今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

【宝物】MONGOL800のNew Single



温かい曲でした。piccoloです。
https://instagram.com/p/Bbi80Jil_Z8/

全4曲、一曲目の宝物以外は過去のシングルのリミックスバージョンだそうで、聴き比べるのもあり、知らない人は聴き入るのもありな構成。なるほど温かいっすね、宝物。子供ができると余計に思います。

もうそのまんまのジャケットですもんね


裏表紙




中身は…



ピンクのジャケットとは裏腹に、全面ブルーな構成。



矛盾の上に咲く花みたいな、メロコアバリバリのメッセージ性の強い曲も好きだけど、やっぱりモンパチの曲は温かい。温かいモンパチ好き。

宝物


矛盾の上に咲く花





まだまだ引退しないで欲しい。20年、30年と頑張って頂きたい。

piccolo
スポンサーサイト

緩和病棟その13



部屋が変わりました。piccoloです。

入院して約二週間、部屋が移動になりました。どちらも差額ベッド代金は無料のお部屋なのですが、今まではナースステーションの前の部屋でした。それくらい緊急性がある患者だったと想像します。病状が落ち着いた今、改めて重病の方が入院して来るので、部屋を移動してはもらえないかと、病院から相談されたのでした。

我々家族は従うと答え、全ては母の意思に任せました。意外と病室に慣れた感があったので、環境が変わる事を拒むかもしれないと思ったのですが、すんなりと母も了解したようでした。しかし、部屋を移ってからの母の落ち込みはかなりの物で、私は用がなくなったので隅に追いやられたんだと、マイナス発言が続いていました。今までの病室がよほど高価な部屋で、実は有料部屋だったのに緊急性を感じた病院が無料で提供してくれたのかとも考えました。しかし、新しい母の病室に行ってみると、以前の部屋と全く変わりない間取りで、何が不満なのか全く理解出来ませんでしたが、聞けばドアを開けた時に壁なのが嫌なのだとか。何か圧迫感みたいな物を感じてるようでした。

最近病院内のカフェに行くことが母の楽しみでありまして、今日も孫と一緒にランチをして来ました。



ワシはあまり美味くないのでとっとと病院を後にして美味い飯を食いたいと言うのが本音ではありますが、母のお見舞いと堪えて親孝行するのでした。

お見舞いから帰ると、嫁の調子があまり良くない様子。久しぶりに息子君と公園に行きました。



相変わらず公園の遊具では遊ばずに公園の周りを走り回る変わった息子君。かなりの時間をマラソンに費やし、彼のリクエストで四文屋に寄りました。



「父ちゃんやきとり食ってこ。」が、彼のデフォルトのようで、この日は生ビールとグレープフルーツジュースで乾杯しました。

仕事とお見舞いの両立が、少しお疲れなpiccolo家なのです。

piccolo

キッチン・オバサン



おばさんです。piccoloです。
https://s.tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13015829/

夜勤明けです。今日は家族を連れて美味い洋食屋に来ました。

チキンとオムレツ添え


フライの盛り合わせ


ハヤシドリア


徹夜明けの胃袋にはインパクト大の洋食三昧だけれども、これをモチベーションに夜勤を乗り越える為、ないと困るのも事実なのであります。息子君も大満足のご様子でした。

piccolo

緩和病棟その12

夜勤前に病院に寄りました。piccoloです。



区から届いたパット、タクアンやラッキョウをタッパに詰めてお見舞いに行きました。今日は入院費が清算される日、支払いの為に会計に行きました。



差額ベッド代金は無料ですが、1日400円のテレビ視聴代、1日3食提供される食事代などを含めると、1ヶ月で80,920円。正直自分の経済力では厳しい金額ではありますが、差額ベッド代金が無料の部屋に入れた事と、健康保険制度に心から感謝するのです。

親孝行は出来ませんでしたが、せめて最後はワシが責任を持たなくてはと思うのです。

piccolo

緩和病棟その11



一輪挿しです。piccoloです。

母からリクエストされていました、一輪挿しを届けて来ました。花が好きな母は、部屋に一輪挿しがあればと嫁にリクエストした様です。嫁は一輪挿しを購入し、ワシに託しました。花はワシに任せると。で、花屋のお母さんに一輪挿しを見せて「これに合う花下さい」とお願いし、冒頭の花が選ばれた訳です。

まあ納得した様で何よりでした。次回来る時は、
『梅干し』『らっきょう』『たくあん』『しば漬け』が欲しいとリクエストされ、持参する予定。米が喉を通らなくなっているらしく、生きる為にご飯のお供が欲しいとの事でした。最後まで命を捨てず生きようとする姿勢にリスペクトし、病院をあとにしました。



piccolo

パンク修理と熱発




サイクルベースあさひをdisります。piccoloです。

2年前に購入した我がアシスト自転車。昨日の夜、仕事帰りにパンクしました。原因はタイヤの劣化。荷台に重たい荷物を乗せるせいで、タイヤに相当の負荷がかかるのでしょう。前輪はまだまだ溝がありますが、後輪のタイヤはツルツルでした。そこから直接チューブを傷つけたと思われ、タイヤもチューブも交換必至なのは覚悟していました。どこで修理するか悩みましたが、やはり購入した店が良いかと思い、重たい気持ちに気合を入れてサイクルベースあさひを目指しました。重たい気持ち、その理由は昨今のサービスが理由でありまして、修理に行くと嫌な気持ちをさせられて帰ってくると言う最低の物。その店を選択するか否かの自由はありますが、購入した理由の一つにアフターサービスの充実があったのも事実。それを求めての事なのですが、やはり大きな企業は儲け優先な感じがしてならないのです。もしかしたらそんなつもりはないのかも知れませんが、明らかに自転車を持って行くと不服な顔をされるんです。特に点検。会員サービスでは点検は無料となっています。(期間は三年だったかな)しかし点検をお願いしに行くと「何処がおかしいんすか?」と、嫌味を言われます。おかしいと思うから持って行くわけで、それを調べて欲しいのに怪訝そうにされる事を遺憾に思うのです。それからと言うもの、この購入店には行かず、町の店で修理する事が増えていました。ブレーキを直せば「サービスでタイヤ回りを見ときました。」と、空気を入れてくれていて、油もさされてる。対して購入店は、言ったところしか直さず、今回も修理依頼した後輪は空気がパンパンに入ってるけど、前輪は入れた形跡がなし。当たり前と言えばそれまでだけれど、何か違う感じがするのです。

今回の事で言えば、修理して欲しいのは後輪のパンク修理。他に気になる事は?と聞かれ、申し伝えた症状は

1)ブレーキの調整。シューが減っていたら交換依頼もお願いする。
2)3速あるギアのうち、1速に落ちないので見て欲しい。(直して欲しいと言う意味で伝えたのだが)
3)1速から2速にする時に、物凄いレバーが重たいのでどうにかして欲しい。
4)チェーンが古いママチャリみたいにキャリキャリ言うので直して欲しい。

の四つ。
1)は、「ああ、これはもうダメっすね。シュー取り替えになってもいいですか?」これはお願いした。
2)は、ワイヤー調整が必要。とのこと。3)も同様のようだった。
4)は、「ああ、これは油がささってないんですよ。たまに油をらささないとキャリキャリ言いますから。」そう言われ、「シリコンスプレーは何度かさしたんですけどね」と言うと、シリコンスプレーではなく油をさせとの事だった。言わなければ良かったと後悔する。なんでワシは年下から舐められるのだろうか。その思いでいっぱいになった。修理には三時間を有すると言う。想定内である。「ならば代車を貸して欲しい」そう言うと即答で「今、全部代車出払ってるんですよね」と返される。「本当か?」心の中で思う。なぜならば開店して間もない時間だからだ。開店して数十分で代車が全てなくなるって、全部で何台の代車をかかえてんだよ!会員サービスの内容に代車を貸すと書いてあるじゃないか。会員を優先して欲しい。しかし、ないと言われたら仕方ない。パンクを直さない事には、どうにも動く事ができない。焦りの理由に、母から持ってきて欲しいものがあると頼まれていたせいもある。母が人に物を頼むのはギリギリの所まで待っての事だ。そう言ったのなら、早急に欲しい物に違いない。それをこの日のうちに届けたかったと言う事が修理を焦った大きな理由だった。修理をお願いし、三時間の時間つぶしをする事にする。

嫌な予感がしていた。体調不良である。朝からおかしいと思っていたのが体の節々の痛みだった。熱が出る前の様な、インフルエンザを発症する前の様な、体調の変化が自分を襲い始めていたためにこの3時間、一度家に帰りたかったがそれが出来なかった。片道30分、歩いて往復する自信がなかったために店の外で3時間と言う時間をつぶす決断をさせる。そして約束の時間を回った頃に再度店に来店すると、もうワシの姿が見えないんじゃないかと言うほどスルー状態。立っているのもやっとで、椅子に座り込むワシ。待ってるワシをよそ目に次から次へと新しい客が注文をして行く。新しい自転車を買うからアドバイスをしろだとか、壊れたから見てくれだとか、この部品が欲しいだとか、子連れのお父さんがむやみに売り物のベルを鳴らす子供を叱る声だとか、もうエコーがかかって遠くで聞こえるようだった。突如と襲う吐き気。「ああ吐く」そう思った自分は外に走りでる。白昼堂々とゲロを吐くワシ。同時に寒気が襲う。何やら店の中ではワシの名前を呼んでいる様子。フラフラになりながら店に戻る。やはり呼ばれているようだ。ピッコロなのにピッケロと言われても、もはや怒りは湧いてこない。早く楽になりたい。ただ、その思いでいっぱいだった。

直った自転車で、母の病院へ向かう。直ってるけど、その時の自分の体では、その爽快感を得る事は皆無だった。パンパンになった後輪は、段差を乗り上げる度にワシの胃の中を刺激してくれて、吐くまで行かないが、気持ち悪さが残る。

頼まれた物を渡して「じゃ、熱が出そうだから帰る」と言ったが、自分がそう言った事に母も何か被せかけるように喋ってきた。もうそんな事どうでも良いので家路についた。



すぐにでも倒れ込みたかったが、洗濯物を取り込んだり母の洗濯物を処理したり、一通りやっておきたい事をやり、PL顆粒とロキソニン錠を内服し布団に倒れこんだ。同時に襲う悪寒。やはり嫌な予感は的中した。インフルかもしれない…
その邪念と戦いながら布団の中でひたすら待った。

先ずは第1ラウンド、悪寒が治り汗が出始める。このまま眠りにつければ治るかもしれない。その思いにかけた。しかし第1ラウンドでは眠る事が出来なかった。さほど汗も出ない。水をしこたま飲み、目を瞑り時の経過をまたもや待った。

幸い次の日は遅番業務。時間はまだあると第2ラウンドに入る。6時間あけて再度ロキソニンとPLを内服。食事は取れないので青汁とヨーグルトだけを摂取。そこからしばらくすると滝のような汗が出る。勝算を感じた。インフルではなさそうだと、自分の体に問う。

4ラウンド目ぐらいで朝になった。すっかり体調は戻っていたが、高熱が出たせいでフラフラする。自分に問うと、仕事に行くのは問題ない体調だと帰って来た。1日行けばまた公休という事もあり休まず会社に行けた。

考えてみればパンクから負の連鎖が続いた。風邪か、ウイルスか、はたまた何かの怨念か、地獄の様な1日を乗り切り、改めてその時を回想する。そして修理から返って来た自転車を冷静に分析すると、ブレーキは調整で直ったそうだが、現在元に戻ってタルタル感が出て来ている。1速に落ちないギアはそのまま。1速を使う事はほぼ無いので、そこまで不便ではないが、直ってない事に憤る。

今、このブレーキとギアの事を、サイクルベースあさひに申し出に行こうかどうかを悩み中である。

piccolo

貝や しるひ



パンクしました。piccoloです。

自転車がパンクしました。何か踏んだのか?いいえ、タイヤを見ると原因は劣化。ツルッツルになったタイヤはすり減り、チューブが飛び出ていました。遅番続きのシフト、21時近い時間帯では、パンク修理をしてくれる自転車屋は皆無という事を思い知らされました。仕事終わりに病院へお見舞いに行きました。しかし母は就寝、嫁も子供も実家帰省、どうするか迷いました。直帰するのも苦難、何か食べて帰るのも中途半端な位置、悩んだ末に寄りました。【貝や しるひ】



嫁と子供が居ぬ隙に、大好きなお一人様を決められる店を貪欲に攻めました。パンクしたチャリを押し、帰りの事を懸念しながらも、酒が入るとそんな事はどうでも良くなるダメなワシ。

先ずは焼き貝三種盛り。味付けは正しいかイマイチ記憶が定かではないので、しるひファンの人がいたら最初にお詫びしておきます。いい加減な記憶で申し訳ありません。お店に迷惑かけてしまったらごめんなさい。

桜貝のバター醤油焼き




うんめー
バター嫌いだけど貝汁の旨味で全く気になりません。

焼きホンビノス




間違いない焼き貝の王道!

焼き牡蠣海苔バター醤油焼き


海苔がビッシリと絡みついているので、なんの料理だか写真からは解りませんね。



なので、お箸ですくってみました。



牡蠣です、牡蠣。そこに敷き詰められた海苔と醤油の風味がたまりません。そして汁、もうなんも要らねえー

青鋼でハマったカキフライ、しるひでも頂きました。



焼き牡蠣が好きだったけど、今一番好きな牡蠣の食べ方ですね。

以外にお店の方が話しかけてくれるので、食べるというよりも話を楽しむ感じになりました。それでも貪欲になにか食べようとアヒージョを選択。



動画は以下
https://instagram.com/p/BbTC2YBlFBn/

撮り忘れましたが蒸し貝三種盛り(だった記憶)。食べ終わった殻のみ。



以前はやってなかったけど、この蒸し貝の余った汁でリゾットを作ってくれると聞き、ワクワクした物の、美味くて飲み干してしまったまたもやダメなワシ。代わりに〆の冷やしアサリラーメンを頂きました。



研究しまくったというアサリラーメン。冷やしで勝負しているのは、熱いとラーメンはどれも同じ味になるという理由からだそう。そして油を一切使ってない飲んでも健康なスープ。脱帽!





アヒージョが思いの外お腹にインパクトを与えていて、これ以上食べられないとお店を後にするのです。チャリを押す姿を見送られるのも恥ずかしく、颯爽と大きなガタガタ音を発しながら、パンクしたチャリに乗り去りました。その方がカッコ悪いか…

普段なら20分ほどの距離をゆっくり走ります。途中お好み焼き屋の前を通ると、お土産が半額で売っていました。寒くなってきたし家路に早く着きたかったワシですが、170円のお好み焼きがどうしても魅力で買って帰ってしまった訳です。



じゅん散歩にも扱われていた野方のあの店です。

家ではお好み焼きとホッピーと言う庶民的かつ最高の組み合わせを楽しみながら撮り溜めたテレビ番組を観るのでした。誰もいない空間の、ワシだけの楽しみ。まさか子供が2人も生まれてから経験できるとは夢にも思わなかったのです。

piccolo

今日の青鋼



やっぱここだねえ。piccoloです。

魚が食いたくなったらここ。気づけば今日も青魚祭りでした。

天然って分かる脂臭くない鰺


最高っすよ。鰺に生姜醤油は神。

秋刀魚のなめろう


鰯、鰺のなめろうは食べたことがありましたが、秋刀魚は初めて。鰯の次に美味かった。鰺のなめろうは、新鮮過ぎてなめろうでは勿体無いのがいけてなかった理由です。

あさりの酒蒸し


文句無しの出汁。ちょっとあさりの身が苦かったけど、うまい汁を飲み干しました。

秋刀魚の塩焼き半身


おそらくは、先ほど食べたなめろうの残り。秋刀魚の塩焼きを頼んだら、半身なら出来ると。半身でも良いと、注文しました。今年も秋刀魚を堪能しましたね。



〆にはフライとご飯セット


疲れが溜まってるけど、元気の出た晩御飯でした。

piccolo

緩和病棟その10



11月はお天気が良いです。piccoloです。

今日から遅番続きです。遅番終わりでお見舞いに行きました。20時45分に病院に行ったら、オカン寝てました。そそくさと病院を後にするのでした。

piccolo

鷺宮イタリアン ジュリエーゼ・ダ・エンメの二周年



二周年は来られました。piccoloです。

こんなにも頻回に通うようになるとは思ってもみませんでした。きっかけは息子君で、シェフが子連れには全力でサービスしてくれることから、息子君がシェフの事を大好きになってしまったのがそもそもの始まり。もちろん料理の味はピカイチですが、そのホスピタリティーにいつも頭が下がる思いなのです。その愛して止まないジュリエーゼさんが鷺宮の地に店を構えて二周年となりました。11月2日、3日と、特別メニューが用意され、そのお祝いが行われたのでした。

どこに行っても子連れお断りな風潮のある飲食店ですが、ここならば気兼ねなくお邪魔することが出来ます。この日も騒ぐ子供をスマホ育児で大人しくさせつつ、美味しい料理に舌鼓を打って来ました。息子君は肉が大好きで、それを知っているシェフは、特別にサラミとハムの盛り合わせを出してくれるのでした。

二周年特別メニューは以下


全部写真に撮りきれなかったけど凄い数のメニュー。少量ずつ沢山食べて欲しいという気持ちの詰まったおもてなし感がとても嬉しい。





魚料理、肉料理、デザートまでついての3,980(多分)円。え?良いんすかってコスパ。シェフの鷺宮愛を感じる値段設定です。沢山食べたし、沢山飲みました。二周年おめでとうございます。気になるのが、三周年はないかなぁ… と、ややマジな目をしてつぶやいていた事です。この日のために沢山のスタッフを投入したにもかかわらず、思うような動きをしてくれない焦ったさか、鷺宮価格の大人事情なのかは解りませんが、来年の三周年が実現出来るよう、応援したいワシらなのです。

今宵はお邪魔しました。美味しい料理をありがとうございました。


piccolo

緩和病棟その9



良いお天気でした。piccoloです。

午前中に娘ちゃんを耳鼻科に連れていってから、お見舞いに行こうと話していました。しかしいつもは1時間と寝ない娘ちゃん、こんな時に限ってよく寝てくれます。

12時を過ぎたので、飯を食ってから行くことになりました。夫婦でのラーメンは久しぶり、病院に行く途中にある【真白】さんに寄りました。

最近のラーメンには玉ねぎが生で入ってるんすね。臭い決定やないすか。食べて思ったけど、こんなに玉ねぎいらない!スープは最後まで飲み干したいけど、ネギが残るから飲み干せない。そこ考えて!スープも麺も美味いのに、なんだか惜しい感いっぱいで病院に向かいます。

おばさんが居てビックリしました。母の妹です。母としては息子、嫁、孫のコラボにおそらくは嬉しかったんじゃないかと想像します。声にも張りがありました。入院してから社会との接点が無いことから、人の来訪は嬉しいようです。ただ、すぐに疲れてしまうので、お見舞いに来てくれた方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかしなんだか、入院してから逆に元気だと言う気がするのは三食しっかり食べているせいなのか?お見舞いに来る人全てがビックリしています。ただ、お腹の張りは酷く、叔母も触ったらゴリゴリに硬かったと言っていました。腹水か、癌か、やはりお腹の中に増殖しているようです。

家では入らなかったお風呂も、病院では週に二回ぐらいは入っているようです。きっと定時で薬を飲む事が、体の負荷を軽くすると想像します。自分でコントロールしてるからと、処方された薬を殆ど内服していなかった母。きっと薬の種類が分からなくなっていたのかな?

入院して半月が経ちました。雨の多かった10月でしたが、晴れた空を眺めると、少しだけホッとするのでした。



piccolo

ブルーレイレコーダーか三脚か



悩めるなあ。piccoloです。

今までハードディスクだけをテレビに繋いでいたので、録画した物をメディアに保存することが出来ませんでした。メディアに保存すれば、ハードディスクの中身を整理しながら録画が出来ると、家族会議が開かれたのでした。どんな物があるのかと検索をかけた所、どうやら同時に複数の番組を録画出来る事と、ハードディスクの容量で値段の差があるようでした。1テラバイトあれば良いと考えています。三番組も重なることがないので、チューナーもダブルで良いと予想します。他に要望もないので、この条件からすると4~5万円の商品が妥当なのかと考えています。

で、うちのテレビがレグザであることから、東芝の製品が良いのではないかと言うことで、この子がヒット。【東芝 TOSHIBA DBR-W1007 [ブルーレイディスクレコーダー HDD1TB ダブルチューナー レグザブルーレイ]】
ダブルチューナーで、容量は1テラバイト。欲を言うならば2テラバイトは欲しい所だけど、そこはぐっと我慢。1テラバイト増えると、金額はおよそ1万円ほどアップする。そこが悩ましい所だが、外付けハードディスクを注ぎ足せる機能、【SeeQVault】対応の機種であるならば、今まで撮りだめた物を他のテレビでも鑑賞可能なのだとか。おまけにスマホで録画した番組が観られると言う有力情報も。凄い時代になったものだとつくづく思うのです。

ワシの趣味はDVD作成でありまして、その道具として一眼レフを使用する事もあるのですが、一眼レフ回りのガジェットが欲しくなることがあります。好きなメーカーは、マンフロット、ピークデザイン。特にこの二社が大好きであります。そのマンフロットが、定期的に公開するアウトレットセール。ここで見た三脚が、意味もなく欲しくなるのでした。



9月のアウトレットセールだったか、上記の三脚情報を得ました。旅行用に一本軽い物が欲しいと考えていたので眼に留まった訳ですが、急に必要になる物ではないので、流し読みをしていました。しかし、セールのページから商品が姿を消すと、購入しておけば良かったと言う焦りが生まれるのです。そこでこの商品の検索が始まったのです。

まず公式サイトの中のアウトレットを探ります。10月のページからは削除され、ハロウィンセールなるページが設けられていました。なかなかこの三脚を見つける事が出来ずに、ピンポイントで検索してみます。ビーフリーのアルミ三脚。するとアウトレットのページにはありませんでしたが、この商品自体は存在しているようです。試しにAmazonやヨドバシ.comも見てみます。

Amazonのページ


ヨドバシのページ


Amazonでは定価に近い価格、ヨドバシは売り切れていました。やはり公式サイトは強い。どんどんこの子に惹かれていきます。もう少し様子を探ろうと、レビューしているブログを訪ねました。

http://www.maturikun.com/entry/befree-review

https://akistyle.jp/manfrotto-befree-review

https://munesada.com/2015/01/11/blog-4571

http://daily-keitaism.com/archives/6365

https://mizuka123.net/4286/

どのレビューを見ても、評価はかなり良いです。ますます欲しくなります。記事の中にカラーバリエーションがあることに気づき、もう一度ヨドバシを覗いて見ました。



現行モデルは売り切れていましたが、カラーバリエーションの方はまだ販売しているのですね。ブルー、グレー、レッド、グリーンの4色。価格は¥18,310で、ここに10%のポイントが還元されます。と言うことは、実質価格¥16,479。公式サイトのアウトレットよりも安い
悩ますなあ。←イマココ

カラーバリエーションを選ぶならRedかGreen。ヨドバシならば¥18,310でポイント還元10%。Amazonならば¥16,640



現行モデルを選ぶなら¥16800で公式サイトで購入する。

見事に悩ましい値段設定ですな。こうして悩んでいる間も、商品はどんどん無くなっていく。この焦りが、なんとも心地よい今日この頃なのであります。

三脚か、ブルーレイレコーダーか、こうして文章にしてみると、やはり三脚よりもブルーレイレコーダーを先に購入するのが、piccolo家には必要である事が見えて来ます。ブルーレイレコーダーは、生活の質を上げる物、三脚はワシの買い物欲を満たす物。マンフロットのアウトレットページを眺めながら、涙をこらえて三脚にバイバイするワシが居るのでした。


piccolo

緩和病棟その8



夜勤明けの晴天です。piccoloです。

今日は仮眠した後、息子君を保育園に迎えに行き、そのまま婆ちゃんの見舞いに付き合ってもらいました。少し具合が悪いのか、肩呼吸をして椅子に座る母の姿がありました。それでも医者から「どうですか?」と問われれば、「何も変わりありません」と答えてるのだろうなと想像するのです。薬を選択するのは母の自由、ならば家族は苦しそうでも見守るしかないじゃありませんか。

婆ちゃんの足元で将棋の真似事をする息子君、悪さばかりするので、婆ちゃんは少し辛そうでした。今は息子よりも娘の方が可愛いようです。

少し遅れて娘ちゃんが到着しました。やはり嬉しそうです。



腰も座ってきて、お座りが上手になりました。しばらく婆ちゃんの膝の上に居ましたが、すぐに疲れてしまうようですね。でも、こうしてそばに孫たちがいる事が嬉しそうです。もう一緒に暮らすことは出来ないけれど、ギリギリまで共に生活をしました。残りの人生は、苦しみのない人生を願うワシなのです。

病院では専ら日本地図のパズルに夢中の息子君。


パズルが好きとは、なかなかの秀才か。まずないな(笑)

お見舞いの帰りには、やはりワシの行きつけの居酒屋【青鋼】でご飯を食べました。

店主と女将の息子さんが、うちの子とタメでありまして、オープンしたのが丁度うちの子が生まれた時期という事もあり、よく行くようになりました。キッズスペースがあり、子連れでも楽しめるお店なのが特徴の一つでもあります。うちの子は、食べる事を忘れ、ひたすらオモチャの山で遊ぶのでした。



親の勝手で連れ回した結果、この夜から熱発する我が子なのでした。

piccolo

今日の平目板



今日もここだね。piccoloです。

我が癒しの場【平目板】で、今日も一杯やりました。先ずはホッピーですね。



で、赤貝と〆鯖のお刺身を頂きました。

赤貝


しめ鯖


ホッピーは、外一中ニがちょうど良い塩梅です。

軽く飲んだ後は、ラーメンで締めます。



でも、ナンプラー香るラーメンは苦手でありまして、このラーメン屋の再来はないかなと思っています。こうして日々の疲れを癒しの場で取り除き、次の戦いに挑むワシなのです。

piccolo

緩和病棟その6



2017年10月24日、天気は曇りです。piccoloです。

入院して一週間、今日は先生からのお話がありました。インフォームドコンセントです。孫のお見舞いに、やはり嬉しそうな母の姿がありした。

食事は半量希望で8割ほど食べているそうで、三食規則正しく食べられている様子。入院して最初の3日ぐらいは、ナースコールがあってトイレに行ったと言われました。お通じもコンスタントに見られているようで、今のところ急な様子変化はなさそうです。今の苦痛は、お腹の張りから横隔膜を圧迫しているであろう呼吸苦だそうで、この苦痛を今後本人と相談しながら麻薬で和らげていくとの話でした。

本来ならひどい痛みであると、人からは言われるのですが、母は全く自覚症状がなさそうです。我慢というよりも、本当に自覚症状がない感じを受けます。でも、苦しみがあるのなら積極的に麻薬を使って欲しいとワシは願うのです。最後の最後ぐらい、恍惚感いっぱいで天国に旅立って欲しいと思うのです。

一度帰宅し、夕方からはお兄ちゃんと一緒にお見舞いに行きました。



久しぶりに上の子と時間を共にするなと言う印象を受けます。やっと、一緒に遊べるようになったかな。まあそのうち遊んでもらうようになるんでしょうな。母を喜ばせるつもりでお見舞いに行ったけど、ワシが息子に癒されたと言うオチでした。

piccolo

ジュリエーゼが二周年



宣伝です。piccoloです。

2017年11月2日、3日に、鷺宮にあるイタリアン【ジュリエーゼ・ダ・エンメ】で二周年パーティーがあるとの事。

https://www.facebook.com/trattoria.Giuliese/posts/1361710117271428

以上。

piccolo

今日の青鋼



やっぱここだね。piccoloです。

嫁が月に一度実家に帰るのですが、その時に必ず訪れる店、【青鋼】。店主に指摘されるまで、青魚が好きだと気付かなかったワシ。「piccoloさん青魚好きっすよね。マグロも食うんすね。」その一言でそう言えば鰯、味、秋刀魚、鯖をヘビロテしてたと改めて片寄ったオーダーを思うのです。

で、今日のオーダーは、
マグロのホホ肉の炙り(真ん中)
大間産平目の昆布〆(左)
鰯のなめろう(右)
そして痛風持ちに優しいプリン体ゼロのホッピー。









昆布〆はドッシリとした味で驚きました。アッサリした味を想像してたらヤラレましたね。これは山葵醬油が合います。

マグロのホホ肉。これは文句無しの一品だと、写真からも想像出来るかと思われます。

そして鰯のなめろう。実はこの子が一番美味い。480円(税込)で、こんな幸せありません。安い男ここにあり。

そして今年一番脂が乗っていた秋刀魚君。





パサつきの感じられた今年のさんま。味は良かったけど脂が乗っていませんでした。しかし今日の秋刀魚はトロッとした食感が最高でした。



ごっそさん。

〆には魚屋さんのおでん。



美味いんだな、これが!

piccolo

緩和病棟その5



夜勤明けです。piccoloです。

今日も雨でした。小雨の降る中、仕事帰りに病院へ寄りました。母からは郵便局から二万円おろしておいてくれと頼まれます。受容して了解するフリをしましたが、貯金はゼロです。ワシの財布から後で渡すとします。

買い物したいと言われ、売店まで行きました。入院してから活動的と言うか、風呂には入る、買い物には行くで、どうしちゃったんどろうと思うことが度々あります。もしかしたら病室での生活にストレスが溜まっているのかもしれません。訪問看護から、明日急変もあり得ると言われたことに疑問を持つ自分がいます。

滞在時間30分ほどでしょうか。会話もなく、買い物に行っただけでした。そんな今日は入院5日目です。

piccolo

我が家老朽化



築30年だそうです。piccoloです。

我が団地、老朽化が原因で想定外の事故が起きる事が多くなりました。今年の春には、うちのキッチンに水漏れがあり、上の階の洗面台を丸ごと取り替えるという事案があり、今度は下の階のトイレの天井が落ちたそうで、その原因がうちのトイレから水が漏れていると言うものでした。



便器を外すと、意外と小さな配管が見えます。その一部が緩んでいる為に歪みが発生し、そこから少しずつ漏れていた可能性が高いとのことで、その歪みを直し、緩んでいる部分を締め直す工事が行われました。

これで一旦様子を見ます。下の階に水が漏れなければ成功で、漏れた場合は配管自体を変えなければならないようです。



配管って、意外に小さいんですね。便器を外した所を初めて見ました。



今のところ問題ないようです。あとは日曜日に、仕上げの工事を行ったら終了だそうです。最近休みの日にも色々あってお疲れ気味のワシなのです。

piccolo

緩和病棟その4



雨のち曇りでした。piccoloです。

夜勤入りで病院に寄りました。今日も風呂に入れたそうです。家にいる時は一カ月近く入らない事がザラだったのに、週に2回は入っている計算です。驚きです。認知症の症状もなく、ホッと胸をなでおろしています。今まで辛いのに在宅で頑張っていたのかもしれません。

以前の職場の店主達がお見舞いに来てくれたと、話を聞きました。共に働いていた、母よりも若い方が同じく癌であると聞き、驚きを隠せませんでした。母よりもやせ細ってしまったのだとか。

お見舞いに行っても特に会話はなく、15分程度で退散しました。きっと10分でも20分でも、顔を出す事が大事であるんだと信じています。

piccolo

HOME  →次ページ

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク