコンディションだったと思われる。

写真を撮ろうと思うのだが、食欲が先行してしまい、食ってからの撮影になってしまう。
meshi.jpg

品数豊富で、オードブルだけでもお腹がいっぱいになってしまいそう。牛肉のワイン煮と、ローストビーフは最高で、これだけでも来た価値がある。その他パエリアやカレーと、炭水化物も充実し、デザート、サラダ、パン、魚、単語にしたら薄いけど、実際は濃すぎる料理のない様にノックアウト確実。

季節のデザートは、ラズベリーアレンジのデザートが多かった。
cake.jpg

こうして、ゴールデンウィークの中休みの平日に、ランチを堪能する自分が居る。

腹いっぱいでホテルを後にするのだった。
gaikan.jpg

誕生日プレゼント

kura04.jpg


http://www.maeno.co.jp/nkura/kura.html

ちょっと早いが、誕生日プレゼントをもらった。店頭で一目簿れした、ETERNAL倉のデニムである。ヴィーナスフォート内で、トイレを探して歩いていたら、店頭から買ってくれと声がした。見ると、奴だった。
kura07.jpg


kura03.jpg


なんと言うか、赤の裏地と和柄に一発ノックアウト。トイレから帰って来て、その品を手にすると、感触や匂いや形がたまらないと感じる。よく見ると、ダブルウエストになっていて、ルーズな感じが好きな自分にとって、ど真ん中の一品だ。
kura.jpg


和柄と、赤の裏地
kura01.jpg

kura02.jpg

kura12.jpg

kura13.jpg


ポケットの和柄
kura08.jpg


大好きなタグ
kura10.jpg


ロゴ
kura09.jpg


試着して、そのまま履いて帰って来たのだった。


kura11.jpg

恋しくて

恋しくて?映画原作小説 恋しくて?映画原作小説
中江 裕司 (2007/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

http://koishikute2007.jp/http://koishikute2007.jp/

夜勤明けで映画に行った。今日は1日で千円で見れるから、意地でも見に行こうと思っていた。見たかった『恋しくて』を見た。

沖縄映画が大好きな自分の、何度目の沖縄映画かな?極論を言うと、沖縄が好きな人には楽しめる。沖縄を知らない、嫌いな人にはこんな面白くない映画はないだろう。郷土愛とでも言おうか、あの言葉のイントネーションや、独特の言い回し、石垣島の自然と空、屈託ない人間関係、そこには八重山があった。

BEGINの回想記なのかな?どのようにBEGINが売れたかに、恋愛が絡む単純明快ストーリー。音楽ってこんなに甘くないでしょ。って思うけど、映画やしね、エンターテイメントと言う事でOK。でも、物語が安易と言うか、もう少し丁寧に展開しても良いのかなって思った。

総合評価
★★☆☆☆

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク