FC2ブログ

今日もまた呟き

その名の通り、呟きメインのノンジャンルブログ

10月≪ 11月≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

野方 つくつくぼうし



うどんです。いりこです。piccoloです。

気になっていた、うどん屋さんに行きました。お兄ちゃんのお腹が、まだ完治していない事からうどんが優しいのではと来訪したのでした。



食券を買うと、自動的に注文されるシステム。天ぷらと、家族の分のうどんを注文しました。基本セルフですが、子供がいるせいかテーブルまでサービスして頂きました。

奥さんのキツネうどん。


ワシの醤油うどんと、お兄ちゃんのザルうどん。






ワシは、子供が生まれる前に、香川に行ってうどん屋のハシゴをしました。その時に思ったのは、出汁につかったうどんよりも、醤油をぶっかけて食べるうどんが一番美味かったのを記憶しています。故の醤油うどん。しかし、嫁のキツネうどん、お兄ちゃんのザルうどんを少し貰って思ったのは、出汁が美味い。でした。

ワシでも濃いと思えるほどの濃厚な出汁。今度は出汁につかったうどんを食べてみようと思います。

子供が居たからでしょうか?なぜかうどんを持ち帰りなさいと、お土産うどんを頂きました。



形がバラバラなので、商品化出来ない物だとの事ですが、むしろ子供が食べるには短い方が好都合です。なんだか申し訳ない気持ちで退散しましたが、家でこのうどんが味わえる事には感謝しかありません。

野方の地に、香川がやって来ました。また来訪したいと思います。

piccolo



関連ランキング:うどん | 野方駅都立家政駅


スポンサーサイト

クラムシェル ~MacBookを外部ディスプレイに~



クラムシェルで完全運用。piccoloです。

ディスプレイ台と、MacBookを立て掛けるパソコンスタンドを購入しました。BENQの外部ディスプレイを設置し、クラムシェルモードで出力しています。メモや雑用品で、あっという間にゴチャゴチャになるワシのパソコン周り。少しは整理しようと試みたのです。

まずパソコンスタンドが届きました。







MacBookの幅に合わせてネジで止める仕組み。



少し隙間が空くので調整します。



スタンドの幅を狭めると、MacBookが開いてしまいます。



ここら辺りが、安価な物を選ぶデメリットか。

MacBookを少し斜めにしたら開かなくなりました。



モニターに繋いでみます。



HDMIケーブルが邪魔です。無線だったらスッキリするのになぁ。

午後にはディスプレイ台も届きました。







USBの使い方がイマイチ分からなかったので使いませんでした。



アンカーのUSBハブを使っています。



キーボードとマウスは、iMac 2008年lateで使っていた物を利用します。




一応完成です。



ワシがセッティングすると、やはり美しくない。でも、ワシなりにゴチャゴチャを整えたのは評価できよう。何よりキーボードをモニター台の中にしまえるのが良い。






こうして我がクラムシェルモードでのMacBook生活は、本始動となりました。沢山のDVDを制作したいと思います。

piccolo

一難去ってまた一難去ったらまた一難



今度は下痢です。piccoloです。

手足口病完治から2日後に熱発。熱が下がって保育園行き始めてから2日後に、今度は下痢が始まりました。

お兄ちゃんの体調不良が止まりません。もう笑うしかない。ハハハ… piccolo家、いやワシが自暴自棄。意味不明のイライラや、突如の不安、普通に振る舞う事にスタミナを費やします。

またもや婆ちゃんにヘルプを依頼しました。熱もなく、ただお腹が緩いお兄ちゃんですが、下痢をしてると登園出来ないので、婆の力を借ります。

免疫力が極端に落ちている事から、弱い菌にも反応してしまうようで、しばらくは安静が必要かなあ。しかし熱もなく元気なので、ずっと接するとこちらのスタミナが持ちません。どうしたものか…

この一週間のシフトを計算し、ワシと嫁が出勤している合間を婆ちゃんに埋めてもらいます。

今度は蕁麻疹が出だしたお兄ちゃん、piccolo家の負のループはいつになったら止まるのでしょうか。

piccolo

広場恐怖症



おえー。piccoloです。

子供の参観日でした。去年同様クソみたいな気持ちになって、すぐにでも退散したくなりました。

何するかって言うと、子供のクラスの中で一緒に遊ぶんです。去年は一瞬でダメになりました。今年は30分でダメになりました。とにかくその場所がダメなのです。イライラしてくるのです。そして我が子の協調性の無さと、我が子の悪さを密告してくる我が子のクラスの子に殺意を覚えるのです。

いい加減自分の病気を受け入れなくてはと、症状を検索します。『人の集まる場所』『イライラする』『人が駄目』そんなキーワードでググってみました。すると引っかかった一つの症状【広場恐怖症】なんとなくしっくりくる症状でした。

そうなる理由に、人によく思われたいとかあるらしいんす。ほぼ、それは母なのだそう。まずは病気に気付き、その関係性を修復するのがいいらしいけど、もう死んじゃったの。

自分のマイナス面が息子に遺伝してるのを目の当たりにして、なんだか死にたい気分。そして、息子を殺したい気分。

piccolo

一難去ってまた一難



タイトル通りです。piccoloです。

手足口病が治り、爺ちゃんの家でリフレッシュして来たお兄ちゃん、今朝になって39度2分まで熱発しました。なんの熱でしょう?

先週、婆ちゃんに来てもらって、ワシも嫁も仕事を休まずに乗り越えられたと思った矢先の熱発。嫁は燃え尽き症候群気味。ため息しか出ません。仕方がない。そう、仕方がない事なのですが、何かに取り憑かれている様な負の連鎖。嫁は早々に仕事を休む決意をしました。あれだけ休まぬ様に頑張った先週は一体なんだったのか?そしてワシの仕事の環境も、しばらく来られないスタッフがいる事から大幅にシフト変更。ワシは今日から夜勤3連発。夜勤の疲れと、piccolo家の負の連鎖で、来週辺りにワシが体調を崩す事が容易に想像出来るのです。

1日、1日を集中して乗り切る以外に道はないのですが、負の連鎖ばかりに意識が行って、妹が丈夫である事や、助けてけれる人が居る等のプラスの思考に切り替えられない自分がいます。

早くお兄ちゃんの具合が良くなる事を願うのです。

piccolo

震える舌





あの時の恐怖が再び。piccoloです。

1980年の作品だそうです。ワシが観たのは小学生時代に、友達の家でのテレビ放送の時でした。とにかく恐ろしかったのを覚えています。痙攣発作を起こした時の悲鳴のインパクトが、非常に大きかったのです。何度か観たいと思っていましたが、タイミングが合わずに見逃していた作品の一つです。

Amazonの提供する動画配信サービスに、この作品が上がって来ていました。観たいと思いつつも、なかなか観られない現状です。今がチャンスと、この作品を鑑賞したのですが、当時の恐ろしさとは別の視点が自分に芽生えている事を発見しました。

ワシには二人の子供がいます。上の子が一歳になり、保育園に通いだして間もない頃、熱性痙攣を起こして何度も救急搬送されました。その様子は尋常ではなく、光景を目の当たりにした爺ちゃんと婆ちゃんには、見せなくて良いものを見せてしまったと思っています。映画は、小学生の低学年ぐらいの年頃の女の子が、埋立地の土地で泥遊びをした事により、破傷風に感染する物語です。感染、発症、看病を淡々と展開していくドラマなのですが、惹きつけられる理由に、昌子を演じた子役の演技が大きいと思われ、エクソシストの様な海老反りや悲鳴をCGを使わずに盛り込まれていることが、この時代になっても凄いことの様に思います。幼い命が、病魔によって侵されていることの描写。それがリアルに描かれているのです。

当時とは違う視点、それは病状ではなく背景にある政治問題や、昭和の医療体制。渡瀬恒彦氏のセリフに、「埋め立て地の土は触っちゃダメだ!」と言うものがありました。きっと、当時に声を大にして言えない事を作品に盛り込んだと思われ、埋め立て問題に警鐘を鳴らしていたのかと思ったのが一つ、医療優先の家族のケアを無視した昭和の医療体制が、小学生から47歳のオッサンになった今、自分にのしかかる映画でした。

子供が病に侵される。数日で死ぬであろう病魔に。政治問題、医療問題、付き添う家族の在り方。とても恐ろしい映画だったと改めて思います。演出として、BGMがチェロの独奏なのが印象的です。この演出に嫌悪している書き込みも見ましたが、自分は上手いと思いました。淡々と進むドラマの中に、チェロの音色が恐ろしくマッチしているのです。俳優陣も、渡瀬恒彦、十朱幸代、蟹江敬三、中野良子、宇野重吉と豪華。特に蟹江敬三氏の登場で、ドラマのスパイスになる辺りは流石。もう名演を観られないのかと寂しくなります。

自分も感染しているのではないか?と言う恐怖。親子の愛を、事実が追い詰めていきます。綺麗事ではない、真実を描いた作品です。後世に語り継ぎたいドラマでした。

piccolo

休日を過ごす



連休2日目です。piccoloです。

連休初日は、アマゾンで買い物をした物が届くのを待ち、セットアップに費やした日でありました。連休2日目は、やりたい事を追求しました。やりたい、食べたい、飲みたいを。

先ずは洗濯機を回してマクドナルドに向かいます。



マックがあまり好みではありませんでしたが、早くから朝食を取れるところが意外にもマックである事に気付いたのは、子供を保育園に送り出してジムに寄る間をどう埋めるかを考えた事が要因でした。家の近くにマクドナルドがある環境、それを利用しない手はない。洗濯をしている間に朝食をとるため、マックに向かうワシが居るのです。

洗濯を干してからジムに向かいます。実に一ヶ月ほど泳げていなかったので、昨日、今日の運動は新陳代謝にとても大きいと感じます。



下井草のチップネスも久しぶり。合併前にレバンだった店舗は、プールが充実しています。ここのプールが一番強度が高く泳げる気がします。その理由は水深にあるのかな?泳いだ後の筋肉疲労が、この店舗のプールが一番強い気がするのです。

代謝した体を、食に向けます。



鷺宮イタリアンに気持ちをシフトします。先日三周年を迎えたジュリエーゼ・ダ・エンメさんでパスタランチを頂きました。三周年に因んだサプライズも頂き、恐縮する中にもなんとも言えない豊かな気持ちにさせられて帰宅しました。

風呂に入り、雨で濡れてしまった洗濯物を部屋に干します。ホッピーを飲みながら、この休日の充実を噛みしめるのです。

piccolo

MacBook Pro15インチを外部ディスプレイに



ディスプレイモニターdébut。piccoloです。

長年の夢だったMacBook Proでのクラムシェルモードの実現です。2012年の頭に購入したMacBook Proの15インチでしたが、ノートの画面で沢山のDVDを作成しました。「ああ、画面が大きかったら作業しやすいだろうなあ」と、何度も思いましたが、外部ディスプレイのハードルの高さがそれを躊躇させていたのです。

時は流れ2018年。ディスプレイの値段も安価になってきました。もちろん4Kやら5Kと言った高画質なディスプレイは高価ですが、フルHDのモニターならば1万円強と言ったところか。いつも狙っていたのはこちらです。

Amazonのタイムセールが始まる度にチェックしている商品でしたが、外部ディスプレイを購入する前に、掃除機やらプリンターやらiMacやら、色々壊れて優先順位が後回しになっていたのですね。で、今回2018年の11月にAmazonのタイムセールが始まった訳です。

こちらが安くなるか否か?Amazonの画面と睨めっこでした。そこで飛び込んできたのが、今回購入したBENQの27インチフルHDモニターEW277HDRです。

LGのモニターをチェックしていたのは、高評価が多かった事にあります。それがタイムセールで1万5千円を切る値段で出品されるらしく、買うならセールの時だと罠を張っていた訳です。結果から言うとこちらがセールになることはありませんでした。しかし、類似品の中からBENQのEW277HDRを見つけたのでした。購入した経緯は、子供と嫁が実家に帰る時にAmazonのタイムセールが開催された事が大きいです。購入しても、子供がいたらセッティング出来ない事から、彼らがいないタイミングでタイムセールが開催された事が大きな要因です。そして、外部ディスプレイを導入する決意は、かつての母体であったiMacが壊れた事が大きいです。唯一iMacで扱えるPhotoshopとIllustrator、DVDオーサリングをするDVD Studio Proが扱えなくなったので、iMacと決別する決意をしたのでした。MacBook ProでAdobeを扱えるようになったので、iMacの必要性がなくなった事が、外部ディスプレイを導入させる大きな理由になったのは間違いありませんでした。

大きな箱が届きました。


開けてみます。


ガジェット類の箱を開ける時って、なぜこんなにときめくのでしょうかね。新しい物の匂い、機械独特の匂いが、なんともたまりません。

早速繋いでみます。


たったこれだけで、クラムシェルモードが自分の物になりました。



MacBook Proの画面が、ディスプレイに映し出されます。



うーむ、大きい。まだ、画像や動画の編集をしていないので、なんとも言えませんが、『大きい
』と言うのが第一印象です。MacBookを閉じてしまうので、キーボードとトラックパッドは使えません。別途、キーボードとマウス、トラックパッドが必要になります。取り敢えずは、iMacで使っていたキーボードとマウスを使いますが、トラックパッドが使用できない事に、少々ストレスを感じました。画質に関しては、そこまで綺麗とは思えませんが、作業効率が上がった事は、大きな喜びです。

取り敢えずパソコンラックに設置しましたが、MacBook Proをクラムシェルモードで使うならば、やはり立て掛けたいと、こちらをポチりました。もう一つ、モニター台も合わせて購入しました。

今はガサツに設置してありますが、モニター台を置く事で、少し片付くかなと思います。慣れればマウスのみで扱えると思いますが、Web観覧などはトラックパッドがあると便利だと思います。後々Bluetoothのキーボードやトラックパッドを検討するとして、MacBook Proのクラムシェルモードにする計画は、無事成功したのでありました。

piccolo

今日の青鋼 2018.11.4



今日もここです。piccoloです。

嫁と子供たちが実家に帰省しました。するとやって来る青鋼チャンス。お兄ちゃんの手足口病で、一週間カオスだったpiccolo家に静寂が訪れております。

義母が家に来てくれる事で、嫁もワシも仕事を休む事なく過ごす事ができました。感謝しかありません。しかしやって来るのが、休日の子供の看病でありまして、疲れた体に鞭打って子供を看病するのです。おかげでお兄ちゃんの手足口病も良くなり、こうしてジジ、ババの家に遊びに行く事が出来ました。

リセットする為に、青鋼に向かいます。ただ、美味い魚が食べたい。美味い酒が飲みたい。それだけです。

先ずは刺身盛り合わせとホッピー。


刺身にホッピーってどうなんだろう?と思いますが、焼酎ですからね。刺身に合わない訳じゃない。これがワインとかになると、ん?ってなりますが、ホッピーセーフと言う事で。

野菜天ぷらを頼みました。




シメはフライのタルタルソース添え。


少し前まで、タルタルソースと天つゆは有料50円でしたが、今日は無料でした。聞けば無料と有料の統計を取っているとの事。ワシは無料だろうが有料だろうが、天つゆとタルタルソースには払いますよ。たかが数十円だし。

ご飯セットでシメましたが、あら汁お代わりしました。ワシはクソ濃い味噌汁が好きなのですが、青鋼のあら汁、濃くないのに体が欲するんです。それほどに魚の旨味が染みているのだとおもいます。今日もご馳走さまでした。

piccolo

スマホスタンドを購入



これで四つ目。piccoloです。

以外に使用頻度は多いのですが、子供が生まれてからは破壊されることしばしばで、これが4つ目のスマホスタンドとなります。

三つ目のスタンドは壊されずに残っていますが、子供のオモチャになりつつあります。しかし4歳になったお兄ちゃんは、物の判別が少しつくようになってきたので、破壊されずに済んでいるといったところです。

なぜこのスタンドを選んだかは、やはりAmazonのタイムセールが大きいです。普段は買う事がない物を、つい買ってしまうのがタイムセールか。だいたいPC周辺機器のカテゴリーを覗く事が多いのですが、そこに現れる商品で気になる物があるとウォッチリストに入れます。で、スペックを見てポチるみたいな流れで購入しました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01M7UB442/ref=oh_aui_detailpage_o06_s00?ie=UTF8&psc=1



メチャメチャしっかりしています。少し重たいので、持ち運びには向かないでしょうが、しっかりとiPhone6sを立てかけられます。



印象としては、iPhone5sやiPhoneSEがしっくり来るサイズです。6sだとちょっとデカイ感じ(スタンドが小さい意味)スペックは6s plusにも対応してるとあったので、6sなら余裕だと購入に踏み切りましたが、ギリギリだったと思います。最新のiPhoneサイズには向かいないかなぁ。スマホの頭に指が当たったら倒れてしまいそうです。ただ、角度を自由に調整出来るのでそこで安定感を図れるのではないでしょうか。

1番の購入理由は、立てかけながら充電が出来る事です。



これが地味に嬉しいです。充電すると立て掛けられない不便さは、その時になってみないと分からない物で、この機能は自分にはマストな気がします。こう言った便利な物があっても、自分が気付かないだけだったのかもしれません。

テーブルに立てかけてあるiPhoneを見て、何か優越感みたいな物が、ワシの中に芽生えているのでした。

piccolo

なかよし



休みです。餃子です。piccoloです。

子供が手足口病を発症しました。晩飯はないから、自分で買って来いと嫁から指令が下ります。何にするか迷いながら遅番業務を行っていました。しかし、今日に限って閃きません。閃かないまま退勤し、家路に向かいます。

突然閃きました。家路につく途中に、お勧めの餃子屋があると言う情報を、職場の上司に聞いていたのです。このタイミングはバッチリだと、その店に向かいます。青梅街道沿いにある【なかよし】さんです。

店内は満席。ほう、人気店か。と井之頭五郎さんばりに心で呟きます。持ち帰りを伝えると15分待ちとの返答。良い感じです。



早速開けてみます。



食ってくれと言わんばかりの餃子たち。不味い訳ないじゃないですか。小さめの餃子の中には、はち切れんばかりの餡が詰め込まれ、美味しくいただきました。

piccolo家、手足口病で若干カオスです。

piccolo

第一回パパ会



公園デビュー。piccoloです。

未知の世界でした。子供ができて、今まで他人事だった子育てに、人との付き合いが生じたのです。公園デビューと言う単語を、どこか別世界の物と捉えていました。しかし、早々にその問題がやってきたのです。

パパ会に誘われたのは、4歳のお兄ちゃんのクラスのパパ。人との距離をとる自分が誘われたのは、子供達のDVDを作った事がキッカケと思われ、piccoloと話をしてみたいと思われたのかな?と想像します。

子供の繋がりの為かと、飲み会の誘いに応じたのですが、これが予想外に楽しく、気付けば夜中の3時を過ぎていたと言う。

自己紹介から始まった会。きっとこう言う事が上手なお父さんが、自己紹介ボードを作成してくれました。



紙とマジックを渡され、子供の名前、クラス、マークを書き込みます。自己紹介の後には他己紹介。考えてみると、紹介で終わった会と言っても過言ではない気もするが、皆が楽しいと感じた理由は、同じ境遇の元に集まった事でストレスを吐き出せたからかもしれません。そして、普段気になるあのお父さんの知られざる姿を共有する事で、お互い安心感が生じたのかな。

それにしても、皆んなクソ野郎でしたね。愛しきクソ野郎たち、次回のパパ会はいつかな?




piccolo

婆ちゃん入院から一年



piccoloです。

去年のこの日、母がホスピスに入院しました。
http://sase.blog12.fc2.com/blog-entry-1897.html?sp
早いもので一年が経ちました。度々見る夢の舞台は、ワシが幼少期に過ごした汚い家で、そこに母はいつもいるのでした。今夜見た夢は、その家に子供達と来訪し、母はお腹が苦しそうな表情でトイレに行きます。その母に別れを告げて、子供達と帰宅すると言う物でした。

ホスピスに入院してもらった事への罪悪感があるのでしょうか?だとしたら、ワシはサイコパスではなかったと、別の角度から安心出来ます。

なんとなく墓参りをしてきました。





季節の変わり目の憂鬱に、もう一つ罪悪感が加わりました。その先は『死』しかない片道切符。その決断をさせた事への罪悪感。ふと考える時、色々な思いが巡ります。それを中和する様な子供の存在。やはり子供が出来た事への感謝しかない。

間も無く命日がやってくる。

piccolo

古巣でグルメ



今月の山場を乗り越える。piccoloです。

乗り越えていませんが何か?先月からサービス提供責任者から、新人のOJTは我々がやるからpiccoloさんはデビュー2回目から彼女との夜勤をお願いしたいと言われていた。その初回が昨日だったのだが、やはりネグレクト癖は治っておりませんでした。

やっとの思いで夜勤を明けました。

こうなると分かっていた夜勤入りでは、腹を本気で満たしました。白鷺にある【幸楽】さんを目指します。



ラーメン定食750円でラーメンと野菜炒め定食を体に入れます。睡眠と栄養をつけて夜勤にのぞみました。

やはり爽快ではなかった夜勤明け、その疲れを泳いで忘れます。よく泳いで疲れない?と聞かれますが、ダラダラ泳ぐだけですから疲れよりも恍惚感の方が大きいのです。

この恍惚感を体に受けながら鷺宮イタリアン、【ジュリエーゼ】さんに向かいました。



飲む気満々でスペシャルコースを選択。いつもは魚料理を選びますが、力をつけるために肉料理にしました。

仮眠して子供を保育園に迎えに行きます。小児科が以前住んでいた場所近くなので、通院したついでにご飯を食べて帰りました。

鷺宮の【平目板】さん。



子供達が、平目板の料理を食べられるようになっていて嬉しいワシなのです。妹も焼きおにぎりをむさぼっておりました。

夜勤をまたいで、古巣の鷺宮グルメを堪能しました。

piccolo

秋刀魚祭り



今日もここです。piccoloです。

今月、嫁が実家に帰るタイミングがありませんでした。しかし、お兄ちゃんが熱発したことで、実家にサポートをお願いすることになり、再び青鋼チャンスがやってきました。

ホッピーと刺身ちょい盛りワンコインから始めます。


お目当てのカツオや鯵はなかったけれど、このハイクオリティーの刺し盛りを頂きながら、仕事の疲れをいやすのでした。

飽きました?
いいえ、ぜんぜん。



やはりこの時期は秋刀魚です。大好きです。

からの秋刀魚フライにご飯セット。




タルタルソースとご飯が絶妙。今宵も青鋼に酔いしれるのです。

piccolo

ココナラで生い立ちムービーを売る

結婚式のプロフィールMovieを作成します 安く作ってくれる人居ないかな?って思っていたらご相談下さい。




ご結婚おめでとうございます。piccoloです。

ココナラに出品して三ヶ月、スライドショーが売れました。買ってくれる人がいるんですね。特技を売る。スキルを売る。時代だなと思います。

今回購入していただいた方は、プロフィールビデオと、生い立ちムービー、エンドロールの三つをオーダーして下さいました。改めて自分のページの商品説明を読み返すと、はっきり言って分かりにくいです。これは反省して商品構成を立て直そうと思いました。

プロフィールビデオは、iMovieの予告編を作成するテンプレートを使った物です。一応ご自分でも作れますよ。と、アナウンスしていますが、依頼されたので作りました。500円です

生い立ちムービーは、ワシ流と言いますか、別の人が作成した物をあまり見ないで作ります。過去に結婚式場で働いていた時のイメージを具現化する感じです。こんな風に作って欲しいと言うサンプルがあれば見せて下さいと相談させていただきましたが、ワシにお任せとオーダーされました。3分以内のムービーは、千円ですが、依頼されたのは5分~7分ですのでオプションで三千円です。

エンドロールは三千円です。そこにオプションのテロップ入れ千円とDVD 作成をプラスして合計8千500円。最初のお客様ですが、沢山購入していただいてありがとうございます。

取り引きの流れはダイレクトメッセージから始まりました。



1.オープニングDVD1.2分程

2.生い立ちDVD5.6分程

3.エンドロール3分〜5分程(一曲分)



依頼したい内容は上記の通りと。
冒頭に書いた内容を説明をメッセするとテロップや曲を入れ込む相談をされました。仕上がりはDVD納品を希望され、パッケージングすれば他の人との差別化をはかれると希望は膨らみます。曲に関しては、オプションで料金は頂かず、お客様で用意していただいています。著作権がクリアになった音源を送って下さいとアナウンスしています。このジャンル(結婚式の生い立ちMovie作ります系)、問題は結婚式場で流すBGMでありまして、著作権の問題がクリアになっているか否かがネックなのです。今回ご依頼頂いたお客様は、この点において全く問題なく式場との話がついていたので安心しました。動画を作ることはできても、上映する権利を獲得するサービスは行っていないことは最初に説明させて頂きました。

気になることがありました。それは納期です。自分のパフォーマンスを発揮するために、素材が揃ってから三週間と掲げているのですが、今回大幅に作業時間が短くなる可能性があったのです。8月30日に依頼のメッセージを頂いて、やり取りする中で式の日にちが9月後半であること、式場に納品する関係で新郎新婦の手元に動画が届くのが、9月12日だというのです。納期は二週間弱。素材が揃うのが遅れれば更に作業時間は短くなります。依頼を受けるか否か。考えた末に、ワシに依頼する人は、今回のように切羽詰まった方が多いと想像し、その時のために場数を踏んでおこうと依頼を受けることにしました。

すぐに8500円分の支払いがありました。そうすると、出品ページにトークルームが作成されます。今までDMで行っていたことを、ここでやり取りするようになります。一体何が違うのか分かリ辛いのですが、添付ファイルを添付できることで、作品を確認出来る事がメリットのようです。正直な感想、DMとトークルームの2つでやり取りすると出品者も購入者も混乱が生じるのではと思いました。きっとこの当たりは今後改善されていくのではと想像します。

あとは素材が揃うのを待つだけです。ギガファイル便を使ってデータのやり取りをしますが、お仕事を頂く上でお客様にある程度のパソコンの知識が必要だと感じます。『ギガファイル便でデータを共有します』とアナウンスしても、殆どの人が「なにそれ?」と、なると思います。今回もギガファイル便なるものが分かりませんので、誘導をしてほしいと言われました。幸いパソコンに詳しそうな方だったので、直ぐに対応して下さいましたが、納期が迫る中いつまで経ってもデータが送られてこないと言う状態はトレブルの元であると感じました。いついつまでに出来るって言ったじゃないか。あとでそう言われても、データが無いことには編集作業を行えない訳でありまして、素材が揃ってから三週間とうたっていても、双方の認識の違いでトラブルになる可能性を覚悟しました。今回全てのデータが揃ったのは9月6日。その前から少しずつ送って貰っていたのですが、ご新婦様の写真が揃わない等、全て揃うまでに、もう少し待ってくれと言う状態が続きました。これには恐怖しかなかったです。いつ素材が揃うのか、揃ってからの作業時間はどれくらいあるのか逆算してみます。新郎新婦の手元に届けるのが12日。素材が揃うと言われたのが5日(実際は6日)DVDにして宅配してもらうのに中一日を計算して5日で仕上げなくてはなりませんでした。その5日の中に、自分の公休は一日のみ。本業を持っていての副業の苦労と言いますか、切羽詰まっての仕事の依頼は、こういう現状を生むのだと、勉強になりました。ここから猛スピードで編集作業に入ります。子供が寝静まってから、夜な夜な数時間ずつ編集します。出来たものはギガファイル便でMovieファイルを送信して確認してもらいます。ここと、ここを直せないか?そう言われ、細かな修正を加えます。最終のOKを頂いて、オプションでDVD納品をオーダーされていたのでオーサリング作業とジャケットと盤面のデザインに移ります。今まで知り合いから頼まれて作っていた時とは、責任の重さが違うと痛感しました。気軽に始められるココナラですが、お仕事を引き受けた以上このストレスが生じるのは覚悟しなくてはならないと肝に銘じました。

DVDが完成し、どうやって送ればいいのか。ここに深く悩みました。ココナラが個人情報のやりとりを禁じているからです。送り先を聞き出したり、LINEやSNSのIDを誘導するとアカウント停止となる前例があるようなのです。これには参りました。悩んだ結果、【郵便局留め】という方法が良いと思い提案しました。個人情報を聞き出す手間なく郵便局と郵便局でやり取りが出来るサービスのようです。この方法ならば、ココナラのルールに違反することなくDVD作成出来ると、グレーにしていたオプションサービスを公にしようと決めるのでした。

お客様の手元にDVDが届いたことを確認してミッションコンプリートとなりました。ココナラでははじめてのお仕事でしたが、勉強になったことが多かったです。次に生かしていければと、意欲的に感じるワシなのです。

piccolo

ココナラサイトはこちら
↓   ↓     ↓

結婚式のプロフィールMovieを作成します 安く作ってくれる人居ないかな?って思っていたらご相談下さい。

青角



今日は青角。piccoloです。

怒涛の5連勤初日です。スタッフ数が1欠の今日、集中力を高めていきました。動いても動いても業務が進まなかった数か月前とは違い、随分楽になった印象があります。一名ご逝去があった事と、ADLの低下で食事が取れなくなった方が点滴対応になった為、極端に介助の割合が低くなったのが要因です。

早番シフトでした。遅番のスタッフがヘルプ要員である事から、ワシが一日中風呂介助の予定です。しかし、この遅番スタッフと馬が合わないのが日勤スタッフでありまして、午後の入浴を代わって欲しいと訴えられました。ワシが午後の風呂を途中まで行い、彼女が休憩から戻った時点で業務を交代する作戦です。思ったよりもハードではなかった感じがした日でしたが、1人容態が急激に悪くなった方がありまして、業務はさほど大変ではないものの、その方の対応に追われた日でありました。

そんな1日を乗り越え、お一人様グルメをするべく店を探します。早番シフトでも子供のお迎えがないのは、この日から爺ちゃんの家に嫁と子供たちが遊びに帰っているからで、誰にも気兼ねなく腰を据えて飲むことが出来る期間なのです。嫁は実家でのんびり。ワシは仕事終わりにお一人様。WIN-WINとはまさにこの事かと、毎月思うのです。

向かった店は都立家政の【青角】さん。

以前【弐ノ十】さんがあった場所に居抜きで移転してきたやきとん屋さんです。富士見台店が本店らしく、そこから都立家政にお店をオープンさせ数年、ここ弐ノ十跡地にやってきたのでありました。

弐ノ十よりも緊張する事なく店に入る事が出来るのは、店長の空気感か。スポーツをやっている大学生な雰囲気の店長がいるかと思いきや、今日は本店の店長が店に立っておられました。「おーいらっしゃい。」と、手を振って店の奥から出迎えてくれます。「久しぶりっすぅ」と、濃い系イケメンが笑顔をくれます。「ああ、太陽さんも素敵だけど、この人の空気感もやっぱ素敵だなぁ」そう思います。ホッピーを頼み、ワシのテーブルまでサービスしてくれる時、必ず「お疲れっすぅ」と声をかけてくれる。この一言が、前から嬉しいと思っていたんだ。今日も変わらずその一言が頂けて、それだけで1日の疲れが飛ぶ思いでした。

板わさと生キャベツをかじりながら、焼き物のオーダーを考えます。先ずはシロとテッポウを攻めることにしました。



これっすよ。プリン体が気になる昨今、ホッピーにやきとん。つくづく、やきとりが好きなんだと自分が可愛くなります。

第二ラウンドは、写真ないけどタンとナンコツ。第三ラウンドは、レバーとハラミです。



半ナマのレバーは好きではありません。よく焼いてとオーダー。中までしっかりと火が通っていて、自分好みです。そして塩加減がいい。ハラミのネギも太くて美味い。ハラミ、ナンコツは必ず頼みます。しかし今日のヒットは、ソーキ軟骨の塩煮込み。



茹で卵があまり得意でないワシは、ラーメンでも必ず卵を残します。申し訳無かったけれど、卵は残させてもらいましたが、この塩煮込みが美味い。完全沖縄そばの出汁に、柔らかいソーキがゴロゴロと。紅生姜が良いアクセント、当たり前か。卵抜きでもう一つオーダーしてしまいました。

店長の、人に嫌な気持ちを与えない空気に癒されながら、その真逆な空気感の自分を思うのです。

お腹いっぱいなのに、嫁がいないお一人様チャンスを無駄にするなとハシゴ酒。



すでにホッピー6杯(中6、外2)でベロッベロ。酒は飲めませんでした。しかし、ラーメンは食べようと台湾軟骨ラーメンをいただきました。

また軟骨…

連勤初日を乗り越え、職場の自分のホスピタリティのなさと、青角の店長の人間性を哲学的に見つめ直す自分がいます。

piccolo

子守をする日



わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。piccoloです。

お兄ちゃんを、小さい頃によく連れてきた公園に来ました。妹ちゃんはこの場所は初めてで、走り回れる広さと、不思議な遊具に困惑気味でございました。

このハンドルがお兄ちゃんのお気に入り。来る度にこのハンドルを操作して、色々な場所に父ちゃんを連れて行ってくれました。そして、妹ちゃんもこのハンドルが気に入ったようです。



だんだん場所に慣れてきた妹ちゃん、冒険が止まりません。お兄ちゃんのリュックを自分の物だと言い張り、肩にかけて公園を探検するのです。



保育園に通い出して、出来ることのバリエーションが増えている妹ちゃん。日に日に表情が変わっていきます。



家に帰ってから、3人でお風呂に入ります。今しか出来ないだろうなぁと、今の大変さを過去の物に捉える事で、この時を大切にしようと決意するのでした。

そこからお兄ちゃんのリクエストで、ジュエーゼ・ダ・エンメさんへ。シェフの國分さんにはいつもお世話になっており、この日も子供にパンとハムのサービス、しかもパスタ大盛りが何キロあるのってぐらいのてんこ盛り。人数分オーダーしてくれと言うお店が多い中、一人分のパスタコースのオーダーでサービス尽くしのジュリエーゼさんでのランチに、いつも申し訳なく思っています。子供に食べさせらがらのランチを見ていた國分さんが、妹ちゃんを連れ出してくれました。その隙に父ちゃんとお兄ちゃんはパスタを平らげると言うサービス尽くし。申し訳ありません。

夜は焼き鳥が食べたいと言うお兄ちゃんのリクエストで、四文屋さんへ。



お店から出ると土砂降り。3人でびしょ濡れになって帰ってきました。そのままお風呂に直行。またもや3人でのバスタイムとなりました。

気づけば濃い一日を過ごさせてもらっていました。大変だけれども、今しかない子育ての時を大事にしたいと思うワシなのです。

piccolo

プリンターが壊れた日



インクカートリッジを認識できません。piccoloです。

2018年の8月、我が家のプリンターがお逝きになりました。EPSONのEP801Aと言う10年前のプリンターです。特に問題もなく、年賀状にDVDのジャケット、盤面にと、それはそれは活躍してくれたプリンターでした。それがある日突然インクカートリッジを認識しなくなったのです。



焦りましたが、Google検索をかけるクセがついて来ているようです。何かヒントはないかとキーワードを入れて検索します。引っかかったのは、『インクカートリッジを認識しません』と言うエラーが出た時の対処方法。全てのカートリッジを抜き、コンセントを抜いて5分~10分放置した後、最初に黒インクをはめて、あとは順不同にカートリッジをセットすると言う方法。

http://ink-revolution.com/index.php/014-02.html

試しましたが全く直りません。それで直らなければ、インクを新しい物に交換しなくてはならないと、泣く泣く新しいインクを注文したのです。



全てインクカートリッジを交換してもエラーは消えませんでした。このサイトを見て、全色のカートリッジ交換のエラーは修理の可能性大と言う情報を掴んだのです。

https://printer-lib.jp/2015/06/27/1761

修理を覚悟してエプソンのサービスセンターに電話します。症状を説明し、カートリッジの抜き差しを促されたり、電源のON、OFFをするように言われました。ずっと行なってるんだけどな…。そう思いながら、促されるままにやってみますが、全く改善されません。そこで言われたのは、全色のカートリッジが認識されないと言うエラーは、本体に異常が認められる。本来ならば修理案件であるがこの機種は「修理不可能」の言葉。発売が2008年と古く、生産終了している事から部品が無いのだそうだ。「ネットで新しいインクに交換しろとあったから全色交換したのだが?」オペレーターにそのように伝えると、「こちらではなんとも対応しかねる」との返答。最初はなんて冷たいのだと感じたが、色々調べるうちにプリンター産業がどんなものか分かってきた。

使っていたのはEP801Aと言う2008年に発売された物だ。おそらく2009年に、結婚を知らせるハガキをを印刷する為に購入したと思われ、購入からちょうど9年で壊れた計算になる。

プリンターの寿命ってどれくらいなのか?そんなシンプルな疑問を感じたことすらなかったのだが、調べてみると3年~5年だそうだ。それを考えると、9年使用出来た事はとても長寿だったのだと知ることが出来た。年賀状だけでなく、様々な物をプリントしたと思う。

DVDの盤面に






DVDのジャケット








これらDVD作成には欠かせなかった印刷と、会社から頼まれた写真展のプリントやDVD作成の度に酷使し続けて来たEP801Aだ。壊れる日が来るとは思わなかったが、その寿命を知った時に「よく頑張ってくれたんだ」と言う気持ちになった。感謝しかない。

そこで気持ちを入れ替えたのだ。これから先もDVD作成や年賀状印刷を行っていかねばならない。ならば早々に新しい機種を検討しなくてはと。壊れた悲しみよりも、新しい物を検討する励みに。そこで上がった候補が、EP710Aと、EP880Aだ。

必須なのは盤面を印刷する為のレーベルプリントがあるか否か。これはどの機種にも付いているようで、プリンターの性能がこれ以上進歩しないという記事をよく見かけた。あとはインクのコスト問題をどう捉えるかと、スキャナーがあるか否か、両面印刷が行える行えないなどの差別化で商品を選択することになるのだと思う。だとしたら、1万円を切るEP710Aで良いじゃん。これ一択だろ。そう思う。しかし、下手に安価な物に手を出した時の後から来る出費を考えて、初期投資にお金をかけなくてはと言う気持ちからEP880Aも視野に入れている。気持ちは、ほぼEP880Aなのだが、プリンター産業の新機種発表時期が8月後半である事から、購入を躊躇しているのが今の心境だ。

新機種が出ればEP710AもEP880Aも価格が落ちるだろう。今はネットの販売価格と睨めっこのワシなのである。

piccolo

子供たちが帰ってくる



モンスターの帰還。piccoloです。

帰ってきました。兄も妹も、鼻水を垂らし、咳をしながら。静かだった生活が、一気に騒がしくなりました。良いんだか悪いんだか。俺の夏休みは終了です。

なかなかの冒険だったと想像します。お兄ちゃんは、新潟での出来事を、余す事なく説明してくれます。

恐くて滑れなかったティラノサウルスの滑り台




平野歩夢選手の練習場




赤ちゃんだった時を思い返すと、大きくなったな、成長したな。そう思うのです。

妹ちゃんは、相当な悪知恵を習得したらしく、かなり人相が悪くなっておりました。



何をするにも確信犯。悪い事を敢えてやる感じは、すでに第一次反抗期の突入を知らせるものなのでしょうか?

何はともあれこの成長を感じる事を嬉しく思うのです。その親父は子供が居ない時間に、クリミナルマインドを見まくるサイコぶり。なんで猟奇殺人物が好きなのか分からないけど、連続殺人、幼児性愛、ウイルステロ、自分の好きな描写が詰まったこの海外ドラマにやられまくりの夏でした。

子供が出来ると、特に幼児性愛者の犠牲になる事だけはやめて欲しいと願うのです。何か格闘技を習わせるか。子に対する愛情が、どこかサイコちっくなワシなのです。

piccolo

HOME  →次ページ

プロフィール

piccolo

  • Author:piccolo
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
P-Clip


P-Clip β版

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク