今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

06月≪ 07月≫08月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Roxio Toast 16 Pro

Toastインストーラー

半額セールについポチり... piccoloです。

RoxioのToastを買いました。半額セールで8,532円でした。今使っているToast11でもHigh Sierraで使えますが、なんと申しましょうか【半額】の文字にやられたのか【Pro】の文字にやられたのか、ついポチってしまった訳です。

早速インストールしてみました。

Toast00はじめに

Toast01必要手順

Toast02同意

Toast03インストールの種類

手順に沿ってインストール作業を進めると、インストール出来ませんと言うエラーが。

Toast04インストール出来ませんでした

以前にインストールされていたバージョンを捨ててもう一度試しますが結果は一緒。Roxioのサポートにメールをするもなんの返答も得られず。試しによくある質問を覗いてみると、【HighSierraにインストール出来ない】と言う項目を見つけます。理由を探ると、エラーは出るがインストールはされているとのこと。

共有フォルダ

アプリケーションフォルダを見ると、無事Toast16がインストールされていました。

と言っても何をする訳でもなく、インストールが完了したことに満足するのでした。
スポンサーサイト

iMacが直った日



苦手な機械いじりに挑戦し、見事に敗北しかけました。piccoloです。

しつこく粘っていました。諦め切れなかったのです。それぐらいDVDstudioProと、Photoshop、Illustratorへの依存度は高く…
で、何か策はないかと試していたのですか、そう言えばインストールディスクからの起動を試してなかったと、先ほどトライしてみました。



インストールディスクから立ち上げて、そのままインストールしてみたのです。結果、スノレパのデフォルトバージョンが今までの環境にインストールされて起動出来ました。



今までは10.6.8の環境でしたが、インストール後は10.6.3とデフォルトです。何が違うのかわかりませんが、使えないソフトがあるようでした。試して必要なソフトを立ち上げてみるとPhotoshopが立ち上がりません。こりゃダメだ。立ち上がるようになってもソフトが使えなきゃ意味がありません。で、アップデートをかけてみます。

もとの10.6.8になりました。



PhotoshopとDVDstudioProを立ち上げてみると、見事に使えます。やっとDVDが作れます。

安堵!

piccolo

iMacの電池交換



結果直らず。piccoloです。

電池交換に望みを託し、iMacを開けてみましたが、結局直りませんでした。むしろ再起不能にした感じ。改めて機械いじりが苦手だと悟るのです。

ユーチューバー的な感じでビデオを回し、ネットの記事を頼りにiMacをバラします。



まずメモリーの蓋を撮る作業から





予想通りの埃の量。そう言えば引っ越す前のボロアパートからずっと使ってたマシンだったのを思い出します。

吸盤でモニターを外します。





枠のネジを外していきます。



やっぱり埃だらけ。


あれ?ここにあるのが電池か。
もしかしたら電池交換簡単なんじゃね?



掃除機とエアスプレーで綺麗にしました。



しかしながら凄い埃。スプレーすると明らかに目に映るほどの埃がマシンの奥から飛び出します。それを掃除機で吸い取り、綺麗にしてから電池交換しました。

しかし、新しい電池が収まってくれません。苦肉の策でセロテープで止めると言う…

願いを込めて電源を入れますが…

















起動しません。














御愁傷様です。

piccolo

iMacが起動しなくなった日



2008年lateのiMacです。piccoloです。

2018年に入って勝手に再起動を繰り返すようになった我がiMacなのですが、先週から起動しなくなりました。冒頭の動画の様に、リンゴマークの下にクルクルと渦巻きが出たまま何日も同じ状態です。

最初に現れた症状は、以下のリンクと同じ様な物でした。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10019886
特に寒い日に勝手に電源が落ち、自然と起動するのです。夜中に「ジャーン」「ジャーン」と何度もMacの起動音が鳴り響きます。

それを繰り返していた時に試みたのは、
1)アクセス権の修復
ディスクユーティリティを起動させて「アクセス権の検証」「ディスクの検証」をそれぞれ行ってエラーがないかを確認。エラーがあったので「修復」しました。

2)セーフブートモード
あまり関係ない気がしました。

3)PRAMのリセット
これが一番効き目があった気がします。

4)SMCのリセット
電源回りのリセットらしいのですが、あまり効果を感じられませんでした。

3)のPRAMリセットでなんとなく直った様な感じでしたが、やはり寒くなると電源が落ちて勝手に起動すると言う状態が続きました。それでも使えてはいたのです。先週までは…
そしてついに起動しなくなったのです。

色々なサイトを見て回りましたが、このサイトが一番自分のiMacの症状に当てはまるかと思い、ついにiMac分解デビューを試みる事を決意するのです。
Macで電源が落ちる時にする対処法と意外な盲点
色々試してみて、電池交換をしたら行けるのではないかと感じたのです。しかしデカイiMacを修理に出すのも「なんだかなぁ」と言った感じ。一度グラフィックボードの交換に出してお金かかったしなあ。しかしこの子がないとAdobeのPhotoshopとIllustratorが使えないのと、DVDオーサリングを行うDVD Studio Proが使えなくなるのです。DVD制作をするワシにとってDSPが使えないのは非常に困る訳で、10年前のマシンですが依存度はそれはそれは高いのであります。

そこで苦手な機械いじりをする事にしました。電池交換なら出来るんじゃね?ってノリです。何が必要か?検索するとマグネットと特殊な工具がいるではありませんか。マグネットは家にあるタオルかけで良いかと思い、特殊な工具がねえなあ。試しにAmazonで見てみるかと検索したらすぐにヒットした。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GT4WX9W/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

https://www.amazon.co.jp/dp/B00GT4WX9W/ref=cm_sw_r_cp_api_0aNTAbY7QQATR

と、言う事で早速購入しました。




電池も買いました。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E9%9B%BB%E6%B1%A0-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%9E%8B-CR-2032-2P/dp/B000WMFBS2/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1521906204&sr=8-5&keywords=cr2032+%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3%E9%9B%BB%E6%B1%A0

あとはトライandエラーあるのみ。頑張って分解してみます。

piccolo

macOSのアップデートとダウングレード



久々のトライ&エラー。piccoloです。

それが苦手で慣れ親しんだ環境を変える事に躊躇し続けて来ました。2011年lateのMacBook Pro15インチですが、OSは10.7のライオンです。それを6年間使い続けて来ました。MavericksもYosemiteもEl Capitanも使った事がありません。



何も不自由はありませんでした。Final Cut Pro Xのバージョンも10.0.9でストップしたまま。それでも沢山のDVDを作成して来ました。それはそれは想いの詰まった記録たちです。そんな古い環境でも、十二分に働いてくれたのです。しかし、インターネットブラウザのSafariから、ある日突然アナウンスがありました。夏までに開けなくなるページがあると言うのです。





既にYouTubeもFacebookもブラウジングする事に無理が出て来ていました。一番困ったのはブログを書くfc2のページが夏までにサポートを終了するというのです。Adobeやmacphunなどのソフトを使いたくとも、それらがこの環境をサポートしていない事も大きかった。

そこでアップグレードしてみようと思ったのです。しかし今Appleが提供しているOSはHigh Sierra。このOSがワシのMacで動くのかと言うのが不安でした。



そこでバックアップをとり、試しにHigh Sierraにしてみました。



ああ…
外付けにインストールすればよかった。後の祭りです。まあlionでも重たい事は重たかったのですが、これでFinal Cut Pro Xを起動させたらどうなるのだろうと想像し、直ぐにダウングレードする事にしました。

まず試したのが、command+Rで起動させる方法。



よく意味が分からなくて試してしまったのですが、工場出荷時のOSになると理解しました。しかし結果はHigh Sierraになってしまい失敗。

次にShift+Option+Command+Rを試します。こっちが工場出荷時のOSに戻るキーかと試してみました。やはりHigh Sierraになってしまいます。ならばTime Machineから戻そうと試みますが、OSのバージョンが違うから駄目と言われてしまいます。うーむ、トライ&エラー。この胃が痛くなる感じ、いつも苦手です。焦りと不安と恐怖で視野がどんどん狭くなります。家族と過ごして時間を置きました。

High Sierraが古いOSにさせないようにしてるならば、ハードディスクを初期化すれば良いのかな?と、ディスクユーティリティで初期化しました。どんどんドツボにハマっているように感じます。そして現れた謎のエラー。



apple.com/support-2003F

なんじゃそりゃ?

やはりHigh Sierraにするとダウングレードさせないようにしてるんだと決めつけていましたが、このエラーをググってみると、ワシと同様視野が狭くなって不安に押しつぶされそうな人が沢山いらっしゃいました。先人の知恵をお借りします。どうもネットワーク環境が問題らしいですね。天下のFujiWiFiだとタカをくくっていましたが、Apple指定のネットワーク環境が、WPA2でなくてはならないそうです。iPhoneのデザリングからインターネットリカバリーを行うとすんなり成功するのだとか。デザリングは元からWPA2の認証方式をとっているようです。

で、自分のWiFiルーターの設定を見てみました。



普段は見る事のない、意味不明な呪文のような文字。こう言った作業をしなければ絶対に見る事はなかったであろう設定。ワシのルーターは、WPA/WPA2-PSKに合わせてありました。上記のリンクを見ながらWPA2-PSKを選択してみます。



ここからもう一度インターネットリカバリーを試みます。Shift+Option+Command+Rを押してMacを起動させます。



さて、Time Machineか、macOSを再インストールか?

多分この状態ならどっちも行けたのだと思いますが、macOSを再インストールを選択しました。結果は見事リカバリー成功。アップグレードしてダウングレードに成功しました。

振り出しに戻った訳ですが、こうした先人の知恵に感謝です。この様な作業をし、工程を記事に上げてくださる事で助けられる輩がここに居ます。

アップグレード、ダウングレードした結果答えは新しいMacを買え!に尽きるのでした。

piccolo

外付けHDDがマウントされなくなった



遂に逝きました。piccoloです。

壊れたら痛いと思っていたハードディスクが、Macにマウントされなくなりました。ただ、ディスクユーティリティでは認識されているので方法はありそうです。まずはディスクの修復を試してみました。結果は冒頭の写真の通りです。

友人に相談すると、あまり変なことはせずとっととリカバリーした方が良いとのことで、EaseUSと言うソフトを試してみました。結果は…



うんともすんとも言いません。友人は兎に角待ちなさいとの事だったので数時間待ってみましたが、ファイルはゼロとの回答。試しにディープスキャンと言う機能を試してみると…



来ました来ました。



スキャンし始めてくれました。あとは友人が言うように、救済先のストレージを用意して待とうと決めます。その間我が子と公園に繰り出し、猛暑の中共に公園を駆け巡るのでした。



家に帰ると全てのスキャンが終了し、リカバリー先を求めているではありませんか。しかし…
2TBのハードディスクなのに容量は3.5TB程あります。全く意味がわからないまま、パーティションしていた2つの内容をリカバリーします。



一応成功したものの、全てのリカバリーは行えておらず、知らない名前のフォルダーとか、個別のMOVやらRAWやらの気が遠くなるほどの数のファイルとか、どうして良いのかわからないまま今に至ります。4TBくらいの物を買い足した方がいいのか、このままマウントしなくなったストレージを初期化して救済先から戻すのが良いか迷わされています。

パソコン中級者ほどの知識が必要とありましたが、その知識はワシにはなさそうなのです。

piccolo

Mac専用写真編集ソフト【Luminar】が50%オフだけど...




https://macphun.com/jp/luminar

スマホではSnapseedを多用しますが、そんなワンクリックで画像の補正をしてくれてMacで使えるソフトがあったら良いなと思っていました。ツイッターで半額の知らせを見た【Luminar】ですが、ワンクリックとまでは行かないかもしれないが、なんだかインスピレーションで出来そうなソフトです。半額だし使ってみようかと思いましたが、やはり使用条件が合いませんでした。



2009年後半以降のProcessor Core 2 Duo
最大 4 GB RAM
OS X 10.10.5 以降
ハードドライブ上に2GB
の使用可能なストレージ
1280×800以上のディスプレイ解像度


アドビのLightroomもそうなのだが、ワシのOSでは扱う事が出来ない。10.7で何も問題ないワシの環境だが、回りの進歩に追いつかなくなってきている。Apertureの代わりなって画像補正が出来る物がないかと思っていたので、まさにストライクゾーンど真ん中だったのだが。(Luminarは、Apertureのようにアセット・マネージメントツールではないようです。)外付けHDDで最新OSを立ち上げて扱う事も考えたが、我がMacBookではかなり遅い。外付けと内蔵の使い分け、更には外付けからのファイル共有。ただでさえ頭が整理出来ていないのにワシの脳みそでこれを扱うのは無理だろうなぁ。

でも欲しいなぁ。使ってみたいなぁ。

piccolo

MacがiPhoneを認識しなくなった日




始まりはiPhoneのアップデートでした。piccoloです。

なぜか唐突に現れたエラー。どのMacに繋いでも同じエラーが出ます。調べるとiPhoneのiOSを10にアップデートすると最新のmacOSでないとiPhoneを認識しないと言うのです。

困りました。メインで使っているMacBook ProはOS10.7で、アップデートする気が全くないからです。iPhoneで音楽を聴きたいので、iTunesに繋げないのは微妙に痛い。そこで策を練る事にしました。

外付けHDDに最新のmacOSをダウンロードしました。





MacBookを閉じると後ろはカオスな状態。もはやどのハードディスクに何が入っているのか分かりません。1年に一度買い換えてその年の画像と動画は分けているのですが、今回の様な事態が起きると中途半端に使い分ける為にこの様にカオスな事態に陥ります。整理整頓が出来ない脳みそを呪うのです。

子育てしながらのインストール作業。1日に何分Macの前に座っていられるのか?何日かかったのか分かりません。Macの前に座れば、すかさず「父ちゃん何やってんの?」と歩み寄る我が子。子供と遊びながら、グーグル先生に導かれてインストール作業は完結しました。

インストール自体は簡単でしたが、ここからが暗礁に乗り上げます。iTunesのデータを丸々外付けHDDにコピーしていたので、iTunesフォルダをそこから選択しようとしますがエラーになります。おそらく古いiTunesフォルダではMediaフォルダと言う名のフォルダが無いのが原因かと推測しています。古い物は直接musicフォルダにファイルを保存していましたが、新しいiTunesフォルダにはその様なフォルダはなく、それが原因なのかと。





故に外付けHDDから何万と言う曲と動画をコピーしています。Aで始まるアーティストから順に現在Cのアーティストです。



プレイリストの移行はあきらめ、新たに作成しようと言う作戦です。便利なMacの機能ですが、使う側の人間がどうしようもないないのでその恩恵に預かる事は少なかった気がします。Cで始まるアーティストだけでも1898ファイル。こうしてアナログな作業は淡々と続くのです。

piccolo

Posted from するぷろ for iOS.

MacOS10.7で宛名職人



最新のMacOSが解りません。piccoloです。

なんの不自由も感じていないので、MacOSを10.7からアップデートしていません。しかし先日、Macを修理するに当たり初期化され、バックアップから復元してその事態に気付いたのです。

起動しないのは宛名職人と言う年賀状作成ソフト。困ったのは住所録が開けない事です。なぜか再インストールを求められ、検索するとバックアップから復元すると再インストールしないと使えないという事でした。



http://faq.agenda.jp/index.php?action=artikel&id=4530&artlang=ja


おおもとのDVDロムを探しましたが、引っ越した時に紛失してしまったようで、暗礁に乗り上げました。と言うのも、宛名職人for10.7と言う商品は生産が打ち切られていて何処にも販売していないのです。現在オークションでにらめっこしたいます。年賀状は出す風習のpiccolo家、住所録が開けないのはかなりの痛手なのです。無駄な出費ですが、なんとしても手に入れるべくギリギリまで粘るのであります。

piccolo

MacBook逝く



立ち上がりません。piccoloです。

2012年に購入したMacBook Pro15インチですが、3度目の修理です。突然、画面がフリーズして動かなくなる回数が増えていきました。

騙し騙し使っていましたが、ほぼ100%に近い確率で立ち上がらなくなったので、修理を依頼してきました。ビックロに行って、ソフマップの受付に出す予定が、Appleのサービスカウンターに行ってしまい、ソフマップのワランティを使いたいと訴えると、???な顔をされました。お恥ずかしい話です。

でも、ディスプレーに異常があるか確認してくれました。テストに引っかかり、型番を調べてもらったら、Appleのリコール品でした。物は、Macbook Pro(Early 2011)です。ロジックボードを無償交換してもらいます。

なんと、全世界で同じ症状の人が多かった機種なのだとか。

http://yumeirodesign.jp/blog/201503/macbookpro-return.html

修理完了の連絡が来たので取りに行ってきます。

piccolo

お帰りなさい

IMG_2499.jpg

おきゃーりー
piccoloです。

突然立ち上がらなくなってしまったワシのMacBook Pro。
修理に出して16日目に、帰って来ました。

一度、お聞きした症状が出ませんでしたので、
お持ちの電源コネクターをお確かめ下さいと言われましたが、
相方のMacBook Airでバリバリ電源を供給出来ている事を伝えると、
再修理に回されました。

診断は、以下

IMG_2502.jpg

電源コネクターボートと、ファンの交換だそうです。
修理代
65,800円。
キョエー、もしも保険に入っていなかったらと考えると怖い。
保険適用で、無償で直りました。
良かったぁ。

何が違うって断然画面の大きさ。

IMG_2500.jpg

11インチと15インチの違いですが、
結構違うもんです。

IMG_2501.jpg

あと、やはりメモリーと映像編集の処理能力はMacBook Proの方が勝っています。
安定していると言う感覚です。
何をしても動じない、そんな頼もしさを感じます。

それでもFinal Cut Pro Xをサクサク動かすMacBook Airもさすがです。
この子がいた事で、作業はストップする事なく進む事が出来ました。
感謝しつつ、その役割りを終えます。ありがとうね、MacBook Air。

さて、メインマシンが帰って来た事で、バリバリ編集したいと思います。

Macのある生活...
自分の喜びであります。

piccolo

iMacが復活!

IMG_1502.jpg


復活です。
piccoloです。

iMacが立ち直りました。
去年2012年の暮れに逝ってしまい、
およそ三ヶ月ぶりの復活です。

修理を依頼してくれた友人、
方向を決め兼ねていた自分の背中を
押してくれた相方に感謝したい。

結局、ジャンクとして売り出すか、
修理して再利用するのか迷った挙句、
修理して使うことを選択しました。
この環境でしか使えない
アプリケーションがありますので。

長らく台所に置いてありました。

IMG_1499.jpg


まずパソコンラックを整理します。

IMG_1497.jpg

外付けHDDが、
もはやどれを使っていたのか
解らなくなっています。

iMacを置きます。

IMG_1500.jpg

かーいーふーうー

IMG_1501.jpg

めっちゃ綺麗になって帰ってきました。
ん?もしや…

IMG_1502.jpg

マザーボードの交換と聞いていましたが、
ハードディスク以外丸ごと交換されてる?
それくらい新しく見えます。

テープを剥がします。

IMG_1503.jpg


あぁ〜
ドキドキします。
Apple商品の美しさここにあり!
絶対にあり得ないと思いますが、
新しい物が来たと言う妄想で
幸せいっぱいなのです。

しばらくMacBook Proの
15インチを眺めていましたが、
こうして改めてiMacを見るとでかい!

IMG_1506.jpg

iPhoneと比べてみます。

P1020618.jpg

あまり良く分かりませんでした。

起動してみます。



こうして無事、同じ環境で
使えるようになりました。

IMG_1508.jpg


piccolo

もう一つのDVDプロジェクト





シークレットプロジェクト始動!
piccoloです。

友人から資料を沢山預かりました。
Macに取り込み、プロジェクト始動です。
さて、どんな内容にするのか、じっくり検討しようと思います。

この真っ新な状態から積み上げて行く事が大好きです。

piccolo

iMacの修理

image.jpg


始まりは一本の線でした。
piccoloです。

やがて、その線は無数に広がり、
ついには起動しなくなったのです。
そこで、持つべきものは友です。
いつも、お世話になっている、
M氏に修理を依頼。オークションで
売ってもらい、その元手で中古を購入
すれば。と言う話で進んでいました。

ずっと悩んでいたのですが、
やはり、修理して使い続ける事を
決意しました。

今は、M氏に持って行ってもらい、
もぬけの殻です。彼経由でアップルに
修理依頼をしました。

20081214123906.jpg

一週間ほどで修理から返って来るようです。
愛しのiMac。早く帰っておいで。

iMac逝く





一日中飲んだくれました。
piccoloです。

昨日は、一日休養すると決め、
ひたすら静養に務めました。
夜勤からの夜勤で、昼夜逆転を
元に戻すためです。

久々にiMacを起動して
PhotoshopとIllustratorを
いじりました。2013年の
年賀状を作成するためです。

今回の年賀状は、iPhoneアプリの
インスタグラムを使い、
補正を行い、正方形に
トリミングしました。
それをIllustratorで一枚一枚貼って
行く作業を淡々と行い、
意外にも快調に作業は進みました。

んー出来上がったかな?
と言った時、突如画面が
フリーズしたのです。

いつものことだったので、
驚きもせず強制再起動を試みます。

ん?……

ジャーンの起動音なく
真っ暗なままです。
あるある。
時間おけば立ち上がるっしょ!
と思い、3時間後に起動。

……

起動しません。
一日かけて作成した
年賀状…

何処までタイムマシン機能が
バックアップをとって
くれてるか?が、問題です。
さて、久々にiMac2008を
使いましたが、今度は、
iBookG4 2004の出番かもそれません。

なんでいつもこうなんだろ?


piccolo



外付けHDDと格闘





バッファローの1.5GBのデータを移行するために、ラシーの2TBの外付けHDDを用意しました。

どちらのHDDもMacBookに繋いで移行開始。一時間放置した後、見てみるとコピーの準備中と表示されたまま、一向に動きがありません。

ディスクユーティリティをかけてみます。パーティションしている方の一つに問題が見つかりました。ディスクユーティリティでは修復出来ないとの事で、最近追加したファイルを削除。再びディスクユーティリティをかけてみると、問題ないとの表示。

再び移行作業に取り掛かると、
フォルダの中味が空に!

おっ?

また、Macとの格闘が始まるのであった。

取り敢えず、
古いHDDから、新しいHDDに
ドラッグして仕事に出発。
帰宅したら移行が終了していればいいのだが…

フォルダの中味は
いずこへ?

piccolo

外付けHDDが異常に遅い


なんなんだ、この現象は?
piccoloです。

突如として、外付けの一台が遅くなりました。
全く使い物になりません。
早急にデータを移し替えようと、移行を試みますが、
1Gのファイルを移すのに三日くらいかかります。
なんじゃこりゃ?

バッファロー駄目なのか?


piccolo

iBookG4起動



写真 - 2012-09-25 09-15-28

iPhone楽しいです。
piccoloです。

iPhoneで何するか?と言っても、この単細胞が何か凄い事をやるはずもなく、
専らLINEで中学時代の友人と、ワハハ、ワハハするくらいで、完全に玩具化しております。
そのLINEで、アドレスから友人を探してくれる機能があるのですが、
データ移行していないために、全く役に立ちません。
その機能の便利さと怖さを実感するべくデータ移行を行おうと、
OS9環境を久しぶりに起動させたのでした。

使っていた機種はWILLCOMのW-ZERO3と言うスマホタイプの機種。
これに対応したマック版はH”問屋があるとの情報でダウンロードしました。
しかし、対応OSがOS8〜OS9と言う、何とも悲しいサービス。
泣く泣くiBookを起動させて、クラシック環境を呼び出したのです。

結果は、マックがWILLCOMを読まずにしゅーりょ〜。
このアドエスW-ZERO3を購入した時にも、機種を認識してくれない事は
体験していましたが、時間の経過で対応しているかも。と言う淡い期待は見事に打ち砕かれたのでした。

と言う事で、一件一件手作業でデータを移行させる事を決意。
これからその作業は始まるのです。

piccolo

帰って来たMacBook Pro

P7270316 - 2012-07-27 15-25-09


帰って来ました。
piccoloです。

トラックバッドがいかれて修理を依頼しました。
今日無事手元に戻って来ました。
修理の内容は、トラックバッドの交換だそうで、
原因は液体の混入。
濡れた手でトラックバッドを触った事を匂わせるカルテでした。
身に覚えはありませんが、水没扱いになる為、メーカー保証外と言う事でワランティ対応になったそうです。
リンク見てもよくわからないですが、まあ何度でも修理代が無料と言うプランです。

やはり使い慣れていたんですね。
このキーボードが一番しっくり来ます。
何はともあれ嬉しいのです。

piccolo

MacBook Proが退院か?

120726-221007.jpg

おそらく退院です。
piccoloです。

トラックパッドの異常で、
16日に入院した我がMacBook Proですが、
今日帰宅すると、宅配便の不在通知が入っていたので、
おそらく退院して配送されて来たと思われます。
約10日の入院でした。

まあ、トラックパッドが壊れると、恐ろしい事になる。
ポルターガイストか!
って言うくらいにポインターが勝手な事をします。
デスクトップに何個もフォルダーを作り、
ダッシュボードやLaunchpadを何度も勝手にめくり、
やりたい放題でした。マウスを使えばなんとか静まるのですが、
それではMacBookの意味がないと、泣く泣く修理を決意したのです。

ソフマップに持って行くと、受付時には、見積もりに3週間。
そこから値段の電話があって、修理に一週間かかると言われていました。

ワランティと言うソフマップ独自の素晴らしい保険制度があるにも拘らず、
まだ保証期間内だからAppleに持って行けと言われたり、
修理代がいくらになるか解らないと言われたり、
納期が四週間かかると言われたり、データを消去すると脅されたり、
保護フィルムを剥がす可能性があると同意させられたり、
なんか野暮ったい制約ばかりで嫌になりました。

多分、データを消去する事も、保護フィルムを剥がされる事も、納期が長い事も、
滅多にないと思ったのですが、クレームにならない為の制約接客とでも言うのか、
「ご了承ねがえますか?」ばかりの対応に少々嫌気がさした。
了承したくないけど了承しなかったら直してもらえないんですよね?
って言いたくなった。

四週間って待ち切れないよな。
でもこうして手元に戻って来ようとしている事に、安堵する自分が居る。

さて、しっかり直っているか?
トラックパッドの異常で修理に出したが、
少し心配な自分も居るのである。


piccolo

HOME  →次ページ

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク