今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

パンク修理と熱発




サイクルベースあさひをdisります。piccoloです。

2年前に購入した我がアシスト自転車。昨日の夜、仕事帰りにパンクしました。原因はタイヤの劣化。荷台に重たい荷物を乗せるせいで、タイヤに相当の負荷がかかるのでしょう。前輪はまだまだ溝がありますが、後輪のタイヤはツルツルでした。そこから直接チューブを傷つけたと思われ、タイヤもチューブも交換必至なのは覚悟していました。どこで修理するか悩みましたが、やはり購入した店が良いかと思い、重たい気持ちに気合を入れてサイクルベースあさひを目指しました。重たい気持ち、その理由は昨今のサービスが理由でありまして、修理に行くと嫌な気持ちをさせられて帰ってくると言う最低の物。その店を選択するか否かの自由はありますが、購入した理由の一つにアフターサービスの充実があったのも事実。それを求めての事なのですが、やはり大きな企業は儲け優先な感じがしてならないのです。もしかしたらそんなつもりはないのかも知れませんが、明らかに自転車を持って行くと不服な顔をされるんです。特に点検。会員サービスでは点検は無料となっています。(期間は三年だったかな)しかし点検をお願いしに行くと「何処がおかしいんすか?」と、嫌味を言われます。おかしいと思うから持って行くわけで、それを調べて欲しいのに怪訝そうにされる事を遺憾に思うのです。それからと言うもの、この購入店には行かず、町の店で修理する事が増えていました。ブレーキを直せば「サービスでタイヤ回りを見ときました。」と、空気を入れてくれていて、油もさされてる。対して購入店は、言ったところしか直さず、今回も修理依頼した後輪は空気がパンパンに入ってるけど、前輪は入れた形跡がなし。当たり前と言えばそれまでだけれど、何か違う感じがするのです。

今回の事で言えば、修理して欲しいのは後輪のパンク修理。他に気になる事は?と聞かれ、申し伝えた症状は

1)ブレーキの調整。シューが減っていたら交換依頼もお願いする。
2)3速あるギアのうち、1速に落ちないので見て欲しい。(直して欲しいと言う意味で伝えたのだが)
3)1速から2速にする時に、物凄いレバーが重たいのでどうにかして欲しい。
4)チェーンが古いママチャリみたいにキャリキャリ言うので直して欲しい。

の四つ。
1)は、「ああ、これはもうダメっすね。シュー取り替えになってもいいですか?」これはお願いした。
2)は、ワイヤー調整が必要。とのこと。3)も同様のようだった。
4)は、「ああ、これは油がささってないんですよ。たまに油をらささないとキャリキャリ言いますから。」そう言われ、「シリコンスプレーは何度かさしたんですけどね」と言うと、シリコンスプレーではなく油をさせとの事だった。言わなければ良かったと後悔する。なんでワシは年下から舐められるのだろうか。その思いでいっぱいになった。修理には三時間を有すると言う。想定内である。「ならば代車を貸して欲しい」そう言うと即答で「今、全部代車出払ってるんですよね」と返される。「本当か?」心の中で思う。なぜならば開店して間もない時間だからだ。開店して数十分で代車が全てなくなるって、全部で何台の代車をかかえてんだよ!会員サービスの内容に代車を貸すと書いてあるじゃないか。会員を優先して欲しい。しかし、ないと言われたら仕方ない。パンクを直さない事には、どうにも動く事ができない。焦りの理由に、母から持ってきて欲しいものがあると頼まれていたせいもある。母が人に物を頼むのはギリギリの所まで待っての事だ。そう言ったのなら、早急に欲しい物に違いない。それをこの日のうちに届けたかったと言う事が修理を焦った大きな理由だった。修理をお願いし、三時間の時間つぶしをする事にする。

嫌な予感がしていた。体調不良である。朝からおかしいと思っていたのが体の節々の痛みだった。熱が出る前の様な、インフルエンザを発症する前の様な、体調の変化が自分を襲い始めていたためにこの3時間、一度家に帰りたかったがそれが出来なかった。片道30分、歩いて往復する自信がなかったために店の外で3時間と言う時間をつぶす決断をさせる。そして約束の時間を回った頃に再度店に来店すると、もうワシの姿が見えないんじゃないかと言うほどスルー状態。立っているのもやっとで、椅子に座り込むワシ。待ってるワシをよそ目に次から次へと新しい客が注文をして行く。新しい自転車を買うからアドバイスをしろだとか、壊れたから見てくれだとか、この部品が欲しいだとか、子連れのお父さんがむやみに売り物のベルを鳴らす子供を叱る声だとか、もうエコーがかかって遠くで聞こえるようだった。突如と襲う吐き気。「ああ吐く」そう思った自分は外に走りでる。白昼堂々とゲロを吐くワシ。同時に寒気が襲う。何やら店の中ではワシの名前を呼んでいる様子。フラフラになりながら店に戻る。やはり呼ばれているようだ。ピッコロなのにピッケロと言われても、もはや怒りは湧いてこない。早く楽になりたい。ただ、その思いでいっぱいだった。

直った自転車で、母の病院へ向かう。直ってるけど、その時の自分の体では、その爽快感を得る事は皆無だった。パンパンになった後輪は、段差を乗り上げる度にワシの胃の中を刺激してくれて、吐くまで行かないが、気持ち悪さが残る。

頼まれた物を渡して「じゃ、熱が出そうだから帰る」と言ったが、自分がそう言った事に母も何か被せかけるように喋ってきた。もうそんな事どうでも良いので家路についた。



すぐにでも倒れ込みたかったが、洗濯物を取り込んだり母の洗濯物を処理したり、一通りやっておきたい事をやり、PL顆粒とロキソニン錠を内服し布団に倒れこんだ。同時に襲う悪寒。やはり嫌な予感は的中した。インフルかもしれない…
その邪念と戦いながら布団の中でひたすら待った。

先ずは第1ラウンド、悪寒が治り汗が出始める。このまま眠りにつければ治るかもしれない。その思いにかけた。しかし第1ラウンドでは眠る事が出来なかった。さほど汗も出ない。水をしこたま飲み、目を瞑り時の経過をまたもや待った。

幸い次の日は遅番業務。時間はまだあると第2ラウンドに入る。6時間あけて再度ロキソニンとPLを内服。食事は取れないので青汁とヨーグルトだけを摂取。そこからしばらくすると滝のような汗が出る。勝算を感じた。インフルではなさそうだと、自分の体に問う。

4ラウンド目ぐらいで朝になった。すっかり体調は戻っていたが、高熱が出たせいでフラフラする。自分に問うと、仕事に行くのは問題ない体調だと帰って来た。1日行けばまた公休という事もあり休まず会社に行けた。

考えてみればパンクから負の連鎖が続いた。風邪か、ウイルスか、はたまた何かの怨念か、地獄の様な1日を乗り切り、改めてその時を回想する。そして修理から返って来た自転車を冷静に分析すると、ブレーキは調整で直ったそうだが、現在元に戻ってタルタル感が出て来ている。1速に落ちないギアはそのまま。1速を使う事はほぼ無いので、そこまで不便ではないが、直ってない事に憤る。

今、このブレーキとギアの事を、サイクルベースあさひに申し出に行こうかどうかを悩み中である。

piccolo
スポンサーサイト

我が家老朽化



築30年だそうです。piccoloです。

我が団地、老朽化が原因で想定外の事故が起きる事が多くなりました。今年の春には、うちのキッチンに水漏れがあり、上の階の洗面台を丸ごと取り替えるという事案があり、今度は下の階のトイレの天井が落ちたそうで、その原因がうちのトイレから水が漏れていると言うものでした。



便器を外すと、意外と小さな配管が見えます。その一部が緩んでいる為に歪みが発生し、そこから少しずつ漏れていた可能性が高いとのことで、その歪みを直し、緩んでいる部分を締め直す工事が行われました。

これで一旦様子を見ます。下の階に水が漏れなければ成功で、漏れた場合は配管自体を変えなければならないようです。



配管って、意外に小さいんですね。便器を外した所を初めて見ました。



今のところ問題ないようです。あとは日曜日に、仕上げの工事を行ったら終了だそうです。最近休みの日にも色々あってお疲れ気味のワシなのです。

piccolo

自転車はどちら側通行が正しいの?



舌打ちしてんじゃねえよクソババア!
piccoloです。

チャリ通勤を初めて2年が経ちました。満員電車のストレスが減った反面、些細なことにストレスを感じるようになりました。それは女性自転車ドライバーの運転技術とマナーに対してです。

特に感じるのは車道での逆走。ワシが左側を走っていると、我が物顔で正面衝突してくる輩が多いです。ワシに避ける義務があるかは分かりませんが、お互い車にひかれたくないので歩道ギリギリを走ります。相手は自動車を目視出来ますが、こちらは出来ません。歩道に膨らんでクラクションを鳴らされることもしばしば。そういう時は一時停止する事にしています。すると「チッ」と、舌打ちして通り過ぎる人がいる事に驚きを隠せません。ワシは法律を知らないし、もしかしたら自分が間違っているかもしれないと、ネットで二、三の記事を見てみました。

http://ure.pia.co.jp/articles/-/33251

http://kazuponta.web.fc2.com/index/hidarimigi.html

https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1426594422107/

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/bicyclette/jmp/bicyclette.pdf

やはり自転車(チャリンコ)は、左側通行が原則のようです。ワシに舌打ちした人達に謝罪して欲しいです。そしていかなる場合でも歩道は通行禁止。危険回避の時に止むを得ず歩道を走る場合は、車道側を走行すると言うのがルールのようです。一部の人(13歳未満の子供と70歳以上の高齢者)は、歩道の自転車走行が許されているようです。

我が物顔でルール違反走行をする若い女性、年配者も然り。歩道をベルを鳴らしまくりながら走行する年配男性、これからは意見するようにしていこうと思います。

自転車の歩道走行は禁止。自転車は原則左側通行。もうこんな事でストレスを貰うのはごめんなのです。同時にワシも信号無視などのルール違反をしない様に気をつけていきたいと思います。

piccolo



2017年初詣



遅くなりましたが…
piccoloです。

初詣にやっと来られました。なかなか家族揃って行ける日がなく、11日になってしまいました。今年もおみくじを引きましたが、揃って【末吉】。







初詣が何が何だか分からずに嬉しそうに走り回る我が子、思いっきりギャンごけしました。今年もなんだか楽しそうです。

今年はやはり新しい命が産まれる事が大きいです。無事を願う我々があります。帝王切開ですが、何事もなく安産を願います。あとは第一子も健康にすくすく育って欲しい、家族が健康であって欲しいと、願い出したらきりがなくなります。

なので1つだけ叶うなら、どうか無事に産まれますように。

piccolo

梅雨明け2016



梅雨が明けました。piccoloです。

2016年の7月28日に梅雨が明けました。夏が来たよ!ワシがワシで良い期間とでも言おうか、一年で1番大好きな時期。この雲を見ながら夏の到来を喜ぶのです。



早速夏を感じる嬉しい一杯を頂きながら、今年の夏の良いイメージを作るワシがいます。




piccolo

お散歩 with D500


休日です。お散歩です。piccoloです。



昨日に引き続き天気に恵まれました。休日である今日は、朝から掃除に洗濯に精を出し、いつになく心地良い時間を過ごしています。珍しく午前中からお出かけするのです。

どこかカフェにでも行こうと、無計画に2つ先の駅を目指します。1度訪れた事のある、雰囲気の良いカフェを目指しました。



何気ない日常を、D500で切り抜いていきます。日差しが強く、朝から暑いのですが、この暑さがたまらなく好きなワシは、写真を撮りながらこの瞬間を噛み締めるのでした。

あれ?
まだ開店してない…

目指したカフェがまだオープンしていませんでした。それほど早くから行動した事に、今更ながらに気付かされるのでした。今は便利な時代で、その場所から、地名とカテゴリーを入力すれば、簡単にお目当の場所を検索出来ます。ジムで泳ぐ事を考慮し、練馬にポイントを合わせます。その近くのカフェで、1番最初にヒットした所に向かいます。



アンデスと言う老舗っぽい喫茶店です。店内は、本で溢れかえっていました。





本に囲まれた空間。うーむ、落ち着く。

分煙と言うのが痛いですが、今の自分の心境を慰めてくれるには充分な環境なのです。
(十分、充分、心が満ち足りている時など、精神的な物を表す時には、【充分】が用いられるようだ。)

さて腹ごしらえ。





モーニングのCセットを頂く。ホットケーキと、アイスコーヒーをチョイス。気分はトーストだったけど、どうしてもホットケーキに目がないのである。

さて、心が満たされた所で、泳ぎに行くかな。こうして、心をリセットし、次のストレスと向き合うのである。

piccolo


カメラ
D500
レンズ
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
補正
Snapseed

初詣



初詣に行きました。piccoloです。

我が子のストレスがマックスに達し、ワシが外へ連れ出したついでに神社の混み具合を見てきました。前日は400人ほどが並んでいると言う情報を受け、落ち着いてから行こうと話していましたが、神社にはポツポツとしか人がいません。これはチャンスと、公園でしこたま我が子を遊ばせてから、家に居る奥さんを誘い初詣に出掛けたのですが…



昼前にはクソ混んでおりました。それでも、地元の小さな神社なので、すぐお参り出来るだろうと列に並びました。無事お参りを済ませ、家族揃っておみくじを引くと、ワシ「小吉」、嫁「小吉」、我が子「吉」と言う結果が出ました。去年は全員「大吉」だったので、新年2日目にして敗北感に浸ったのでした。



冗談はさておき、新年がスタートしました。何か目標を立てる人が多い中、ワシは相変わらずヌルくユルく行こうと、何も考えてないのが実情です。会社の方針が、どんどん自分とは無縁の物に変化する中、利用者様の日々の様子のDVD作成が、唯一自分の存在理由な気がします。施設長からオファーを貰ったのですが、窓際族な自分を見かねての救いの手だった様に感じています。それでも真剣に行うかといえば、そうではなく、piccoloワールドに当てはめて、所有しているガジェットを使用する喜びに浸っているのです。その先にDVD作成があり、結果として、喜ばれたと言う自分で掴み取るではないユルい方法論をとっています。それが良いのか悪いのか、あと3年~5年すると解るかなぁ?と感じています。

今は会社の事は考えたくなく、ただ毎日を子供と共に遊んで過ごしたいのです。みんな真剣に利用者の事を考え、身と心を擦り減らしている。ワシはもう認知症の人の訴えで病むことはしたくないので、皆んなが真剣に取り組むのを、一歩後ろから眺めています。突如豹変して攻撃的になる人、物取られ妄想が酷い人、既に経験済みの症状を、未知なるものとして真っ向から挑んでいる新時代のスタッフ達を見て、尊敬と軽蔑の両極端の気持ちが芽生えるのです。ボクシングに例えるならドファイター。ワシはあくまでアウトボックスの姿勢を貫いて行こうと思うのです。例えそれが他者から軽蔑されようとも、自分を守る術は、この15年で形成されて来ているのです。

脱線しましたが、ホントに何も考えていないのです。それが良いことなのか悪いことなのか、多分、いや、そうとう悪いことなのだと思いますが、目先の邪念にとらわれて、大事な事を見過ごすのが怖いのです。神様に手を合わせましたが、例年通り何もお願いはせず、ただ1年のスタートを誓いました。困った時だけ神頼み。神様だって忙しい。だからワシは、出来る範囲のことを邁進するのです。



でも、宝くじ当たって下さい。神様宜しくお願いします。

piccolo

謹賀新年



朝になると鼻水が止まりません。piccoloです。

最近子供と一緒に寝落ちするのがデフォルトで、大晦日もいつもと変わりなく21時台に就寝しておりました。内山の試合よりも、魔娑斗とキッドの試合よりも、除夜の鐘よりも、睡魔を取ったワシなのです。目が覚めれば3時と言う中途半端な時間。これは飲むしかないなと、夜中に再びホッピーをちびちびやっております。年が明けたと言うのに、何1つ変わらないグウタラマインド、こんなワシですが、今年も宜しくお願い申し上げます
m(_ _)m

年末は欠勤するスタッフが多く、地味に負荷がかかりましたが、今年の正月は介護職に転職して初めて新年に長期休暇を当て込んだ為、そこを目標に乗り切ることが出来ました。毎日毎日、職場に行けば生気吸われ、退勤する頃にはボロボロなっているの繰り返し。突然豹変して攻撃的になる利用者、妄想から警察を呼んでしまう利用者、アスペルガーな新しい職員、それらが年末に欠勤者を出させた理由な気がします。ワシはなんとか乗り越え、正月の長期休暇に突入しました。痛風上等で、飲んだくれております。



おせち料理のない家庭に育ちました。母は蕎麦屋に勤めていた為、大晦日は夜遅くまで仕事。元旦はそれでもいつもよりも豪華な食材が並び、それらを楽しむというのが20代までの過ごし方でした。一人暮らしを始めてからは、家にも帰省せず、正月なんて無かった気がします。勝手気ままに15年程過ごした事を思い返すのです。必ずあった豪華な食材。それはタラバガニと数の子でありまして、2015年の大晦日も、数の子をつまみにテレビを楽しんだのでありました。

相変わらず取りとめのない日記ですが、無事2016年を迎えました。必ず5の倍数の年に転機があるので、2015年は母が最後の時を迎えるかと覚悟していましたが、誰よりも元気に大晦日を過ごしていました。我が子の成長に毎日驚かされ、年々スタミナが衰えていく事を寂しく思いますが、今年も宜しくお願いします。
2016年1月1日

piccolo

カフェベロナ



コーヒーとビールが好物です。piccoloです。

過去にこのコーヒーについて書いていました。
http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-344.html

http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-350.html

酸味、喉越し、深め、浅め、コーヒーの好みの味は人それぞれでしょう。ワシはこのカフェベロナが好みの味なのです。深めで、やや甘い香り。スタバのコーヒーが好きかと言われれば、正直そこまで崇拝しているわけではありません。しかしこの豆だけはヘビーローテションのワシなのです。

買ってきたばかりの香りの良いベロナ。それをご当地マグ【沖縄】に注ぎ、その味を堪能します。



やはり新しい豆は美味い。この一杯にニヤつくワシ、通風発作を発症して、ビールは飲めなくなりましたが、この一杯に癒されるのです。

piccolo

チャリ通勤

夏です。チャリです。piccoloです。



梅雨が明けました。ワシの大好きな夏到来です。こんなに嬉しい事はないのです。毎日の仕事は憂鬱ですが、こうして仕事を終え、緑に囲まれた中をチャリで走るのは爽快でありまして、今日1日の疲れをお酒様で癒すのです。



帰宅までの道のりを、写真におさめました。職場をあとにします。



日が長いと言う事だけで生きて行ける。6時を過ぎても空が明るいと、次の日に良い事が起こるような気がするのです。

踏切に捕まる。電車の中を見る。乗客が詰まってる。この満員電車を2度とデフォルトにするものかと誓う。満員電車、人の息、人の咳、時に大声、ため息、悪臭、負の連鎖の応酬にそれだけでスタミナを奪われた過去を振り返る。



そのストレスは過ぎ去ったのである。しかしながら毎日往復20キロ近い道のりを、チャリ通勤するのもまたスタミナがいる。そろそろ電動自転車の購入を検討したい。

しばし川に移る夕日を眺めていた。







ひたすらペダルを漕ぐ。上り坂なら立ち漕ぎで、下り坂なら身を任せて、家路を急ぐのだ。しかし雲が綺麗な日だな。



昭和の町並みと、今日の雲が、とてもノスタルジック。



空が好き。夏が好き。今年の夏はいい事あるかな?子供の成長、婆ちゃんの闘病、嫁の苦悩、何もかも引っくるめてグルグル回して、邪念なんてなくなって、皆んな笑ってたら良いのにな。そんな夏になぁ~れ!

piccolo

ハプニング

突然チャリが動かなくなりました。piccoloです。



問題は、泥除けが外れてタイヤに引っかかったからでした。なんとか会社まで辿り着き、ドライバーで泥除けを外しました。



外した泥除けをカゴに入れて会社を後にしました。途中ジムに寄る為に建物の地下駐輪場に行きます。スロープを降りていると、傾斜と段差で、泥除けが階段の下まで滑り落ちてしまいました。なんとタイミングの悪い事に、警備員が泥除けを持って行ってしまったのです。なんてこった。心の中で思っていましたが、どうする事も出来ません。仕方なくジムに向かいました。

軽く運動を終え、駐輪場に戻ってみると、またチャリが動きません。なんで?と、よく見ると、泥除けが設置されているではありませんか。きっと警備員が泥除けが外れたことに気付き返してくれたんだと、すぐに事態は把握出来ましたが、せっかく外した泥除けを、ご丁寧にネジ止めまでしてくれているから大変です。そこから40分間の道のりは、それはそれはペダルが重たく、いつもの3倍の労力を要しました。自転車屋さんに修理を依頼すると、型番が微妙に合わないので、買ったお店に持って行くことを勧められました。ドンキーにあるのだろうか?

今はこのチャリの泥除けを、どこの店で買ったら良いのかが、小さな悩みなのです。

piccolo

4月終了



2015年の4月と言う月は、かなりハードな月となった。1日は、保育園の入園式から10年越しで集まった以前の職場の飲み会。その後インフルエンザに感染、発症し、復帰したかと思えば子供から風邪を移され今に至る。

この風邪が意外にしぶとくて苦戦している。そんな中、仕事では新入居の担当となり、インフルエンザで休んでる間に大きなクレームが入り、やっと信頼を回復しているといったところ。その他の担当も、ケアプラン面談があり、それだけでもかなりの労力を費やすのだが、フロアの目標でもある『その方を知る』と言うスローガンを達成するためにフロア独自の企画、『その人となりに学ぶ』企画を行わなくてはならなかった。家族にアポイントをとり、利用者の生い立ちを聞くのだが、人が苦手なワシはこの作業がかなり苦手だ。そこを頑張って、人となりとプラン面談を終わらせた。その疲れからか、また体調を崩し、5月いっぴから熱発してる。熱はあるが、仕事からも子育てからも逃げる訳には行かず、親になる大変さを痛感するのだった。

先に述べた『人となりに学ぶ』企画だが、例のごとくインタビューをカメラで撮り、編集してDVDにした。完成した物をスタッフルームに置いて共有お願いします。と言うスタイルをとった。そこには、本編の他に過去に制作したコンテンツを全て搭載した。当時のスタッフは辞めるか出世するかで、現場に殆ど残っていない。利用者もしかりだ。その時代の変化を叩きつけるべくやりたかった企画なのだが、今回『人となりに学ぶ』にかこつけてどさくさ紛れに投下した。なんのレスポンスもないが、DVDケースが置いてある事で自分の思いはぶつけられている。

この時間の経過の中に、何か意義を見出したい。体は重たいが、やり終えた達成感は強く感じる。これで何かが変わるとは思わないが、見た人の心に何か響いて欲しい。そう思うのである。

キツイ1ヶ月だったが、意義のある月でもあった。親としても成長中である。

piccolo

会社のインフルエンザ対応



インフルエンザが発症して2日が経った。会社に1週間ルールと言うものがあり、インフルエンザ等の感染症にかかったら問答無用に1週間の出勤停止を言い渡される。

熱の状態の報告が義務化されるのだが、管理者によって質問が違うと言う印象を持つ。初期段階では施設長が対応してくれたのだが、細かい熱のデータは要らないと言う感じだった。何度何部であると言う報告に大まかで良いと言うニュアンスを感じた。今日対応してくれた運営スタッフは、何度何部であったか細かく聞いてくる。本部に送るサマリーにデータを記録する為らしいのだが、どうもこの聞き取りが嫌な印象を持った。大まかに7度台後半から、今は6度台であると報告したら、何度だったか教えて下さいと言われた。なんだか計ってないだろ?と言われた気がしてとても不愉快だった。計ったデータは写メに残してあるので、いつでも提示出来るのだが、そう言うことじゃないんだよ。ここは警察でも裁判所でもないんだから。証拠は?そういう意図はないのかもしれないが、相手がそのように感じ取ってしまう物の言い方はどうかと思われる。普段からお世話になり、頭の良い人間だと思っているだけに残念だった。

サマリーは一つではないのだろうと想像する。聞き取りを行った管理者がそれぞれに作成して本部に送るんだと言うことが解った。だから重複した質問が来たのだと納得している。抗インフルエンザ薬はなんだ? 熱の他にどんな症状があるか? だから熱の他に咳が出るのと鼻水が出るって言ってるじゃねえか。と、心の中で思う。そう質問されると、何か彼の期待する答えを探す。なんとなく心理学的なトラップにかけられてる気がして今ものすごくストレスである。怒りで熱が上がってきた感がある。今思うと、体の痛みや、頭痛等の症状があるのだが、その時は質問に拒否反応が出てしまい思いつかなかった。なんだか嘘発見器にかけられたような心理状態。この気持ち、どうやって解消しよう。とは言ったものの、シフト変更をしてインフルエンザ患者を出勤させない体制を整えてくれている。その狭間で震えるワシがいる。


piccolo

インフルエンザ陽性


A型でした。piccoloです。



明け方の熱発。原因はインフルエンザでした。今はB型が流行ってるそうですが、A型に感染です。流行の最先端には乗れませんでしたが、2008年以来のインフル感染であります。

さて、静養に努めます。




piccolo

突然の熱発


おー寒い。
ブルブルブル((((;゚Д゚)))))))
ブルブルブル((((;゚Д゚)))))))
piccoloです。



夜勤明けの朝、嫌な予感はしたのです。あの肩にのしかかる不快感。剥き出しになってるかのような肌のピリつき。これは熱が出る前ぶれっぽいなと。すぐに感冒薬を内服するも、体のダル付きはとれず。帰宅し、検温しても36.7℃。平熱だが、体の痛みに耐えられず熱冷ましを内服。これがドンピシャに効いて夜には楽になる。

夕食後に就寝。夜中に目覚めると、あの忌々しい倦怠感に身体中が蝕まれていた。高熱が出てることを直感する。検温すると38.7℃。8度越えの熱は久しぶり。そこで不安になるのが、何の熱か?と言うこと。おそらくは何かのウイルスに感染し、抵抗力が落ちている事で熱発したと思われるが、冷静に対処しようと思う。まだ熱は出る。現在40.0℃。今度は熱を下げる為に解熱剤を内服。これで下がらなければインフルだなぁ。

新年度になり、上手く起動し始めていたと思ったのに、ワシの熱のせいで今後迷惑をかけることが怖い。今は熱を下げよう。静養しよう。禁酒しよう。

piccolo

2015年の初詣




初詣です。piccoloです。

怒涛の2014年が明けて、少しずつ何かが整って来た感のある昨今。改めて2014年が動きのある年だったと感じています。今年は良い年になるといいなあ。



家族が増えて初めてのお参り。去年の初詣は、もちろん安産祈願でした。それまで大吉しか当たったことがなかったのに、その時は『凶』を引いてしまい、1年に不安を感じました。その不安は的中し、無事に子供は生まれたものの、それでは終わらない年となりました。生で喜びを感じ、病(死)で悲しみを味わいました。そこから大きく転換し、現在苦しみながら形を整えている状態。この初詣で引いたおみくじは、家族揃って『大吉』。苦しんではいるけれども、良い方向に向かっているんだと安堵しました。たかがおみくじ。されどおみくじ。

今年はこんな事が書いてありました。



何も心配せずに日々精進すれば、自ずと結果はついてきそうです。

それに比べて去年のおみくじと来たら…



何をしても上手くいかなそう。その不安は的中した訳ですが、それでも我が子が無事に生まれ、元気に育っていることが何よりも嬉しく思い、感謝に堪えません。

そして今年は全員大吉。



きっと良い年になるなあ。我が子の安泰と、奥さんの健康、そして母の安らかな旅立ちを祈願しました。



我が子の脇の下にシコリが発生していて、小児癌の可能性があることが最大の不安ですが、その不安を吹き飛ばすことの出来る1日でした。神にすがって何かが変わるとは思いませんが、神前で背筋を伸ばすことは悪いことではないと信じています。天気にも恵まれ、非常に良いお参りでした。

その後、近くのカフェでお茶をしました。




店内に香る珈琲の匂いに誘われてか、お参りの時はガン寝していた我が子がムクッと起き上がり、悪さを始めます。



静かな店内に響き渡る笑い声。おいおい、活気出すならお参りの時にしてくれよと、空気の読めない我が子ですが、それがまた愛おしく感じるのです。



何はともあれすでに飛び込んでしまっている2015年。必ず良い年になると信じています。子供に振り回されながらも、この小さな命が生まれてくれたことで、大きな生きる価値を見出せた事に心から感謝しています。不安はあれど、迷いなく邁進出来ればと思っています。

piccolo

2015年スタート




仕事納めは31日でした。仕事始めは1日からです。piccoloです。

怒涛の2014年が終わりました。子供が生まれ、親が病気になり、同居するために引っ越し。こんなに動きのある年は初めてだっかもしれません。改めて年が明ける事に喜びを感じました。一人暮らしをして、1人で居る空間に自由を感じて来た15年間ですが、我が子の笑顔のある空間に癒される自分が居ます。いや、癒されているのは自分だけではないかもしれません。

9時に仕事から戻ると、御節が待って居ました。今年はgroin groinでお願いした限定イタリアン御節を頂きます。



お重の説明を見ながら、ゆっくりと料理を堪能するのがなんとも楽しいです。そして、奥さんからクリスマスに頂いた水芭蕉の大吟醸を開けました。





飲み口は優しいのに、ズッシリと重たいお酒です。なんて美味いんだろう。酒でイタリアン御節を楽しむのは邪道かとも思いましたが、肉も魚もこの酒が合います。

1段目





イタリアンオードブル見た目は和の御節風。と言った感じ。蓮根、ブロッコリーなどの野菜のピクルスが良い。レバーのパテ文句無し。オリーブほのかに香るオレンジがお酒を進ませる。

2段目



魚料理がわんさか。もう大吟醸が飲んでくれと言うもんで。

3段目



これぞgroin groinのお肉料理たち。この味ですよね、豚肉を美味しく食べさせてくれるお店groin groinの真骨頂。御節風に上品に味付けられてる気がしました。なるほどなイタリアン御節に、フライングゲットなお正月を堪能しました。

年が明け、夜から仕事と言うのにもかかわらずに飲んだくれる。年をとって正月はゆっくりしたいと言う欲求が大きくなっております。施設介護の仕事をしてては、お正月は休めんはな。

こんな感じで大晦日に御節とお酒を頂き、フライング気味に2015年を手に入れた感がありますが、母が嬉しそうだったのが印象的です。孫の笑顔に異常なテンションだった母。来年は御節を食べる事は出来ないかもしれない。この時間を噛み締めて欲しいと、心の中で思う残酷な息子なのです。

誕生の喜び、病の悲しみ、今年も一筋縄では行かなそうですが、心折れずに進んで行ければと思います。お風呂とお酒と美味しい料理に癒されながら、仕事、子育て、看病に、日々精進しようと思います。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

piccolo

チャリのサドルをパクられる

ご飯のスキに…
piccoloです。




なんかおかしい
よく見ると、サドルがパクられている。チャリを盗まれた事はありましたが、物は残っているのにサドルだけないのは初めてです。



なぜこんな事をするのか、しばらくパニックでしたが、きっと部品マニアが居るんだろうと納得しました。他にもiPhoneを入れるフォルダーがなくなっていました。Amazonで400円程で購入した物なので、そこまで痛くはありませんが、気分は良くないです。

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00DT7CDR4

他にも雑貨屋で買ったベルも、もぎ取ろうとした形跡がありましたが、工具がなくて諦めた模様。狐に摘ままれたような出来事でしたが、今年の厄を持って行ってくれたと解釈し、良い方にとらえています。

実例事件がありました。

http://a.excite.co.jp/News/society_g/20110915/sum_Real_Live_6888.html



今年は画像で言う9のけじめ、別れでしたが、来年は良いことあるかなあ。

piccolo

My Office



いよいよMy Office誕生。piccoloです。

引っ越しをして既に4ヶ月が経とうとしております。やっと重たい腰を上げて、パソコン回りの整理をします。

引っ越し当時はこんな。



最近はこんな。







まずはパソコンを救済。



ラックを撤去しました。



取り敢えずベランダに。




さて、新しいラックを組み立てます。今回は縦長のラックではなく、横にスペースのある物を選びました。

選んだのはこちら。


(DORIS)ラック付きデスク【ガイア ナチュラル】(dzs)(DORIS)ラック付きデスク【ガイア ナチュラル】(dzs)
()
DORIS

商品詳細を見る


買った時は3980円でした。口コミを見て、安いわりにしっかりしてると言う物が多かったのでころラックに決めました。

組み立てました。



日曜大工音痴のワシでも、1時間で組み立てられる簡単でした。工具は付属していますが、皆が指摘している通りドライバーと十時レンチのようなちょっとだけ本気の工具があると組み立てやすいです。

あとはどの様に使うか。





問題はプリンターです。iMacを左に置いたり真ん中に置いてみましたが、どうもプリンターが邪魔をするんですね。意外にデスクの横にあるミニラックが使えなくて…

取り敢えずiMacを上に置いてみました。



この場所にプリンターはかさばるのです。ここにプリンターを置ければ問題解決なのですが。



苦肉の策で、捨てようとしていたラックの上にプリンター、ラックの下にMacBookを置いてみました。



ラックの下に棚を置いて、その中にCDを入れます。

やっとパソコン部屋っぽくなって来ました。







良いぞおって思ってたけど、ストレートネックに自分には、iMacの高さは肩凝りの元らしく…
改めて整理し直そうと思っています。

My Officeの完成です。

piccolo

なんの熱?



寒気がするぞ。piccoloです。

夜中に突然熱発しました。悪寒と体が自分の物でないような感覚。間も無く手足がカッカッと熱くなり、布団の中で発熱したと自覚しました。

今日から旅行なのに…
夜中に悔しさみたいな物が込み上げ、すぐにロキソニンを内服しました。1時間もしないうちに出るわ出るわの大汗。薬が効いたと安堵し、入眠しました。

朝になっても、まるでサウナにいるようにジワジワ汗が吹き出ています。検温してみると36.4℃に下がっています。安心したのは言うまでもありません。

これで車の運転が出来る。ホッと胸を撫で下ろしましたが、発熱の原因がなんであるかが気になります。何かしらの菌が身体に入った。なのんウイルスだろうか。

それでも旅立てる体調が戻った事に安堵するのでした。さて、富士山に会いに行こう。子供が生まれて初めての旅行。三度目の正直、いざ!

piccolo

HOME  →次ページ

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク