今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

08月≪ 09月≫10月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

D500で撮る



D500
AT-X 107 DX Fisheye
F8
1/59
ISO200
スポンサーサイト

D500で撮る



【俺の秋】

D500で撮る



【おどろおどろしい空】

Nikon D500
レンズ AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
絞り優先モード
絞り F8
シャッタースピード 1/14
ISO2000

第十三回 かせいエイサー祭り



この日もカメラ片手にチャリで爆走しました。piccoloです。

仕事を終え、子供を保育園にお迎えに行きます。帰り道に電車と消防車を見て帰るのが日課ですが、今日はどうしても鷺ノ宮駅ではなく都立家政の踏み切りが良いと熱望した我が子、裏町を一周して線路沿いを走ると何処からともなく太鼓の音が響いて来ます。この日は都立家政では行われているエイサー祭りだったようです。



商店街を自転車を押して歩きます。我が子は荷台に乗っています。これは撮らねばと、シャッターを切りますがどうしても手ブレしてしまいます。追い討ちをかけるように目の前の太鼓の音が大きく涙目の我が子、ビックリして泣くことも出来ないカオスな状況。写真どころではありませんでした。それでも意地で数枚撮りました。





D500
16-80
f4
1/50

止まっている描写さえブレます。



D500の醍醐味である連写を駆使しましたが全てボケボケ。その中からまともだった一枚をトリミングして。

D500
16-80
f4
1/40

同じイベントを撮っておられた方がいらっしゃいまして、Facebookにその作品を載せておられました。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=655921351241476&id=100004708515422

こう言ったお手本を見ると練習あるのみだと思います。

でもカメラに意識が行くと、子供を疎かにしてしまうので、子供といる時はあまり良くない行為だと思いました。反省します。

piccolo




D500で撮る



さて、カメラを持って出かけるかな。上手く撮れないことにイラついたのは、風邪のせいであったと信じたい。一眼レフを持ち出す事に、楽しさを見出している。これで良いんだ。これが良いんだ。piccoloです。





唐草だらけです。カメラも好きですが泥棒日記も大好きです。この怪しいスタイルで写真を撮りに出かけました。今日はD500にAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gを装着します。。なぜマクロなんだろう?ただ単に試したかっただけでありまして、D500で試せてないレンズが沢山あるのです。その1つを持って町に繰り出したと言うわけです。



向かった場所はケンコートキナーのサービスショップ。トキナーの魚眼レンズの写りが白っちゃけてしまうのが気になったからです。

比べてみます。
2010年に撮影↓



今年2016年に撮影↓





的確な言葉が見つからないのですが、2010年に撮った写真に比べると白っぽいと感じます。去年辺りから症状が出だしたのですが、デニムの写真なんか空が白く飛んでしまっていて使い物にならないと思ったのがサービスセンターを訪れさせた理由です。ちなみに富士山を背景にしたグリーンプラザ箱根の写真は、D500のキットレンズ16-80で撮るとこうなります。







下がトキナーの魚眼の写真。どちらもF9ぐらいまで絞ってISOは100だと思われます。なんとなく空のコントラストが薄い気がするのです。その症状を伝えてレンズを預けて来ました。

その後、とある町を撮りました。
もうすぐ解体される中野サンプラザ



維持費がかかるそうです。ワシはあまり執着がないのですが、中野区民の中には存続させて欲しい人が大勢いるようです。



ふらりと立ち寄った町なので、運試しにロト7を買いました。

お腹が空いたので、この時間でもやってるラーメン屋を探します。



ワシは賛成派のバラそば屋さんに来ました。
https://s.tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13185780/

昔は塩味が左上に位置されていたのですが、今は醤油が一推しらしいです。いえいえワシは断然塩ですけどね。





これこれ。このスープにざく切りのネギがたまらないのです。



でもネギが少し辛かったのとスープがしつこくなったかなぁ?

腹ごしらえしてブラリと写真を撮りながら歩きました。




















キリンビールの本社が来たり、大学が出来たり、何やら変わり始めている町ですが昭和の薫りのする雰囲気も残して欲しいものです。

噂に聞いていたすしざんまいの前を通りました。



ちょっと摘んでいきました。





カメラと泥棒日記と美味しい物を堪能し、子供を保育園にお迎えに行きます。ほんの数時間でしたが、プライベートを漫喫出来たことに感謝なのです。さて、ここからは切り変えて父ちゃんに変身します。

ふとしたキッカケで買ったロト7は見事に外れていたとさ。

piccolo

D500で撮る



【早朝のカフェベロナ】

Nikon D500
レンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
絞り優先モード

絞り F3.2
シャッタースピード 1/40
ISO800

D500で撮る



夕暮れ@高円寺

するぷろよりもFC2アプリの方が使いやすい。で、とある10月の夕暮れ。D500で撮りました。

piccolo

D500でLIVEを撮る



LIVE撮影も視野に入れて購入したD500です。piccoloです。

四丁目のアンナ、この日が二回目のLIVEでした。前回はD5000での撮影でした。



D500とD5000、どう違うのでしょう?

D500とAi AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8Dの組み合わせで、オートフォーカスが効きます。D5000では、マニュアルフォーカスでピントを合わせるのが大変でしたが、今回D500では一瞬にしてピントが合いました。

D500で撮影


D5000で撮影


D500、やはり暗所に強いです。

5月を振り返る

fc2blog_2016050419355004a.jpg


5月はイベント盛りだくさん。piccoloです。

NikonのD500を購入して1ヶ月が経ちました。なかなか使用する暇がないのですが、それでもイベントの度に持ち出して、パシャパシャと無駄にシャッターを切りました。しかし、その性能を活かす写真は皆無でございます。子供が大きくなった時の運動会や、学芸会の時に、その真価を発揮出来るよう、練習をかねて撮っております。写真と共に、5月を振り返りたいと思います。

【さよならgroin groin】



2016年5月8日、贔屓にしていたレストランが、道路拡張で移転を強いられてしまいました。子供が産まれる頃にお世話になった大切なお店。そのラストパーティーに参加しました。



お兄ちゃんやお姉ちゃんがいっぱい居て、沢山遊んで貰った我が子、こうした触れ合いが大好きな事に成長を感じます。

我が子の嬉しそうな顔に、親父の顔は緩みっぱなし。





何やらレジが気になる様子。なんでも玩具になっちゃうねー。



もちろんお腹いっぱい頂きましたよ。



中野から浅草に移転しますが、こうしてラストデイに参加できる店があった事を嬉しく思うのです。

【箱根旅行】

2016年5月11日~12日、我が子産まれて2回目の旅行です。奥さんの誕生日祝いを兼ねての旅。訪れたのはグリーンプラザ箱根です。



ヤンチャな子供との旅行はどうなってしまうのか?



ロマンスカーにボックス席なる物があり、これを利用する事で、行きの旅がグッと楽になりました。









ホテルに着いた我が子は、まるで遊園地のようにロビーではしゃぎ回るのです。部屋に行くにも我々を案内してくれます。





初めての温泉にもつかり、お食事タイムです。夜もバイキング形式になったグリーンプラザの夕食。



意外に大人しく食べてくれました。





夜は星が綺麗でした。手持ちでどれだけ撮れるのか試してみたくなり、夜空を撮ってみましたが、撮れるわけないよね。



カメラ:Nikon D500
レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
ISO:16000
16mm
0EV
F/2.8
シャッタースピード:1/3

全く駄目です。
ちゃんと三脚使いましょう。一応三脚を持って行きましたが、アルコールに負けて撮影しに行くスタミナがありませんでした。



一夜明けると、天気に恵まれました。



それはそれは富士山が綺麗でした。五月半ばでも、まだ雪は残ってるんですねえ。

















富士山をバックに記念撮影しました。



トキナーの魚眼レンズも使ってみましたが、その白っちゃけた写真に肩を落としました。



カメラ:Nikon D500
レンズ:Tokina AT-X 107 DX Fisheye
ISO100
10mm
F/9
シャッタースピード 1/200

当時五万円ほどしたレンズで、とにかく広角が欲しく、湾曲する不思議な写真に憧れて購入したレンズでした。

その時の日記

思い入れのあったレンズだけど、最先端のカメラを前に、その写りの悪さに落胆したのでした。

ホテルを後にし、海賊船を見せてあげようと桃源台に向かいます。





海賊船に乗って帰るだけじゃつまらないと言う事で、日帰り温泉に寄りました。箱根レイクホテルと言う場所を発見したのです。この場所が、子連れには優しく、広い芝生と、温泉後の休憩所が使えるのが有難かったです。







なんとなく鳥も撮ってみました。



温泉と緑に癒され、海賊船に向かいます。





初めての海賊船ですが、驚きは少なく、眠気が勝った我が子でした。

箱根町からバスに乗り、湯本駅を目指します。最後に富士山が顔を出してくれました。久々の旅行に、体の疲労感とは真逆の癒しを頂いたのでした。



【井の頭自然文化園】

2016年5月22日に、我が子に象を見せてあげたくて、井の頭自然文化園に行ってきました。この時、ハナコさんはまだ生きていました。数日後に亡くなるとは夢にも思いませんでしたが、ストレスがかかるとの事で、室内での見学です。



いない、いない、いない、バイバーイ!とハナコさんに手を振っていましたが、最後の別れになってしまいました。



沢山の動物と触れ合いました。











思ったよりも、動物に関心が向かなかった印象ですが、太陽の下、思い切り走り回れる事に大満足だったご様子。何より、親の自己満足度が上がったのでした。

3つのイベントがあった5月。D500と共に、その思い出を記録しましたが、いいカメラを買っても腕がついて行きません。それでも写真が好きで、ビデオが好きで、記録が好きなワシ。その欲求を満たしてくれるには、十分過ぎるスペックなのです。この先も色々なイベントで活躍してくれるでしょう。写真だけでなく、ビデオもD500で撮っていきます。イベントも勿論、我が子の成長、我が相棒と共に記して行こうと思います。

piccolo

D500購入 ~開封~



開封です。piccoloです。

箱から出します。







いやぁドキドキしました。Appleの商品を開ける時と同じ感覚。素敵な一瞬に感謝です。カスタマー登録カード、分厚いマニュアルが上面にあります。








いよいよご対面です。



おお!ビニールに覆われて恥ずかしそうにしておる。



レンズを取り出します。



フードも頑丈に梱包されております。



タイで作られたようです。全てにおいてMade in Thailandと刻印されています。



何これ?



いよいよボディーを取り出します。





おお!おおお!おおおお!



これが…
D500
ついにご対面!





噂通りデカイです。しかし!軽いです。思ったよりも、かなり軽くてビックリしました。店頭でD5の重さに驚愕したせいもあり、余計に軽く感じました。



D500の刻印に震えが走ります。ついにワシもフラッグシップ機を手に入れたんだと。



上位モデルに搭載されると言う丸型のファインダー、アイピースが生意気です。ネットで、このファインダーを絶賛する人が多く居ましたが、自分は今まで上位機種を選択肢に入れていなかったせいか、そこまでアイピースに拘りはありませんでした。しかし開封してみると、このファインダーが見た目も格好良く、何より見やすかったです。

全ての部品が揃っているか、並べてみます。






マニュアルと保証書を含め10項目全て揃っているようです。

飲まずにはいられませんでした。こぼさない様に気をつけて下さい。



蛍光灯1本の部屋で撮った写真です。D5000で撮りましたが、ISO感度を800に設定しています。ISO感度800でこんなにモヤるのに…
この時はまだ、D500の実力を知る由もなかったのです。

因みにD500で撮ると、さらに暗い場所でもクッキリ写ります。



絞りf4、ISO感度6400で撮りました。



話は戻ります。

開封後、最初に行ったのはストラップの取り付けでした。



これが上手く出来ないのです。ニコン巻きなる物があるのだそうですが、全くならない。そして左右非対称に。自分の不器用さを改めて痛感しました。





挫けたくないので先に進みました。XQDカードを取り出します。





こいつが連射の記録を瞬時に行ってくれる優等生か。メディアを挿入し、試しに部屋の中を撮ってみます。連射も試してみました。ニヤついていました。明らかにD5000とは違うレリーズ音。ニヤつかずにはいられませんでした。

マニュアルを読みながら、疑問も感じました。Wi-Fi搭載ですが、どうやってiPhoneにファイルを転送するのだろう?と。疑問に思った理由は、SnapBridegと言うアプリが、iOSに対応していなかったからです。Wi-Fiを搭載しても、アプリがなくてどうやって転送するの?しばらく考えましたが、転送出来ないんだと気付くまで相当な時間がかかりました。最新のアプリを使えなくても、フラッシュエアーを持っていたのでそれを使用することにします。



D5000と同じ方法で転送出来ました。液晶を表示させたままにして、iPhone側でWi-Fiを選択し、アプリを起動させるだけです。SnapBridegが夏までiOSに対応しないとの事なので、それまではこの方法でスマホに転送しようと思います。

キットレンズの16-80をセットします。







フードを装着して、いよいよボディーに。







おおおおお!
カッコいいぜ!





液晶も見やすかったです。



D5000とD500を比べてみます。







大きさが全く違います。それでもかなり軽い事に驚愕です。ダイヤル類も流石のフラッグシップという感じです。

こうして開封の儀を終え、D500を使いまくっております。

piccolo

D500購入 ~どこで買うか?~




フラッグシップ機デビュー。piccoloです。

2006年に、念願のデジタル一眼レフデビューをして10年。DXフォーマットのフラッグシップ機を手にしました。2006年にD40、2010年にD5000、そして今年2016年にD500と、APS-Cサイズのステップアップをして来ました。ちょうどフルサイズに移行するか、APS-Cサイズの最上位機種を購入するか迷っていた頃に、このD500発売のニュースが飛び込んで来ました。迷わずD500を購入する事を決意した瞬間でした。

それでもフルサイズ機への憧れは消えず、このままAPS-Cサイズ機で良いのか?同じ値段でフルサイズ機のD750と言う手もあると、思考は行ったり来たりを繰り返しました。そうこうしてるうちに、発売延期となったD500が、最初の予定から1ヶ月遅れてついに発売されたのです。2016年4月28日が、彼の誕生日です。そして我が手に届いたのは、数日遅れて5月1日。いっぴから付き合いを始める事に因縁めいたものも感じ、幸先の良いNikonライフがスタートしました。

これがD500の連射



D500の購入を決定。では、どこで買うのが良いのか?その議論はインターネットに載っていませんでした。カメラ量販店か、Amazonか、価格.comか、フジヤカメラか。
自分の落とし所は、
1) 長期保証がついている。
2) ローンがきく(出来れば金利なし)
3) ポイントが発生する。

1)については、必ず故障すると考えて、長く付き合うには長期保証が必須と考えていた。5年位の保証があると安心だが、はたして長期保証を付けられる店はあるのか?

2)については、Appleローン等の金利0円サービスはあるのか?

3)については、安くなくて良いのでカメラ量販店に見られるポイントサービスを利用したかったのが理由だ。そのポイントで、XQDカードや、予備バッテリー等の備品を固めたかったのだ。

これを全てクリアする店があった。
ビックカメラだ。

http://www.biccamera.com/bc/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=3283848

ビックカメラ.comでは、ポイント5%を使用すると五年の長期保証が得られる。金利手数料無料も、12回払いまでは可能だ。これが、店舗に直接行くと、ゴールデンウィーク中は長期保証が無料で付いてきて、金利手数料無料は24回払いまで選択出来る(ポイントを2%使用しなければならない)。そしてビックカメラアプリをダウンロードすると、3%ポイント還元してくれる。という事は、金利手数料無料で、24回払いのローンが組める。そしてポイントは、D500レンズキット本体価格の34万200円に、11%のポイントが還元される。



37,422ポイントもつく事になる。実質D500のレンズキットを、30,2778円で購入した事になる。

即決だった。そもそも買う事を決めていて、条件を全て満たし、尚且つお得な特典が何個も付いて来る。これを逃す手はないと、直ぐに手続きをして貰った。手に入ったポイントで、XQDカードと、レンズプロテクター、液晶保護シート、予備バッテリーを購入した。











こうしてワシとD500の交際はスタートしたのである。帰りの電車は、誇らしげにD500の入った袋を掲げていた。



Hello D500.
Good-ByeD5000、また会う日まで。
D500よ、末長くよろしく。
開封編に続く。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク