今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

06月≪ 07月≫08月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

iPhone6s バッテリー交換プログラム



バッテリー交換までの道のりは長そうです。piccoloです。



https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

ここから自分のiPhoneのシリアルナンバーを入れるとバッテリー交換プログラム対象機種かどうか確認出来ますが、ワシのiPhoneも対象機種にヒットした訳です。バッテリー交換方法は3つ。



ワシは直営店での持ち込み修理を選択しました。1番話が早そうだったからです。予約はかなり埋まっていて、1週間先だった今日、Apple Storeを訪れたのでした。

しかし直営店にもバッテリーの在庫はないらしく、取り寄せで届き次第再度ジーニアスバーを予約して再来訪してほしいとの事。「ええ。また来ますよ。」「でもさ、なんて言うかさ、1週間待ってた訳ですよ。その間になんとかならなかったもんすかね?」



今日来訪して先ず聞かれたのは、「今日はどんなご用ですか?」だった。え?バッテリー交換プログラムって書いてあるじゃん。直営店に来させる前に、「在庫ないから予約してから来た方が良いよ」と言う促しはないものかと、少し憤りを感じた。ジーニアスバーに行ってどんな流れでバッテリー交換を行うのか情報を掴むことが出来なかったので、取り敢えずApple Storeに来訪したが在庫があればその場で交換してくれるらしい。今は対応に追われて品薄なのか、取り寄せないと在庫を確保出来ないそうだ。直営店ならばと言う期待は裏切られた。無い物はない。

と言う事で取り寄せをお願いしてきた。通常ならば7800円かかるところ、交換プログラムなので無料と。



見積書を頂きました。





流れをおさらいすると、
1.在庫が届くとメールが来る。
2.メールが届き次第再度ジーニアスバーを予約。
3.この見積書を持参してジーニアスバーへ行く。
4.ジーニアスバーで、現場修理。
こんな感じっすかね?

在庫があればその場で交換してもらえる様なので、先ずは電話で在庫を確認してからジーニアスバーを予約した方が良さそうですね。その電話が何時間も繋がらないとの情報から持ち込み修理と勝負に出たんですが、一発勝負に負けました。メールを待ち、再度ジーニアスバーを予約してからバッテリーを交換して貰いたいと思います。

piccolo

スポンサーサイト

iPhone6sを使ってみて



早い、デカイ、見やすい。piccoloです。

iPhone6sにして、5日が過ぎました。バックアップからの復元で、操作手順は全く変わりません。だからこそ、高い性能を痛感しています。1番の感想はデカさからの見やすさ。iPhone5と比べると、画像の鮮明さに息を飲みます。iPhone5で撮った写真も、こんなに綺麗だったんだと改めて思いました。冒頭の写真は、補正せずにiPhone5で撮りましたが、iPhone6sで表示するととても綺麗です。

次に早さ。LINEやFacebookのコメントを書く時に、コメント欄をタップすると、反映するまでに10秒弱の時間がかかっていましたが、iPhone6sに変えてからはサクッとコメント出来ます。画像補正アプリの処理スピードも格段に早くなりました。

新しい機能として、3Dタッチと言う物がありますが、今の所Apple純正のアプリにしか対応しておらず、使い倒すにはまだまだ時間がかかるのかなと言う印象を持ちました。使ってみて、カメラアプリのアクセスは便利でした。

iPhone5からの乗り換えなので、指紋認識機能には驚きました。パスコードを打たなくても、自分の指であるならばiPhone6sにログイン出来る画期的なシステムです。そもそもパスコードを使用していませんでした。しかし職場で、明らかにワシのiPhoneを第三者が操作した形跡が見受けられた時に、情報流出の危機を感じ、それ以来パスコードをかけるようにしました。iPhoneにアクセスする時に、このパスコードを打ち込む作業が意外に面倒で、使い倒した現在でさえパスコード打ち込みは面倒だと感じていました。しかし、この指紋認識機能で、ホームボタンを押せば楽々ログイン出来ます。これはとても嬉しい機能でした。高齢者施設で働くワシは、乾燥で手がボロボロになります。ここ数日の乾燥した陽気で、若干指紋が剥がれ、この機能が働かない時があるのが玉に瑕です。

あと変わった点といえば、画面ロックボタンが上から右側に移った事でしょうか。



iPhone6から6sの乗り換えならば感じないのでしょうが、5から6sからはこのボタンがかなり遠くに感じます。画面ロックボタンを押す時に、ボリュームボタンも押してしまうのも不便で、Assistive Touchから画面をロックさせています。

バッテリーの保ちが良くなった事も評価出来ます。22時に充電が完了したら、次の日の22時まで保ちます。24時間充電なしと言うスタミナに驚きです。iPhone5は、劣化が原因なのでしょうが、待ち受けでも3時間で50%になってしまうので、使いたい時に使えない状態が多かった。iPhoneを機種変しようと思った大きな理由は、ここかもしれません。

ワシはiPhoneにカバーをする派です。iPod touchの時も、iPhone5の時も、安価な物ですがカバーとフィルムはしておりました。使い方が雑なワシは、保湿クリーム等で機械を汚したくないのが理由です。

購入したカバーはこちら


購入した保護フィルムはこちら
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00R15HAQ4/ref=bia_i_3

透明なカバーを選んだ理由は、悩み抜いて選んだ色が見えなくなるのは悲しいと感じたから。今回はApple純正のカバーも検討しましたが、iPhoneの色が隠れてしまう事で、その選択をやめました。iPhoneシルバーがしっかりと分かる透明のカバーをとても気に入っています。



今までのプラスチックの物と比べ、若干高級感があるのも好感を持てます。



フィルムは、Amazonのタイムセールで購入したので、現在は1,552円になっていますが、700円ほどで購入しました。



保護フィルムを貼るのが下手なワシは、必ず気泡が入ります。今回も上手くは貼れず、気泡だらけになりましたが、時間が経つと自然と気泡が抜ける優秀な保護フィルムでした。しかし、何度も何度も貼り直したため、フィルムの中には埃が入り込みました。



非常に気になるところですが、気にしないようにします。

ブルーライトカット機能を備えて、目に優しいとあります。若干色があるのでサングラスのようです。衝撃にも強いとあったので、画面が割れてしまう事故が軽減される事を期待しています。

こうしてiPhone6sを使い始めていますが、何より新しいガジェットを手にしている事が、モチベーションを上げる理由のようです。子供が生まれても、こうして新しい機械を求める事に、大人になれない幼稚さを垣間見るワシなのです。

piccolo

iPhone6s



3年ぶりの機種変更でございます。piccoloです。

初めて手にしたスマートフォンは、iPhone5でございます。全く携帯電話に依存しないワシは、それまでWILLCOMしか持ち合わせておりませんでした。それが2012年の9月、iPhone5が出た時に、冷やかしでApple Store渋谷店を覗いたのが運の尽きで、そこまで長くない列を見て物欲が目覚めたのでした。今なら手に入れられると言うスタッフの声に、つい列に並んでしまったのです。あれよあれよと言う間に手にしたiPhoneは、それまでのiPod touchとは全くの別物で、アプリの立ち上がりの早さに舌を巻いたものでした。

それから3年。我がiPhone5も、だいぶへたって来ました。まずはバッテリーが保たなくなって来たのです。待ち受け状態でも、3時間で50%がなくなります。そして恐ろしいのは、残り20%前後で電源が落ちてしまう事です。一つ一つのアプリが重たいのか、ワシのiPhone5の劣化か、酷い時には残り38%で電源が切れる状態です。モバイルバッテリーは手放すことが出来ません。そろそろ替え時かな… そんな事を思うようになった時、新しいiPod touchが発売され、Wi-Fiルーターを介してiPhoneを操作するワシは、もはやiPod touchで十分なのではと思い始めていました。そんな時に、iPhone6sの情報が出てきました。悩んだ末、機種変更を決意するのです。

皆さんは、どうやってiPhoneを手に入れますか?キャリアのお店に予約しますか?カメラ量販店を回りますか?ワシは冒頭で述べたように、意外とApple Storeに行くと、予約しなくても買えることが分かったので、特に予約はしませんでした。そして、発売日の2015年9月25日、Twitterなどで情報を探ると、何処にも長蛇の列の記事がありません。何が起きてるのか?どうも前年の転売目的のバイヤーを問題視しての策が取られたようです。

今年から予約したお客だけが、Apple Storeで受け取れる方法を取ったようです。少し寂しい気がしましたが、これならば昨年のような問題は起きません。この策をとったAppleを支持します。

発売当日も予約は受け付けていましたが、躊躇してる間に予約がいっぱいになってしまいました。特に発売日に買うことに拘りはありません。むしろ初めてiPhoneを買った時と同じく、発売から2日目に買う事に拘ろうと、26日の朝8時から予約再開の情報を頼りに、予約操作を行いました。

そして…




























GETしたのでありました。



Appleの商品は、箱を開ける瞬間に毎回ワクワクさせてくれます。



iPhone6の時は、箱は真っ白だったらしいのですが、今回は原寸大のiPhoneが描かれ、その色から何色を選択したのか分かる仕組みのようです。これは賛否が別れる所でしょうが、ワシはこのデザインだけでもワクワク出来ます。

箱を開けてみました





今回は白い画面を狙っていたので、スペースグレーの選択はありませんでした。ローズピンクゴールド、ゴールド、シルバー。悩ませられました。こんなに悩んじゃって、僕ちゃん困っちゃう。と、心の中でひたすらキモい呪文を繰り返し、選択した色は、あえてのシルバーでした。






ゴールドか、シルバーか、悩んだ末にシルバーを選択。なぜか?それは、オーストラリアで見過ごしたG-SHOCKのトラウマがあるかもしれません。初めてG-SHOCKに魅せられたのは、トリプルクラウンと言う限定モデル。このトリプルクラウンのシルバーを勧められたものの、あまりG-SHOCKに興味がなかったワシは、日本に帰ってきてからも買えるだろう。そう高を括っていたのですが、これが日本の何処にもない。あるのはプレミアがついた高い物だけ。あの時買っていれば… そのトラウマがシルバーを選ばせる理由。G-SHOCKのトリプルクラウンもゴールドではなく、シルバー狙いだったのです。iPhone6sを購入した誰もが、自分の選択を絶賛するように、ワシもシルバーの選択に満足しています。

iTunesを介して復元してみます。



使っていたiPhone5と同じインターフェイスになりました。



画面が大きいと、アプリのアイコンを置く場所も増えるんですね。画面はとても綺麗です。

裏も並べてみました。



あまりインパクトなし。6sでもなく、5sでもない、Sの文字が生意気です。

Amazonから届いたカバーとフィルムを貼り、いよいよ使い始めましたが、やはり操作性が上がってます。iPhone5では、なかなか立ち上がらなかったアプリ、コメント欄をタップしてコメントを書けるまで10秒ほどかかったりと、操作の重さが気になっていたのですが、iPhone6sはサクッと立ち上がり、何のストレスもなく操作出来ます。これはiPhoneを新しいものに変えた大きなメリットですね。バッテリーの保ちも素晴らしい。iPhone5の3倍は保ちが良い印象です。ブログを書いても10%もなくなりません。この日記を書き終わる頃にはバッテリーが50%以上消費されるであろうiPhone5。バッテリーの保ちが良くなるのもiPhoneを機種変する大きなメリットですね。

気になることもありました。App storeにアクセスできないのです。アップデートが来ているアプリを更新しようと、App storeにアクセスすると外国のstoreに繋がってしまいます。storeを変えますかの質問をされ、実行するとiTunes Storeにリンクされます。アップデート出来ないことと、新しいアプリをダウンロード出来ません。何か策を書ければ少しは役に立つブログなのでしょうが、何のヒントもありません。ごめんなさい

ただ、アップデート出来たので最後にそれを書いておきます。

Safariでアップデートが来ているアプリを検索します。

インターネット経由でそのアプリをダウンロードします。

app storeが立ち上がり、今まで英語のstoreだったのが、日本語のstoreに切り替わります。

そこからアップデートを行います。

この手順で行けましたが、ダウンロードにクソみたいに時間がかかります。この謎は解けませんでしたが、アップデートとダウンロードが出来ました。同じく外国のstoreに繋がってしまうとお悩みの方がいらっしゃる様なので、1度試してみて下さい。

下らない事をダラダラとすみません。皆様のiPhone LIFEが良き物でありますように。



piccolo

ハプニングランチ





同級生にばったりです。
piccoloです。

フリー勤務でした。
特に普段の流れをする仕事ではなく、たまりに溜まった書類を整理したり、利用者と散歩したり、普段出来ない仕事をするシフトです。

特にやる事もなく、入院中の利用者のお見舞いに行く事になり、何のけなしにその業務を行ったのです。

見舞いが終わり、職場に帰ろうとバス停を探していると、「piccolo
君!!」と声がするではありませんか!振り返ると奴がいました。中学時代の同級生で、LINE上ではやりとりしていたQ君です。

噂では、茶色いセーターを着て仕事をしていると聞いていましたが、本人に確認すると捨てたらしく、意外にワイルドな一面がある事に気づかされました。LINEで、そのセーターをバカにされた事があるのかな?と、勝手な想像をしてみましたが、真相は闇の中です。もう少し深く突っ込んでみようとも思いましたが、嫌われそうなので踏みとどまりました。

しばらく談笑は続き、このハプニングを楽しむのでした。こんな事があるんですなあ。次回は是非とも飲みたいものです。予想外の出会いで、脳から覚醒物質が飛び出した、楽しい日でありました。


piccolo

Hello2013




賀正!
piccoloです。

元旦から仕事ですが、
今年も邁進して行きたいと思います。

本厄が明けました。実際、暦上何月で厄が明けるのか分かりませんが、去年のこの日、何事も起きませぬようにと、願いを込めたのでありました。

今のところ体感では何も起こってはおりませぬが、厄年をキッカケに何かが起こり始める可能性は十分あり得るわけで、まだ気を抜けないワシが居るのです。

何はともあれ、新年が明けました。めでたい人も、そうでない人も、何卒今年も宜しくお願いします
m(__)m

piccolo

出勤風景@漫画カメラ




さむ!
日に日に夏がいなくなります。
失恋した女々しい
輩と化しております。

なぜ夏が好きか?
それは理屈抜きで元気に
なれるから。

今は、理屈抜きで
元気がなくなっているのです。

今年の夏は、1日、1日を
噛み締めながらすごしました。
楽しい夏だった。
最後はやはり、仙台のAIR JAM
でした。
あれが、2012最後の夏です。

と、夏を遠く思いながら、
仕事に向かうのです。


piccolo

iPhone 5 購入

GOPR3428 - 2012-09-22 12-41-23


人生初のiPhoneです。
piccoloです。

何が自分を駆り立てたのか、iPod touchで良いと思っていたのに、
発売二日目にしてアップルストアに並んでしまいました。
昨日は、区役所まで行列ができていたと言う事ですが、今日はそんなでもありませんでした。
並んだ時間はおよそ一時間半。

DSC_0009 (8 / 8)

店内に案内されると、数分でジーニアスの方が現れて、
購入手続きの手引きをしてくれます。もの凄く手際が良かったです。
悩ませてくれないのが、うれしい悲鳴でありますが、
決断したらどんどん購入まで導いてくれる感じです。
そして気付いたのは、どの店員さんも楽しそうだと言う事。
髪型や、服装、結構自由な感じだけど、青いアップルのTシャツは皆が着ている事から
制服っポイ感じ。でも、パンツはサルエルだったり、デニムだったり凄く自由。
で、みんな作り笑いしてないのが共感持てました。
介護の仕事をしていて忘れている、忘れていた、事です。
誇りを持っている事がひしひしと伝わって来ました。
接客されていてとても心地よかったです。

購入手続きが終わると、今度はセットアップです。
自分で封を破いて下さいと言われ、ナイフを渡されます。
面倒だった自分は、開けて下さいとお願いしました。
通常自分で開封した瞬間にアップルストアの店員から拍手で迎えられます。
自分には開封の時も、帰るときも拍手はありませんでした。
凄くホッとしました。

箱はこんな感じです。

DSC_0001 (1 / 8)


箱を開けると....

DSC_0002 (2 / 8)


やっぱりAppleの商品って美しいと感じる。
既にセットアップ済みです。

DSC_0003 (3 / 8)


解り辛いですが、
iPhone4と比べてみました。

DSC_0006 (6 / 8)

DSC_0008 (7 / 8)

写真じゃ良くわかりませんが、実際も良くわかりません。
でも並べると5の方が縦長で薄い事が解ります。

DSC_0006 (6 / 8)

と言う訳で
iPhoneデビューしたワシなのです。

piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク