今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

04月≪ 05月≫06月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

阿部真央さんの【Babe.】を購入した



母である為、父である為。piccoloです。

先日ダイソーで買い物をしていたら、何気に流れて来たBGMに耳を奪われました。アコースティックなギターに乗せ、どうやら子供が生まれたお母さんの心境を歌った曲の様です。「あなたが生まれて自分は幸せです」と言うシンプルな歌詞なのですが、なぜかグッと来てしまいました。買い物を中断し、スピーカーの下で聴き入りました。つい涙してしまい、誰の曲か知りたくなりました。iPhoneのボイスメモを起動させ、スピーカーに向けます。SNSに誰の曲か知りたい旨を投げてみました。

https://instagram.com/p/BQhjOfADUJp/

その曲が、阿部真央さんの【母である為に】であることが判明するまで時間はかかりませんでした。JKのカリスマと言われた彼女、こんな歌も歌うんだと言う印象を抱きます。そうですか阿部真央が母の歌、子供の歌を作るとこうなりますか。言われてみれば「無事母を看取って下さい」なんてなかなか書けない詞。なるほどと唸ってしまいました。

https://youtu.be/7bBKHZpCvgw

3月に新しい命が誕生します。偶然の一致と言うと大袈裟ですが、今このタイミングでこの曲を聴いた事が必然の様な気がしてアルバムを購入しました。我が娘への最初のプレゼントです。勝手な言い分ですが、何かに導かれている様な感覚がそうさせました。

今、子供の名前を考えています。阿部真央さんの「Babe.」を片手にああでもないこうでもないと。名字の画数が良くないワシ、奥さんからは名前は平仮名でとリクエストがあり画数を調べますがなかなかいい画数に出会えなくて。名字が平仮名だったら最高の画数なのに。あれ?真央って名前良くない?もしかしたら、あの時この曲を聴いたシンクロニシティーの本意が、ここにあるのかもしれません。アルバム発売から1カ月後に、新しい命が誕生します。

piccolo


スポンサーサイト

四丁目のアンナがMV公開!



同級生の姪御さんです。piccoloです。

四丁目のアンナと言うバンドが、どうやらMVを作ったらしいっす。

【台湾の留学生】



Liveで観た時に、キーボードがスリリングで良いなぁと思ったんですがこんな歌詞だったんすね。良いじゃないか。でもまあ、そのうち凜佳ちゃんの作る曲も聴いてみたいもんす。

piccolo

MONGOL800 8th ALBUM 【Pretty good!!】

前作『People People』から約1年。Liveでキヨサクが言っていた通りFirst Albumの様な底抜けに明るいモンパチのニューアルバムが届きました。



良いっすね。piccoloです。

なーんにも考えず、ただ曲に身を任せられるノリノリなALBUMです。なるほどFirstの様な感じ。でも、それだけじゃない切なさみたいな物も感じられ、18年の歩みを感じることも出来ます。良いALBUMではないでしょうか。



聴いてみます。



【収録曲】
01. Cinderella
1分40秒と言う短い曲の中に、このALBUMのコンセプトが詰まっています。

02. 風鈴
このALBUMで1番好きな曲です。切なくてハードで、これぞモンパチではないでしょうか。

03. Juicy fruits
FirstALBUMに収録されてそうな一曲。イイネ。

04. Enjoy節
JITTERIN'JINNのにちようびを思い起こさせる曲調。沖縄テイストがアクセント。

05. Take it easy
トランペットはシーサーかな?スカのリズムが軽快で心地いい。

06. Brand new morning
ハイスタのBrand new sunsetに対抗したのかと思いきや、ウクレレが心地いい正に太陽が優しく登り始めた様な曲。優しいね。

07. rainbow
アルバムより先にMVが公開になっていた曲。Brand new morningと同じウクレレで奏でる曲だけど、ちょっと切ない感じがたまらなく良い。

08. Old fashion love song
最後の3曲は今現在では同じに聴こえる悲しきオッさんの耳。そのラスト3曲のトップは絶対Liveで楽しく歌える曲。ウォーオ ウォーオオオー。盛り上がるだろうなぁ。

09. Just for you
これでもかとノリノリな曲が続きます。シャッフルせずに順番通り聴いていきたいですね。バランスの良い曲目がプリティグッド。

10. Pretty good!!
何か最後にやらかすかと思いきやこのテンションのまま終わって行くALBUMラストソング。無駄なボーナストラックもなく、かえって好感が持てる。

何も考えずに聴けるコンセプト通りの気持ちの良いALBUMを届けて頂きました。これぞモンパチ。中指たてた左派的な曲もグッとくるけど、メッセージ性のないハッピー推しの曲がモンパチの良さであると再認識。ニューアルバムが届いたばかりだけど、次作のコンセプトが気になるワシがいる。



piccolo

4丁目のアンナ



近代ガールズが解散して、新たに始まった四丁目のアンナ。24日にLIVEだそうだす。

正規メンバー


VO.凜佳


Ba. 哲平




Key.Cho.グレートバキューン嶺

そしてドラム、ギターにサポートを迎えてのLIVEになるそうです。

MONGOL800 people peopleツアー@中野サンプラザ



大遅刻です。piccoloです。

子供が生まれて初めてのモンパチLIVEでした。子供は実家に預け、いざモンパチと中野サンプラザに向かいます。



しかし!18時開演と履き違えていたワシらは、このサンプラ前の混雑を、グッズ販売と間違えていたのです。その時に開場していることに気づいていれば、遅刻することはなかったのですか…

奥さんとワシの用事を済ませ、ちょっと早いけど会場に向かおうとサンプラザの前まで来た時、人っ子一人いない事に不安を感じました。時間間違えてないよね?ワシの問いにまさかねと奥さん。改めてチケットを見ると17時開演。只今の時刻17時30分。

[絵文字:v-12]
。・°°・(>_<)・°°・。

走って会場に迎えど、既にLIVEは開幕しており、LIVEが始まる緊張感を味わえない事に落胆したのでした。

屈辱感たっぷりで席につきます。いったーあんまーまーかいが辺りからの参戦でしたが、既に沖縄の風が吹いていたLIVEでした。やっぱモンパチのLIVEは楽しい。そして温かい。今回のアルバム、何やら左の香りがしますが、ストレートに平和上等と訴えかけるキヨサク、震災からブレがありません。沖縄の問題、原発の問題、テロに消費税に戦争法案、中指を立て続ける彼らの姿がありました。そのうち、こんな事を訴えかけるLIVEは出来なくなるんだろうと、遠くない日本の未来を思いました。我が子の未来が明るいものである事を祈っているのです。

脱線しましたが、この日の記事がありました。LIVEの様子、セットリスト等、詳しく書いてあったのでリンクを貼ります。

http://natalie.mu/music/news/170864



その後、久しぶりに奥さんと中野でデートをしました。天ぷらと刺身を食べられるお店で、飲んで、食って、喋って、独身時代を思い出しました。前の日記にも書きましたが、職場が殺伐とざわつく中、モンパチがくれたホッコリタイムに感謝した年の暮れだったのです。

piccolo

People People ~MONGOL800 7th Album~



ヤンドゥ ヤンドゥ piccoloです。2015年8月19日、モンパチ通算7枚目のAlbumを購入しました。

率直な感想は、こんな事歌って大丈夫なのか?です。包み隠さずストレートに、オブラートに包まず丸裸に、平和ボケした日本を批判していました。初めてモンパチを知ったのは、【小さな恋のうた】でした。2002年に旅行に行った時の、車の中で聴いたのが最初。それからなんとなく、モンパチと言うバンドがある事は知っていたけど、そこまでファンじゃなかった。いつからこんなに好きになったのかは、2006年にNHKの特番を見てからではないだろうか。

ワシはファンになって9年目という事になるが、2006年の頃の彼らの印象は、クラスの隣に居そうなのに、凄い奴ら。素朴なのに、凄い力を秘めている。でした。それまでの時間の経過の中で、2011年にあの震災がありました。その時は誰もが音楽なんてやっていて良いのだろうか?今、この時、何をしたら良いんだろうか?そんな模索をしていたと思います。その中の答えの一つに、モンパチが企画したフェスがありました。

http://www.rirelog.com/archives/10145

沖縄から被災地へ。音楽が出来ること。彼らの答えは、音楽で被災地を元気にすると言う前向きな物でした。

あれから4年、原発を批判した音楽は全て追いやられ、臭い物に蓋をされ、いつの間にかそれで良いんだ。そうじゃなければいけないんだと、情報を刷り込まれる。沖縄の基地問題も、震災の爪跡も、他人事で済まそうとしている。モンパチが、ストレートに批判した平和ボケ日本。ブレない彼らの姿勢が、このアルバムにあると感じます。

キヨサクのインタビューがありました。

http://natalie.mu/music/pp/mongol800

このアルバムに込められた思い。しっかり読ませて頂きました。ただ、やはりこんな事を歌って大丈夫なのか?と言う不安は拭えません。People PeopleからのMONSTER GOVERNMENTは、かなり危険に感じます。21日にミュージックステーション出演するそうですが、前回の出演ではネットでのバッシングが凄かったので、 himeyuri ~ひめゆりの詩~を歌う事がどの様に捉えられるのかがファンとしては不安で仕方ありません。しかし、前回のMステ出演のバッシングをしっかり受け止めているはずと想像するので、今回同じ番組に出演するのはかなりの覚悟をしているんだと思います。バッシングされても、声が枯れても、やり切るモンパチの姿を応援しようと思います。

誤字を発見しました。



確か5thアルバムの時も誤字があって、ユミコさんが落ち込んでいた記憶。でも、こう言う所がモンパチらしくて好きなんです。

「右の翼も 左の翼も 関係ないだって 僕ら飛べない鳥」沖縄のヤンバルクイナに例えられた歌詞に、一歩一歩歩んでいくしかないんだ。そこにら共感できましたね。盤面はこんな感じでした。



【あなたに】や【小さな恋のうた】等のインパクトあるリード曲はないですが、彼らのブレない思いに脱帽なのです。Mステ見守っています!

頑張れモンパチ。

piccolo

DEARのDVD作成



ジョージロックを振り返る。piccoloです。

なんやかんやDVDを作っております。同窓会ライブのDVDで、しばらく作らなくなるだろうなと想像していたのに、色々作成しています。子育てでそんな時間無いにも関わらず作業を行う理由。それは、自分の楽しみだから。と改めて思うのです。確かに奥さんの白い目を背中に感じるのですが、そこは長年の付き合いで、何を言っても駄目だと言う事は彼女にも解っていると思われ、黙認してくれる事に感謝なのです。

作成した内容は、ジョージロックと言う大会で行われた【DEAR】の演奏。当日、彼らの応援に出掛けたのだが、応援と言うよりも撮影の割合の方が大きかったように思う。そう、自分の楽しみの為だ。ステージ上手にSONYのHDR-MV1をセット。


SONY ミュージックビデオレコーダー MV1 HDR-MV1SONY ミュージックビデオレコーダー MV1 HDR-MV1
(2013/11/15)
ソニー

商品詳細を見る


ギター越しの全体像を捉える。音声も全てHDR-MV1でおさえた。あとは一脚にGoProをセットし、アップ目に一人一人を抜いた。


【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP
(2013/11/13)
ゴープロ

商品詳細を見る


編集した映像はこちら



会場はROCK JOINT GB。この場所で演奏を撮るのは、近代ガールズのフロアライブ、鷺宮高校の同窓会ライブ、そしてこの日と三回目だったので、どこから撮影したら良いか頭にイメージ出来ていた事は大きいかもしれない。撮影したものは、Final Cut ProXのマルチカムクリップ機能を使い、二つの映像を音声を辿って一つにリンクさせる。そのアングルを見て、スイッチャーしながら編集した。出来た物はYou Tubeに上げたが、オッサンのお節介はこれでは終わらない。映像と、フォトスライドショーを作成してDVDに焼きこむと言う流れだが、今回写真が無かった為にスラドショーを断念。その代わり彼らのパフォーマンスがYou Tubeに上がっていたので、そのムービーをダウンロードしてコンテンツに叩き込んだ。そもそも勝手に演奏を撮って、勝手に編集して、勝手にネットにアップして、勝手にダウンロードして、ワシ逮捕されないだろうか?と不安にもなるが、そこは我が子のハトコである【DEAR 】ドラムのKou氏に確認しつつ作業を進めた。

完成したDVDはこちら




表表紙はこんな






裏表紙はこんな




盤面はこんな



DEARは3ピースバンドだ。我が子とハトコの(しつこいか...)Dr. Kou氏の分に1セット。Ba.Vo. のHaru氏に1セット。Gt. のKen氏に1セット。合計3セット作成した。

3セットを並べてみた。










うんうん。この瞬間がたまらない。何とも言えない達成感が生まれるのだ。しかし、誰だか解らないこのワシが、シコシコDVDを作成している事が何とも変態プレイな気がするが、どうかDVDを受け取って欲しい。あわよくば、鑑賞してくれるとありがたい。

そんな想いのこもったDVDが、たった今焼き上がりました。

piccolo



ジョージロックと言う名の戦場



甥っ子です。従甥(じゅうせい)です。再従兄弟(またいとこ)です。piccoloです。

奥さんの従甥であり、我が子の又従兄弟であるKOU氏がやってくれました。彼のバンド、DEARが、ジョージロックで優秀賞を受賞したのです!




(ボーカル&ベースの上原さんのTwitterより画像を拝借しました。すみません)

彼らの名はDEAR。

永井孝太郎(Dr.)



髙橋健(Gt.)




上原遼(Ba./Vo.)



による3ピースバンドだ。
(写真はラインダンサーさん@9kokoroconekuto
より提供。)

この大会を知ったのは、同級生の姪御さんが近代ガールズと言うバンドで出演していたのをYouTubeで見た時だった。



まさかその大会に、義理の従甥が出るとは思いもしなかった。初めて彼に会った時を思う。まだ声が高くて義理の父とキャッチボールをするKOU氏。そんな彼が、同じくワシの心をくすぐる近代ガールズと同じ舞台に立つ日が来るとは!今年2014の夏に、彼からこの話を聞いた時は、世代を超えた繋がりに狂喜したのだった。

会場は吉祥寺にあるロックジョイントGB。地元のバンドが強い中、彼らは完全にアウェー。舞台に立つ彼らに、声援の拍手も歓声も少なかった。オーディエンスの後押しがあるかないかが、こんなにも見た目に影響するのかと、観客であるワシにもそのプレッシャーが伝わる。MCからの紹介。静かにその曲は始まる。



心の闇に光を灯すと言う楽曲。ライトアップ。そのテーマとは裏腹にテンポの良い曲だ。実は現場ではビデオを撮っていた為、殆ど曲が頭に入ってこなかったのだが、映像を編集するとスッと体に入ってくる気持ちの良い楽曲だ。こんなオリジナルを作れるのだから、最近の高校生はやっぱり凄い。しかも演奏が上手い。このアウェーの戦場で、実力を出し切る事に関心してしまう。そして、審査員の冷静な目にも。作詞と作曲のセンスを買われたそうだ。聴いていて確かに詩のセンスが光る。心の闇に光を照らすとか、クソつまんねえ時代に拳を突き立てる様なテーマに、上手く曲がおさまって行く。

他のバンドに比べて、オーディエンスの後押しがなかったが、アウェーな環境でも客のハートをつかむ様なライブパフォーマンスを期待している。やはり鷺ROCKの伝統か、鷺宮高校は客の煽り方が上手い。こんな挑戦的な煽り方を彼らが実行する日を想像しながらニヤニヤしているのである。

ちなみに、準グランプリを受賞したAnge







次の大会はいつになるのか解らないが、すでに彼らのファンである。このどうしようもないオッサンを、これからもワクワクさせて欲しい。

アウェーの戦場で勝ち取った優秀賞。本当に大きな価値があると思う。この喜びがDEARの一歩になることを望んでいる。ジョージロック夏大会、優秀賞受賞おめでとう!!


piccolo

鷺校同窓会LIVE DVD制作~完成した感想~



2014.8.20再編集

総合プロデューサーがDVDを量産してくれました。本箱に並べると漫画みたいっすね。



とりあえず20セット作ったのかな?要らない人も多いだろうけど、皆の手元に届く事を祈ってます。






また企画があったら撮らせて下さい。


会長m(_ _)m









不時着です。piccoloです。

6月の真ん中から7月の頭まで、邪念でいっぱいでした。大好きだった映像や画像いじりが負担に感じたのは初めてだったかもしれません。1度は立ち止まったけれど、再び走りだし、無事着陸出来た事に安堵しています。総合プロデューサーが誤字脱字、内容をチェック後、再編集した物がここにあります。完成です。ジャケット、盤面、映像内容、データは総合プロデューサーに渡します。大量コピーは総合Pに委ねられました。大変な作業だと思いますが、ロッキスター全員にDVDが行き渡る事を祈っています。

Disc1
~本編~
オープニング
SAGI-BOON
おさかなBOYs

少女一揆
きゃとる
その日ぐらし
~特典映像~

Disc2
~本編~
近代ガールズ
grandeur
acaci
オーガニック
The TRASH
~Photo スライドショー~

と言う内容となりました。なんとか変顔バトルロイヤルも作成出来たので、1分半の戦いを楽しんで欲しいです。





君たちロッキスターの青春に土足で踏み込んでしまって申し訳なかった。この場を借りてお詫びしたいm(_ _)m
ワシの仕事はここまでじゃ。ミッションコンプリート。お疲れでした!




piccolo


伝説のロッキスター達へ

会長です。編集長です。piccoloです。




↓↓↓(2014.6.22)
DVD制作室の室長が、皆様の投稿をスクリーンショットしてくれました。暖かい投稿の数々に感謝しております。ほぼ完成しているのですが、バトルロイヤルなんて課題を突きつけられた為に作業は難航しております。どうにか本編の編集は終了しています。偉くハードルの高くなった変顔バトルロイヤルの編集が、心に重たくのしかかるのです。

バトルロイヤル…
見た感じ近代ガールズのドラムの優勝は誰が見ても一目瞭然。変顔のレパートリー、写真の数、もう変顔の申し子コチンに、どう立ち向かって行くかと言う構成しか思い浮かばない。しかし全く編集のアイデアはなく、制作室室長は夢だけを語るのでハードルは高くなるばかり。
バトルロイヤルか…
バトルロイヤルか…
二回言う。
↑↑↑(2014.6.22)

上記は、6月22日に途中まで書いた物だが、しばらくは心の整理がつかずに編集に手がつけられなかった事をお詫びしたい。今日、7月5日に初回版を完成させた。無理やり着地した形なので、あと少し手直しが必要だ。しかし迷走時間が長かったので、燃料も底を突き、墜落寸前だった我が機。1度着陸し、燃料補給したかった意向をご理解頂きたい。

バトルロイヤルだが、容量の関係で入れることが出来なかった。沢山の変顔素材を送ってくれたのに申し訳なく思っている。何か別の機会があれば、そこで再チャレンジさせて欲しい。

構成は2枚組になった。Disc1には、SAGI-BOON、おさかなBOYs、麗、少女一揆、きゃとる、チュチュ、その日ぐらしを収録。Disc2には、近代ガールズ、グランジャー、acaci、オーガニック、ザトラッシュを収録し、特典映像でPhoto スライドショーを追加。シンプルな構成だが、当日の様子が伝わりやすいと信じたい。

完成した初回版はこちら




映像編集のレンダリング作業の合間にコツコツと制作したジャケット。近代ガールズのフロアライブの時は、全て自分で行う事を経験してみたかったが、今は子育てもあり、こう言う作業を分担出来ればなんて甘い考えも生じた。アリマちゃんがデザインにたけてると聞いていたので立候補を期待したが、願いは空しく空振りした。ジャケットの無理矢理な着陸感も否めない。どうかご勘弁願いたい。

盤面はこうなった。



よく見ると ~伝説のロッキスター~ なのに、奇跡のロッキスターになってる。まだ手直しは必要だ。これも無理矢理な着陸をご容赦願いたい。

ここまで焦った理由は、とにかく墜落なのだ。何か形にしておかないと、2度とこの作業を再開しないことを想像した。目的地に着かなくても、燃料補給のために一歩手前の空港に降り立ったと言ったところか?本来ならば、誰かにバトンを渡したいところだが、同窓会LIVEのDVD作成プロジェクトは最後まで操縦桿を握らなければならないだろう。皆の手元に届くまでに、まだ時間はかかると思うが、どうか見捨てずに待ってて欲しい。そして、一応この様な形で仕上がってはいることを報告したい。















このまま総合プロデューサーのT氏にお渡ししたいと思っている。彼と共に鑑賞し、誤字脱字を探すのもよし、改めて盤面やジャケットを作りたいと言ってくれてもよし、ディスクやジャケットのコピーをかって出てくれてもよし、取り敢えずの原型バージョンがここにある。

ロッキスター達よ、君たちの映像はこうして具現化された。あと一歩で力尽きたワシを許して欲しい。異論がなければ、このジャケット、この盤面、この内容で作業は進む。同窓会LIVEから2ヶ月の月日が流れてしまった。6月中には完成させたかったのだが、仕事と親の看病と育児に追われていたと言い訳させて欲しい。

取り敢えず完成!

お • ま • た • せ!!

piccolo

鷺校同窓会LIVE DVD制作~進行状況編~





全12バンドです。piccoloです。

はい。LIVE当日から1ヶ月経つわけですが、『思い』の方が強くまだまだ完成に時間を要しそうです。心の奥では、バサっと編集して完成!とさせたいのですが、その『思い』がそうさせてはくれません。構想としては二枚組にする予定で、一枚のDiscには約2時間の収録内容となります。現在半分まで終わっていて、試しにDisc1を焼いてみたところまで終わっています。ちょうど折り返し地点を通過して三分の一が終了しました。今しばらく完成をお待ち頂ければと思います。

このDVD制作プロジェクトには、荒木先生の言葉を借りるなら、凜佳ちゃんfamilyが携わっております。凜佳オジが制作総指揮、凜佳オジの同級生AのスチールカメラマンQP、凜佳オジ同級生BのMovieカメラマンのワシ、そしてMovieカメラマンBの凜佳ママが当日の模様を収めました。Disc1にはSAGIーBOON、おさかな、麗、少女一揆、きゃとる、chu chu、を収めました。その日ぐらしが、Disc1になるかDisc2になるかが、DVDに収められる容量と睨めっこしながら検討している所です。

Disc1を見てもらって指摘された事は格差。自分も編集している時に感じていましたが、映像に差があるのです。そもそも撮影するのは近代ガールズのみとされていたのに、話を進めるうちに全バンド撮りましょうとなり、1カメで記録に徹しているバンドと、数台のカメラをスイッチングしながら表情を追うバンドと、映像に差があるのです。この差が物凄い差別な感じがして、アップのない映像には静止画を入れろと指示が来ました。この格差に物申したいバンドもあると思われ、この場を借りてお詫びしたいです。ごめんなさいm(_ _)m
ただ、この同窓会を、一枚の写真に収める様な感覚でDVDにしますので、スマホに保存するように、本箱の片隅にでも置いて頂ければと思っております。その置かれたDVDが、やがて10年、20年の時を経て、あれ?なんだっけこれ?と、タイムカプセルを掘り出す様にDiscをプレイヤーに入れて貰った時の、それぞれの顔を想像しながらニヤニヤして編集しています。もう完全に変態!そのやっかいな思いのおかげで編集の進行具合が遅いのです。

特に凜佳オジ!
全くLIVE映像とは関係のないコンテンツを作成せよと簡単に言ってくれやがる。chu chuの変顔ランキングに対抗して、鷺校生変顔バトルロイヤルを作れと。「近代のフロアLIVEの時に使ったバロメーター使ってさぁ、白目度5、鼻の下伸ばし度8、寄り目度3とか出来たら面白いと思うんだよね。」「対抗戦にしたら良いか、入り乱れてバトルロイヤルにするか、タイマンにするか、難しい所だよね。」って、遠くを見る目で夢を語る凜佳オジ。彼もド変態である。他にも『きゃとる』の縫い目と、『chu chu』のMC時のヤジにテロップを入れろ等、指示も多く、思いを満たすために粗い所を削り落とされていると言った感じ。精米歩合80%の純米大吟醸か!って。

今はまだ考えたくないけど、完成した物を何百枚焼くんだろう?だとか、ジャケットを何枚コピーするだろう?だとか、盤面の印刷も同じくらい刷るんだろうなぁ…だとか、心折れる材料も多々あります。奥さんに白い目で見られながら、それらの邪念と戦いつつ、今はただ編集に集中するワシがいます。

あっ!例えば、コピーしたジャケットを切り抜いてボックスにはめ込んでも良いよって人とか、ジャケットのデザインしても良いよって人とか、盤面のデザイン、印刷しても良いよって人とか、居たら凜佳オジに立候補してくれても構わないんだけどなぁ~

近代ガールズのジャパンファイナルの時はこんなジャケットでした。

近代ガールズDVDジャケット

IMG_1324_20140604014610fb4.jpg


フロアーライブの時はこんな。

近代ナイトDVDジャケット

IMG_2878_2014060401461644a.jpg

IMG_2879_20140604014615170.jpg

DSC_0020_20130518080314_20140604014612882.jpg

盤面はこんな

IMG_2880_20140604014613371.jpg



こんな風にジャケットの表紙のデザインしても良いよって人が居たら立候補してくれないかなぁ~?いないかなぁ?誰か居ないかな~?


と、言う感じで編集は進んでおります。今しばらく完成をお待ち頂ければ幸いです。
ゆたしくm(_ _)m


piccolo


鷺校同窓会LIVE DVD制作~編集編~


マルチクリップを多用します。piccoloです。

cyucyu00.jpg

撮影編をすっ飛ばして編集編に入っております。鷺宮高校の2013年度の軽音部の卒業生が、一年ぶりに再会することをコンセプトとしたLIVEだったようです。そのLIVEを撮影させてもらったのですが、今回複数のカメラを用いて、色々なアングルから撮影することを決めていました。編集の段階で、Final Cut Pro xのマルチカムクリップ編集を使おうと思っていたからです。マルチカムクリップとは、別々に撮った映像を一つのタイムラインに同期してくれる機能ですが、それぞれの音声の波形をソフトが読み取り、自然と同期してくれる非常に有難い機能なのです。今回その機能を初めて使うにあたり、家でテストした所それは見事に同期してくれたのでした。これなら大丈夫であると確信し、撮影に臨んだのでした。

しかし!

LIVE音声と言う轟音が、GoPro側でひずみを起こし、MV1の音声と同期してくれません。全てのバンドが同期しない訳ではないのですが、マルチカムクリップを選択し、ワンクリックで同期出来ると思っていたので、映像と音声を重ねるのに結構手間がかかります。

同期する物としない物、その鍵が解らないことに落ちますが、GoPro、HDR-MV12台、OLYMPUSのペン、LIVEハウスのライン音声、これがピッタリと同期することもあれば、GoProとMV1の2台のカメラが同期しないこともあります。同期しなければ、波形を探り手動で音声と映像を重ねます。地味なのに評価されない作業だなー。もっと簡単な方法があるのかもしれないが、取り敢えず前に進むために単調な作業は続く。

piccolo

鷺校同窓会LIVEDVD制作~準備編~





やっちゃっても良いっすか?piccoloです。

「凜佳がさぁ、同窓会LIVEの予告Movieを作って欲しいって言うんだけどさぁ。」と言ったのは、近代ガールズ凜佳の叔父だ。適当に作ってリンクを教えたら駄目出しが来た。手直しすると、Goサインを待ってYouTubeにアップロードせよとのことだった。

昨日彼から凜佳のオファーじゃないんだよね。と、カミングアウトされた。凜佳オジに見事に騙されたとさ。

と、言う縁で、明日の同窓会LIVEをDVD化することをヲサン数人で勝手に決めたのだった。やるからには面白くやろうということで、ああでもないこうでもないと議論した結果、ワシなりに機材を決定した。



当初はGoProヒーロー2と、SONYのHDR-MV1の二台で行こうと思っていたが、せっかくだから無駄に機材を持っていこうと、計5台のカメラを持って行くことを決定。素人魂炸裂なのである。

メイン機材のHDR-MV1



ステージの真ん中にでも置きたい。もちろん音声もこの子で行きたい。

サブ機材はGoProヒーロー2



アップはOLYMPUSのpenでおさえたい



OLYMPUSと、ベルボンの三脚ANDビデオ雲台で決めたい。



Movieもスチールもこなして欲しいNikonのD5000



そんなこんな、イメージばかりが膨らむのです。GoProは、一脚につけて。





GOPR5150.jpg

さて、卒業後久しぶりに集まる顔と顔。その表情一つ一つがワシらヲサンのエネルギー。彼らが放つ命の恵み、いっただきまーす

piccolo

届いたモン8



あざーす。piccoloです。

モンパチのLIVEが終わり、現実を憂鬱に受け止めながら帰宅。すると何やら怪しい荷物が届いてた。剃刀?爆弾?はたまたサリン?VXガス?荷物を開けるとそこには素敵な音楽が詰まっておりました。



今見終わったばかりの、温かい光景がその中にありました。ついつい見入ってしまい、気付いたら真夜中。早番の前日にこんなに夜更かしをしたのは久しぶり。

アラームが鳴ります。まだ寝ていたい。しかし現実はそれを許してはくれず、重たい体を起こすのです。コーヒーを飲みながら着替えをしていたら、相方に盗撮されました。



全身ストライプがツボだったとのこと。確かにストライプ。気付きませんでした。さて、現実の中に帰りますか。いやはや良く動いた日でありました。



piccolo

MONGOL800 LIVE at NHKホール



2013年の武道館から久々のモンパチさんです。その時は10.8mmだった新しい命も、今は二千グラムを超えております。相方は、椅子に座りながらの参戦でしたが、『PARTY』ではお腹の中で、我が子が踊り狂っていたそうな。モンパチの音楽を息子にゴリ押ししているワシなのです。

老若男女、客層の幅が広いのがホールツアーの特徴でしょうか。ファンの子が、お母さんを連れてきていたり、ワシのようにゴリ押しでモンパチを聞かされてきたちびっ子もあり、ムサい男子も綺麗な女子も、入り混じってのNHKホールでございました。

ホールなら、あんな事が出来るのか。緞帳が降りたままでの一曲目、緞帳に映し出されたのは古い沖縄の映像、そこに彼らのシルエットがシンクロする。うん。いいじゃないか。LIVEハウスでの演奏が多い彼らのLIVEですが、こう言った演出はなかなか出来ないですもんね。ホールツアーここにありと言う演出でございました。あっぱれ!

アルバム『GOOD MORNING OKINAWA』からの曲が多く、横浜ブリッツで観た時と似たセットリストでした。これでGMOツアーは終了したそうですが、まだLIVEは続くようで、モンパチの皆さま、スタッフの皆さま、体調に留意して下さい。

沢山のハッピーをありがとうございました。

piccolo

武道館のLIVEはこっち
http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-1490.html

孤独のグルメ オリジナル サウンド トラック



完全に虜です。piccoloです。

何がってあーた、孤独のグルメの井之頭五郎にですわよ。まさかの音楽にまでヤられてしまった感じ。まだ買ってないよ。ただ、こうして毎日YouTubeで聴いて元気貰ってる。

シーズン2から見始めたせいか、このオープニングが好き。完成度も2が一番良いんじゃないだろうか?特にこのウエスタンな一曲はiPodに入れて持ち歩きたい作品。全部良いんだけど、特に五郎祭りはたまらない!『五郎さん、五郎さん、五郎さん、五郎さん、五郎さん、五郎さん』の勇ましい掛け声がたまらない。

やっぱ買うかな。買っちゃうなきっと。





もちろんシーズン1もこれぞ孤独のグルメな作品目白押しです。原作の久住さん、音楽も担当されてるんですね。ぷらっとQusumiのイメージがあったので、ただの酒好きな漫画家かと思いきや、音楽もやり、漫画も描き、酒も飲む。代表作には孤独のグルメは勿論、中学生日記もあり、ただ者じゃないと改めて気づかされるのでした。

でも、買わないよ(笑)
つって明日にはコンポで聴いてるなんて事はないよ。多分ないよ。きっとないよ。


piccolo

渋谷サイクロン



【本日!!】ライブat渋谷CYCLONE 0:30/1:00
【Band】w/マーガレット廣井(八十八ヶ所巡礼)/waybee(大阪)
【DJ】マキト/りょっぴー/Nory/ふえくん T代1,500YEN+1D
モ出演は深夜3:30~

近代ガールズのオールナイトへ行こう!

MONGOL800 ga LIVE "800BEST"at 武道館

IMG_3335.jpg


キーワードは沖縄です。
piccoloです。

2009年以来二度目の武道館でしたね。
寒いのが苦手なワシは、この時期に武道館LIVEをしてくれた事を嬉しく思います。

夏のイベントとして楽しみにしておりました。
MONGOL800 ga LIVE
"800BEST"at 武道館
なにやらベストALBUMを中心に懐かしい曲もやるとの事で、
ドキドキしてこの日を待っていた訳ですが、
やってくれましたね、あの曲も、あの曲も。
心配していたキヨサクの声も調子良いみたい。
聞かせてくれました。
これぞキヨサクな、泣かせの甘い声。
ズルいなその声と、醜い嫉妬心でいっぱい。

一曲目から楽しすぎです。
そして、自分のまわりには親子連れが目だちました。
なるほど、モンパチのLIVEは親子で楽しめる。
オールスタンディングと違い席が確保されてるせいもあり、
ゆったり見られるのも理由かな。そんな意図が、ホールツアーにあるのかもしれません。
子供好きなモンパチらしい計らいとお見受けしました。

自分が好きな展開は、やはり温かい曲も良いですが、
トゲな部分。キヨサクもMCで話してましたが、
温かい曲が多いけど、ALBUMには必ずトゲを入れていると。
『神様』だったり、『矛盾の上』だったり、『いつの日か』だったり、
反戦や沖縄問題を訴えた曲があります。
「喉に詰まってる物、解き放ちたい。」
これらの曲には、そんな思いがこめられている気がします。

武道館の日の丸の下で歌うトゲに、ワシは熱狂です。
日本のおかしな部分をおかしいって言えないってどうね?
おかしいって言うと、電気のない生活を送れ、他国に侵略されても良いのか、等と叩かれる。
解ってる。解ってるけど、おかしくない?互いが棚に上げた我を、一旦下ろして考え直さないと
駄目なんじゃない?そう思うんだが。

きっとテレビ出演した時に、ネットで炎上した事を言いたかったんだろうな。
言葉はシンプルで、なんの欲もない。
ただ、それらの言葉を一つ一つ書いて行った。
沖縄が日本に返還されて数十年、沖縄ではまで変なヘリコプターが飛んでいる。
その奇怪な光景を、ただ奇怪だねって言っているだけ。
それを左翼と捉えるのか否か。沢山言葉を言えば、本当の思いが伝わらない。
ALBUMに入れられたトゲが、全てを語る。そう言っていたように思う。







そして涙した場面もあった。
ネタバレになるが、沖縄だと感じる演出があった。
ファンの間ではもう同じみなのかもしれないが、
エトセトラワークス2のツアーで行っていた演出だった記憶。
モンパチの演奏に、琉球音階のアレンジが入った曲がある。
三線と太鼓、琉球笛、そしてクライマックスでのエイサー。
舞台一面に沖縄舞踊が広がった時、なぜか涙が止まらなかった。
自分にある邪念、目の前に広がる沖縄、悲しい歴史、モンパチの軌跡、
それらが重なり合い、嫌な物を吹き飛ばすような迫力に驚いたのかもしれない。
自分の心の邪気が浄化されるような錯覚を覚えた。

あっという間に時間は過ぎた。
もう終わりかと思うくらいに早かった。
そしてアンコール。
そうですか、さすが800BEST祭りな演出がありました。
そしてラストはこの曲かと。
余韻を胸にしまい帰宅しました。
現実の憂鬱の中、このLIVEの余韻で頑張れました。

2009年の7月8日に、『eight-hundreds』が発売される。
那覇の日と、モンパチのALBUMの発売日と言う事を切っ掛けに入籍しました。
沖縄とモンパチをキーワードに結婚したのです。
その年にモンパチの夢でもあった島フェス、『What a Wonderful World』を開催。
そのフェスに合わせ沖縄でPhotoウエディングを行う。

DSC_1230.jpg

そして暮れにモンパチ集大成の武道館LIVE。

(その時の日記はこちら)

それから四年、花婚を迎えたワシらが再び武道館LIVE。
勝手にモンパチにかこつけたのですが、ラッキーパーソンとなっております。
これからも、モンパチの曲を愛するでしょう。
そして現実の壁を登り、毎度毎度打ち砕かれ、
少しずつ前に進んで行くと思われます。
器用にこなせないワシ、鈍臭く邁進しなくてはならない。
その時、モンパチの歌は自分がそれで良いと後押ししてくれる。
ありがとうモンパチ、ありがとう武道館LIVE、
また一つモンパチに勇気を貰いました。

あるがまま...


piccolo

アメリカン・ブルーパーズ

このMovieを上げてくれた方に感謝!
piccoloです。

曲名はキャンディ。
確か、ジム・ウィリスと言う人が歌っていた。映画、アメリカンブルーパーズのメインテーマだった記憶。この曲が大好きで、毎日聞いていた。本当に良く聞いたと思う。CDなんて当時は無く、アナログ盤で擦り切れるほど聞いた。針をレコードに乗せた時のブツブツと言うノイズ、刻まれるリズムに軽快なギターでその曲は始まる。ちょっとセンチなメロディと、高音ボイス、これぞアメリカのポップスだと、勝手に思ったもんだ。



シングルもアルバムも持っていた。勿論アナログ盤だ。今も家にあるだろうか?いや、一気に整理した時に全て捨ててしまったか?急にこの曲を聞きたくなって検索したのだが、その感動が、今ここに蘇っているのだ。

当時、BMXで遊ぶ事が大好きだった。この映像を見て上がったもんだ。そのまま出かけると、あの映像の中のワンフットジャンプを決めてる自分を想像して、縁石で飛び跳ねていた。今ではなんて事ない、ただ飛んで片足を出してるだけなのに、あのアクションに歓喜したのをよく覚えている。

当時の映像は下の動画



アメリカンブルーパーズと言う、スポーツアクションのNGシーンを集めた面白映像集だった。テレビ放映の為に再編集した作品のようで、オリジナルはたいして面白くないらしい。何が面白いかは、広川太一郎さんのナレーションだ。ギャグは、原作のままなのか、日本向けにアレンジされたかは解らないが、シュールなナレーションに腹を抱えたもんだ。

この映画の中で、1番見たかったシーンは冒頭のキャンディ。もう一つ見たかったシーンもアップロードされていた。本当にアップ主に感謝したい。



その、広川太一郎氏のナレーションも聞けるサーフィン特集のシーンだが、ちょっとシュールな曲が流れる。曲名は、ムーンドギーだが、男性のコーラスが胸毛としか聞こえないのだ。むんなげ~♪って。ちょっと吹き出してしまう曲なのに、ああも映像にマッチしている。これ見たかったんです。我が80'sにタイムスリップ。良い時間を過ごさせていただきました。

原作のDVD化、アルバムのCD化を熱望しています!

piccolo

GOOD MORNING OKINAWA

moblog_9f721600.jpg


声を揃え足並み揃えて
僕の何を決めるのさ

二つに一つの答え合わせで
僕の何が決まるのさ

僕の何がわかるのさ

(Love song / キヨサク)

piccoloです。

モンパチが新しいアルバムを
引っ提げて、何やら楽しい事を
しようとしています。
15周年と言う事で、全国に武道館に、
モンパチyearな2013年。
お付き合いします。
って事で一足お先にNEW ALBUMが
届きました。フライングゲットって、
こう言う意味だったんだ((((;゚Д゚)))))))
今更ながら。

冒頭の歌詞に早速やられております。
お前らなんかに俺の何が解る?
と言う上からな解釈、
そこから逃れたい声のない叫び。
と言う現実を受容する姿勢、
受け取り側で解釈が
違うんだろうけど、
なぜか涙がこぼれてしまうんだよね。
結局従うしかないけれど、
ならば笑わせてよ。ってのが切ない。

41歳のおっさんが、
ホッピー飲みながら
モンパチ聞いて涙してる(>_<)
キモイなぁ。
キモイけど、
彼らの音楽が好きなんだよ。

甘い歌、左翼的な歌詞、
以前よりもポップになった
メロデイー。
凄くバランスが良いんじゃないかな。
本当は内地に対しても、
言いたい事はゴマントアルヨネ。
Mステで、なぜ

小さな恋の 思いは届く
小さな島の 沖縄、東北の元へ

と歌ったか、CDを聞いたら解った。

15周年。
自分にも、自分の環境を愛せる
力があったらなぁ。
沖縄を愛するモンパチが羨ましい。

CDを聞きながら、
酒がすすむ。
そんな楽しみ方もありだろ?

piccolo

HOME  →次ページ

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク