今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

08月≪ 09月≫10月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

なんかしっくり来ないバッテリー交換プログラム



どれくらい待たせるのですか?piccoloです。

昨今問題視されているバッテリーが残っていてもシャットダウンしてしまう問題で、Appleは交換プログラムなるものを提供し始めました。ワシのiPhone6sは、この対象機種だったため、先月から交換すべく為にApple Storeに出向いていたのでありますが、その方法に異議ありなのでブログに記す次第です。

まずこのサイトで自分の機種がプログラムの対象機種か調べます。
https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

そこからリンクを辿って近所のバッテリー交換出来る店を探すのですが、ワシはApple Store渋谷を利用することが多く、今回も迷うことなくこの店を選択しました。電話は繋がらないと言う情報をもらっていたので、時間はかかってもサイトからGenius Barを予約しました。一週間後、予約日を迎えApple Storeに出向きます。そこで問われたのは、「どういったご用件でしょうか?」という物。バッテリー交換プログラムで予約してあるのだからそれぐらい解らないものかと思ったが、バッテリーの件でと伝えると、在庫がないので今日は在庫の予約と言う形になるが良いか?と言われ若干驚いて仕方なく了解した。了解するしか選択肢がなかったからだ。渋々在庫の予約を入れて帰宅した。予備バッテリーが届き次第メールが来るというのだ。待つこと8日、メールが届いた。そこからまたApple Storeに予約を入れなければならない。勿論その日に予約を入れることは出来ない。数日から一週間先だ。混んでいるのか、予約できる日にちはないと言われる。根気強く予約を入れた。都合が良くはないが、休みの夕方に予約を入れられた。しかし子供の迎えがある。嫁に要相談というわけだ。そんな客の事情を知る由もなく、Appleは非情にもその日意外の対応を試みてはくれないだろう。一応その日を抑えておいて、別の日の予約を狙った。

シフト表を睨みつけ、こことこの日なら大丈夫だ。そして今日を迎えたわけだが、どれだけ待たせるんだという気持ちが強くなる。最初にアプローチした日から一ヶ月近く経過している。すでに早くこの件を終わらせたいと言う、Apple Storeに行くときのワクワクはなく義務で渋谷に向かう。早く済ませたいからスタッフに要件を伝え書類を渡す。そこで言われたのが、「パーツも揃っているし直ぐに修理に入れます。修理に二時間半ほどかかります。」と言う信じられない言葉だった。どんだけ客を待たせたら気が済むねん!あまりにも憤ってしまったので「なんでそんなに待つんすか?」って言うと、奥に消え「一時間だったらどうか?」と言ってきた。前回パーツの予約をした時にどう言った流れで修理になるのか訪ねた所、パーツが届けば直ぐに修理に入れるのでこの場で行いますと言われ、目の前で修理を行うイメージを持った。まさかそこから二時間もかかるなんて思いもよらずアナウンスが少ないと、また憤った。仕方なく一時間と言う時間を了解してゴミゴミした渋谷の街をうろついた。それだけでクソみたいな気持ちになった。我慢できず代々木公園に逃げた。たった一周しただけで気持ちが晴れた。都会の人の多さが苦手なことを再認識するのであった。

これだけ待たせる拠点もあれば、端末自体を交換するところもある様だ。

ツイートをリンクします。




もうさ、統一性もないし客の事なんて考えてないよね。まず直営店なのにバッテリーの在庫がない事があり得ない。そして、いくらでも客を待たせる事が出来るApple直営店の方針がクソ!嫌ならバッテリー交換プログラムなんてリコールやめればいいじゃん。機種を交換してくれるならワシのiPhoneもやってよ。機種交換してくれるなら最初にApple Storeに行った時に出来たじゃん。ワシの時間返して欲しい。

昨今の直営店の方針に憤りを隠せないワシがいる2017年初めなのである。

piccolo
スポンサーサイト

さよならAperture




お世話になりました。piccoloです。

先日無情なメールを受信しました。そこにはAperture終了のアナウンスがあったのです。iPhotoからステップアップして購入したApertureでしたが、一つの歴史が幕を閉じます。新しいアプリに移行せよとのことですが、まだまだFinal Cut Pro Xのバージョンを考慮するとMacOSをアップデート出来ない事から、しばらくはApertureを使い続けると思います。莫大な容量を受け止めてくれたApertureですが、これを機にAdobeのクリエイティブクラウドサービスを導入するかな。

屁理屈を並べていますが、結局のところ子供が居るのでMacの前に座る時間なんてないのが実情です。Adobeは夢に終わるでしょうが、我が子の画像を管理するソフトの終了のアナウンスに、寂しく時代を感じるのでした。

piccolo

ワシのiPad

俺のフレンチ
俺のイタリアン
俺のiPad。
piccoloです。

IMG_4527.jpg


初iPadでございます。常日頃からiPadって何する機械?と、その必要性を疑問視して来ました。ところがどっこい今手にしているのはiPadでございまして... 一体ワシに何があったと言うのでしょうか?

その理由は同級生で、iPadが割れて動作しないが要るか?の声かけに立候補したのです。このボロボロのiPadをどうしましょ?

IMG_4498.jpg

あれ?壊れてないじゃんと、iPadに言われるがままに作業を進めて行きます。しかし、登録の最後に同意するボタンをタップ出来ません。ごらんの様にガラスが割れているのが理由です。

IMG_4497.jpg

ここで友人に修理を頼みました。ワシはこう言う機械修理は苦手。理数系からはほど遠いのでありますが、このような作業を得意とする友人がワシには居るのです。彼に壊れたiMacを修理してもらってから依存心は増すばかりなのです。今回も彼にお願いしました。返答は、「新しい液晶は持ってる?」と言う事でした。そんな物は持っているはずもなく、「そんな物あるか!」と返答すると「Appleに頼め」と。友人からギブアップのメールが届いたのです。さてさて、行き場をなくしたワシのiPad。インターネットで修理方法を探ります。

同じ症状の方がいらっしゃるのですね。そしてこのガラス割れの修理をする業者も多数ある事に驚くのです。一番信用があるのはAppleにお願いする事。しかし修理代金がそれなりのお値段します。だいたい二万円強。どうでも良いと言うとあれですが、iPadに必要性を感じていなかったのに二万円も出せるか!と、業者を探します。ブログを2~3読みまして、近くにいいお店を発見しました。

こちらのブログを参考にさせていただきました。
http://webtrace-cuisine.com/201303/ipad2repai/

定期券圏内なので、交通費もかかりません。それは大久保にある『Apple Repair』さん。決定打は現在サービス期間中でガラス交換9,800円だった事です。平均してガラス交換は一万五千円前後が相場のようで、この『Apple Repair』も、普段なら16,800円の金額がかかるっぽいです。
http://applerepair.co.jp/repair_ipad2
ならば2013年の10月31日までに修理した方が得だろうと、重たい腰を上げたのでした。

夜勤明けに大久保駅に降り立ち寄ります。

IMG_4473.jpg

IMG_4474.jpg

毎日通過してる駅なのに、こんな感じだったと初めて知りました。韓国料理屋さんで溢れているのかと思いきや、決してそんな事はなかったです。サイトのアクセスマップを頼りに店を探します。

名称未設定

駅から然程遠くないと思っていましたが、歩いてみると新大久保の駅まで来てしまいました。これは行き過ぎた?と、来た道を戻ります。しかし今度は大久保駅まで戻ってしまいます。解りにくいビルだと書いてありましたが、ホントに解りにくい。しばらくその辺りをウロウロした後、そのビルを発見しました。

IMG_4476.jpg


IMG_4475.jpg

キャバクラ?焼き肉屋?絶対にApple商品を扱っているなんて思えないビルでした。ブログ等の前情報がなければ、まずこの建物に入ろうとは思いません。そんな建物です。

IMG_4477.jpg

駅からはすぐ近くです。パノラマで撮ってみました。

IMG_4485 (1)

100メートルもなかったと思います。いやぁインターネットって本当にありがたい。前情報をこんなに簡単に得られるのですから。まず怪しげである建物だと言う事、大久保駅から遠くない事、これらの情報がなければおそらくそのまま帰っていたと思います。

お店に入ると、うんうんオフィスです。ショーケースにカスタムしたiPhone、iPad等のApple商品達が並んでおりました。ワシに気付いた店員さんが案内してくれます。サイトを見て、9,800円でガラス交換してくれると聞いたんですがと伝え、ワシのiPadを店員さんに見てもらいます。するとガラス交換ともう一つの作業をしないと直らないとの事。角が、ぶつけたショックでめり込んでしまっているので、ガラス交換だけでは取り付けられないそうです。その作業が別途3,000円。合計12,800円になってしまうとカウンセリングされました。嘘か本当か解りませんが、仕方なくOKしました。理由は接客がイヤじゃなかったこと、嘘を言っている様には思えなかった事です。確かに角を激しく打ち付けたような傷が残っておりましたので、お願いする事にしました。

およそ3時間ほどの修理時間。仮眠して閉店前に取りに行きました。

DSC_0005_201310182112312a1.jpg

綺麗に直っていました。iPadって反射してしまって上手く写真が撮れませんでしたが、割れた部分はもちろん綺麗に修復されておりました。

IMG_4498.jpg

DSC_0007 (1)

DSC_0002_20131018211410e9b.jpg

裏は得にいじっていません。

DSC_0007_20131018211412425.jpg

保護フィルムを貼らないとすぐに指紋だらけになりますね。

DSC_0001_20131018211411514.jpg

と言う訳で、ワシのiPad、完成です!!

DSC_0003_20131022184055ebb.jpg

negi姉さんあざ〜す!



piccolo

ジーニアスBAR




Final Cut Pro X が落ちます。
piccoloです。

初めてジーニアスバーに行きました。色々聞きたい事があって、
アポなしでApple Store 渋谷に行ったら、あまり良い顔されなかったので、
改めてアポをとって行ったのです。

聞きたかったのは、FCPXが落ちるのを修正する方法。
アポなしで行った時に、プリファランスフォルダーから、
ファイナルカットプロXのリストをデスクトップに置けば、
だいたい直ると教えてもらい、実行。直らない。しかも、
不可視ファイルとかで、ターミナルを起動させて、
何やら文字を打たないと現れてこない。
意外に時間がかかった割に、上手く行かなかった。

で、アポをとって再来訪して来ました。症状を全て説明し、
ログを見てもらったりもしましたが、駄目。
結局アプリケーションの再インストールをする事になりました。

で、駄目ならOSの入れ替えが必要だそうで。

は~
前途多難。


piccolo

夜勤明け




インファイトしてきました。
piccoloです。

蓋を開けてみれば静かな夜勤でした。
インファイトしなくてもいけました。
しかし、もうガチで戦えなくなっていることには、とうに気づいていたんです。

明けは、相方からAppleStoreに並んで欲しいと依頼があり、明けの体に鞭打って来ました。

AppleStoreでなら予約なしで買えます。

さっ、仮眠しよ。



piccolo

iPhone5 売り切れ

写真





相方が、iPhone5を買うために、
アップルストアまでいきました。

が、予約すら出来ない状態でした。
ソフトバンクで予約するか、
アップルストアオンラインの
予約ページが購入可能な時だけ、
予約出来ると聞きました。

落胆した相方は、
ソフトバンクで予約する!
と、ややヤケクソです。

そんなに焦らなくて良いのにと思いつつ、相方の性格を再確認した日でありました。


piccolo




iPhone 5



冒頭のMovieは、何日も前からアップルストアに並んで
iPhone 5をGETした方の物です。
Twitterで、アップルストアの状況を中継しておられ、
なんとなく親近感がわいていた所に開封の儀なる物を行っておいででした。
新商品ってドキドキしますね。
特にApple製品は。

今日はiPhone5の発売日でした。
渋谷のAppleStoreにいきましたが、
見るだけに留めました。

何日も前から並んでいる人がいるんですねぇ。
もはやエンターテイメント。

piccolo

新iPad

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/03/08/008/index.html



出ましたね。
新しいiPhoneやMacBookにも期待しています。

iPod touch の時計が狂う

moblog_9b1d6872.jpg



どんどん遅れていきます。
piccoloです。

iPod touchの時計が遅れるのです。今まで1~2分だったのに、最近ガッツリ5分くらい遅れます。仕事で使う訳じゃないけど、アラームを使用します。意外に不便です。Macと同期した時に、更新されるとばかり思っていましたが、そうでないようです。

同じ悩みの人がかなり多い事を、検索から知りました。簡単に直るとばかり思っていましたが、面倒くさそうです。

さあ、どうしたものか…



piccolo

iPad3

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/02/29/005/index.html



スティーブジョブズの誕生日には間に合いませんでした。
piccoloです。

いよいよ発表らしいです。
iPad3。

でもあまり興味ないんですよねぇ。
個人的にはiPhone5を心待ちにしております。
5が出たら、いよいよウィルコムとお別れかと言った感じ。
今年もAppleにドキドキさせてもらいましょう。

piccolo

iPodのヘッドフォンジャック

ブッイキス!!てめーらブッイキス!!
I wanna ブッイキス!! てめーらブッイキス!!
ブッイキス!! 貴様らブッイキス!!
貴様らブッイキス!! 貴様らブッイキス!!

マキシマム ザ ホルモンで、間もなく41歳が毎朝ノリノリで出勤しています。
piccoloです。

音楽プレイヤーは何をお使いですか?
iPhoneでしょうか?iPodでしょうか?
はたまたSONYでしょうか?

ワシはiPod touchを使用しています。
以前書いた日記にヘッドフォンジャックがすぐ折れると言うのがありました。
http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-772.html
友人に紹介されたL字型の変換プラグ。買おうと思った時には売り切れ。相方のL字の延長コードを借りていましたが、断線か音が出たり出なかったり。寿命です。

で、100ショップでチープなヘッドフォンで毎日聞いていましたが、やはり音がチャッチイんですね。
シャカシャカで小さな音が鳴るんです。それでも慣れれば聞けなくもない。でもいくらか良いヘッドフォンで聞くと、たまらなく低音が心臓に響きます。やっぱり音はこうでなくちゃ。良い音を聞くと、チープな音に帰れなくなります。しかしこのヘッドフォンは、ストレートタイプの物なのです。

120211-185823.jpg

これじゃ使っているうちに断線するのは目に見えています。
探りました。L字の変換プラグを。ありました。ここに。
HOSAの変換ミニプラグ
買いました。二つも。

見た目はなんて事ない感じ。
120211-185855.jpg

でも装着すると、なんだか格好いい。
何かのマシーンみたい。そんな事ないか....
120211-185939.jpg

意外と気に入っています。
これで良い音で聞けます。

ブッイキス!!てめーらブッイキス!!
I wanna ブッイキス!! てめーらブッイキス!!
ブッイキス!! 貴様らブッイキス!!
貴様らブッイキス!! 貴様らブッイキス!!

モンパチ....
浮気してごめんね。

piccolo

App StoreでAdobe Premiere Elements

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/11/10/045/index.html



App Storeでアドビが購入出来るそうだ。
プレミアエレメンツが6,900円。
高いのか、安いのか、
プレミアスーツを買うとしたら30万円以上と、馬鹿高く高額だと考えると、
プレミアエレメンツだけを買えるのはいい事なのかもしれない。

Final Cut Pro Xを購入し、苦労しているのに、
次から次へとワクワクする事をやってくれる。


piccolo

スティーブ・ジョブズ Keynote History 1984-2011

moblog_aa391478.jpg


熟読です。
piccoloです。

MacPeopleの付録だった、スティーブ・ジョブズの歴史を読んだ。

改めて凄い人だと思う。
appleはパソコンを一般的に
広めただけでなく、
人生を変えさせる開発をしたんだなあ。

Macintoshに止まらず、
iPhone iPad iPod
音楽に映像、電子書籍、
色々な可能性を具現化してきた歴史が一目でわかった。

実際、iPadが何をする道具か
理解出来ない自分がいる。
自分には必要なくとも、
必要とする人が増えている事に、
人間の生活に、多種多様な
可能性を与えている様に思う。

ジョブズがappleを追放され、
暫定CEOに返り咲き、
iMacで業績を復活させるまでは、
なんとなく読んだ。
やはり自分がMacと関わるように
なったiMacDV special edition
が出たあたりから
グッと読み込んで行った。

そう、自分が初めて触れたOSは、OS9だった。
ファイヤーワイヤーを搭載して、
DVファイルが扱えると言う、
映像編集の先駆けモデルだったような…
iMovieも搭載され、
その時の会社での仕事を、視野に入れた選択だったように思う。

全くのデジタル音痴だったワシは、携帯電話すら持っていなかった。
それが後に自分でホームページを立ち上げ、今で言うブログと言う
コンテンツを更新し続けるとは思ってもみなかった。

当時、Yahoo!、楽天は勿論、アメーバ、ライブドア、そんなサービスは皆無だった。

iMacにバンドルされたホームページ作成ソフト、『ページミル』で
webサイトを立ち上げたのである。
そこに日記のコーナーを設けて、毎日欠かさず日記を書き続けた。
今みたいに簡単にアップロード出来る訳でなく、毎日一枚ずつ
更新ページを増やして行くのだ。
毎日、毎日、1日も欠かさずに三年くらい経ったある日、
楽天で簡単にホームページが作れるサービスが始まった。
デジタル音痴のワシが、必死に時代について行こうとした足跡を思い出す。

時は2003年のクリスマスだったと記憶している。
読み進むkeynoteの歴史に
自分の歩みも重なる。
iBookがG4化されたのである。
残念ながらこの書籍には
iBookのG4化について
触れてなかったが、
Final Cutのエキスプレスが
発売された事が書いてあった。
そう、90年代に働いた会社で
写真と映像を扱っていたのだが、
それが我々一般人にも出来るようになる夢の様な一歩だったのだ。

当時披露宴を撮影し、
ノンリニア編集、
DVDオーサリングをし、
DVDに焼き込む。
それをDVDプレイヤーセットにして、
売値20万円だった。
まだバブルの浮かれた匂いが残る、
浅はかな時代だったかもしれない。
しかしまだデジタル一眼など皆無の時で、DVDプレイヤーがある家庭の方が少なかった時代に、
映像のDVD化を会社で行ったのは斬新だったのかもしれない。

ソフトもリースで
何千万円もした。
それが今、自分でDVDを作成出来る時代に突入したと実感したのが、
この時iBookG4を、Final Cut エキスプレス同時購入キャッシュバックキャンペーンで購入した時だった。

実際問題、Final Cut ExpressだけではDVDは作成出来ず、
勉強を進めて行くうちに、当時単体だった『DVD Studio Pro2』
を購入しないとDVDオーサリング出来なかった。
iDVDも、ドライブがスーパードライブでないと使えなかったし、
DVD作成の道のりは遠かったけど、
2003年~2004年に銀座のAppleストアでのワークショップに通った楽しさ、
自分がOS9からOSXにスイッチし、映像編集を行う第一歩を踏み出した興奮は、
今でも忘れる事はない。

およそ10年、
keynoteヒストリーを読みながら、
スティーブ・ジョブズの功績を、もの凄いスピードだったと、
恐ろしささえ感じた。

時は経っても、自分の文章拙いまま。
映像編集はセンスないままだが、
その楽しさを忘れる日はない。そしてMacのある生活は、今も続いている。
デジタル音痴の自分が、今在籍する会社でパソコンに強いらしいと、
馬鹿げた噂が立つくらいになった。
あの日、あの時、Macに出会わなかったら、自分は、今以上に、人生の意味を
感じなかったかも知れない。
それが映像編集と言う趣味を得て、生き甲斐となっている。
全く金のかかる趣味だが、自分が作成した映像を、宝にしますと言って下さる人がある事に
ますます生き甲斐を感じてしまうのである。

スティーブ・ジョブズの仕事は、単にMacintoshを世に送り出す事ではなかった。
少なくとも彼に導かれ、ここまでやってきたワシがいるのである。

そしてデジタル音痴のワシに、事細かにMacの事を教えてくれた友人、
映像編集の行き詰まった時にアドバイスをくれる友人、
なぞproと言うメーリングリストを運営している恩師、
回りのサポートがあって、今Macが楽しいと思える自分がいる。
その事を深く感謝したい。

iOS5、iCloud、
相変わらずデジタル音痴のワシには、
何の事やらチンプンカンプンなのだが、
自分が手にした初めてのプロアプリケーション
final cut pro X
motion5
Compressor4
は、勉強を続けていく
モチベーションに繋がっている。

finalcutのエキプレには愛着があるが、
新時代がどんな物か、
自分の目で確かめてみたい。
Macintoshを使った映像編集が
どのように変化していくか、
ジョブズ無き後、
見届けていきたい。
そしてエキプレ、DVD Studio Pro等の
連帯も出来たら良いと考える。

今月のMacPeople、
機会があれば是非手にして頂きたい。


piccolo


スティーブジョブズ

http://www.apple.com/jp/

黙祷です。
piccoloです。

Appleのサイトに行くと、冒頭のページが表示されています。
恐ろしいと言うイメージを抱いていました。
過去にエレベーターで一緒になった社員に質問を投げかけ、
答える事が出来なかった事からその場でクビにしたと言う武勇伝を聞いたからです。
そんな上司と仕事してたら自分の発想が自由に思い描けないなぁと、
常日頃思っていました。

そんな事を思っていた自分は、やはり凡人であり可能性のない人間だと
改めて感じます。

Appleのサイト、毎日訪れています。
良い写真だと思います。
モノクロな写真が素敵。カリスマに満ちた表情は、
彼の功績を讃えるかのよう。
良い写真だなぁ。
この頃のジョブズが好きかも。

ジョブズをクリックすると、メッセージを送信するページなる。

ジョブズ

送らずにはいられなかった。
改めてご冥福をお祈りします。

Macと出会わせてくれてありがとう。
映像編集と言う趣味を与えてくれてありがとう。
コンピューター音痴の自分に可能性を与えてくれてありがとう。
音楽を、通信を、
ゾクゾクする様なイメージをありがとう。

合掌

piccolo

ジョブズ死去

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000509-san-bus_all

どうなるApple

iPhone4s

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/05/005/index.html



出ましたね。
しかし魅力を感じないのは自分だけだろうか?
なんとな~くこれからのAppleに不安を感じたり....


piccolo

HOME

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク