今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

12月≪ 01月≫02月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

職場を離れる

人事異動で、2年間勤めたホームを離れた。丸五年今の会社に籍を置いているが、五回目の人事異動だ。組織形態が変わる度に、ポリシーも変わる。ホームとホームの職員のシャッフルは、家族からクレームが出るので、しばらくなかった。しかし、去年の夏頃から職員を動かし始めた。職員を異動させると言う事は、新しいホームがあっちこっちで建っていると言う事だと思う。職員を募集しても、なかなか集まらないのが現状のようだ。

大きな会社なのに、介護職員にケチだ。五年働いた自分に、異動先では基本給と賞与が低くなる事を告げて来た。手当を付けて、今とトントンの年収にすると言う。それを書類にして提示すると言って、提示されないまま来ている。長く在籍しても、給料が上がらない会社って初めてだ。1年勤めればベテランになってしまう離職率の高い現場で、五年間働き続けて来た。今後報酬次第で、身の振り方を考えようと思う。
スポンサーサイト

COMME CA ISM ~アクアシティーお台場~

http://www.taido.co.jp/brand/ism/ism-top.html






何気なしに入った店だったが、安さに驚いた。調度セール最終日で70%オフ。茶色のジップアップが1600円くらい、紫のロンTが700円くらい。つい買ってしまった。

そして、適当にランドリーと合わせてみた。


お台場に行く

daiba.jpg



お台場に行った。GoGoランドリーをのぞきたかったから。目当ては、アスレタコラボの新作。絶対欲しいって思っていたんだけど、実際見てみて予算と相談したらテンションダウンしてしまった。ここで一万円の出費は痛い。Tシャツの方も、心に引っかかる物が少なくてGoGoランドリーをあとにした。
gogo.jpg

daiba_yuhi.jpg


夜になって、D40でお台場の夜景を撮影しようと、寒い中カメラ小僧になる。

yakei00.jpg

yakei01.jpg

yakei02.jpg


お台場は、気軽に行ける癒しスポットの一つである。

桃太郎すし

DSC_0007.jpg


桃太郎すしのランチにハマっている。家の近所に桃太郎があったのだが、行った事がなかった。初めて行ったのが知り合いの勧めで、そのとき以来桃太郎すしを贔屓にしている。でも、寿司ってボーナスが入るとかの臨時収入がなければなかなか行けるものではないと思う。安いと言っても、酒を飲めば一万円は行くだろうし、軽い気持ちでは食いに行けなかった。

今日店の前を通りかかって、ランチに気付いた。どれも千円までで食べられる。お寿司は勿論、ちらしや、お刺身のセットで千円以内。胸の高まりをおさえながら、海鮮ちらしセットを注文。


musi.jpg

先ずは、茶碗蒸し。セットでなんだかお特感。


sashimi.jpg

お刺身も付いて来る。

DSC_0007.jpg

冒頭の画像だが、これがセットで千円なり。安!
ランチだけど、板前さんがカウンター越しに作ってくれているし、寿司屋に来た高級感は変わらず。セットのみそ汁がこれまた美味い。これに生ビールを飲んでも、1,650円っしょ。良い昼飯を見つけたのだった。

桃太郎すし公式HP

華麗なる一族を見た

テレビを見ない自分が、連続して三回も見たドラマが華麗なる一族。何がそんなに惹かれる理由なのか解らないが、このドラマを楽しみにしている自分がいる。純粋な鉄平の熱さに惹かれるんだろうと思う。

しかし毎回書くが、沈まぬ太陽を意識したシーンがお多い。夕日に照らされた工場のシルエットは勿論、今回はイノシシをハンティングする場面。あれって華麗なる一族の小説にあるのかな?沈まぬ太陽では、象がいきなり目の前に現れる。まさにその光景が今日のドラマにあった。イノシシだったけど....

ん~来週も楽しみ。

キャッチアウェーブ

キャッチ ア ウェーブ キャッチ ア ウェーブ
三浦春馬 (2006/08/25)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


キャッチアウェーブ公式ホームページ
良かった。サーフィンを通した青春物で、一夏の経験が一生を司る的なコピーが何とも素敵だ。『僕らは出会ってしまった。一生を変える一夏にー。』まさにこのキャッチコピーがピッタリの映画だった。

高校1年の夏、友達の別荘にやってきたごく普通の高校生三人。彼らは普通に、在り来たりな、それなりの夏を過ごそうとしていた。しかし別荘の鍵を落としてしまう事から、事態はあれよあれよと狂い始める。そこで出会ったのがデュークと言う、怪しさ丸出しのおっちゃん。彼が全裸で近づいて来た時から、彼らの運命は決まっていた。

デュークに竹中直人、高校生に三浦春馬、木村了、濱田岳。主人公の恋人役に加藤ローサ、地元サーファーで、バーのオーナーに坂口憲二。

とてつもないガキ親父との出会いで、一皮も、二皮も向けてしまった彼ら。最後に高校生役の木村了が言う、「信頼出来る大人もいるんだな」と。しかし竹中直人演じるデュークはこう返す。「それは違うな、そう感じるって事は、お前達がちょっとだけ大人になっちまったって事だよ。」

いや~シビレタ。良い!夏と出会いと淡い恋。忘れかけたときめきを思い出させてくれる作品だった。チェケラッチョとはひと味違うけど、見終わった時に何とも言えない淡い気持ちにさせてくれる。

総合評価
★★★★☆

1日

DSC_0002-1.jpg


今日もまた、ランドリーの明治通り店へ行った。今週はリサイクルでテロ的商品があると聞いたからだった。しかし、数日前にあった物がなくなっていた。今回はそんなになかった気がする。欲しいTシャツは沢山あるのだが、買い出したらキリがないと言うか止まらなくなってしまいそうで恐くなる。今日は、我慢をして帰って来た。

帰りに、シカゴに寄ってランドリーTシャツに重ね着したいために、安めのロンTを購入して来た。三枚で1500円。やす!それに、ジップアップパーカーを一枚。締めて2500円なり。
DSC_0015.jpg


DSC_0016-1.jpg


ロンTはアスレタの黄色と合わせてみた。意外と気に入っている。

そして、念願の今年初のかに道楽をして来た。炭火焼コースを頂いた。
DSC_0008-1.jpg

先ずはお刺身。

DSC_0010-2.jpg

炭火焼を頂く。

DSC_0011.jpg

茶碗蒸し。

DSC_0012-1.jpg

かに道楽に行ったら必ず食べるかにの唐揚げ。これが絶品!

DSC_0013-1.jpg

そしてお寿司。

DSC_0014.jpg

締めの赤だし。

買い物をして、美味い物を食って、最高の休日だったのである。

華麗なる一族

結構面白いじゃないか。ハマった。

でも、キムタクはやっぱキムタクなんだよなぁ。昭和の匂いがしないのも気になるし、上手いんだけどキムタクなんだよな~。

その後に、なぜか北の国からの第二話を見たのだが、原田美枝子さんが若い!純君の先生役だったんだね。石原真理子の様な、怪しげな空気を出しながら「大人の足で40分かかりました。」って。華麗なる一族の後だったから、おかしいやら、驚いたやら、純君も今はDr.コトーだもの。ん~時代は流れているんだ。

また書いてしまうが、どうしても華麗なる一族の中に、『沈まぬ太陽』を意識しているカットを意図的に入れている気がしてならない。それは置いておくとして、鉄にかける熱い魂とドロドロの欲望が渦巻くドラマにお熱だ。

久しぶりのリサイクル

3btrogo.jpg


最近明治通り店のリサイクルに、気に入った商品がなかった。LAUNDRYの明治通り店には、ランドリー商品の中古品の販売を行っている。古着を三枚持って行けば、新品一枚と交換してくれるシステムなのだが、たまに驚きの出物がある。この驚きを期待して通うのだが、今日は以前欲しかった、3BoysTシャツがあったので購入した。
3bt00.jpg


白だったが、Mサイズだし欲しかった品だし、即決。他にも良さ目の物が2~3枚あったのだが、金欠のため我慢した。テッドレモンのコラボTと、ルミネ限定と、サイクリングTが欲しかったな。来週にまた、リサイクルテロ的商品が出るとの事なのでチェックしたい。

これが表
3bt02.jpg

これが裏
3btback.jpg


しばらくは着ないかもしれないけど、持っている事が嬉しいのである。

3bt-b-up.jpg

初恋

初恋 プレミアム・エディション 初恋 プレミアム・エディション
中原みすず (2006/11/24)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


なかなか良かった。次の日もなんか切なさが残る様な、脳に直接訴えかけて来る物語。体調悪い時に見ると鬱が進む様な気もした。

時代は60年代。子供の頃、どことなく覚えている光景があった。まだ路面電車が走る新宿に、その時代を見る。三億円強奪事件に、こんなドラマがあったとは知らなかった。フィクションかノンフィクションか解らないが、この事件の裏に切ない想いがあった事が驚き。誰もが一度は見た事があると思われる、白バイに乗った犯人のモンタージュは、別の事件で逮捕された実在の犯人にヘルメットをかぶせただけなのだそうだ。昭和の謎の真実が、この映画にあるのかもしれない。

色々な形で国家権力に立ち向かう若者達。主人公の岸(小出恵介)は、自分は頭で国家権力と闘いたいと、密かにある計画をたてていた。ある日、暗い目をした『みすず』と出会い、実は恋に落ちていた。その気持ちは隠されながら物語は進んで行く。三億円強奪事件と絡み合わせた恋の物語は、国家権力に屈する形で終わってしまう。昭和の時代背景と、古さを感じさせない恋の描写が、とても心に染み入るのだった。

総合評価
★★★★☆

小嶺麗奈さんが大人になったって驚いてしまった。大人になったと感じたのは、いつまでたっても三年B組金八先生の生徒のイメージがあるからだ。広島美香が、こう言う恋をする様になったのかと、ちょっと親心。ミニシアターでしか上映していなかった事を知り、その発見に驚きと、見つけた喜びを感じた。

初恋オフィシャルHP

嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生オフィシャルサイト

いや~良かった。切なくて、笑えて、楽しめた。映画ってこうじゃなくちゃ。ストーリーやらはオフィシャルサイトを見てもらって、感想やらを。

下妻物語の中島哲也監督の映像美と言ったら良いのだろうか、斬新な表現がなんとも心地よく入って来る。これもDVDじゃなくて映画館で見たかったと思った。何に例えたら良いだろうか、シカゴのようでもあり、チャーリーとチョコレート工場でもあり、エンターテイメント性抜群だ。

松子の空回りな一生がとても切なく思えたが、本当は愛されていたんだ。病弱な妹ばかり可愛がるお父さんに気に入られようとして覚えた顔真似が、彼女の一生につきまとう。

♪どうすれば私~♪愛される子に..... なれるのぉ~♪

嫌われ松子の一生 通常版 嫌われ松子の一生 通常版
中谷美紀 (2006/11/17)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

華麗なる一族を見た

見る気はなかったんだが、見たらハマった。

山崎豊子と言う人をあまりよく知らなかったが、ずっと作品は見かけていた。それが後になって山崎豊子さんの作品だと知り、山崎作品に興味を持った。最近『沈まぬ太陽』を読んでいたのだが、それが白い巨塔や、大地の子の著者とは知らずにいたのだが、ちょうど白い巨塔を再放送していて、知り合いから山崎豊子を読んでる事を指摘され、白い巨塔の著者が沈まぬ太陽を書いてる事を知った。その山崎作品と言う事で興味があったが、たまたまチャンネルを合わせた事で見入ってしまった。ハマったのだ。

この人の作品はスケールがでかいと感じる。大地の子、白い巨塔、沈まぬ太陽だけでそう思っているのだが、よくそこまで切り込んで行くと唸ってしまう。2008年には、沈まぬ太陽がクランクインされると言う事で、ドラマの中には夕日のアップカットが意図的に使われている様に感じた。そして、わざわざジャンボジェット機が飛んでるカットを入れていたりするのを見ると、沈まぬ太陽への序章なのかと、勝手に期待を膨らませたりした。

ドラマの中の、鉄にかける大きな夢。男って良いなと感じた。まあ、ワシも男だがこんな熱い気持ちはとうの昔に忘れてしまっている。逆に、夢の持てる時代だったのかと荒んだ気にもなった。今後が気になるドラマだ。

イタ飯屋 Giovanni

DSC_0012.jpg


最近休みになると、ここに来ている。Giovanniと言うイタリア料理の店だ。店の前を通って、ピザが美味そうだと思ったのが切っ掛けで、思いつきでこの店に入ってみた。そしたら値段のわりに、本格的なイタリアンが食べられた事に驚いてしまった。それから美味しいものが食べたいと思った時にはいつも訪れるようになった。

いつもはランチコースを頂くのだが、今日はランチタイムが終了していたので単品でピザを頂く。
DSC_0006.jpg


まずは、ハーフ&ハーフを頂く。
トマトベースとバジリコベースの味が半分ずつに楽しめる。これと、ペンネアラビアータを注文したのだが、ピザが美味くてもう一枚注文。


DSC_0010-1.jpg


ピッツァカプリチョーザ

その日の具をふんだんに使ったと言う、サブタイトルに惹かれて注文。その名の通り具沢山な1品。肉、オニオン、ゆで卵、サーモンに、何かの実、お腹いっぱいになりつつある所に、ガッツリとと染み渡るカプリチョーザでした。

ピザを食べ終わると、お皿にお店の地図が。
DSC_0008.jpg


コースは食べられなかったけど、幸せ気分で休日を過ごしているのだった。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます

DSC_0022.jpg


正月は仕事しておりました。夜勤が明けたら、早番でおせち料理を配り、また夜勤なんぞこなしておりました。気持ちは正月モードなのに、仕事でそれどころではありませんでした。やっと、今日休みとなり、遅れた正月を取り戻しております。

地元のイタリアンランチを堪能し、お台場へGo。GoGoランドリーを覗いて、スライダーマンのロンTを購入予定だったのに、サイズと色が合わずに断念。そのまま明治通り店へ。リサイクルもあまり良いのがなく、乗り切れなくて帰宅。

ランドリーが欲しいけど、イマイチ乗り切れなかった。こんな自分ですが、今年も宜しくお願い致します。

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク