今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

09月≪ 10月≫11月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

久しぶりの飲み

昔の職場のメンツと飲んだ。結局は、現在そこに在籍している職員の愚痴になったけど、懐かしく飲めた。

時間の経過を感じたな。今いる人たちの名前を覚えていなかったり、現状を話しても想像出来なかったり、愚痴を吐いている自分が空しく思えた。久しぶりに外出して大勢と飲んだけど、飲みの席の失態ってあるよなぁと思った。複雑な気持ちで帰宅したのだった。
スポンサーサイト

10月のミーティング

10月のミーティングだった。相変わらず下らないミーティングだった。

最初から最後まで出席したのは久しぶりかもしれない。そんな事をわざわざミーティングで話さなくても良いだろう、と言う内容を延々とくり返す。おかしいけど、理論武装した者が勝ち。普段動かなくても、志高いですって、言えたものが主導権を握って行く。二時間半を黙って過ごすのはとても辛い。

よくお互い愚痴を吐き合う仲間がいる。この子は、以前パニックを起こして救急車で運ばれた子だが、利用者の様子の変化は勿論スタッフの事も、色々な様子が見える子だ。この子が、うちのホームの問題点を指摘出来る、唯一のスタッフだと思う。ワシは喋る事が苦手だし、彼女ほど仕事が出来ない。そして何より、意見を言うと途中でなにを言っているのか分からなくなってしまうと言うお粗末な人間なので、あまり発言出来ない。この日も、この子がホームの問題点を指摘しだすと、ホームリーダーも理論で返して来る。返すと言うよりも逃げてたって言うのが正解かもしれない。

何ヶ月も前からまともな仕事が出来ない状況を作っておきながら、まともに仕事をしなさいと言う運営サイドにその環境を整えて欲しいと訴えていた。問題点は、先ずスタッフ数が足りていない事。その中で十分な研修を行えずに一人立ちさせられて事故が起こる。事故が起きれば起こした本人を罰する。離職率が上がる。それが1。次に、研修が不十分だから三階まであるフロアの中で自分の担当階の利用者のケアしか出来ない。そしてやろうとしない。これが2。そして以前から書いているが、サブリーダーの抜擢が明らかにおかしい。口ばかりで動かない人ばかりが、サブリーダーとして10月半ばから動いている。自分の感情でスタッフを落とし、辞めさせてしまう。これじゃ、何人スタッフを募集しても育つわけがない。それなのに、ベテランスタッフをどんどん他のホームへ追いやってしまう。おそらく新しいサブリーダーが、古いスタッフがいるとやり辛いからだろう。

航空業界に例えて欲しい。新人だらけのパイロットで、会社は口だけで事故を起こさないように飛んでくれと言っている。しかし、墜落させたいんじゃないか?って思う様な人事を組み、事故が起きそうになった時、これをやったら事故が起きると言う経験を伝えないうちに、新しいパイロットでフライトさせている。こんな飛行機に乗りたいだろうか?こんな飛行機会社が利用者の安全と楽しい生活をうたって良いのだろうか?これを丸ごと介護福祉業界に置き換えたら有り得ない組織だと思う。しかし、現実に、ここに、有り得るのだ。

誰だって福祉を目指したからには熱い思いがあったはずだ。その思いが擦れて来る環境を考えなくては理想のホーム作りは出来ないと思う。上辺だけを見て、臭い者にフタをする我がホーム。いつかとんでもない大事故になるぞ。前提が間違っているから、どんなに綺麗事を並べたって間違って聞こえる。この間違えを堂々と力説し、押し付けて来る事にはらわたが煮えくり返る。今の現状、いつ事故が起きてもおかしくない。自分がそのジョーカーをひかないようにしなければならない。しかし、そのジョーカーをひいてしまう予感がする。それがたまらなく不安なのだ。

こんな環境でもう働く事が出来ない。しかし、生活して行くには働かなくてはならないのである。

県庁の星

映画館で見たかったが、いつの間にかDVDが出ていた。映画のサイクルが早いのは、老化が原因か?

ツボにはまった映画だった。もろストライクゾーン。うちの職場に照らし合わせてみてしまったのだった。結局県庁から来た織田裕二が、良い所独り占めだったけど踊るシリーズとは違った熱さがあって良かったな。最後、知事の「前向きに検討すると言っただけ」と言うセリフが全てを物語っていた。

総合評価
★★★★☆

こばっこさんとの接点




気に入っているリサイクルランドリーのTシャツがあった。バントマンのジャイアンツ色の物。こばっこさんのHPで紹介されていたので、リサイクルでゲットした事をコメントすると、こばっこさんの物をゲットしていた事が判明。なんか世間は狭いな~と言うのが今日の日記。

ハロウィン Laundry 開催!

60.jpg


今日からハロウィンフェア開催だそうです。ハロウィン限定Tシャツや、ノベルティーもあり。

ベローチェ

http://www.chatnoir-jp.com/veloce/veloce.html
旅行の帰りにベローチェに寄った。ここのコーヒーが安くて美味いから大好きだった。特にアイスコーヒーが好きなのだが、今日はコーヒーゼリーを注文した。ミルク、牛乳が駄目な自分は、コーヒーゼリー等にクリームがのっていると食えないのだが、ベローチェはクリームではなくアイスクリームがのっている。このアイスもラクトアイスっぽいので問題なく食べられる。今日もコーヒーゼリーを美味しく食べていた。

しかし連れが、何も注文していなかった事に怒られた。注文しないなら出てけぐらいの勢いで驚いた。こう言うショップで、あれだけ強気の態度に口があんぐりと開いてしまった。良い意味、毅然とした態度で対応されたのだが、言われたこっちは驚きの後に怒りの感情がわいて来る。一応客だと言う気持ちがそうさせるのだが、確かに注文しなけりゃ客じゃないよな。しかしカップルで訪れて、片方が何も飲みたくない時、こう言うケースが出て来るんじゃないかな。そう言う時、全員に同じ対応をするのだろうか?なんとも表現しがたい複雑な気持ちを抱いて店を出た。相方は、ワシがコーヒーゼリーを食べている間、外で待っていてくれたが、コーヒーのようにテイクアウト出来ない品物だし、急いでコーヒーゼリーを食べた。自分たちが悪かったのはとても良く分かるが、もっとイキな対応ってなかったのだろうか。

自分たちって、社会から追いやられるタイプなのかな?って、今複雑な気持ちでいっぱいである。謙虚に生きてるのになぁ~。

水上温泉

DSCN1466.jpg

毎月恒例の旅行、今月は水上温泉に来てみた。高いからJRを使わない事が多いのだが、今回は込み込みの料金で16,000円だったので思いきってみた。思いきってないか。二時間半くらいの電車の旅はなかなかの物で、ビール片手に読書しながらだんだんと変わる景色を楽しんだ。駅に着くと爽やかな風が吹いてはいるが、日差しが強く暑かった。しかし夕暮れ頃には風はひんやりと、間違えなく秋の薫りを運んでくれた。
DSCN1460.jpg

宿からはなかなかの景色が広がる。川の流れの音と、心地よい風が心を癒してくれる。温泉は混浴で、若者向けではない印象を持ったが、いつもとは違う温泉旅行に癒されるのだった。
DSCN1461.jpg

夜勤の疲れ

久しぶりの夜勤で、心底浸かれてしまった。久しぶりと言っても、2週間くらいなのだがこれがキツいと思うには十分のローテーションだったのだ。

沖縄気分から現実に戻される。いつまでもスローライフ、沖縄タイムを引きずる訳には行かないが、職場の空気が悪い事は依然として変わりなかった。その空気と、夜眠れない事でドップリと浸かれてしまったのだった。24時間布団から出ない感じだった.

明日また夜勤だ。ちょっと介護の仕事に自信がない自分がいる。

沖縄3日目のLAUNDRY Tシャツ

bantman.jpg

沖縄3日目のランドリーTシャツは、バントマンの緑。これにアスレタコラボTシャツの黄色を重ね着。結構気に入っている色合わせだった。もろにブラジル色だったが、ビーチサンダルとコーディネート。
bantman2.jpg

沖縄二日目のLAUNDRY Tシャツ



東村ヒルギ公園にて
カンフーTシャツを着て。ちょっと前に明治通り店にてリサイクルでゲット。素材が軟らかい物で、明治通り店とお台場店のみ扱っていた商品だそうです。かなりお気に入り!

明治通り店リニューアルオープン

明治通り店のレセプションパーティーに行ってきました。スライダーマンVsバントマンの限定Tシャツが出てましたが、気になったのはトラック野郎Tシャツと、アスレタコラボのパーカーでした。お店の雰囲気は、ウエスタンの天井はそのままに大人っぽいイメージに変わっていました。リニューアル誠におめでとうございます。

ノベルティーを頂いてきました。限定Tシャツは買わなかったけど、リサイクルと何枚か購入して帰ってきました。結婚式の二次会みたいでとても楽しい一時が過ごせました。
061006_2231~001.jpg

チェケラッチョ

涙そうそうを見てから沖縄映画にハマっていて、深呼吸の必要の後は今年の春に公開されていたチェケラッチョ!!をDVDで見た。楽しみにしていた映画が、レンタル開始になったので早速借りてきたのだった。

やっぱ沖縄いいサ~。涙そうそうとは違い、こちらは10代の青春を描いた物だが、本土にはない温かさが満ちあふれているのだ。東京ではない光景が、沖縄を舞台にした映画にはあるんだな。主人公の市原隼人君の沖縄弁が可愛い。妻夫木君よりも沖縄弁が自然に喋れているように思ったが、あのイントネーションはとても気持ちが和む。映画を見ながらなんちゃって沖縄弁で会話してしまう自分がいて、普段ならば殺伐としているのに、なぜか沖縄を感じたときは心穏やかになっている。沖縄依存症だな。そこまで沖縄が素晴らしい訳ではないと思うが、自分の中で素晴らしい物として美化し過ぎてしまっている所があるな。でも、好きな物を好きと表現出来る事を嬉しく思う。

チェケラッチョの公式ホームページはこちら
http://www.ch-098.com/main.html

総合評価
★★★☆☆

誤嚥

うちのホーム、最近誤嚥する利用者が増えている。こないだは死にかけた方がいらした。出てきたのは、肉のかたまり。豚肉が硬くて飲み込めなかったらしい。今日は良い物を見た気がした事を書きたい。

様子がおかしい。おかしいのは分かるが、緊急な様子ではない。しかし、上を向いてゴホゴホ言い始めている。すぐに駆け寄ると、やはりむせ込み。口から吸い込むときに、ヒョッと言う音。「うっ」っと発して何も言わなくなる。顔が青ざめて行く。気道を確保し、背中を思いきりタッピングする。もう1人のスタッフにナースを呼びに行ってもらう。そしたら、ホームリーダーもサブリーダーもナースも、書き物をしていたスタッフも総勢で駆け寄ってきた。ちょっと片寄っているとは思ったものの、利用者の安全を守るために危機感を持っている事に嬉しい思いがした。

と言う事が言いたかったのである。

沖縄そば博物館が出来るらしい

沖縄の那覇市に、沖縄そば博物館が出来るそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061003-00000139-mai-soci

深呼吸の必要

涙そうそうを見てから、沖縄映画にハマりつつある。涙そうそうの公式サイトで、沖縄を舞台にした映画は主に三つ上げられていた。ナビィの恋、ホテルハイビスカス、深呼吸の必要の三つである。ナビィの恋が、沖縄映画の火付けだったと言う事でレンタルビデオ屋へいざ。しかし、DVDはレンタル中でホテルハイビスカスはDVDが出ていなかった。なぜか、深呼吸の必要は数も多くレンタルされていなかったのでこれを借りてきた。

あまりミニシアター系の映画は見た事がないのだが、沖縄が舞台と言うだけでガッツリとのめり込んでしまった。おじいが言う「よく来たねぇ」から、顔が綻びっぱなし。沖縄の方言と大らかさに、やっぱ良いって思った。『なんくるないさ』どう考えても無理だった仕事。でも、奇跡が起こる。

心閉ざしていたそれぞれの心が、おじいとおばあの優しさに触れ、沖縄の土地に癒されて行く。それぞれの秘密は、ひょんな事から語られだし、だんだん距離が近くなって行き、いつの間にか沖縄の地の元で一つになっていた。「今年は駄目だ」そう言われ続けたおじい。しかし、「なんくるないさ」何とかなると言う沖縄の方言の通り、一つになった心は奇跡を起こすのだった。

『深呼吸の必要』公式ホームページ

涙そうそうを見た

いや~、ヤバかったサー。

涙があふれて止まらなかった映画だった。タイトルそのまんまに、見事KOを喰らった。映画を見ると言うよりも、沖縄を感じに行った、感じてきたと言ったニュアンスが当てはまるのかもしれない。全編にわたって『温かさ』が伝わって来る。それは、沖縄の方言のせいもあり沖縄の空や海のせいでもあると思う。その中に妻夫木聡さん演じる洋太郎と、長澤まさみさん演じるカオルのピュアな兄弟愛が自然な形で自分にとけ込んで来るのだった。

冒頭に原チャリを乗り回し、おばあに挨拶しながら配達をする洋太郎を微笑ましく眺めながらついつい吹き出してしまう。涙そうそうのオフィシャルサイトに、この光景が東京を舞台にした映画ならば無理が生じるであろうと書かれていたが、確かにその通りかもしれない。まるで宮崎アニメを実写にした様な人と人とのふれ合いが、自然な形で自分に入って来る。舞台を換えただけで鬱陶しいぐらいの人との繋がりが、『温かさ』変わってしまうのは、やはり沖縄の魔法の様な魅力があってだろうと感じる。逆にそれだけ東京と言う都会が病んでいると連想してしまう。沖縄だって東京だって、暮らして行く上での憂鬱や不安は変わらないものだと思うが、辛い事があっても前向きに考える考えようとする遺伝子が、沖縄には宿っていると予感する。本編とは関係ないが、温かいイメージとは裏腹に、沖縄には辛く悲しい歴史があると言う事を忘れてはならないだろう。

感想からすると、いつまでも余韻の波がやってくる映画だった。ストーリーはシンプルで、兄妹がお互いを思い合う姿を映し出している。その背景に沖縄がある事が大きい。都会では吐き捨てられてしまいそうな純粋さを、沖縄の人と海と空が自然な物へ演出してくれている。沖縄旅行のすぐあとだった事もあるのかもしれないが、舞台になった宜野湾のあたりや、サンセットビーチ、もしかしたら瀬底ビーチかな?って思う様なシーンが出て来ると、それだけで心がときめいた。邦画でこう言う感想を持ったのは初めてだが、もう一度映画館に足を運んでしまう予感がする。感動するのかな?と言う手探りな気持ちで見に行ったが、感動した、してしまった。涙があふれて止まらなかった。本当、ヤバかったさ~
総合評価
★★★★★



Story ~ストーリー~
2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すと言う夢を持ち、ひたむきに生きる働き者青年、新垣洋太郎(妻夫木聡)。今日も食材運びのバイトに精を出している。沖縄の青空のように明るく、おおらかな性格の洋太郎だが、この日はいつにも増して陽気で、仕事をしながら絶えず笑顔がこぼれている。それもそのはず、洋太郎が誰よりも大切にしている妹のカオル(長澤まさみ)が、高校に合格し、オバァと暮らす島を離れ、本島にやって来るのだ。~洋太郎が8歳の頃、母・光江(小泉今日子)の再婚によって、洋太郎の妹になったカオル。だが、義父は姿を消し、母も幼い兄妹を残して天国に旅立ってしまった。以来、洋太郎は、「カオルはひとりぼっち、どんなことがあっても守ってあげるのよ」との母の遺言を胸に生きてきたのだ~。

そして今日から、二人は、洋太郎のボロアパートで一緒に暮らし始めるのだ。船着場にカオルを迎えに行く洋太郎は、久しぶりの再会を前に、どこか落ち着きがない。そんな洋太郎を見つけて、満面の笑みで手を振るカオル。無邪気に兄を慕う様子は昔のままだが、16歳になったカオルの大人びた美しさに、洋太郎は驚き、呆然とする.....。ようやく資金がたまり、かねてからの夢であった居酒屋の開店に漕ぎ着けた喜びも束の間、洋太郎は詐欺に遭い、多額の借金を背負ってしまう。そして訪れた、医学生の恋人・恵子(麻生久美子)との別れ。やがて洋太郎とカオルの間に微妙な感情が芽生える。溢れ出す心に、戸惑い始めるふたり。カオルは大学合格を機に、兄の部屋を出て行き自立する事を告げる。互いの感情を隠して合おうとはしないふたり。それから1年半後、ある台風の夜にふたりは再会を果たす。しかし、その時、ふりっきりの兄妹の小さな歴史が、その短い終わりを告げようとしていた.....。



HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク