今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

09月≪ 10月≫11月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ミリオン・ダラー・ベイビー

薄い!
映画館に何度も足を運ぼうと思っていた作品だった。気がついたら上映が終わっていて、DVDが出ていた。これは見なくてはならないと、レンタルして来たのだった。

物語の冒頭、眠くなった。映像が、暗いと言うのが第一の印象。何となくボクシング映画ポイって感じたのだが、見て行くとボクシングの薄さに気がつく。ボクシング映画なのだが、ボクシングの勉強がなされていない気がした。1ラウンドKOを続けられる程ボクシングは甘くないと思われ、「映画なんだから....」そこに依存している気がした。

イーストウッドって、監督してはどうなんだろうか...。
予想出来る物語、暗い映像、お粗末なボクシングアクション、自分の評価はあまり良くない。そんな実話があるのならば納得もできようが、フィクションだとしたらお粗末極まりない。見るだけ損な作品だった。モーガンフリーマンの演技が勿体なさ過ぎる。タイトルは、「ミリオンダラーベイビー」ではなく、「モ・クシュラ」の方が良かったんじゃない?

楽しみにしていただけに、ガッカリだった。
スポンサーサイト

ステルス

久しぶりに迫力のある映画だった。やっぱり映画を楽しく感じる時って、自分のコンディションが
良い時の様に感じる。陽気も過ごしやすくなり、集中して映画なんかを見られる気がする。今日
見て来た映画は、『ステルス』だった。予告から見たいなって思っていたのだが、夜勤明けの今日
ふっと見ようかな?って気になった。で見て来たが、ドキドキするスリリングな展開に眠さを忘れてのめり込んだ。御巣鷹山に墜落したJALのジャンボ機の事故で、なぜか飛行機に興味を持った。
つい飛行機物にひかれてしまうのはなぜなんだろう?

別に飛行機に詳しい訳じゃないので、どらがステルス戦闘機なのかは全く解らなかったが、三人のパイロットとコンピューター制御のステルスの物語。とにかく飛行シーンは迫力満点!本当にあんな飛行機が飛んでいるのかと思うと不思議で仕方ないが、コンピューターで無人のステルスが意思を持ち始める事から戦争を始めてしまう。それを三人のパイロットが阻止しようとするが、人間の頭脳とコンピューターとの駆け引きが始まる。それ自体は薄い気がするのだが、迫力の映像と、人間的な表現が、物語を固めて行く。

冒頭に、エンドロールの最後にも映像があるとテロップされるので、最後まで見てみた。一体、どんな続きが見れるのだろう?北朝鮮にステルスの頭脳を奪われて、ステルスVsステルスなんだろうか?

しかしながら、この映画の様に容赦なく攻撃を仕掛けていたら、あっという間に世界大戦勃発だろうな。それぐらい壮快にやらかしてくれる映画だった。やっぱ映画はこうじゃなくちゃね。
とても面白く見させてもらいました。

ザ・インタープリター

うん、面白かった!久しぶりにドキドキした映画だった。ショーンペンも良いし、ニコールキッドマンも良い。

過去を失った国連通訳〈インタープリター〉
妻を失ったシークレット・サービス
「哀しみは、これで終わりにしたかった」

事件は、アフリカのマトボ共和国で生まれた国連通訳シルヴィアが、同国の大統領ズワーニの暗殺計画を聞いたと通報したことから始まる。それ以来、彼女の生活は一変。殺し屋たちのターゲットとなり、同時にシークレット・サービスの疑惑の対象になってしまう。そしてシルヴィアを"保護"する捜査官ケラーは、彼女の過去を探るうちに彼女自身が陰謀に関わっているのではないかとの疑いを深めていく…。
シルヴィアの抱える"秘密"は、ケラーにとっては"嘘"でしかない。彼女は犠牲者か? 容疑者か? それとも───? 数週間前に妻を亡くしたばかりのケラーは、かつてマトボでシルヴィアが体験した悲痛なできごとを知るにつれ、彼女を守り通すことで自分のアイデンティティと愛を取り戻そうとするが……
(公式HPより引用)

疲れていたのか、もの凄い睡眠したあとに見たので面白いと思えたのかは定かでないが、久しぶり
に映画を楽しめる事が出来た。これから少し映画を見たいと思う自分が居るのだった。

エアフォースワン

何回か見た映画だったが、久しぶりに見た。御巣鷹山に墜落したJAL123便の事故から丁度20年目
の今年、特集のドラマでその壮絶な機内の様子を目の当りにした。飛行機が墜落するって、
どう言う事なんだろうか?そんな事を思う様になり、なぜか見たくなった映画だった。

ゲイリーオールドマン....。あの切れぶりが素敵。でも、ここでも24シリーズのメイソンが居た。
ターミネーター2で発見した時も「おお」と思ったが、この映画でも同じ気持ちになった。もし
同じハイジャックが起こったら、犯人は命なんか惜しまないんだろうなと思う。燃料を捨てて、
着陸を試みようなんて自殺行為だと思う。自爆テロが蔓延る昨今、死をも恐れぬ輩が沢山居るから


やっぱり垂直尾翼が壊れると制御不能になるんだ。御巣鷹山の事故機のような症状は見られて
いなかったが、だんだんと高度を下げて行く様は複雑な気持ちで見守った。どこかのサイトで、
JALの123便がどのように墜落したかを動画にアップしている所があったが、海に叩き付けられる
シーンはとてもリアルだった。(CGがちょっとせこかったけど....)

ストーリーも良くて、早い展開に改めて面白いと思う映画だった。

沖縄旅行最終日

アッという間に三日が過ぎてしまった。帰らなくてはならない日がやって来た。フライトは午後8時。まだ沖縄を楽しむ時間はあると、ビーチと水族館を攻めた。行ったビーチは、フラッシュバックビーチだったかな?誰もいない静かなビーチだった。台風が来ていたから波は荒かったけど、シュノーケリングにはもって来いな感じだった。
2005-10-11 12:08:48

三十分くらいそこで過ごし、次の目的地へ向かった。
美ら海水族館だった。
2005-10-11 12:12:50

2005-10-11 12:13:50

2005-10-11 12:14:22

三泊の沖縄旅行だったが、やっぱり良いなって思った。海があって、自然があって、人が温かくて、永住したいとも思ったが、今は疲れた体を癒すための場所だ。一年に一回は訪れる大切な場所。そんな事を思いながらかえって来た。

ありがとう沖縄!


(沖縄での写真は、全てクールピクス7600で撮影しました。
画像サイズを小さくしてアップしていますが、やはり7Mの画像は奇麗でした。写真屋さんでプリントアウトした時の繊細な色合いは、思わずウットリしてしまう程。やはり、今回の買い物は、お特だったかもしれません。)

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク