今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

11月≪ 12月≫01月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

広島旅行 最終日

はぁ、早いもので最終日。沖縄旅行と違い、二泊三日だったのであっという間に過ぎて行った。でも、初日は飛行機の時間が早かったし、最終日は夕方のフライトだったので、二泊三日を丸まる費やせた。最終日は、朝から写真を撮りまくるのだった。
DSC_0024-1.jpg

泊まっていた広島プリンスホテル。高級なビジネスホテルって感じだった。
DSC_0036.jpg

ホテルの周りには猫が沢山いた。
DSC_0041-1.jpg


DSC_0068.jpg

広島駅でスターバックスに寄り、広島限定マグカップを購入。
呉へ向かって電車に乗る。

DSC_0193.jpg


DSC_0194.jpg


向かったのは大和ミュージアム。戦艦大和の美術館みたいな所だ。映画『男たちの大和』を見て、その悲しい無謀さは痛感していたが、生の遺書や、負けて我を知れ等の念の隠った言葉を見ると、原爆資料館同様で体に何かが乗っかる様な気怠さを感じた。こんな悲しい歴史.... この歴史が大和魂の語源?違うだろ! もっと深い意味があると思っていたのに、無駄死にが大和魂なのか。結局は強制された死ではないか。大和魂とは、自分が持とうと思って持つ心ではないのか。沈められると知っていて、出撃した戦艦大和。沈没の影に、何を日本は学んだのか?そして広島、長崎の世界で最初、そして他にない核兵器の被爆。被爆は、日本自らが招いたのではないだろうか?60年以上経った今、日本は学習しているのだろうか?いや、命を軽視し過ぎではないか。これが日本人の遺伝子なのか。とても複雑な気持ちになった。
DSC_0095.jpg

DSC_0121.jpg


外に出て頭を冷やした。
DSC_0073.jpg


今、日本は平和だ。だけど、命を軽視する国家体制はなんも変わってない気がする。難しいことは解らんが、うちの会社と一緒じゃん。机上論のみが一人歩きしている。一番大切な物はなんなのか?

と、難しい事を思っていたら腹が減った。
DSC_0145.jpg

DSC_0148_2.jpg


大和ミュージアム近くで釜飯を食べた。鯛かに釜飯を食べ、車の運転もない事から昼から生ビール。ムフ。

そこから映画『海猿』のロケ地を回った。

DSC_0185.jpg

大輔達がトレーニングする階段。両城の200階段に行った。

photo_mov06_1.jpg

photo_mov06_2.jpg

実際に登ってみると、かなり、かなり、いや、もの凄くキツかった。普段運動してても太ももが張った。
DSC_0185.jpg


登りきると、呉の街を一望出来るのだ。

DSC_0163.jpg


もっと、もっと、ロケ地を回りたかったのだが、ここでタイムアップ。広島空港を目指すのだった。

DSC_0201.jpg


思っていたよりも広島空港って山の中にあるので驚いた。新しい空港に降り立つと、なぜかドキドキする。何より嬉しかったのは、体の調子が良くなって来た事。旅に来てるのに、イマイチ胃の調子が良くなくて、ガッツリ食えなかった。空港の中には、尾道ラーメンが食べられたり、広島風お好み焼きを屋台っぽい店構えで楽しめるスペースがある。ここでラーメンとお好み焼きを頂く。そしてまた、ビールを飲む。
DSC_0199.jpg

DSC_0200.jpg


こうして、広島旅行は終わろうとしている。次の旅行は何時になる事やら。
名残惜しい気持ちで飛行機に乗る。

DSC_0202.jpg

明日からは、また現実が待っている。沢山のエゴ、
沢山のストレス、醜さ、不平不満、無責任、
沢山の邪念との闘いだ。
飛行機から複雑な気持ちを抑えて、次の旅行を思うのだった。

DSC_0203.jpg

スポンサーサイト

広島旅行2日目

二日目は、寝坊して尾道へ向かった。

DSC_0013.jpg

DSC_0010.jpg

DSC_0017.jpg


呉に行こうと電車に乗ったのだが、大和ミュージアムが休館日と言う事を知り、途中で目的地を変えたのだった。ぶらぶら散歩したいと思っていた地だったのだが、天気はあいにくの雨。散歩するのも難しかった。最初に目指したのは、喰海と言うラーメン屋さん。
DSC_0023.jpg

これも、るるぶ広島に載っていたので行ってみたのだが、ここで尾道ラーメンを初めて食べたのだった。


DSC_0024.jpg


ネギラーメンを頂いたが、炒めネギが良いか、生ネギが良いか聞かれて、迷わず炒めを選択。これが、尾道ラーメンのあっさり感を変えてくれたのだった。

尾道ラーメンを堪能し、ブラブラと尾道の街を巡った。

DSC_0035.jpg


pakutu.jpg


DSC_0027.jpg

DSC_0030.jpg


DSC_0044.jpg

noko.jpg

DSC_0049.jpg


短い時間だったが、尾道を巡り広島に戻って来た。結構な旅で、片道1時間半くらいかかる。今日も精力的に観光地を巡った。締めは、温泉。ここの天然温泉で癒され、帰宅する。
DSC_0054.jpg


温泉と同じくニュースポットとして載っていたイタリアンの店に寄った。泊まっていた広島プリンスに行く途中になるので、ここで食事をした。
DSC_0085.jpg

なかなかの雰囲気である。元々倉庫だった所を改造して作ったと言うが、その吹き抜けの空間が何とも気持ちがいい。自分は入らなかったが、トイレがなんとも言えない素晴らしさらしい。

DSC_0075.jpg

コースで頼もうと思ったが、単品で。まずはリゾットから。
DSC_0076.jpg

次にピザ。どれも美味い。
DSC_0077.jpg

そしてメインの鯛のアクアパッツァ。これも美味い。タレを絡めさせたくて、身を崩してしまったのだが、店員さんが1本焼きじゃなかった方が良かったですか?と聞いて来てくれた。いやいや、1本焼きのアクアパッツァが美味いでしょ。そんな事はない事を伝えると、D40で料理を撮影している事が気になったらしく、業界の人と間違えられた。全くそんな空気は持っていないのだが、結構気を使ってくれた。ちょっと申し訳ない気になった。
DSC_0079.jpg

DSC_0078.jpg

こうして二日目は暮れて行くのである。

DSC_0052.jpg

広島旅行1日目

DSC_0042_2.jpg


初広島である。小学生の頃にはだしのゲンを読んで以来、原爆と言う物にのめり込んだ。原爆にのめり込んだのか、その悲惨さに興味を持ったのか、何に惹かれたのかは解らないのだが、人間が人間でないような恐ろしさを痛感した。唯一の核兵器の被爆国、そしてその地に初めて降り立った。

DSC_0083.jpg


1945年の8月6日、8時15分に人類初の核兵器が広島上空で炸裂した。

DSC_0050.jpg

DSC_0045.jpg


なぜ広島が狙われたのか?原爆資料館で二時間以上の時間を費やした。

DSC_0092.jpg


DSC_0099.jpg

広島の街上空600メートルで原爆は炸裂した。

DSC_0102.jpg


閃光は約3秒~5秒、その温度は5000度を超えた。人を焼き、建物を焼き、爆風は何もかも吹き飛ばした。爆心地となった原爆ドームは、たまたま上からの爆風だけだったのでこれだけ形が残ったのだそうだ。この時、この建物の中で仕事をしていた人全員が一瞬にして灰となったDSC_0116_2.jpg


DSC_0096.jpg

有名な写真だが、この一枚にどれだけのエピソードがあったのかを館内で説明を受けた。当時新聞社のカメラマンだったのだが、あまりの惨さにこの写真を撮るまで何時間もシャッターが押せなかったそうだ。これが、被爆して最初の写真とされている。被爆後三時間の模様で、皮膚が溶けてずるずる向けている所に、お巡りさんが手持ちの油を塗ってあげている場面だそうだ。この距離で、やっとの思いでシャッターが押せたと。もう一枚、この光景のアップの写真があったがさぞ辛かっただろう。

一番感動したエピソードは、路面電車の話。当時広島市内を走るちんちん電車は、民間企業によって運営されていたそうだが、熱線でよれ曲がったレールを修復し、電線を色々な所から引っ張って来て、わずか3日で復興したそうである。今でも広島市内をちんちん電車が行き交い、人々の移動手段の中心となっているのは、こうした被爆した人々の想いがあるからなんだと教わった。確かに路面電車が多い。そんな想いがあって、市内をちんちん電車が走っていると思うと、被爆はしたものの、強い気持ちが広島の人にはあったと言う事がよくわかる。人間って弱いし、小さいけど、強いな~ッて感じた。

広島旅行1日目

DSC_0148.jpg


DSC_0223.jpg


初日は広島の世界遺産を攻めた。原爆ドームに始まり、遠回りだったけど路面電車を使って、宮島にある厳島神社を巡った。

原爆資料館はとても興味深く拝見出来た。何時間いたんだろうか?これで50円だ。と、不謹慎な事を言っているが、正直な感想。被爆から60年と言う月日が経っている。この経験を後世に伝えて行かなければならないと感じる。原発事故や、航空事故、地震や火災の災害にテロ、毎日の様な事件事故に、被爆の記憶が薄れて行かない事を祈る。

原爆ドーム近くから、船で宮島まで行ける。世界遺産巡りの観光コースだろう。しかしあえて路面電車を使った。ケチった事も理由だが、広島に来たんだから路面電車に乗りたかったのがある。電車に乗る前に、広島の街を探索した。
DSC_0160.jpg

DSC_0161.jpg

広島風お好み焼きを食べ、宮島に向かった。

DSC_0177.jpg

DSC_0176.jpg

宮島に降り立って、出迎えてくれたのは鹿だった。

やっぱ広島に来たんだから牡蠣が食いたいと思ったが、職業柄、ノロウイルスが流行ってる事もあり、我慢した。本当ここの焼き牡蠣が美味そうだった。
DSC_0258.jpg

DSC_0262.jpg

DSC_0263.jpg

もっと色んな所を回りたかったのに、あっという間に暗くなってしまった。岩国にも行きたかったのに、今回は断念。

いよいよ夜飯。るるぶ広島に載っていた、有機野菜料理のバイキング『露菴』に行った。露菴ホームページ
ここが良いバイキングで、値段の割に満足度は高かった。
DSC_0264.jpg

DSC_0266.jpg

料理の豊富さ、美味さ、デザートの充実、家の近くにないのが悲しい。

こうして1日目は暮れて行くのだった。
DSC_0267.jpg

D40で撮ってみた

DSC_0032.jpg


DSC_0033.jpg


DSC_0040.jpg


DSC_0031.jpg


yuhi.jpg


デジタル一眼の道は長く、険しいと思われ....

D40で撮ってみた

DSC_0126.jpg



なんとなく一眼っぽい写真かな~

D40で撮ってみた

DSC_0043.jpg


パンフレットの夕日の写真が綺麗だった。でも、自分じゃ撮れない事がよく解った。これから少しずつ勉強してかなきゃと感じる。

D40で撮ってみた

can.jpg


最近ハマっているキリンラガーの復刻バージョン。これ結構美味いっす。それをD40で撮ってみた。

それだけなんだけど、なんだか嬉しかったりする。

D40を使ってみた

Nikon 一眼レフデジタルカメラ D40 ダブルズームキット ブラック Nikon 一眼レフデジタルカメラ D40 ダブルズームキット ブラック
(2006/12/01)
ニコン
この商品の詳細を見る


注文したD40が届いた。全くのデジタル一眼レフ初心者のワシが、大人のおもちゃを手にしてしまったイメージ。何がなんだか解らずに、取りあえずシャッターを押してみた。
DSC_0023_2.jpg

使ったモードは、発行禁止モードと絞り優先モード。ISO感度とか、絞りとか、何もかもオートで撮った。やはり、雑誌やパンフレットの様には撮れないもんだと感じるのだった。

DSC_0025_2.jpg

中野駅までの道を、カメラ小僧の如くシャッターを押しながら歩いた。印象はコンパクトデジカメよりも、気軽に夜景の写真が撮れると言う事。シャッターを押した瞬間の、手に来る衝撃みたいな感じが気に入っている。
DSC_0029_2.jpg

DSC_0031_2.jpg

DSC_0033_2.jpg

何かあれば撮ってみたって感じ。もっとポートレートモードとか、背景がボケる様な写真が撮ってみたいんだけど、その機会はなかった。
DSC_0034_2.jpg

よく行く沖縄料理の店、「なんくるないさ」を撮る。でもコンパクトとイマイチ違いが分からずでした。
DSC_0045_2.jpg

DSC_0043_2.jpg

中野と言えばブロードウェイって事で。
DSC_0039_2.jpg

大戸屋で鳥カツ丼と蕎麦を食って来ました。

これから少しずつ勉強だけど、少し不安な自分も居る。パンフレットの様な写真が撮れるのだろうか?と。でも、かなり楽しいのだ。プロじゃないんだし、カメラおたくでもない、綺麗な写真を撮りたかっただけ。とにかく楽しみながら写真と向き合って行きたいと。

NIKON D40を購入した

Nikon 一眼レフデジタルカメラ D40 ダブルズームキット ブラック Nikon 一眼レフデジタルカメラ D40 ダブルズームキット ブラック
(2006/12/01)
ニコン
この商品の詳細を見る


ついにデジタル一眼レフを購入した。何年越しの計画だ?初代EOS Kiss デジタルからだから三年以上だ。その度に買おう買おうって思うのに、やっぱり10万円以上の買い物はなかなか一歩踏み出せないからだろう。

昨日カメラ量販店で情報収集していたのだが、たまたま入ったサクラヤの店員さんがモロにカメラマニアの人で、欲しい情報を次々とくれたのだった。まあワシが欲しい情報と言ったら、RAWファイルとはなのぞや?とか、D40とD80とEOS Kissとの違いは何ぞ?とか、そんな程度の質問だったが、初心者の?に答えてくれたのだった。良いのは実はペンタックスみたい。でも、自分はNIKONかCanonで決めていたから、迷わなかったけど、D80を候補にしていた自分にはD40で十分な事が分かったのがこの日の収穫。カメラ量販店で、ダブルズームキットが92800円だが、アマゾンで78000円であった。しかも10%還元。一番安い様な気がする。

ポチッと押してしまった。数年越しのデジタル一眼レフ購入計画は、意外にも簡単に幕を閉じたのだった。

初 LAUNDRYリサイクル




里子に出した三つのランドリー。左からランドリーのキャラを一つにまとめた作品。気に入っていたんだけどサイズがSで、かなり小さめだった事が理由。色もキャラも大好きだったんだけど、第一にリサイクル候補に上がった1品。真ん中は、ラインドリーが好きになった切っ掛けのアスレタコラボのロンT。これは逆にLサイズででかめだったのが理由。このアスレタが、なんと初めて買ったランドリーのTシャツである。そして右は、今年の夏にリサイクルで購入した物。いつもと違う物が欲しくて買ったんだけど、なかなか着る機会がなかったのと、やっぱり小さめのSサイズだったのが理由。この三枚のTシャツから、交換して頂いた一枚はこれ。
DSCN1586.jpg

目を付けていたトゥリーボーイの緑をチョイス。カレンダーやトランプ等のクリスマスフェアーのTシャツも可愛かったんだけど、断然この一枚に目を付けていたから即決定!でも、カレンダーTはやっぱり欲しいかも。

リサイクルで交換出来るのは、ランドリー商品のTシャツ物全てだそうです。ロンTも七分袖もOKだとのことだが、アスレタを含む一部の商品はNGみたい。ロンTもOKってのは驚きじゃない?半袖だけだと思ってたからさ。

なんでこの一枚に惹かれたのかは解らないんだけど、クリスマスフェアーの商品よりもこれをチョイスするくらい気に入っているのだった。
DSCN1587.jpg

勿体ないから広げずにそのまま袋にしまってしまった。袋から出していない物は、他に今年2006年のハロウィンと、お台場限定がある。これもしばらくは、押し入れの中で日の目を見るのを待つ事になりそうだ。

こんなリサイクルひとつにしても、紙袋にシールを貼ってくれる事が嬉しかった。

DSCN1588.jpg

ランドリーのクリスマスフェア

DSCN1573.jpg

クリスマスフェアは楽しく過ごせた。かなり可愛いTシャツ目白押しで、危うく買い過ぎるところだった。

クリスマスだったけど、以前から目をつけていたアスレタのパーカーをゲット。カーキ色がこれ一枚のみだったので、購入に至った。アスレタエンブレムジップアップとどちらを買うか30分以上迷っての選択だったが、とても気に入っている。ジップアップの方がTシャツを着れるので使い勝手はよさそうだが、このパーカーを手に入れないと後悔しそうだから思いきって買ってしまった。

DSCN1574.jpg

DSCN1576.jpg

介護歴五周年

介護の世界に足を踏み入れて、丸五年が経った。五年前の今日から老人ホームなる所で働き出したのだ。思えば色々な事があった。少し疲れた。沢山の事が変わった。辛い事の方が多かった。と言うよりも、毎日辛かった。なんでこんな事やってるんだだろう?でも頑張った。淡々と頑張った。何も言わずに頑張った。後輩達が舐めて来る。それでも淡々と頑張った。この五年は、そのコツコツと積み上げて来た五年だ。誰がなんと言おうと、頑張って来たもんは頑張ったんじゃ!ワシがワシで何が悪い!でももう限界なのかもしれない。少し足を止めてみようと思う。そしたら自然と見えて来るのかもしれないから。

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク