今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

手紙

重てぇ~。

泣きたくて見に行ったのだが、ちょっと鬱傾向プラスだった。確かに泣ける。でも、テーマが重すぎると言うか、背負う十字架がでかすぎる。兄の合掌が涙なしには見る事が出来なかった。そこまで追い込まなくても.... でも、それが罪を犯した償いなのだとテーマの重さを理解した。

なんて沢尻エリカが田舎臭いんだろう。軽くストーカーだよな。でも、後半愛の深さだと悟る。強くなくては生きて行けない。憎むべきは人ではなく、罪なんだ。なんか、哲学的で宗教的な映画だったな。確かに涙なくして見れない映画だ。でも、その涙の理由が重い映画である。

総合評価
★★★☆☆
スポンサーサイト

犠牲(サクリファイス)?わが息子・脳死の11日

犠牲(サクリファイス)?わが息子・脳死の11日 犠牲(サクリファイス)?わが息子・脳死の11日
柳田 邦男 (1999/06)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


読みやすかったな。

テーマは重いけど、一方的な物の見方をされない心遣いが伺えた。物事を360度の目線で説明されているので、ごり押しな文章じゃなかったし、沢山分かった事もあった。何が惹かれる理由か分からないけど、夜勤の仮眠休憩の時間に一気に読んだ。何が面白くて、何に惹かれたのか分からないのだから説得力がないが、これだけ重たく難しいテーマを自分が読めたのだから、相当優しく書かれていると思う。無くなられた洋二郎さんの目線を想像出来る事も興味深かった。なぜ心病む人に「頑張れ」と励ましてはいけないのか。自分なんかが解らない心の闇と、常に闘い続けているんだと言う事。そして、その答えは自らの命を絶つと言う事。言葉にすると簡単だけど、その心の闇ってどんな世界なのかと言う事を少しだけ理解出来た事が大きかった。自ら命を絶ち、救命病院で脳死になる。机上論では絶対に計算出来ない真実が、この本にはあると思う。とても熱い本だったけど、熱いまま語らずに淡々と進んで行くのが真実味を感じさせられる。自分の死、相手の死、他人の死、死の受容の在り方を、経験していなくても想像させてくれる本だ。死の話はタブーではない。むしろ、いつ訪れるか解らない『死』をどう迎えるか、生きた証をどう残していくか、難しい問題なのに解りやすく書いてあった。脳死どうのこうのは全く解らないが、一人称、二人称、三人称の死の違いはとても共感出来た。他の作品も見たい気持ちがいっそう深まった。

サクリファイスの感想もう一個

犠牲(サクリファイス)?わが息子・脳死の11日 犠牲(サクリファイス)?わが息子・脳死の11日
柳田 邦男 (1999/06)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


惹かれた本だった。なぜ惹かれたのかは、じっくり考えてみようと思うが、これだけ著者の家庭環境を赤裸裸に暴露しているにもかかわらず、一方からだけの視点で物事を考えていないように感じた。これだけ難しいテーマを自分が読む事が出来たのだから、優しく書いてあるのだと思う。 一番興味を持ったのは、なぜ心病む人に頑張れと励ましてはいけないと言われるのかが解った気がした事。著者がご子息の死後、彼の日記や小説の中からその目線を解説している。対人恐怖症とは、通常の社会生活をする事にどれだけストレスがかかっているか。普通の人が感じる事のない孤立感、恐怖感、その目線を少し理解出来た事が興味深かった。 脳死と言う重たく、難しいテーマだったが、とても読みやすかった。

誤字

誤字かぁ。

ワシ誤字多すぎだよなぁ。と、指摘されて改めて思う。見返していないのが一番の理由だが、やっぱ基本が出来ていない。うん。勉強もしていないし、ネットってそんな人が簡単に文章を公表出来てしまうのが恐い。気軽に日記などを公開しているのは良いが、そう言う指摘をしているサイトを見ると自分の事だと感じる。

でも続けてしまうんだろうな、誤字が多い自分をさらけ出して。

いのち

いのち?8人の医師との対話 いのち?8人の医師との対話
柳田 邦男 (1996/10)
講談社
この商品の詳細を見る


ランドリー着こなし

こばっこさんのHPに以前からランドリーとアニエスの着こなしをアップして欲しい事をお願いしていた。寒くなったので、なかなかランドリーを着る事が出来ないとぼやいたらカットソーと合わせたらまだまだ着られるとアドバイスを受けたのが切っ掛けだった。

自分もランドリーとランドリーで合わせてみた。
DSCN1487.jpg

今一番のお気に入りのビンゴTシャツと、こばっこさんとの接点であるバントマンの七分袖を合わせてみた。
DSCN1088.jpg

↑これと、
DSCN1076.jpg

↑これを合わせて
DSCN1485.jpg

↑ドン!!と言った感じ。

これでも寒くなってしまった今日この頃。やっぱジップアップ買うかなぁ~

DSCN1486.jpg

ワールドトレードセンターを見た

久しぶりに映画館で見た。見たかった映画が、どんどん終了してしまっている。これだけは、映画館で見たいと思っていたので、夜勤明けだったが無理して見に行った。

ユナイテッド93のときも感じたが、ビルに旅客機が飛び込んで行くシーンはあえてカットしてあるように思う。被災者の方々への配慮と思われ、あえて飛行機の影がビルに一瞬写ると言う演出をしている。あの映像がどれだけ衝撃的かは、この映画を見れば納得出来る。ビルに関係ない自分だって、ただ事じゃなかった。それが、崩壊したビルの中に家族がいる事を知らされたらどんな思いだろうか?

特にストーリーがある訳でもなく、9.11のテロの背景を描いた訳でもない。ただ、あの日に何千、何万の人が一瞬にして飲み込まれたと言うドキュメント映画だった。多くの人に見てもらう事で、犠牲者の霊を慰めたいと言う意向が感じられた。

映画としての面白みはない。しかし、なんか終わった時に考えさせられる内容だった。オンタイムで9.11のテロを目撃していて、なぜかバーチャルの世界の事のように考えていたのかもしれない。9.11が自分に降り掛かる様な映画だった。その中で、生存者がいたと言う奇跡は、悲しみの中の小さな灯火だった。それが大きな炎と感じるか、小さな炎と感じるかは、人それぞれ。出来事は、とても大きな事なのに、人の立場によってこれだけの温度差がある事に、色々と考えてしまう自分がいる。

でも、ニコラス・ケイジじゃなくても良かった気がする。

総合評価
★★☆☆☆

梅林餃子の中野店

田町店の応援で一時店を休業している梅林餃子さんでありますが、今日内装工事が入ったのを見て、店じまいを悟った。今までありがとう。あの味を忘れない。高級料理ではない、あの中国の家庭の味が好きだった。その時代の思い出があった。あそこに店ができて五年?六年?自分の成長と共に梅林餃子があったように思う。残念だけれど、あの味を感じたければ田町まで行けば良い事。少し寂しいけど、梅林餃子さんの発展に幸あれ!

今日のランドリーもう一枚

DSCN1473.jpg

ちょっと前に買ったハロウィンTシャツ。
これ買って良かった。ボーイ物、やっぱ可愛いっす。

DSCN1475.jpg

今日のランドリー

DSCN1476.jpg

久々にランドリーをのぞいた。結構良い感じのジップアップが出ていた。今日の購入物は、180スノボースウェット。これが、ドーンと印象あった。

DSCN1477.jpg

DSCN1478.jpg

DSCN1479.jpg


色は紫。黒か紫か迷ったが、あまり着ない紫を選択。見た目はライトグレーがドンピシャ。でも、着た感じはこれが一番。これで冬もOKよ。

眠れない

11月になって、やる気が低迷している。この先どうやって行きて行こう?と、この季節毎年思う。今年もなんだか鬱っぽくあり、今日も全く睡眠が取れないのだった。明日は早番なのに、あと二時間も眠れない。ただただ、気持ちばかりが焦り、仕事の嫌な出来事を思い出すのだった。

今日は嫌な内容だな.....

ニライカナイからの手紙

B000CEK58Q.09._SS500_SCLZZZZZZZ_V1132834026_.jpg


沖縄映画にハマっている。ちょっと仕事に戻ったら、あっという間に現実に戻された。最近面白い物を面白いと思えないのかもしれない。正直、この映画を良いって思えなかった。それが悲しい。少し心乱れているのかもしれない。

ニライカナイとは、水平線の向こうにある天国の様な場所。母と離ればなれになった蒼井優さん演じる風希。誕生日の度に届く手紙に、二十歳になったら全てを話すと。その時、風希は全てを悟る。

竹富島が舞台となった映画。途中でストーリーが分かったが、蒼井優さんの素朴な演技が好感を持てる。やっぱり沖縄弁が心地よく入って来る。ただ、自分の心が映画を見る心境ではなかったのかもしれない。仕事で疲れてない時にもう一度見たい。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000CEK58Q

総合評価
★★☆☆☆

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク