今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

04月≪ 05月≫06月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

我が子がBMXデビュー



はい。piccoloです。

同級生のお子さんが、マウンテンバイクにステップアップしたとの事でBMXを譲ってもらいました。



ママチャリのカゴに乗せて来ましたが、結構無理がありました。職質もされず、無事帰宅出来て安堵しました。子供に見せると食いつくように興味を持ちましたが、予想以上に車体がデカくてまだ乗れるようになるには先の話かと感じました。



何度起こしても倒れてしまう自転車にイライラ気味の我が子、興味はあってもどう扱って良いか分からないみたい。もう少し寝かせてからBMXデビューさせようと思います。

同級生に感謝です。

piccolo
スポンサーサイト

我が子、消防博物館へ行く



怒涛の2月が過ぎました。piccoloです。

子供が生まれるにあたり有給を消化させてもらいました。3月は少し楽になりそうです。そこで出来た心の余裕を家族に還元する事にしました。子供と一緒に消防博物館へ出掛けてきました。



丸ノ内線の四谷三丁目駅から直結しているのでアクセスしやすいですね。バリアフリーでない事が難点と指摘されていた方がいらっしゃいましたが、新宿方面から来るとホーム側が博物館なので然程不便さを感じませんでした。帰りは線路の下を階段で反対側に渡るので、これは苦労させられ、この事を指摘されてたんだと後で気づかされました。

館内に入るとクラシックな消防車が並んでいます。









既に我が子は大喜びです。かけっこが止まりません。



最近になってカメラを向けるとポーズを取ってくれるようになりましたが、目線はくれません。興味のある物に常に意識が向いています。この時も「はいポーズ」と声をかけても一瞬ピースをしてくれましたが、あっという間に走り去ってしまったとか。

最上階では飲食の持ち込みが可能で、お弁当を持ってくれば良かったとリサーチの甘さを呪いました。そこで手洗いと水分補給を済ませたワシらは、屋外にあるヘリコプターの展示に向かいました。



操縦席では操縦桿を握れると前情報を持っていたので、早速コックピットに入りました。



ハンドルが大好きな我が子ですが、ヘリの操縦桿も気に入ったようでした。



そこから3階にある展示物を見に行きました。



ビデオと模型で行われる消防隊の劇を観る我が子、一回のショーが終わると五分ほど準備に時間がかかる事を仲良くなったお友達に説明します。このショーを一緒に観て意気投合した彼らは三階を我が物顔で走り回っていました。



消防隊の格好をして出動した様です。もう気分は消防隊員そのものの様でした。



こうして暇を潰してはショーが始まると仲良く観入る彼ら。



また1ついい思い出が出来たようです。

piccolo

バレンタインは我が子に還元



バレンタインデーです。アンパンマンです。piccoloです。

特にバレンタインにかこつけた訳ではなく、たまたまそこが家族揃って休みになっただけの話です。奥さんが子供を産む前の最後の連休かもと言う事で、何かイベントを探っておりました。しかし、お金もなく体力もないワシら。その日を迎えるに当たりだんだんひ弱って行きました。最後に候補に残ったのが、【葛西臨海公園】と【アンパンマンミュージアム】。その二択からワシのエゴでアンパンマンミュージアムに行く事が決定しました。



アンパンマンのアニメを観た事がないのに、アンパンマンが大好きな我が子です。なぜかメロンパンナちゃんが好きで、マニアックなキャラが好みのようです。きっと喜ぶと思い、ワシが選択した企画でしたが…



お土産コーナーから一向に動きません。テーマパークに来たけれど、お土産屋さんにハマった我が子は、その場所に数時間滞在したそうな。



腹ごしらえをして、再度ミュージアムを攻めようと思っていましたが、お腹いっぱいになった我が子は早々に眠りに入ってしまいました。



奥さんとみなとみらいを散歩して帰って来ました。







テーマパークはもう少しお兄ちゃんになってからかと、自分のエゴを反省したのでした。

piccolo

東京都知事選



投票してきました。参院選もそうでしたが、なぜか子守をしている日に選挙に行く事が多いです。全く政治に興味がなく、正直言って選挙なんて来たことがなかったけど、2016年の参院選から無関心ではヤバイって事に気付いたので、今更ながらに選挙に行くのです。

子供達の未来が明るい物である事を願うのです。

piccolo

我が子2歳のお祝い




It's growing up.
piccoloです。

我が子2歳の誕生日でございました。思い起こせば熱性痙攣3回、胃腸炎、手足口病、クループ、その他諸々の病気との闘いの1年でございました。その都度奥さんの実家にお世話になり、仕事を極力休まずに乗り越える事が出来ました。改めて1歳から2歳の1年を振り返るワシがいます。

4月から保育園に通い、劇的に世界観が変わりました。たった1日でいろいろな事を覚えて来ます。最初の頃は、帰りの自転車で、フル回転させた頭を整理している様子が伺えました。今では帰り道の車や電車、行き交う人々にいちいち刺激を受けている様子です。

2歳の誕生日は、1年前と同じ飾り付けをしました。

去年のデコレーション



こう言う事が苦手なワシら夫婦は、大雑把だけど何か『らしい』ことをしたかったのです。ハッピーバースデーの垂れ幕に、パソコンでプリントした名前と年齢。

今年2016年のデコレーション



そこに顔の写真をプリントアウトしたら、死んだ子を偲ぶ様な飾りになってしまいました。悩んだ末、自分が大好きなナルシストだから、写真あった方が喜ぶだろうと、このデコレーションで行く事にしました。

保育園に、誕生日のプレゼントを買いに行きたいので、この日の保育をお願いしたところ、渋々了承してくれました。仕事のない日は、家での保育をお願いしたいと言うのがポリシーの園の様です。この日は特別に保育してくれることになり、午前中からプレゼントを探しに行きます。



夫婦間で三輪車が良いと、イメージしていました。乗り物が大好きな我が子。しかしイメージ通りの物が見当たりません。昭和な三輪車は、今は絶滅したのかもしれません。悩みます。夫婦会議の結果、プランBに切り替えます。我が子の好きなもの。乗り物、特にブーブー。働く車。三輪車の様に、自分が乗る物ではなく、働く車をプレゼントしようと言うことになり、ガガ(ショベルカー)を探します。



見つけたのは少し小さめのガガ。それにトラックがセットになって3千円しなかったので、ワシはこの品を推しました。奥さんはもっとデカいガガを狙っていた様ですが、なかなかイメージにハマるものがなく、渋々このガガに決定です。



それにアンパンマンのボールと、



お風呂で遊ぶ水鉄砲をおまけにつけてプレゼントしました。大喜びでした。そして何よりも、ワシの三脚がお気に入り。



この脚の下にガガを通して遊んでいました。

もちろんケーキも買いました。予約したお店には、看板が掲げられています。



今年のケーキは、イチゴでなくフルーツタルトをチョイス。イチゴがあまり好きでない我が子を考えての事です。



喜んでくれた事がとても嬉しくて、なんだかとっても良い1日でした。婆ちゃんも孫の姿に喜びを隠せず、記念写真にも応じてくれました。たった1つの小さな命がみんなを笑顔にさせている。子供って凄いなぁ。







奥さんの話では、どんな夢を見ていたんだか、寝ている時にケタケタと笑っていたとか。夢の中でガガを操作していたか、はたまたガガが機関車トーマスの様におしゃべりをしていたかは分かりませんが、彼の心に響いた事は間違いないようです。

早朝、寝ぼけた先にあったのはガガ。まだ6時半だというのに「おお!おお!おお!」っとガガを握りしめて興奮しておりました。



彼の頭の中では、ショベルカーの玩具に限りない夢が詰まっているんでしょうね。

これからも、元気いっぱい育って下さい。

piccolo

しながわ水族館






水族館デビューです。piccoloです。

最近、動物を見ると「ワンワン」と言う我が子、生き物に興味が出始めたようです。それならばと、水族館デビューを果たしましたが、まだまだ早かったご様子。沢山の生き物よりも、館内にある自動販売機に興味津々。アシカショーの片隅で、自動販売機でご機嫌でした。

久しぶりの外出に、子供ではなく親がワクワクしています。



各駅停車で大森海岸を目指します。電車を見る我が子の集中力も凄いものがあります。



到着した場所は、しながわ水族館。初めての水族館です。







昼飯はレストランでとりました。



水族館に到着するやいなや眠りに入ってしまった我が子、この隙に飯を食ってしまおうとラーメンをすすります。昼食を済ませ、いざ水族館でしたが、怖がってしまってなかなか前に進もうとしない我が子でした。もっぱら自動販売機と戯れて、魚に関心が行く事はなかったそうな。

それでもイルカショーは見てきました。





そろそろ疲れてきました。帰りましょうかね。水族館をあとにしたのは14時ぐらいでしょうか?まだ時間に余裕があると、奥さんは目白に寄りたい場所があるとの事。その場所を目指します。我が子は電車に向かってバイバーイと、お別れを伝えてから入眠。



目白にに着くと、少し歩いたところにPatagoniaのアウトレットがあるとのこと。我が子にダウンを買ってあげると意気込んでおりました。赤か紺かと悩んでいましたが、サイズがなく、仕方なしの緑をチョイス。







ダウンデビューしたのでした。



お金もちぃ~と、イヤミを言われたとかそうでないとか。ガーンです

買い物も済ませ、そこから新井薬師に出ました。今晩は久々の外食。青鋼さんで魚三昧でした。



キッズスペースがある魚居酒屋。中野ではかなり有名です。そのお店のご主人と女将さんのお子さんがうちの子と同い年でありまして、お店に行く度にその子の成長ぶりに驚かされていましたが、今回我が子とのコラボで、その違いを目の当たりにしてきました。



うちの子の靴は右側。お店の子の靴は左側。なんと同い年。成長には個人差がある。君はマイペースに成長しておくれ。そう心で呟きながら、帰宅の途につくのであった。

piccolo

ヘルパンギーナ or 手足口病

初めての救急対応でした。piccoloです。

我が子の9度超えは、保育園に入園してから4回目です。親も慣れたもので、熱発したら奥さんの実家に見てもらって、ワシも奥さんも、仕事に集中と言うスタンスをとっていました。今回も同じ様に、奥さんの実家に我が子と奥さんは帰って行きましたが、夜中に事件は起きました。我が子が奇声を発して失神したのです。お婆ちゃんに抱かれていた我が子は、白目をむき、体を痙攣させて引き付けを起こしました。誰もがビックリしたに違いありません。癲癇発作のような症状だったと想像します。お婆ちゃんは、お爺ちゃんに、「お父さん救急車呼んで!」とお願いし、抱き上げてクーリングをしてくれたそうです。奥さんも、仕事で救急対応の経験はありますが、我が子の急変に驚きを隠せなかった印象です。幸い、1分ほどで発作は治まったようですが、救急で病院に搬送して貰いました。

飲めない、食べられない、の原因は、口の中に出来た水疱のせいか、先生も「これは酷い」と口にする程喉が腫れ上がっていたそうです。ほぼヘルパンギーナであろうとの診断。1度帰宅したそうですが、明け方足をビクつかせるシーンがあり、発作を懸念して2度目の救急対応。水分が取れていない事もあり、1歳4ヶ月にして、人生初の点滴を行いました。


3日ほどして熱は下がり、飲み食いできる様になってきた様です。その間、ワシは連勤中でありまして、気が気でないものの、仕事に集中しました。この連勤、かなりスタミナを消耗しまして、正直この仕事を続けていく自身が持てないでいます。(あっ、いつもか。)

本当ならば、今日から千葉方面に旅行を計画していましたが、我が子は反対だった様です。かつては月に1度ペースで旅をしていたグータラ夫婦ですが、それに喝を入れられるかのように、我が子は体調で抗議しているのかなあ?と思っています。来月の新潟帰郷は出来ると良いんだが…

保育園に通い出して4回目の熱発。前回の体調不良から、1ヶ月頑張ってくれた我が子ですが、次に熱発するのは2ヶ月後くらいかな?少しずつ強くなっておくれ。

piccolo

完治

長い戦いでした。piccoloです。



保育園に通い出して3度目の熱発でした。クループと言う声帯に炎症を伴う病気で、熱が下がらずに参りました。結局保育園への登園は禁止となり、綱渡りで我が子の看病をしていましたが、奥さんの実家に子供を預ける事になりました。

これが共働きの実情。保育園が決まっても、我が子が病気になれば仕事を休まざるを得ないのです。どうにか、お互いが仕事を休まなくて良い方法を模索します。

ワシの親は抗がん剤治療の副作用で、子供の面倒を丸一日見るのは困難でありまして、どうしても奥さんの実家に協力を願う事になるのですが、これで3度目のワガママ。数日お世話になり、クループの症状も落ち着きました。今回は全く食欲がなくなってしまい、水しか飲まなくて心配でしたが、少しずつ食べられるようになり、今はモンスター度が復活しています。

夜間に苦しそうならば、救急対応しなさいと指示があり、注意深く様子を観察しましたが、救急対応することもなく今に至ります。今回の収穫と言うと変ですが、中耳炎を懸念して耳鼻科に受診しなさいとアドバイスがあり、内科と合わせて受診したのですが、鼻の吸引をすることで、あれだけ詰まっていた鼻くそと鼻水がみるみる綺麗になりました。かなり呼吸が楽になったのか、夜間に聞こえる寝息がとても自然です。耳鼻科の先生も、定期的に通いなさいとの事で、週に3回ほど通院しています。

しかしこの病院、マイペースというか時間前に終わってしまうと言うアバウトさ。嫌いじゃないけど…



結局ワシの連休が終わり、子供の様子が良くならないので、奥さんの実家にお世話になることになりました。

昨日奥さんから連絡があり、ジージーがご飯をご馳走してくれるから実家に来いと指令が下りました。母に声をかけると、珍しく行くとの返事があり、初めてうちのバーも奥さんの実家に来訪させて頂きました。

子供の面倒を見てもらい、更には美味い魚までご馳走になってしまう。なんとお礼をもうして良いやら…







しかも、その後にうちまで送迎までしてくれる義理の父。申し訳ないことでございます。しかも、特別限定の一番搾りまで頂いてしまい、恐縮するしかないのです。





これが美味いのなんの。子供の具合が悪い事が、なぜかこんなハッピーな事にすり替わり、困惑するワシがいるのです。

またすぐ熱出すんだろうなぁ。今は元気に登園中です。息子よ、ちばりよ~

鼻水ぐっちゃぐちゃ



今年に入って3度目の9度越えです。piccoloです。

数日前から、また我が子が熱発しています。しかも40度近い熱が続き、毎日病院に通っています。薬を内服して様子を見ていましたが、先ほど診察結果が喉頭炎、クループと出ました。1日二回の吸入が必要なので、午前と午後の二回受診しなくてはなりません。タイミング良く、今日のシフトが夜勤だったので、午前も午後も受診することが出来ます。ラッキー
明日も受診出来るので、共働きの綱渡りは、今のところギリギリ渡れています。

それにしても風邪に苦しむ我が子の姿、おっさんか!って言うくらいガラ声の咳に、固まった鼻水。親としては切ないです。今の積み重ねが、免疫力を高めてると祈りつつ、我が子の寝顔に安堵するのでした。

piccolo

保育園入園




桜吹雪く中、泣き乱れておる。piccoloです。

先日我が子が保育園に入園しまして、今日が慣らし保育2日目なのですが、初めての母親なしの保育園、どうなることやら。だったのですが、

迎えに行ってみると…

廊下まで響き渡るガン泣きでございました。ワシも慣れない場所で先生の話なんて耳に入らず。早く立ち去りたいのだけれども、服を着せて抱っこして。他の保護者から白い目で見られているような気がして更に焦る。その間泣き止まない我が子、負の連鎖が夜勤明けの脳を襲う。

やっとの思いで保育園を後にすると、疲れたのか今度はガン寝
寝顔は天使のよう。初めての冒険で疲れたんだね。お疲れ様。

改めて保育園に入園しました。



まだまだ冒険は始まったばかり。色んな事を経験して、強くなってね。

piccolo

唐辛子で涙



10年前にお世話になっていた拠点の人とランチをしました。piccoloです。

人嫌いのワシが、なぜ10年来の知り合いが居るのかが不思議ですが、同じタイプとは長く付き合うのがpiccolo流。この人とも事あるごとにお世話になっております。

久しぶりに訪れたこの地。10年経つと町の空気は変わりますね。ここにあるジムに行きましたが、こんな所にあったか?と思うほど、回りが開発されていて驚きました。

泳ぎ終えてから合流しましたが、なんで気が合うかと言えば、似てるんですね自分に。ちょっと変わった思考と言うのか、普通の人とは違う行動をとる傾向が似てるんです。ワシは好き嫌いがハッキリしていて、好きな人とはこう言った合流をとりますが、嫌いな人とは一切合切関わろうとしません。そんな中、気が合う人とは長く付き合う事が多いです。

自分に子供が出来たこと、子供が居ること、職場では内緒にしています。嫌いな輩に、自分の情報を与えたくないからです。しかし、こうして子供を連れて普通に食事をする事が、自分の中では滑稽で、改めてこの人だから会ったんだなぁと感想を持ちました。piccoloさん似ねえ!と、やはり他の人と同じ事を言うので、この子に申し訳無いことでございます。と、いつもと同じ返しをして始まったこの食事会。気づけば4時間以上も喋っておりました。何をそんなに話すのかと言えば、他愛のない話ばかりですが、自分にもそんな普通の光景があることに安堵したりします。コミュ障と言う言葉を最近知り、まさに自分の事だと思うのですが、特定の人にだけ開く心は一概にコミュ障とは言い切れないのかもしれません。

さて、我が子はいつもと違う雰囲気に大興奮。色々なことが理解出来るようになってきて、外出も昔に比べて幅が広がった様に感じます。今日の冒険では、ずっとイタズラしていた唐辛子のボトルの蓋があき、テーブルに散乱した唐辛子を口に入れました。何が起きたか理解出来ない我が子は、顔をゆがませ涙を流していました。そんな冒険をする我が子を、ほっと見守るワシがいます。

piccolo

ダブル鼻水



熱発2日目です。piccoloです。

突発性発疹の疑いで経過を見ておりますが、熱発2日目に突入しました。高熱が3日ほど続き、体に発疹が現れれば突発性発疹だと言われております。まだ発疹は見受けられませんが、夜になると地味に8度台まで熱が上がります。それで眠れないのは見ていて可哀想。クーリングと解熱剤を使用しますが、グズグズ言ってなかなか寝てくれません。どうしたものか…

日中は熱も下がり元気な我が子。大声で悪さばかりしています。



気づけば両方の鼻の穴から体液を垂れ流しにして遊んでいます。ダブル鼻水… なんだかカッコいいじゃないか。

piccolo

突発性発疹



熱発です。piccoloです。我が子が熱発しました。九度越えです。それでも元気な我が子ですが、親としては心配です。すぐに受診しました。

ほぼ、突発性発疹だろうと言う診断でした。現在8度から9度の熱が主な症状ですが、この熱が下がった時に発疹が出るのが一般的な症状。明日発疹が出たら突発性発疹で間違いないであろうと思います。

夜勤から帰ってきて、息子を抱くと何やら頭が熱い。奥さんの話では、珍しく離乳食を拒否し、朝からグズってるとのこと。体温を計ると、数値の上昇具合に笑ってしまうほどの高熱。覚悟してはいたものの、やはり我が子の体調不良は心配です。自分達もこうして心配されて育ってきたんだと悟る瞬間でした。それほど心配はないにしても、やはりいつもと違う我が子の姿に心を痛めるワシら親の姿があります。

今出来ることはクーリングと水分補給ぐらいなもの。老人介護と一緒だと感想を持つ自分とは異なって、奥さんは解熱剤を内服させることも、クーリングすることにも消極的。冷えピタを推奨する奥さんですが、異食を懸念して小さなアイスノンを頚椎部にクーリングします。

今はただ見守るしかありません。でも、ワシはその姿を頼もしく思えるのです。少しずつ母親の免疫力が弱まる時期。きっと自分で抗体を作っているのだろうと想像します。心配ですが、この観察時期を親として見守る自分がいます。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク