今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

05月≪ 06月≫07月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

ミーティング

月に一度のミーティングだった。いつもの事ながら、お粗末な内容だった。

どんな事が話し合われるのかは、始まってみなければ分からない。話し合いではなく、情報を落とすだけの内容だ。いつも書面で渡してくれれば済む話だなと、冷めた気持ちを抱きながら二時間ちょっとの時間が過ぎるのを待つ。

以前、職員が救急対応になった事を書いたが、なぜそのような状況になったのかは、話し合いは勿論、検証すらされていない。一つ、ここに我がホームの問題点があると思うのだが、ホームリーダーはそれを問題視していない。当然の事であるとしている。そこを原点と考えると、これから現場は良くなるはずもなく、間違えなく崩壊の道を辿るであろうと感じる。

この時の問題点は、落ち着かないフロアに重度の利用者が退院して来る事だった。元々ホームに居た人だったので受け入れる、受け入れないの問題ではなかったが、ホームリーダーから受け入れるにあたっての確認事項を提示された事があった。自分は意見を求められたので、今のフロアが抱えている問題を解決しないと業務がパンクする事を述べた。たった1人の利用者のナースコールとその介助と対応が問題なのだが、これが簡単そうで、そうではない厄介事だった。ナースコールが多いと言っただけじゃ、何も問題には思わないだろう。しかし、ナースコール対応した職員の精神状態はかなりのストレスがかかるもので、ひっきりなしに鳴らされると、肉体的ではないが、かなりの体力を消耗する。勿論、それだけが問題なのではなく、ネックは一緒に住んでいるこの利用者のお嬢様だった。

一日に何度トイレに行くか?記録を見れば、30分に一度はトイレ誘導している。これが最低ラインだ。30分の枠しかないだけで、実際は10分おきにトイレ誘導している時間帯もある。こう書くと簡単だが、それは一日中ひっきりなしにトイレに連れて行っている事になる。1日中、その人につきっきりくらいのイメージだ。しかし、20部屋の居室掃除もあり、食事やお茶の誘導もあり、他の利用者のコール対応もある。書くのは簡単だが、これを1人でこなすのは、実際不可能なのだ。そこにきて、胃ろう、吸引が必要な人が退院して来て、体重の重たい鬱病の利用者が転倒する事により歩けなくなった事で、介助が必要になった。この方がコール魔だったことにより、さらに状況を悪化させた。同時にナースコールが鳴るが、1人で同時に二人の介助は出来ない。しかしどちらの利用者も待ってくれない。送れれば罵倒と侮辱の嵐である。それでも毎日、文句1つ言わずに(愚痴は吐いたけれども)淡々とやってきた。

その負荷により、フロアの異動後倒れるスタッフが後を絶たなかった。その状況を見て、運営サイドの人間は、職員数が多いから甘えで欠勤すると言い放った。何処の施設もそうだと思うが、一対三の人数配置で、職員が多いと言う事は決してない。その配置を情報として処理しようとするから人数が多いと見なされるが、多い訳がない。事実、早番業務は遅番が来るまでの時間を、1対23でこなさなければならない。どう考えたって無理でしょう。それを黙って頑張っていた人が倒れている事を、ちょっと前に書いたのだ。

今は、体を壊す職員が多いのではなく、こんな所じゃ働いていられないと言う事で退職する職員が半分を占めてしまったのだ。体を壊しても、誰も守ってくれない、得る物がない、未来がない、そんな理由が公にはしないが、あるのだと容易に想像出来る。毎月三名ぐらいづつ退職して行く。普通は、慣れたスタッフがホームに居て、新しいスタッフについて業務を指導して行くのが筋だと思う。今のホームの現状は、新しいスタッフが2週間も経たないうちに一人立ちし、その1週間後には新しいスタッフが研修でついていると言うおぞましい状況。未だに先程述べたフロアの問題も解決されておらず、今そのフロアで働いていた職員が、今月いっぱいでどーんと辞めてしまったのだ。

来月、穴だらけのシフトが出来上がった。早番が居ない、遅番が居ない、夜勤が居ない、さてこんな状況で、つぶれるスタッフが居ない訳がない。こんな状況で救急対応になったら?事故が起きたら?沢山の新人スタッフが入っているが、すでに一人立ちとしてシフトされている。もしもこれが航空機のパイロットだったら?と考えると恐ろしくてその航空会社の飛行機には搭乗出来ないだろう。介護福祉業界にしても同じ事が言えるのだと思うのだが、現場が見えないホームリーダー以上の運営サイド。なぜ事故が起こるのか、その事をしっかり考え、話し合わないと、とんでもない大事故になる事は想像出来る。

今日のミーティングで、どんな話をされるのかと思ったら、呑気な内容だった。救急対応で倒れた職員が,今あるホームの実情、問題点を指摘しているにもかかわらず、その事を軽視し、ミーティングが進んで行った事が今後を裏付けている様に思う。もしかすると,テレビや新聞に報道される様な大事故になってしまうかもしれない。これが、某有名株式会社の有料老人ホームの裏側である。
スポンサーサイト

3Lb

久しぶりにランドリーを覗いた。明治通り店に行ったが、新作がドシドシ登場していて嬉しくなった。

ランドリーにハマりだして三ヶ月くらいだが、ますます好きになっている。ちょうどフットボールフェアの時には、金欠から購入出来なかったJAPAN Tシャツや、アスレタのジップアップ等を空しい気持ちで眺めた。これを着て日本を応援したいって思っていたのだが、買わないで良かったとさえ思えてしまう事に、空しさを感じたのである。

今日気になったのはスリーボーイTシャツだ。ランドリーキャラのBoyが一気に登場している。


店員さんの話だと、ボクシングの亀田さん兄弟をイメージしたのだとか。嘘だろぉって思ったのだが、店員さんの説明ではマジらしい。今度は、サッカーではなくてボクシングを見なきゃって思ってしまった。ワシって、思惑通りの客だな~

さ、3Boyを着て亀田選手を応援!



ピアス(軟骨)




ファーストピアスをしてから2ヶ月。耳たぶのピアスホールは落ち着いたようだ。そろそろ二つ目を空けたいと思っていた。

初めて空けたとき、自分の順番の前の女性が軟骨を空けていた。ピアッシングした瞬間、顔を押さえて悶絶してたのを見て、軟骨はしたいけど遠慮しとこって心に誓った。軟骨ピアスをしたかったけど、痛い思いをしてまで空ける気はしなかった。しかし、2ヶ月が経ち、軟骨ピアスへの憧れは募るばかり。今日思い切って軟骨ピアスを空けたのだった。

祖父が他界した事もあるのか、何か特別な意味を求めたのか、なぜかこの日に急に空けたくなったのだ。ピアッサーを持って行くと無料で空けてくれる、池袋高橋医院に出かけた。日曜日だと言うのに、そんなに込んでなく、すぐに名前を呼ばれた。顔がこわばるのが良く分かる。場所を確認され、印を付けられる。どんな痛さなんだ?恐さは、好奇心に変わっていた。

パチン!「あら?」終わってみたら、耳たぶと同じ。痛くはなかった。耳に違和感はあるのだが、痛みは殆ど感じなかった。薄い耳なので、あまり痛くないのだと自己分析したが、何となく人生観が変わった気がした。雨だったが、なんとなく違う自分に憂鬱さはなかった。

爺ちゃん

今日の夕方、爺ちゃんが亡くなった。93歳だった。

婆ちゃんが死んだのが2004年の一月だったので、2年半後にあとを追った形になった。いつも同じ病気で入院し合っていた夫婦だった。爺ちゃんが腸の病気で入院すれば、婆ちゃんもすぐに同じ病気で入院すると言った、ある意味仲がいいカップルだったのを記憶している。そんな事を思い出し、婆ちゃんが死んだら爺ちゃんも長くないなぁと思っていた。タフな爺ちゃんだったが、人間は必ず死ぬと言う事を理解した。

最後の武勇伝は、火葬しても骨がしっかりしていた事だ。普通ならば、93歳でこんなにしっかりした骨は残らないと説明された。やっぱりしっかり朝飯を食う事が良いのかもしれない。下田の漁師町で育ち、魚をこよなく愛した事によりカルシウムが備わっていたんだろう。

天国でも美味い魚を食ってもらいたい。

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク